沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 「道の駅かでな」嘉手納基地を一望
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「道の駅かでな」嘉手納基地を一望

  嘉手納空軍基地と隣り合わせにある道の駅かでなでは、沖縄の物産やグルメを楽しむだけでなく、基地と共にある沖縄の日常を垣間見ることができる。

天に昇る白い龍が道の駅かでなのシンボルだ

  沖縄本島中部の北谷町(ちゃたんちょう)と沖縄市、読谷村(よみたんそん)に挟まれるように位置する嘉手納町(かでなちょう)にある道の駅かでなは、那覇空港から沖縄本島北部に向かうちょうど中間あたりにあり、長時間のドライブの休憩に最適な場所だ。
 地元のお土産が買える物販店やレストランの施設もあり道の駅として機能しているが、ここではぜひ基地のある沖縄の暮らしを目と耳と体で体験したい。極東最大規模である嘉手納空軍基地を一望できる屋上展望場と、学習展示室をのぞくことで、沖縄の歴史や日常風景を感じることができるはずだ。

更新日/平成27年(2015)12月

《この記事を読む人におすすめの情報》

渡口 朋子 さん
(とぐち ともこ)
渡口 朋子 さん

道の駅かでなの達人
  道の駅かでな駅長。生まれも育ちも嘉手納町の生粋の嘉手納人。平成15年(2003)に道の駅かでなができた当初より勤務し、10周年を迎えた平成25年(2013)の7月から駅長に。年間20万人が訪れるうち、約8割が修学旅行生だというが、平和学習の一環としても、実際に巨大な基地を目の当たりにする嘉手納の状況を知ってもらいたいという強い思いを抱いている。

達人が語る道の駅かでなの見どころ

週末市には地元客も訪れにぎわいを見せる

  町の面積の約83%が嘉手納空軍基地と嘉手納弾薬庫として使用されている嘉手納町は、農業をする耕作地も少ないため、現在道の駅かでなには、農作物直売所が併設されていない。けれども道の駅かでなから基地を見下ろすと、フェンスと基地の防音壁との間に、狭いながら野菜を栽培している畑を見ることができる。これは黙認耕作地といい、基地内に何カ所かある畑で農業をすることが許されているのだという。「嘉手納町内の農家さんを支援するという意味もあって、毎月第4土曜には週末市を開催しています。この日には、野菜をはじめさまざまな加工品や、地元の作家さんの工芸品、漆喰シーサーなどの手作り品も販売されます。ミニライブもあって、地元客と観光客が一緒になって盛り上がるんですよ」と渡口さんは言う。

嘉手納町はサツマイモ発祥の地

道の駅かでな敷地内にある野國總管(のぐにそうかん)の像

  また嘉手納町は中国から沖縄にサツマイモの苗を持ち込んだ野國總管の出身地として、サツマイモ発祥の地としても知られている。「嘉手納町の土地に合った特産品の芋を開発しようと、研究を重ね、カボチャのような鮮やかな黄色が特徴の“野国いも”が栽培されるようになりました」。芋の風味を生かした野国いものペーストは、プリンやぜんざい、ロールケーキやソフトクリームに使われて嘉手納町の特産品となっている。「この野国いもは、嘉手納町以外には出さないと決めて、毎年10月の野國總管まつりや1月に道の駅かでなを会場に開催される嘉手納町産業まつりだけで、焼き芋や生芋が販売されます。めったに手に入らないとあって、とっても人気なんですよ」。もちろん道の駅かでなでも野国いもペーストを使ったソフトクリームや、サーターアンダギー(沖縄の揚げ菓子)を食べることができる。

屋上展望場から見る嘉手納空軍基地

安保の丘と戦闘機と、騒音を表示する嘉手納町のキャラクター

  嘉手納空軍基地には4000メートル級の滑走路が2本あり、広さは東京ドーム420個分と日本最大級の規模を誇る。これだけの大きな基地を見渡せるのは沖縄県内でも道の駅かでなだけ。県道をはさみ向かい側にある安保の丘(あんぽのおか)は、基地が見える場所として以前から修学旅行生や観光客をはじめ、沖縄の人たちも訪れる場所だった。「この場所に道の駅を作ることに意義を感じ、国や米軍とも調整を続け、道の駅を作るのに10年かかったと言われています」。基地に面して、防音壁とほぼ同じ高さである2階建て以上の建物を作ってはいけないという規制も交渉で乗り越え、4階にあたる屋上の展望場からは、広大な基地内を見渡すことができる。頻繁に離発着する戦闘機は、小さい子どもが驚いて泣き出すほどの轟音を響かせ、垂直に上昇する様子を目にすると、感動とも恐怖とも違う不思議な感覚にとらわれる。「毎日のように戦闘機を撮影に来るマニアの方もいます」。渡口さんはマニアではないが、毎日戦闘機を見ていたら種類の見分けがつくようになったそうだ。

平和学習を補う学習展示室

展示用の実物大のフェンスに囲まれ、嘉手納町と基地の歴史を知る

  道の駅かでなの3階にある学習展示室は、パネルとモニターを使って、地域の歴史を分かりやすく学べる施設だ。戦前嘉手納町には当時交通の要として活躍していた軽便鉄道が走り、人と物が集まる場所であったことや、基地内に接収されて消えてしまった集落があることについて学び、またヘッドフォンでトラックと旅客機と戦闘機がたてる騒音の聞き比べをすることもできる。
 やはり基地に接収されてしまった千原(せんばる)という地域に伝わり、現在保存会によって、千原出身者のみで継承されている千原エイサーのビデオ映像も見ることができる。「このエイサーは男性だけの演舞で、空手の型を取り入れた個性的なものです。土地を失ってもなお残していきたい地域の誇りが感じられますよね」と渡口さん。
 地域の物産を購入し、美味しいものを食べるだけではない道の駅かでな。その土地の本当の姿に触れる貴重な体験ができるはずだ。

たびらいホテル予約であなただけの旅しおりお届けします!

道の駅かでなのおすすめ

道の駅かでなのおいしいもの

  嘉手納の特産品を使ったメニューが豊富!

  • 看板メニューの「ジャンボバーガー」
  • イチオシは「野国いもソフトクリーム」
  • サーターアンダギーは6種類
おすすめポイント
  「ジャンボバーガー」はわざわざ遠方から来る人もいるほど人気の一品。ソフトクリーム、サーターアンタギーはそれぞれ「野国いも」という嘉手納名産のさつまいもを使ったものが人気。

「道の駅かでな」と一緒に巡りたい!周辺のおすすめスポット

  「道の駅かでな」から車で30分程度で行ける観光スポットを紹介

  • NO1アメリカ西海岸をイメージした海のリゾート
  • NO2工房の奥には登り窯。たくさんの器が焼き上がるのを待つ達人
  • NO3水上楽園のトラム・ツアー (提供 / 東南植物楽園)
おすすめポイント
  沖縄本島の中部エリアにある人気の観光スポット。どのスポットも天気に左右されずに行けるので、道の駅かでなと共にいつでも楽しめる。

沖縄のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 朝食が美味しいと人気!沖縄ホテル4選
  • 女子旅でリゾートを満喫沖縄ホテル5選
  • 長期滞在におすすめ沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!ファミリー向け本島ホテル

道の駅かでなの交通アクセス・施設情報

  那覇空港から沖縄自動車道を使うか国道58号を使うかのどちらか。時間的にはそれほど差はない。

車(レンタカー)で

  那覇空港から沖縄自動車道を通って車で約50分。那覇空港から国道331号を南下し、名嘉地ICから那覇空港自動車道に乗り、そのまま沖縄自動車道の沖縄南ICで降り、嘉手納空軍基地をまわりこむように国道を北上した右手にある。
一般道だと那覇空港から約1時間。空港を出て、国道331号から国道58号を北上し嘉手納のロータリープラザの前で右折し、県道74号を進んだ左手にある。

施設情報

  【住所】沖縄県嘉手納町屋良1026-3

【TEL】098-957-5678

【営業時間】
8時~22時(展望場)
9時~18時(学習展示室)
9時~19時(特産品販売コーナー)

【定休日】年中無休(台風時は休みの場合有り)

【駐車場】有り

道の駅かでなのQ&A

Q 道の駅かでなの展望場からは、いつでも米軍の戦闘機が見られるのか?
A 基地内で訓練している戦闘機であるため、土・日および基地内で決められた休日や昼休みには見ることはできない。
Q 道の駅かでなの敷地内にある「野國總管之像」の野國總管ってどんな人?
A 1605年、中国から甘藷(今でいうサツマイモのこと)の苗を琉球に持ち帰り、沖縄だけでなく日本の多くの人たちを飢えから救ったとされる、琉球産業の三大恩人のひとり。總管というのは、中国と交易するために遣わされた進貢船の乗組員の役職で、野國村出身の總管という意味で、個人の名前は特定されていない。
Q 道の駅かでなの道路沿いの看板についている白い竜にはどんな意味があるのか?
A 道の駅かでなの近くにある屋良漏池(やらむるち)と呼ばれる沼には、古くから伝わる大蛇伝説がある。ここに住みついた大蛇が住民を苦しめていたために、いけにえとして少女を捧げようとしたときに天から神が現れて大蛇を退治したという伝説だ。悪者であった大蛇は天に昇り白い竜になり、今では縁起のいいシンボルとして道の駅かでなの看板を飾っている。
レンタカーから沖縄の旅は始まる。だから最安値プランを!

  沖縄の旅には、ドライブが似合う。青い空の下、青い海を眺めながらの運転は、とにかく爽快!
 そんなドライブ旅をサポートできるレンタカープランを紹介。厳選したレンタカー会社15社の全プランを最安値で比較でき、お得なプランも盛りだくさん。
 自分好みのレンタカーを簡単検索!

⇒沖縄の最安値レンタカープランを探す

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

沖縄旅行がもっと楽しくなるお役立ち情報

-道の駅かでなと合わせて楽しもう!-

おすすめの沖縄観光スポット

沖縄本島の9つの世界遺産の楽しみ方を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

南城市/沖縄七御嶽の中でもっとも格の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

名護市/沖縄を代表するビールを工場で見学

オリオンハッピーパークでビール工場見学

恩納村/沖縄を代表する絶景の観光スポット

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

豊見城市/空港から近いビーチの美しい小さな島

飛行機と温泉が名物「瀬長島」の楽しみ方

読谷村/戦国時代の要塞の最高傑作

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

糸満市/沖縄戦終焉の地で平和を体感

沖縄戦終焉の地・平和記念公園で平和を体感

読谷村/沖縄本島で夕日が最後に沈む場所

絶景の人気観光地「残波岬」の楽しみ方

読谷村/個性豊かな工房が集まるやちむんの里

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

沖縄土産がなんでもそろう!

恩納村/おんなの駅で気軽にひと休み

特産品に出合う、おんなの駅なかゆくい市場

名護市/やんばるの玄関口名護の道の駅

やんばる土産がそろう「道の駅許田」の魅力

大宜味村/やんばるドライブの途中に立ち寄りたい

沖縄土産とグルメを満喫「道の駅おおぎみ」

糸満市/広々空間でゆっくり買い物を楽しむ

最南端の道の駅「道の駅いとまん」の魅力

豊見城市/地元の野菜と元気な笑顔に出会える

那覇空港に最も近い道の駅「道の駅豊崎」

多種多様でおもしろい“沖縄のお土産”

定番から達人のおすすめの一品まで!沖縄土産

伝統工芸の島沖縄の魅力や奥深さを紹介

旅のお土産におすすめ。沖縄の伝統工芸

那覇市/昭和の懐かしい雰囲気が残る市場

那覇の穴場観光スポット「農連市場」の魅力

那覇市/穴場だけどおもしろい栄町市場の魅力

那覇の穴場観光スポット「栄町市場」の魅力

那覇市/多くの観光客でにぎわう市場

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方

沖縄グルメを味わおう!

沖縄を代表する定番グルメを堪能

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

進化する今ドキのタコライスの魅力に迫る

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄らしさがギュッと詰まった居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

沖縄の郷土料理の歴史や魅力を紹介

地元の味に舌鼓。おすすめの沖縄の郷土料理

伝統のお菓子から人気のスイーツまで!

女性人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

バラエティに富んだ沖縄のパンを達人が紹介

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

沖縄の魅力的なカフェの楽しみ方を紹介

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

沖縄を訪れたならぜひ味わってほしい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

半世紀にわたり地元から愛され続ける味

沖縄で愛されるファストフード店「A&W」

地元から愛される老舗ジミーの魅力に迫る

沖縄名物!洋菓子・洋食のjimmy’s

人気のビーチ・アクティビティ

自然いっぱいやんばるのビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・北部編)

個性豊かな本島中部のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・中部編)

アクセスに便利な本島南部のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・南部編)

日帰りでも行ける離島のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ 慶良間と本島周辺離島

石垣島を起点としたさまざまなビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(八重山諸島編)

宮古島のスペシャルビーチを堪能あれ

おすすめ沖縄ビーチ(宮古島諸島編)

沖縄ブランド「空手」の魅力を紹介

空手発祥の地・沖縄で空手の極意に触れる

初心者でも気軽にできるメニューがいっぱい

乗馬施設の情報満載!沖縄で乗馬を楽しむ

青く輝く海に向かって豪快にショット

一年中OK!沖縄リゾートゴルフの魅力

沖縄の豊かな自然に触れ心も体も癒されよう

沖縄ならではのトレッキングで自然体験

その他の達人指南を見る

アメリカ西海岸をイメージした海のリゾート

美浜アメリカンビレッジの“通”な楽しみ方
観覧車がシンボルの人気リゾートエリア「美浜アメリカンビレッジ」の魅力を、りんけんバンドのリーダー照屋林賢(てるやりんけん)さんが徹底ガイド。

リゾートタウンらしく、何気ない日常に海のある風景が溶け込む

「北谷町」訪れるだけでワクワクするおすすめ観光スポット
外国人居住者が多く、まるで海外リゾート。ビーチはもちろん、ショッピング、グルメ、そしてマリンと1日中遊べる北谷町(ちゃたんちょう)の魅力に迫る。

水上楽園のトラム・ツアー (提供 / 東南植物楽園)

「東南植物楽園」を楽しむ3つのポイント
平成25年(2013)7月にリニューアルオープンした東南植物楽園は、本島中部の沖縄市にある植物園。まだまだ知られざる東南植物楽園の魅力を達人が教える3つのポイン・・・

工房の奥には登り窯。たくさんの器が焼き上がるのを待つ達人

「やちむんの里」読谷でお気に入りの器を探す旅
沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」は、日々の暮らしの中で使うほどに味が出る器。「やちむんの里」は、そんなやちむんを作る15もの工房が軒を連ねる工芸の村だ。職人の作・・・

地元の人からも愛される残波岬の全景

「残波岬」断崖絶壁が2km続く迫力の絶景
沖縄本島で夕日が最後に沈む場所、それが残波岬。晴れた日には絶景が楽しめる。

琉球史ヒーローのひとり、護佐丸が築城した座喜味城

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方
沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)にあり、名将・護佐丸(ごさまる)によって築城された。戦国時代の要塞として最高傑作といわれ、戦火を逃れたため保存の良い状態で残・・・

整備されたビーチでは安全に海を楽しめる(サンセットビーチ)

沖縄本島中部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島中部は、那覇からのアクセスも便利で、西海岸、東海岸に個性豊かなビーチが多数。大自然と沖縄の歴史文化を感じるビーチを紹介。

久保田青年会のダイナミックなエイサー

「沖縄全島エイサーまつり」の楽しみ方
沖縄の旧盆の風物詩・エイサー。旧盆明けの最初の週末には、県内各地の青年会がエイサーのメッカである沖縄市に集結する。勇壮な太鼓の音や、青年たちの真剣な演舞が胸を打・・・

沖縄市は伝統芸能エイサーが盛んな地域

沖縄市(コザ)を楽しむ おすすめ観光情報
沖縄文化とアメリカ文化がチャンプルー(混ぜこぜ)された沖縄市。街にはロックから沖縄民謡などの音楽があふれ、夏にはエイサーの音が鳴り響く。異国情緒ただよう沖縄市の・・・