沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 世界遺産・今帰仁城 英雄伝説の残る絶景
PR
もう、ツアー予約でページをいったりきたりしない!「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

世界遺産・今帰仁城 英雄伝説の残る絶景

  首里城に匹敵する敷地面積を誇る今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。北山王(ほくざんおう)の居城として高台に築かれ、広さは4ヘクタール。万里の長城のように堅牢な造りをした城壁は全長1.5キロにわたる。海と城壁を望む絶景ポイントとしても知られ、城跡の御内原と呼ばれる場所からの眺めは必見だ。

今帰仁城跡の平郎門(へいろうもん)。カンヒザクラが美しく咲く

  国指定の史跡であり、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつでもある今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。14世紀に琉球王国が成立する以前から存在していた北山(ほくざん)の国王・北山王の居城であり、別名、北山城とも呼ばれる。城は、那覇空港から車で約1時間40分、沖縄本島北部・本部(もとぶ)半島にある標高約100メートルの高台にある。1月頃に日本一早く咲く桜、カンヒザクラの名所としても人気が高い。観覧料は、駐車場の敷地内に併設されている「今帰仁村歴史文化センター」との共通チケットになっているので、周辺地域や歴史的背景についても学ぶことができる。

ライター/桑村ヒロシ 投稿日/平成25年(2013)10月
更新日/平成27年(2015)12月

《この記事を読む人におすすめの情報》

今帰仁城跡の達人
(わわ)
和々さん

今帰仁城跡の達人
  琉球歴女。イラストレーター。著書に、上里隆史さんとの共著「歴史ビジュアル琉球列伝」があり、イラストと琉球歴女コラムを担当。趣味は史跡巡りとカメラ。
和々さんのブログ
http://blog.goo.ne.jp/wa_gocoro

今帰仁城跡のワイルドな城壁から見えてくるもの

今帰仁城跡の城壁。傾斜のついた丘に波状の堅強な壁が続く

  今帰仁城跡をひとことで表現するならば、ワイルドな城。戦国時代、難攻不落といわれた今帰仁城のワイルドな造りは、そのまま時の城主であった北山王のイメージにつながります。今帰仁城跡を楽しむために、ほんの少しだけ琉球の歴史について知っておきましょう。
 ひとつの王国になる前の琉球は、北山(ほくざん)、中山(ちゅうざん)、南山(なんざん)の3つの勢力に分かれており、それぞれに王がいました。今帰仁城こと北山城の城主であった攀安知(はんあんち)という王は、後世の歴史書によれば「武芸絶倫で淫虐無道」。つまり、無骨な「ザ・武将」というイメージで、本島北部の荒々しい山々のような王だったといわれています。今帰仁城の長い歴史のなかで、最もドラマチックなのは、北山王の統末期である15世紀始めごろになります。

カリスマ性もあった北山王

現代版組踊(くみおどり。伝統芸能のひとつ)「北山の風」より

  北山王は、単に荒々しい武士だっただけではなく、カリスマ性もあったことが歴史的文献に描かれています。琉球王府が発行した「中山世鑑(ちゅうざんせいかん) 」によれば、北山城(今帰仁城)が陥落するとき、「我々は少勢になったが、ただ攻められっぱなしでは北山武士の名が廃る。後世に笑われないよう今こそ立ち上がろうではないか」と部下たちを鼓舞し、皆が勇気づけられたという逸話が残されています。実際には、数千の軍勢に対してわずか17騎で立ち向かおうとした北山王は戦に破れますが、屈しない男の強さ、負けた武将なりの潔さを感じさせるエピソードです。また、この逸話は、北山を打ち負かした側である中山の琉球王府によって書き記されたという点にも注目です。

難攻不落の今帰仁城を打ち負かしたもの

志慶真(しじま)門跡

  中山軍が北山をなかなか攻め落とせなかったのは、グスクの周りに流れる志慶真川沿いに城壁がそびえ立っていたこと。またその城壁は、蛇のようにくねくねと曲がっていて防御機能に優れていたからだと考えられます。実際に今帰仁城跡を歩いてみると、この点がよく理解できると思います。
 では、どのようにして中山は北山を攻略したのかというと、ハード面が難しいならソフト面から、ということで、北山王の側近を賄賂で寝返らせ、今帰仁城の志慶真門跡(裏門)から侵入して攻める作戦で陥落させたのです。
 志慶真門跡を突破していったのは、中山の若き武将・護佐丸(ごさまる)で、彼は北山王に討たれた今帰仁按司(あじ。今帰仁を統治していた豪族のこと)の子孫。護佐丸にとって北山攻めは、先祖の敵討ちでもありました。そんな因縁の戦いの跡を、現在も志慶真門跡で垣間見ることができます。

今帰仁城跡の共通チケットで今帰仁村歴史文化センターへ

駐車場に隣接している今帰仁村歴史文化センター

  このように、少しでも今帰仁城跡の歴史背景を知っていると、実際の見学が有意義なものになるはず。今帰仁城跡との共通チケットでそのまま入場できる「今帰仁村歴史文化センター」は今帰仁城や今帰仁の歴史背景を知るには最高の施設。駐車場に隣接しているので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

周辺の史跡スポット

史跡シニグンニの石積み(写真/和々さん)

  今帰仁城跡にまつわる史跡が周辺に点在しているので、少し足を延ばしてみると、もう一歩踏み込んだ観光をすることができます。たとえば、昔の今帰仁村跡や、ハンタ道と呼ばれる古道、ノロ(神女)の屋敷跡など。ガイドブックには載っていない歴史的なスポットを巡ることができます。

もっと沖縄を身近に。沖縄旅行の新しいスタイル“沖縄民泊”

今帰仁城跡 特選コラム

今帰仁城跡の意外な絶景ポイント

  今帰仁城跡の絶景ポイントといえば、御内原からの眺めが定番。しかし、見落としがちなところにまだまだ隠れたビュースポットがある。

  • あまり知られていないが、大隅は見学可能な隠れスポット
  • カーザフと呼ばれる谷間は意外と底が深い
  • 一面に丘陵が広がり、その奥に海を望む
おすすめポイント
  今帰仁城跡の入り口である平郎門をくぐると主郭に登るための階段が続きますが、実はこの階段は昔からあったものではありません。現在の階段(七五三の階段)の右側にあるのが旧道です。旧道の階段を上り、そこから駐車場方面を振り返ると「カーザフ」といわれる谷間が見えます。また、現在の階段の左側から「大隅(うーしみ)」と書かれた小さな看板のほうにも進んでみてください。一歩入り込んだ先には大きな空間が広がります。頂上の主郭から志慶真門郭へ降りる途中の眺望もなかなかです。

今帰仁城跡トリビア

  「今帰仁城跡には抜け穴があった?」「北山王が川に投げ捨てたとされる宝刀・千代金丸のゆくえは?」「七五三の階段横に旧道あり?」など、今帰仁城跡の裏話を紹介。

  • 北山王が宝刀「千代金丸」で霊石を斬りつけたといわれる場所だ
  • 洞窟穴には城外への抜け道があるといわれている
  • 足場はあまりよくないが、できれば旧道を通ってみよう
おすすめポイント
  今帰仁城の最も神聖な聖地には霊石がありましたが、北山王が自害する際に「お前だけ生き残ることは許さぬ」と、霊石を十文字に切り裂いてしまったそうです。そしてその斬りつけた宝刀である「千代金丸」は志慶真川に投げ捨てられてしまいました。その後、川から流れ着いた「千代金丸」は、実は今も現存しています(那覇市歴史博物館所蔵)。また。昔ながらの旧道があるほか、城外への抜け道とされる洞穴も残されています。

今帰仁城跡周辺の気になる史跡スポット

  今帰仁城跡の入場券とセットになっている今帰仁村歴史文化センターはもちろんのこと、周辺には、歩いて巡ることができる古道や史跡が点在している。

  • 今帰仁城跡の半券チケットで入館可能だ
  • 道幅は2~3メートル、今帰仁城跡のすぐ近くに残る古道だ
おすすめポイント
  今帰仁城跡界隈にはまだまだ見どころがたくさんあります。今帰仁城につながるハンタ道とは、古道のこと。また、そのハンタ道の道沿いには、今帰仁のノロ(神女)にまつわる史跡などが点在しています。そのほかにも、昔の今帰仁ムラ跡があったり、石積み遺の跡が残っていたり。今帰仁村歴史文化センターでは今帰仁の歴史を詳しく知ることができます。

本島北部のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 恩納村で朝食が人気!ホテル4選
  • 恩納村のお手頃リゾートホテル3選
  • 大人数で泊まれる恩納村のホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!女子旅本島ホテル

今帰仁城跡への交通アクセス・施設情報

  途中通過する市街地の渋滞の可能性を考えると、沖縄自動車道の終点である許田ICまでは高速道路を利用したほうがいい。

車(レンタカー)で

  那覇空港から車で約1時間40分。沖縄自動車道を利用すると(那覇ICから乗り、許田ICで降りる)約1時間20分。沖縄自動車道の許田ICを降り、県道494号線・505号線を経て今帰仁城跡入り口右折。

名護からは車で約30分。

路線バスで

  那覇バスターミナルから20番、高速バス111番→名護ターミナルへ。66番に乗り換え、今帰仁下車。徒歩約15分。

観光周辺ポイントから

  美ら海水族館から車で12分。⇒詳しくはこちら【美ら海水族館⇔今帰仁城跡の距離】
 ナゴパイナップルパークから車で23分。

施設情報

  【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101

【電話番号(問い合わせ)】0980-56-4400(今帰仁城跡管理事務所)

【営業時間】8時~18時
※城跡は季節により開園前、閉園後の開園時間の延長あり。(要問合せ)

【定休日】年中無休

【利用料金】入園料 大人400円、小人300円、小学生未満 無料
      ※駐車場に隣接する今帰仁村歴史文化センターとの共通チケット
      ※10人以上の団体料金も別途設定あり

【今帰仁城跡の見学所要時間の目安】約40分

【駐車場】あり(無料)

今帰仁城跡 ウェブサイト

今帰仁城跡Q&A

Q 見学の所要時間は?
A 所要時間はあくまでも目安だが約40分。周辺の施設を含めて巡るなら時間にゆとりを持って。
Q 今帰仁城主の北山王・攀安知(はんあんち)は実在したの?
A 中国との交易の記録から、実在したことが確実といわれている。
Q 駐車場はある?
A 無料の駐車場を併設している
⇒レンタカーを予約する
レンタカーから沖縄の旅は始まる。だから最安値プランを!

  沖縄の旅には、ドライブが似合う。青い空の下、青い海を眺めながらの運転は、とにかく爽快!
 そんなドライブ旅をサポートできるレンタカープランを紹介。厳選したレンタカー会社15社の全プランを最安値で比較でき、お得なプランも盛りだくさん。
 自分好みのレンタカーを簡単検索!

⇒沖縄の最安値レンタカープランを探す

沖縄のいい宿研究会厳選!「宿くらべ」をもっとみる

いざないの一枚

今帰仁城跡と一緒に楽しみたい 旅行お役立ち情報

沖縄の世界遺産を巡る

沖縄本島の9つの世界遺産の楽しみ方を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

那覇市/琉球王家の別邸「おもてなしの館」

世界遺産「識名園」の楽しみ方

南城市/沖縄の七御嶽の中で最も格の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

読谷村/要塞の最高傑作といわれた

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

北中城村/風光明媚なグスク跡を紹介

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

うるま市/人々に慕われた王阿真和利の居城

世界遺産・勝連城跡の楽しみ方

沖縄の伝統工芸品を買う

伝統工芸の島・沖縄の魅力を紹介

旅のお土産におすすめ。沖縄の伝統工芸

沖縄の自然を映し出したかのような色合い

おとなの沖縄土産 伝統の染物「紅型」

昔も今も人気の工芸品の魅力に迫る

おとなの沖縄土産「琉球漆器」の魅力

石垣島を代表する伝統工芸品のひとつ

おとなの沖縄土産「石垣島のミンサー」

100年以上の歴史を持つ伝統の織物

おとなの沖縄土産 伝統の織物「芭蕉布」

長年の伝統が受け継がれている民芸品

おとなの沖縄土産「やちむん」(焼き物)

個性豊かなやちむん工房が集まる

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

沖縄の絶景スポットに行く

恩納村/象の鼻の形をした岩が有名な絶景名所

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

国頭村/沖縄の最北端の絶景を楽しむ

絶景の人気観光地「辺戸岬」の楽しみ方

読谷村/地元の人からも愛される絶景地を紹介

絶景の人気観光地「残波岬」の楽しみ方

南城市/てんぷらで有名な奥武島の魅力を紹介

揚げたての沖縄風てんぷらが名物「奥武島」

豊見城市/ビーチと飛行機を撮るならここ!

飛行機と温泉が名物「瀬長島」の楽しみ方

今帰仁村/県内外から話題の新名所として注目される

絶景!古宇利大橋で行く古宇利島の楽しみ方

読谷村/豊かな自然に囲まれて癒されよう

読谷村を楽しむ!おすすめ観光情報

南城市/青く広がる海と草花に囲まれた街

南城市を楽しむためのおすすめ観光情報

名護市/海と美しい山々が連なるやんばる

やんばるの玄関口・名護のおすすめ観光情報

沖縄のおすすめドライブコース

西海岸の風を浴び琉球の文化に触れる

海風と異文化を感じるドライブ

太平洋の風景を堪能しながら海の道を疾走

海中道路を駆け抜ける

北部ドライブの人気ルートで楽しもう

東シナ海の眺望と水族館、古宇利島

自然豊かな本島北部をぐるっと一周

本島北端をめざしてやんばるぐるり旅

沖縄文化とグルメの中心地を巡る

那覇市内お散歩ドライブ

本島を横断して一気に太平洋岸へ

雄大な太平洋の風景と琉球の聖地を巡る

那覇から南部へ太平洋の景色も堪能

琉球が誇る世界遺産を巡る(その1)

点在する古城を巡りながら中部から北部へ

琉球が誇る世界遺産を巡る(その2)

光あふれるエキゾチックタウンを行く

夜景を満喫する中部ナイトドライブ

その他の達人指南を見る

コバルトブルーの海と、豊かな緑の大地に恵まれた村

今帰仁村を楽しむ!おすすめ観光情報
飛び抜けて透明度が高い海と、豊かな森を有する今帰仁村。美しい景色があらゆる場所で見られ、その景色を楽しめるようなカフェも多い今帰仁村は、ドライブはもちろん、ゆっ・・・

古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ

沖縄本島北部にある「古宇利島」古宇利大橋で行く絶景スポット
沖縄本島の中でも特に海が美しい北部エリア。その中でも今帰仁村にある古宇利島には澄みわたる海が広がり、透明度もピカイチだ。さらにその海の上に延びる古宇利大橋は、絶・・・

迷路のような並木道は、散策するにピッタリの場所だ

「備瀬のフクギ並木」人気の癒やしスポット
美ら海水族館のすぐ近く、およそ2万本ものフクギが立ち並ぶ、備瀬(びせ)のフクギ並木。差し込む陽射しや揺れる木の葉がきらめき、木々の間を歩いているだけで、心が癒さ・・・

世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド
沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」は、ジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ、超ビッグスケールの水族館だ。開館13年を迎え、展示内容がますます充実した水族館・・・

入り口には大きなパイナップル。いざパイナップル尽くしの園内へ

ナゴパイナップルパーク 名護の人気観光地
沖縄県北部・名護市内の高台にあるナゴパイナップルパーク。青い空の下、パイナップルの畑を眺めて散策ができたり、試食ができたり、土産物を選んだりと楽しい時間が過ごせ・・・

やんばるのいいとこ、ぎゅぎゅっといっぱい!

「道の駅許田」人気の道の駅全国1位が進化
やんばる(沖縄本島北部エリアのこと)の名護市にある道の駅許田。やんばるの良さが詰まった定番の観光スポットだが、最近さらに進化を遂げてますます注目を集めている。果・・・

沖縄の世界遺産のひとつ、今帰仁城跡

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方
最も有名な首里城跡から、北部の今帰仁城跡、そして南部の斎場御嶽まで、沖縄本島には9つの世界遺産がある。おすすめの巡り方、楽しみ方を達人の視点で案内。

達人はおいしい沖縄そばを「たたずまいの美しい美人そば」と呼ぶ

沖縄そば うまいグルメ店をジャンル別に徹底紹介
沖縄の郷土料理といえば、真っ先に思いつくのが沖縄そば。沖縄の方言で「すば」と呼ばれ、地元沖縄では毎日食べる人もいる沖縄を代表する料理だ。沖縄そばを知り尽くす達人・・・

「外人住宅」をリノベーションするなどセンスの良いカフェも多い

「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅
海や山など豊かな自然のロケーションを生かした絶景カフェや、地元の食材を使った料理のおいしいカフェなど、沖縄には魅力的なカフェがたくさん。カフェを知り尽くした達人・・・