沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
PR
人気リゾートツアーご予約の方全員に「旅しおり」プレゼント

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ

  沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと、リゾートホテルの集まる西のビーチ。さぁ、どちらで遊ぼうか。

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

  本島北部のビーチの特徴はひと言で表すと、東側は荒く男性的、西側は柔らかく女性的という感じ。沖縄のビーチは全て同じと思いがちだが、そんなことはなく、海も砂浜もそして設備も場所によって大きく違っている。だから遊びに行くときは、ビーチ情報の下調べをして準備することが大切だ。特に本島北部の東側ビーチは、売店やビーチ施設がないところが多いので準備は必須。準備不足で盛り上がれなかったら、せっかくの楽しみも半減する。
 北部ビーチのもうひとつの楽しみは、ビーチ周辺にヤンバルの自然や琉球の歴史が残されているところだろう。ビーチ紹介の記事だが、ぜひ、皆さんに知って欲しいのは、亜熱帯の自然の森の素晴らしさだ。ビーチ遊びを楽しんだら、ヤンバルの森を散歩して癒されるのもいいだろう。森の中から眺める海もまた、キラキラ光って美しい。

更新日/平成27年(2015)8月

◆沖縄本島北部のビーチに行くモデルコース
家族向けコース
グループ向けコース
カップル向けコース

◆沖縄北部(やんばる)の楽しみ方やおすすめ情報が満載
沖縄北部(やんばる)観光・旅行特集
沖縄北部の玄関口、名護観光・旅行特集
沖縄のビーチ一覧はこちら

富山 義則 さん
(とみやま よしのり)
富山 義則 さん

沖縄ビーチの達人
  写真家。昭和50年(1975)年の海洋博覧会で沖縄の青い海と白い砂浜に出会い、沖縄のビーチに魅せられる。以降、40年近く沖縄に通い、沖縄のビーチを撮り続けている。県内でビーチとして認識されている347の浜を網羅した『沖縄ビーチ大全』(洋泉社)は、ビーチ好きにはたまらない1冊。ほか、iPhoneアプリ『沖縄363ビーチ大図鑑』
(portarte,inc)、『琉球古道』(河出書房新社)など沖縄に関する著書多数。

達人による沖縄本島・北部ビーチの楽しみ方

水納島の海の色は圧倒的に美しいコーラルグリーン

  本題に入る前に、ひと言断っておかねばならない。それは筆者が泳げないということだ。だからビーチの楽しみ方も砂浜の上に限られている。しかし心配はご無用。沖縄亜熱帯の海は砂浜にいるだけで、十分楽しめる大自然なのである。
 前置きはこれくらいにして、ヤンバルと呼ばれる沖縄本島北部ビーチを紹介しよう。本島の中で手つかずの自然が残っているのが、このヤンバルである。だが、前述したように東側と西側とでは大きな違いがある。どちら側も海岸線まで森が迫って来ているが、ビーチの美しさという点では、長い海岸線が延びる西側に軍配が上がる。本部(もとぶ)町から恩納村にかけての海岸線は特に魅力的で、なだらかな砂浜のビーチがたくさんある。恩納(おんな)村はリゾート銀座といわれるほど海岸沿いに人気リゾートホテルが建ち並んでいるが、これはこうした発達したビーチがあるからに他ならない。修学旅行で恩納村のリゾートホテルに宿泊した方も多いはず。ホテルの前に広がるビーチで遊んだ思い出もあるのでは。

北部東側には、自然の浜が隠れるようにしてある

国頭村の「ヒレーの浜(別名:伊江の浜)」は自然そのまま

  東側のビーチはどうだろう。リゾートホテルは名護にカヌチャリゾートがあるくらいで、観光客もまばら。どうにも人気がない。西側のような発達したビーチは数少ないのだから仕方がないのかもしれない。那覇から遠く、アクセスも良いとは言えない。ところが筆者は、このヤンバルの東海岸にあるビーチが好きなのだ。というのも良いビーチの条件を満たしている自然の浜が、多くはないが隠れるようにしてあるからである。
 では良いビーチとはどんなビーチか。まず挙げられるのが砂浜の広さである。次に砂の量と厚み、それから色。最後に砂粒の細かさだ。ある程度の広さがあり、歩くとフカフカ、サラサラで真っ白な砂浜が上等ビーチなのだ。さらに、樹木に囲まれ周囲と切り離された孤立感のあるビーチは、筆者の大好物。極上ビーチとなる。

何もしない。これが極上のビーチの楽しみ方

1日の終わりは夕日に癒される(幸喜ビーチ:旧名護市民ビーチ)

  良いビーチを見つけてビーチパラソルを開き、クーラーボックスには冷えた飲み物、誰にも邪魔されず、好きな音楽を聴きながら寝そべっているだけで幸せになれる。素足でフカフカ砂浜を歩くだけで日頃のストレスも飛んで行ってしまう。特に何をするわけでもないのに、きれいなビーチにいるだけで癒やされてしまうのである。これが沖縄亜熱帯ビーチの持つ魔力なのだろう。
 このようなビーチがあるのは国頭(くにがみ)村、東村、それから名護市本部町瀬底島にもあった。あったと言う過去形になっているのは、このビーチがホテル開発でがらりと雰囲気が変わってしまったからだ。開発するなら自然の景観を壊さないように、十分注意して行ってほしいものだ。ビーチファンとしてはこのビーチの件は非常に残念であった。
 ところで、東側のビーチでは絶対に見られないものがある。それは夕日だ。東シナ海に沈む夕日は東側にいたのでは見られない。そこで日没が近づくと西側に移動するのだが、季節によって沈む太陽の位置が変わる。でも、どこのビーチから眺めても良い。水平線に沈んでいく太陽を眺めていると、自然の荘厳さに胸を打たれる。

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

達人の本島北部おすすめビーチランキング

イチャンダビーチベスト3

  イチャンダビーチとは、沖縄の言葉で手つかずの自然のビーチのこと。「タダ」という意味も。だれでも利用できるビーチ。あまり観光客には知られていないが、地元の人々がこよなく愛するビーチだ。

  • NO1
  • NO2
  • NO3
おすすめポイント
  「スクバマ」は、東村にある樹木に囲まれた南向きの小さな砂浜だ。砂が豊富で、素足で歩くとフカフカしていてとても気持ちが良い。聞こえるのは波と風の音、それから小鳥のさえずりぐらい。誰にも教えたくない秘密のマイビーチにしたくなる場所なのだ。「アブバマ」は名護市の東海岸沿いの安部(あぶ)地区にある三日月型のきれいな砂浜である。地元の暮らしに根付いた生活ビーチだから、ときどき三線の音色が聞こえてくる。「トケイガハマ(渡海浜)」は、古宇利(こうり)島の北にあるビーチコーミングの楽しい浜である。古宇利大橋ができたのでレンタカーで渡れるようになった。

ホテルビーチベスト3

  北部西海岸に連なるリゾートホテル。どこもプライベートビーチがあり、マリンアクティビティが充実している。

  • NO1「快水浴場百選」では沖縄県内で3ヶ所しかない「特選」にも選ば
  • NO2リゾート気分を満喫できるビーチ
  • NO31キロに渡って続く、白い砂の美しい天然ビーチ
おすすめポイント
  リゾートホテルの集まっている西海岸は、どこのホテルのビーチも甲乙付け難い良いビーチといえる。なかでも「万座ビーチ」は内湾に面し、サンゴ礁が発達した西向きの砂浜。ここは押さえておきたいビーチだ。「カヌチャリゾート」のビーチは東海岸にあり、西海岸のビーチと趣きは違うけれど、宿泊客ならカートが使え、ビーチ近くまで入れるので便利だ。「オクマビーチ」は国頭村にある。このビーチは何といっても海の色がとにかくきれい。海の色を見るだけでも行く価値はあるが、太陽が真上にある時間帯は特におすすめだ。

人工ビーチベスト3

  主に公共施設としても整備されたビーチ。イベントやBBQなどに利用される。

  • NO121世紀の森ビーチ 撮影/富山義則
  • NO2青のグラデーションが美しいエメラルドビーチ
  • NO3ルネッサンスビーチ
おすすめポイント
  トイレやシャワー施設が整備された人工ビーチは人気が高い。なかでも「21世紀の森ビーチ」は名護市が進めてきた公園計画によって造られたビーチ。野外劇場やBBQ施設がビーチのすぐそばにあり、車が入れるため大きな道具の持ち運びに都合がいい。「エメラルドビーチ」は1975年の海洋博覧会のために造られた人工ビーチで、沖縄らしく白い砂を敷き詰めたきれいなビーチである。「ルネッサンスリゾートオキナワ」のビーチも白い砂を入れて造られたビーチで、地形を上手く利用し、宿泊客が安心して遊べるビーチといえる。

本島北部のホテル探しなら「宿くらべ」

  • マリンアクティビティ充実!ホテル4選
  • 美ら海水族館に近いリゾートホテル4選
  • ビーチが自慢!沖縄リゾートホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

わがまま旅叶えます!ANAフライト・宿・部屋が選び放題♪

沖縄ビーチQ&A

Q ヤンバルのビーチでおすすめの夕日ポイントを教えて。
A 本島北部の西側ビーチには良い夕日ポイントがいくつもあるが、一番は海洋博記念公園の「エメラルドビーチ」やお隣の「備瀬崎」から見る夕日だ。名護市の「幸喜ビーチ(旧:市民ビーチ)」から見る夕日も捨て難い。たくさんある夕日ポイントの中から、秘密のマイポイントを見つけるのも沖縄ならではの楽しみ方だろう。
Q リゾートホテルのビーチは宿泊客以外でも利用できる?
A リゾートホテルによって対応はそれぞれだ。開放されている所もあれば、宿泊客以外ホテルの敷地内への入場を断っている場合もある。また、ホテルの施設を使うとなると利用料が必要だ。詳細は各ホテルに問い合わせてみよう。
Q 沖縄の自然ビーチでのんびりするコツを教えて。
A これはもう、飲み物やパラソル等周到な準備をすることに尽きる。それと太陽の位置。南向きのビーチと北向きのビーチでは日差しが異なるので、疲労の度合いが違う。北向きのビーチの方が楽。さらに順光なので海がきれいな色で見える。
Q 沖縄のビーチで思いっきり楽しむコツを教えて。
A ズバリ恐れないことだ。沖縄の海にはたくさんの遊びがあるが、中にはスピード感たっぷりのスリル満点なものもある。ビーチで思いっきり楽しむなら、ぜひハードなアクティビティにも挑戦してみることをおすすめする。
⇒アクティビティ予約はこちら
格安の沖縄パッケージツアー。沖縄旅行を簡単予約!

  格安で南国リゾートを思い切り満喫できるパッケージツアーが盛りだくさん。
 家族旅行や離島旅など、目的に応じた様々なプランもあるから、自分好みの沖縄旅行を検索可能。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安の沖縄パッケージツアーを探す

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

いざないの一枚

その他のお役立ち情報

本島北部のおすすめカフェ

本部町/緑豊かな高台にあるカフェ

Vert(う゛ぇーる)

東村/地元食材を使った体にやさしいごはん

帆風-HOKAZE(ほかぜ)

今帰仁村/海はすぐそこ!浜辺のカフェ

海辺のCafe ピグレット

今帰仁村/北山王もお墨付きの眺望を満喫

カフェ こくう

本部町/異国のリゾートを思わせる料理と店内

cafe CAHAYA BULAN(ちゃはや ぶらん)

本部町/古民家で過ごす癒しの時間

Café ハコニワ(はこにわ)

本部町/ゆったり味わう自家製カレー

fuu cafe(ふう かふぇ)

名護市/築100年の古民家で島の恵みをいただく

古民家cafe 喜色-kiiro-(きいろ)

名護市/ハワイアンムード漂うお店

cafe MAHALO(まはろ)

本島北部の観光スポット

名護市/パイナップル尽くしの観光スポット

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

恩納村/昔ながらの沖縄を体験しよう!

人気観光施設「琉球村」の楽しみ方

名護市/地元ビールの魅力に迫る

オリオンハッピーパークでビール工場見学

今帰仁村/海と城壁を望む絶景ポイント

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

恩納村/沖縄を代表する絶景スポット

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

国頭村/沖縄の最北端の景色を楽しむ

絶景の人気観光地「辺戸岬」の楽しみ方

名護市/やんばるの玄関口にある道の駅

やんばる土産がそろう「道の駅許田」の魅力

大宜味村/新鮮な地元食材がある道の駅

沖縄土産とグルメを満喫「道の駅おおぎみ」

おすすめのアクティビティ

沖縄の大自然を五感で満喫しよう

海で、マングローブで!人気の沖縄カヤック

沖縄の自然に触れ心も体も癒される

沖縄ならではのトレッキングで自然体験

大きなクジラが悠々と泳ぐ姿に感動

沖縄の冬おすすめ「ホエールウォッチング」

海で、山で、オートキャンプ!

キャンプ場情報満載!沖縄キャンプの魅力

青く輝く海に向かって豪快にショット!

一年中OK!沖縄リゾートゴルフの魅力

初心者でも参加できるメニューがいっぱい

乗馬施設の情報満載!沖縄で乗馬を楽しむ

沖縄本島のシュノーケリングポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 沖縄本島編

八重山諸島のおすすめシュノーケリング

沖縄シュノーケリング 石垣島&八重山諸島

慶良間諸島のシュノーケリングポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編

オーシャンビューが楽しめる本島北部ホテル

名護市/ビーチまで30秒のリゾートホテル

喜瀬ビーチパレス

名護市/全室オーシャンフロント!

AJ幸喜リゾートホテル

名護市/名護市街に近く北部観光に便利

ホテルリゾネックス名護

恩納村/隠れ家的佇まいのリゾートホテル

AJ恩納ビルリゾートホテル

恩納村/海に囲まれた白亜のホテル

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

恩納村/自然に近いリゾートへ

ホテルムーンビーチ

今帰仁村/砂浜の上に立つリゾートホテル

リゾートホテルベル・パライソ

本部町/全室オーシャンビューのホテル

オン・ザ・ビーチ・ルー

本部町/絶景のオーシャンビュー広がる

ホテルゆがふいんBISE

その他の達人指南を見る

整備されたビーチでは安全に海を楽しめる(サンセットビーチ)

沖縄本島中部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島中部は、那覇からのアクセスも便利で、西海岸、東海岸に個性豊かなビーチが多数。大自然と沖縄の歴史文化を感じるビーチを紹介。

久高島の穴場ビーチ「やぐるがー」にて美しい海を家族で独占

沖縄本島南部のビーチを観光するならココがおすすめ
那覇での宿泊でも楽しめる近場のビーチが多いのが南部の特徴。市民憩いのビーチから、南部観光の際に訪れたいパワースポット近くのビーチまで、南部のビーチを紹介。

慶良間の海はウミガメやクマノミが泳ぎ回る(渡嘉志久ビーチ)

慶良間と沖縄本島周辺離島のおすすめビーチ
沖縄本島からフェリーや飛行機で30分から1時間程度で行ける慶良間諸島や本島周辺の離島。島へ渡れば、都会の喧騒を忘れさせてくれるゆったりした時間が流れている。日帰・・・

まだまだ手つかずの浜が多い八重山(西表島・イダの浜)

沖縄・八重山諸島のおすすめビーチ
世界的なトラベルガイド「ロンリープラネット」でミステリアスな島々として紹介されたこともある八重山の島々には、確かに素晴らしい自然ビーチがたくさん。石垣島以外の、・・・

宮古島の海と浜の美しさは沖縄でも一、二を争う(砂山ビーチ)

沖縄・宮古島諸島のおすすめビーチ
那覇から飛行機で約45分。そこはビーチ天国の宮古島だ。極上の砂浜でゆったりするのもよし、宮古島周辺の離島へ出掛けてのんびりするのもよし。宮古島のスペシャルビーチ・・・

古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ

沖縄本島北部にある「古宇利島」古宇利大橋で行く絶景スポット
沖縄本島の中でも特に海が美しい北部エリア。その中でも今帰仁村にある古宇利島には澄みわたる海が広がり、透明度もピカイチだ。さらにその海の上に延びる古宇利大橋は、絶・・・

沖縄本島から車で行ける近さながら、とびきり美しい海が広がる

「瀬底島」日帰りできる美しき離島
沖縄本島北部、本部半島と橋でつながり、車で気軽に立ち寄れる瀬底島(せそこじま)。この島には小さい中にも、沖縄の歴史と離島の魅力が詰まっている。

この透明感ある海に魅かれ、毎年訪れるリピーターも多い

「水納島」沖縄本島から近いおすすめ離島
40人ほどの住民に対し、約6万人もの観光客が訪れる離島。美しい海では、バナナボートやシュノーケル、ダイビングなど豊富なマリンアクティビティが人気だ。

美しい海岸線には多くのリゾートホテルが立ち並ぶ

恩納村を楽しむ! おすすめ観光情報
沖縄本島を代表するリゾートエリア恩納村(おんなそん)。オーシャンビューを楽しめるリゾートホテルに美しい海でのマリンスポーツ、村内の特産品が集まった道の駅など、さ・・・