沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 沖縄でステーキを堪能!おすすめ店舗情報も

沖縄でステーキを堪能!おすすめ店舗情報も

  沖縄グルメと言えば、沖縄そばやゴーヤーチャンプルーをイメージする人が多いだろう。しかし沖縄では、ステーキも定番グルメ。沖縄のステーキの楽しみ方を紹介する。おすすめ店舗情報も満載!

  • 柔らかい牛ヒレ肉を使った、テンダーロインステーキが人気
  • 溶け出した肉汁の香りが、さらに食欲をそそる
  • 沖縄県産和牛の肉質はきめ細かく、さっぱりとした脂が特徴

  アメリカの食文化の影響を受けてきた沖縄では“ステーキ”は身近な食べもの。街のいたる所でステーキ店を見かけ、沖縄は“ステーキ激戦区”になっている。「60年以上続く老舗の個人店」「沖縄県産の和牛を提供する店」「豪快なパフォーマンスでお客さんを釘付けにするチェーン店」など、さまざまな個性を持つステーキ店が鎬(しのぎ)を削っている。そこで今回、沖縄のステーキ事情を黎明期から見守ってきた二人の達人に、沖縄のステーキの楽しみ方を教えてもらった。

伊波よし子さん(左),藤浪睦子さん(右)
(いはよしこ、ふじなみむつこ)
伊波よし子さん、藤浪睦子さん

沖縄ステーキの達人
  沖縄で60年以上にわたって愛され続けるステーキ店「ジャッキーステーキハウス」を切り盛りする姉妹、代表取締役・藤浪睦子さん(ふじなみむつこ)さん=写真右 と、取締役の伊波よし子さん(いはよしこ)さん=写真左 。創業者である父・長田忠彦さんの遺志を受け継ぎ、沖縄を代表するステーキ店に成長させた。
    • 店は個性派ぞろい。“お気に入り”を探すことが、楽しむコツ

        クッキングパフォーマンスに定評があるキャプテンズグル―プ
      沖縄には約65店(編集部調べ)ものステーキ店が密集している。店の特徴も、千差万別だ。アメリカの統治下にあった時代から営業する老舗店、沖縄県産のブランド和牛が楽しめる店等のほか、パフォーマンスが評判という店もある。「キャプテンズイン国際通り店」では、スパイシーシェーカーなどをジャグリングのように使いながら調理するシェフのパフォーマンスが見られる。「サムズバイザシー泡瀬店」では豪華客船をイメージしたデザインの店内で、異国の雰囲気が味わえる。このように、ステーキの“味”以外も楽しめる店が、沖縄には多くある。
      「アプローチは違っても、互いに切磋琢磨して沖縄独自のステーキ文化を盛り上げていけたら」と達人の伊波さん。“これが沖縄ステーキだ”という明確な基準はないものの、食文化としてしっかり根付いている。

      本場を知る米兵にも喜ばれてきたボリューム満点のステーキ

        「並んででも食べたい!」地元客や観光客でいつもにぎやか
      沖縄は、街中のいたる所でステーキ店を見かけるステーキ激戦区。これほどまで増えた理由は、沖縄初のステーキ店「ジャッキーステーキハウス」(那覇市西町)の歴史から明らかになる。

      店を開いたのは、沖縄がアメリカの統治下にあった昭和28年(1953)のコザ市(現在の沖縄市)。那覇市辻エリアには昭和36年(1961)に移転してきた。当時その界隈で営業する飲食店は“Aサイン”を入り口に掲げることが常識だった。Aサインとは、「Approved(許可済)」を意味する米軍のレストラン基準を満たす店だけに与えられた許可証。ジャッキーステーキハウスもAサインを取得し、営業をスタート。米兵が多く訪れる様子からしだいに地元の人も来店するようになった。
      溶け出した肉汁の香りが、さらに食欲をそそる
      海外からの輸入牛肉を安く提供できたことで「安くて、おいしくて、ボリューム満点!」という評判が広まり、店は大いに賑わった。空港にも遠くない立地から、次第に観光客も訪れるようになったという。その繁盛ぶりから近隣にステーキ店が増え、その波は沖縄全体にまで広がった。

      平成13年(2001)に現在の西町に移転後も店内はいつもにぎやかだ。「今では90才を超える常連さんもいます。Lサイズでもペロリと完食するんですよ」と達人。本場の味を知る米兵たちにも地元に住む方々にも、観光客からも愛された“ステーキ”は、今では沖縄の定番グルメになったのだ。

      沖縄県産のブランド和牛にも注目を

        沖縄県産和牛の肉質はきめ細かく、さっぱりとした脂が特徴
      「とにかくおいしいステーキを食べたい」という人なら、石垣牛や宮古牛、もとぶ牛といった沖縄県産和牛のステーキがおすすめ。南国・沖縄の温暖な気候のもと、豊富なミネラルを含んだ土壌、さんさんと輝く太陽を浴びて育ったそれぞれの地域ブランドの和牛の肉は、口どけの良さ、旨み、甘みともに格別。近年、県産和牛のステーキを取り扱う店も増えてきた。

      味わい広がるステーキソース。沖縄土産としても最適

        食べ比べも楽しい個性豊かなステーキソース
      おすすめの食べ方は、まずは肉本来の旨みを味わうこと。その後は、沖縄で愛されるステーキソースをかけて食べるのがおすすめ。
      一般家庭をはじめ、ステーキ店でよく使われているのが「A-1ソース」。玉ねぎやリンゴなどが主原料で酸味が強いのが特徴だ。ステーキをさっぱり食べられると、沖縄県内で長年支持されている定番。次にジャッキーステーキハウスで使われている「ドリームNo.1ステーキソース」。酸味に甘みを足し、マイルドに仕上げた味が好評だ。ほかにも、ステーキハウス88の「にんにくじょうゆ」、ステーキハウス・ビックハートの「ガーリックソース」、味噌をベースに県産マンゴーや沖縄黒糖を配合したクラウンホテルの「BCスタンダードソース」など、味の種類はさまざま。
      A-1ソースとドリームNo.1ソースは沖縄県内の大手量販店で、ほか3品は各店頭で購入することができる。沖縄土産としても最適だ。

      【達人の店 ジャッキーステーキハウス
      TEL:098-868-2408 ※予約不可
      住所:〒900-0036 沖縄県那覇市西1-7-3
      営業時間:11時~25時30分(ラストオーダー25時)
      定休日:元日(1月1日)、ウークイ(旧暦7月15日:旧盆の最終日)
      交通:那覇空港から車で約10分。ゆいレール旭橋駅から徒歩10分
      駐車場:あり。ただし混雑時には近隣の有料駐車を利用。

      沖縄でステーキを楽しむ! おすすめ情報

      和牛、石垣牛が食べられる店

        上質な和牛や石垣牛が食べられる店を紹介

      • ステーキハウス88辻本店
      • やわらかジューシーな肉をオリジナルハーブソースと一緒にどうぞ
      • 目の前で調理をするので、料理を待つ時間も楽しめる
      おすすめポイント
        県産和牛に力を入れている店を紹介。石垣牛は、平成12年(2000)に行われた九州・沖縄サミットの首脳晩餐会で、メインディッシュとして振る舞われたことで一躍有名になった。

      シェフのパフォーマンスにしびれる店

        目の前で行われるクッキングパフォーマンスに釘付け!

      • サムズアンカーイン宜野湾店
      • 地元客や観光客、外国人も多く訪れる人気店
      • 国際通りに面して、買い物途中にも気軽に立ち寄れる
      おすすめポイント
        肉本来の旨さを引き出す絶妙な焼き加減や野菜の早切りなど、シェフのパフォーマンスがさらにステーキをさらにおいしくしてくれるはず。会話を楽しむのもいい。

      異国情緒も味わえる店

        店内の雰囲気も楽しめる店を紹介

      • サムズカフェ
      • 肉本来の味を楽しみたい人にはシンプルに塩&胡椒がおすすめ
      • キャプテンズイン 美浜店
      おすすめポイント
        アメリカ文化の影響を感じるノスタルジックな店内が魅力のジョージレストランやサムズカフェ、帆船の客室をイメージしたキャプテンズイン美浜店。どのお店も、きっと記憶に残るはず。
  • Q&A・周辺情報
    • 沖縄でステーキを楽しむためのQ&A

      Q ステーキは持ち帰りもできるの?
      A ステーキをランチボックスに詰めて、テイクアウトできる店もある。でも、おすすめは、アツアツの焼き上がったお肉をお店で食べること。
      Q サーロインって、どんな肉?
      A ステーキ用の肉では、肉質のきめが細かく、脂の上品な旨みを持つ「サーロイン」が最上級部位とされている。
      Q よく聞く「A5」とは、なんのこと?
      A 簡単にいうと牛肉のランクのこと。正確にはランクのことを等級、ランク付することを格付けという。格付けには歩留等級(A~C)と肉質等級(5~1)があり、このふたつを統合して、ランクが決定する。
      Q 霜降り肉の値段が高いのはなぜ?
      A 霜降りとは筋肉につく脂肪のことで、別名サシと呼ばれる。牛肉の評価基準となっていて、サシが多いほど良い肉とされるので、高値で取引されるから。沖縄県産和牛はサシが多く、きめ細かい肉質なので、口どけの良さ、旨み、甘みともに格別といわれている。

      食事が魅力のホテルなら「宿くらべ」

      • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
      • ディナーがおすすめ リゾートホテル5選
      • プールサイドBBQできる沖縄ホテル5選
      編集部の視点
        沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。朝食にディナー、バーベキューまで、お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
      ⇒「宿くらべ」をもっと見る