佐賀ホテル・旅館の宿泊予約サイト

推し宿予約

ローカル案内役が取材&提案

宿探しに迷ったら

現地在住スタッフがご相談にお応えします!

たびらいスタッフ

注目のホテル特集

今、読まれています!
旬の推し宿特集

おすすめポイントからホテルを探す

どこよりも詳しい、ローカル案内役による佐賀県の温泉エリア 早わかり一覧

嬉野・武雄で楽しむ宿、温泉、グルメと町歩き

嬉野・武雄で楽しむ宿、温泉、グルメと町歩き

嬉野・武雄ってどんなところ?

日本三大美肌の湯のひとつとして知られ、浸かるだけでツルツルの肌になると言われる「嬉野温泉」に、弱アルカリ性単純泉の湯で、無色透明、肌触りがよく、別名・美肌の湯ともいわれる「武雄温泉」。車で20分ほどで行き来できる2つの温泉地は、長崎街道の温泉宿場町として栄え、1200年以上の歴史を誇ります。嬉野の温泉水で煮込んだ「温泉湯豆腐」や、国の重要文化財にも指定されている武雄温泉のシンボル「楼門」、周辺には「ハウステンボス」などもあり、見所満載です。

泉質

温泉の泉質は全部で10種類、そのうち7種類が別府温泉にはあるといわれている。主に海沿いの北浜地区は、炭酸水素塩泉や硫酸塩泉、山手の明礬温泉や堀田温泉では白濁の硫黄泉、湯けむりが立ち上る鉄輪温泉では、メタケイ酸がたっぷりの塩化物泉が湧いている。隣同士の宿で泉質が違うことも多々あるのが面白い。
炭酸水素塩泉 塩化温泉 アルカリ性単純温泉

古湯・熊の川で楽しむ宿、温泉、グルメと町歩き

古湯・熊の川で楽しむ宿、温泉、グルメと町歩き

古湯・熊の川ってどんなところ?

約1800年前、秦の始皇帝の命により徐福が不老長寿の霊薬を求めて上陸した際、「湯の神」のお告げにより発見したのが古湯温泉の起源といわれています。以来、幾多の荒廃、再興を繰り返し、湯治場として歌人の斉藤茂吉や画家の青木繁など多くの文人墨客も訪れた名湯です。昭和41年「古湯・熊の川温泉郷」として、国民保養温泉地に指定されています。ヌルヌルとしたアルカリ性の湯は、肌に優しく、皮膚病やリウマチのほか、美白、美肌にも良いと評判で美人湯としても名高い温泉です。

泉質

由布院駅の北東、塚原高原に向かう県道617号線沿いの斜面は、通称「青湯」と呼ばれる乳青色のお湯が湧出。ph8.5~9.5のアルカリ性で、メタケイ酸を多く含みます。駅の南側、県道617号と県道11号の三差路付近は、わずかに炭酸水素塩泉。それ以外のエリアはほとんどが弱アルカリ性単純温泉となっています。
単純温泉

宿探しに迷ったら

現地在住スタッフがご相談にお応えします!

たびらいスタッフ

テーマ別 ホテル選び特集

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?