沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 牧志公設市場・那覇の定番観光地の楽しみ方

牧志公設市場・那覇の定番観光地の楽しみ方

  多くの人でにぎわう那覇市第一牧志公設市場は、1階に精肉部、鮮魚部、生鮮部、2階に食堂があり、購入した鮮魚を2階の食堂で調理してもらい食べることもできる。地元沖縄の人とも触れ合える市場の魅力に迫る。

  • 沖縄出身俳優の藤木勇人さんと市場のおかあさん
  • 1階の肉屋コーナーで(NPO法人まちなか研究所わくわく提供)
  • 案内付きで牧志公設市場を巡る

  市場は食材が新鮮だというのはもちろんのこと、個性的でおもしろい売り手に出会える魅力もある。市場の雰囲気も含めて、会話をしながら買い物を楽しんでみよう。沖縄食材の調理方法の簡単なアドバイスなど情報交換もできる。市場の人と会話を楽しみながら、食材を買って調理し試食できるツアーも開催中。料理を体験したいが時間がないという人は、クイックコースがおすすめ。ワンランク上の料理をマスターしたいという人には、プレミアムコースが良い。
投稿日/平成25年(2013)10月 ライター/桑村ヒロシ
更新日/平成27年(2015)8月

嘉陽 かずみ
(かよう かずみ)
嘉陽 かずみさん

牧志公設市場の達人
  料理講師、フードコーディネーター。「よんなーフード・嘉陽かずみ料理教室303」を主宰。フードコーディネーターとして培った琉球料理の知識と、日々沖縄行事をこなす主婦としての経験・感覚を活かして独自の世界を展開している。那覇市公設市場周辺で買い物し調理試食するというツアーを展開し、評判を呼んでいる。
[よんなーフード]
ホームページはこちら
    • 牧志公設市場は闇市から始まった

        牧志公設市場がある市場本通りから市場中央通り付近
      公設市場の歴史は、闇市から始まった。終戦直後、まず街を復興させるため、那覇市壺屋の焼き物の陶工たちが許可を得て住み着くようになり、それに合わせて周辺に闇市が自然発生的にできたのが昭和22年(1947)。不法占拠状態だったことと、衛生面の問題を解決するため、那覇市が昭和25年(1950)に木造4棟の長屋の公設市場を建てたが、昭和44年(1969)に焼失。昭和47年(1972)に、現在の敷地に総面積1419平方メートルの市場を再建した。
      達人による市場案内付きツアーも
      現在、市場には129の業者が入っている。さらに公設市場周辺まで含めると、700店舗ほどがひしめき合い、にぎわいのある「マチグヮー」となっている。マチグヮーとは沖縄の方言で市場のことだが、本来は市場を含めた周辺エリア全体を指す。実際、第1公設市場だけではなく、周辺の3坪や5坪の小さな店舗が軒に連なってマチグヮー全体としての相乗効果で活気をつくっている。

      かつては沖縄の物流の発信拠点だった

        色鮮やかな魚が並ぶのは沖縄の市場ならでは
      牧志公設市場に入っている店は、基本的に家族経営で創業50年~60年の店舗がほとんど。現在は2代目や3代目が受け継いでいるお店が多く、戦後直後から自分たちで立ち上げたというプライドがある。また、沖縄の物流の発信拠点としても機能しており、人や物が公設市場に集まってきたことで、周辺の国際通りも発展していった。

      公設市場は沖縄を感じることのできる場所

        1階の肉屋コーナーで(NPO法人まちなか研究所わくわく提供)
      市場は食材が新鮮だというのはもちろんのこと、個性的でおもしろい売り手に出会える魅力もある。市場の雰囲気も含めて、会話をしながらショッピングを楽しんでみよう。
      今ではスーパーやデパートで手軽に買い物を済ませるスタイルが主流になっているが、沖縄独特の食材の調理方法の簡単なアドバイスをもらえたり、情報交換できたりするのは地元の人にとっても貴重なこと。沖縄でも核家族化が進み、伝統的な郷土料理や行事の料理を教えてもらう機会が少なくなっているのだ。
      市場でお店の人とやりとりを重ねていくと、しーぶん(おまけ)してくれるお店があったり、顔を覚えてもらえたり。食材などわからないことはどんどん質問して、コミュニケーションを深めてみて。

      公設市場のイベント

        マグロ解体ショー(写真/NPO法人まちなか研究所わくわく) 牧志公設市場では「市場の日」として、毎月18日前後にさまざまな催しを行っている。たとえば、マグロ解体ショーや芸能ステージなどのイベントをはじめ、各店舗でも「市場の日」ならではの割引セールを行ったりしている。もともとは1階にある精肉部の催しだったが、今では公設市場全体を象徴するイベントになりつつある。そのほか、日曜日が休みとなる衣料部は、毎月第2日曜日に、店前の通り沿いで「ホロホロ市」を開催(11時~18時)。手作り品やストリートライブなどの手作りイベントが行われたりしている。那覇近辺での滞在を考えるなら、こうしたイベントの日に合わせて旅行を組み立てるのも楽しみ方のひとつだ。

      牧志公設市場 おすすめ情報

      マチグヮーの楽しみ方 特選3

        初めて沖縄の市場を訪れた人でも参加しやすいマチグヮーの楽しみ方を達人が紹介

      • 嘉陽さんの案内付きで牧志公設市場を巡る
      • カラフルな鮮魚をおいしい食べ方で調理してもらえる
      • 買い物の前後にステージを楽しんで
      おすすめポイント
        市場でコミュニケーションといっても最初のきっかけをつかみづらいことも。その点、ツアーに参加すれば市場の人との会話を楽しみながら食材を買い、調理して食べることまでセットなので気軽に参加できる。1階の魚屋で買った魚は2階の食堂で調理を頼むことができるほか、公設市場2階の「ひやみかちマチグヮー館」では、ほぼ毎日芸能ステージなどのイベントが開かれているので、いつ訪ねても市場の魅力を味わえる。

      牧志公設市場内のおすすめスポット 特選3

        市場内にはさまざまな食材が並んでいて目移りしてしまう。達人おすすめの巡り方を参考に、自分の気になるものを見つけて。

      • 今日のおすすめを聞いてみたり、おいしい食べ方を相談したりとコ
      • サングラスをかけた市場のマスコット豚
      • 公設市場2階奥にあるとっておきのスイーツの店だ
      おすすめポイント
        第一牧志公設市場の中は店がひしめき合っていて、どこで何を買っていいものやら迷うかもしれない。市場では相対売り(あいたいうり)が基本。売り手と買い手がコミュニケーションを取り合ううちに、しーぶん(おまけ)してもらえることも。まずは市場入り口付近から入って、量り売りの漬け物屋さんでそのやりとりを体験してみよう。そのほかにも、肉屋、果物屋、ジェラート店など市場内散歩におすすめのスポットがある。市場の活気を肌で感じ、気に入った食材を買って帰ったり、その場で食べたりとめいっぱい楽しんで。

      牧志公設市場周辺の観光スポット 特選3

        牧志公設市場の周辺にあり、徒歩で行ける距離にある観光スポットを達人が教えてくれた。

      • 国際通りの入り口では、沖縄の守り神であるシーサーがお出迎え
      • 一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力
      • 懐かしさを感じる空間は、那覇に最も残したい風景のひとつ
      おすすめポイント
        牧志公設市場のある国際通りは那覇を代表する観光スポット。飲食店や雑貨店など、通りの両脇にたくさんの店が建ち並んでいるので、一軒一軒巡るだけでも充分楽しめる。公設市場のある市場本通りのすぐ隣、平和通りを歩いて5分もすると、壺屋やちむん通りにたどりつく。焼き物好きな人はもちろん、石畳の風情ある陶芸ストリートは散歩するだけでも楽しい。さらにそのまま市場本通りを10分ほど歩くと、より歴史が古く、風情のある農連市場に到着。ここまで来ればディープな那覇観光といえる。
  • アクセス・Q&A
    • 牧志公設市場の交通アクセス・施設情報

        国際通りのほぼ中央、スターバックス向かいに、市場本通りアーケードの入り口がある。そこから歩いて数分で到着。公設市場に駐車場はないため、徒歩で楽しむか、車なら周辺の民間駐車場を利用する。

      車(レンタカー)で

        那覇空港から車で約20分

      さらに詳しく知る⇒ 那覇空港から牧志公設市場の距離と所要時間の目安

      路線バスで

        那覇空港バス停より、25番、120番
      那覇バスターミナルより、20番、101番、120番

      モノレール(沖縄都市モノレール)で

        ゆいレール最寄り駅は、美栄橋駅もしくは牧志駅で下車し、徒歩約10分

      施設情報

        【住所】沖縄県那覇市松尾2-10-1
      【電話番号(問い合わせ)】098-867-6560(第一牧志公設市場管理事務所)
      【営業時間】8時~20時(店舗によって異なる)
      【定休日】第4日曜日、12月は無休
      【利用料金】入場料不要
      【駐車場】なし(近隣の民間駐車場を利用)

      牧志公設市場Q&A

      Q 公設市場にはトイレはある?
      A 2階にトイレがある。
      Q 公設市場では何か食べることができるの?
      A 2階が食堂になっていて、1階で買った魚を調理してもらうこともできる(有料)。
      Q 近くに宿はある?
      A 牧志公設市場は那覇の中心街に近いのでさまざまなホテルが周辺にある。
      ⇒那覇エリアのおすすめホテルランキングはこちら

      那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

      • 那覇の格安ホテル5選
      • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
      • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
      編集部の視点
        沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
      ⇒「宿くらべ」をもっと見る