1. シルバーウィークの沖縄 服装・持ち物指南

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

シルバーウィークの沖縄 服装・持ち物指南

【投稿日】2016年08月19日(金)| 沖縄発

シルバーウィークのある9月中旬、沖縄はまだまだ真夏の陽気が続く。日中は30度以上を超すことも多く、日差しは依然として強い。沖縄旅行ではこの暑い中、いかに快適に過ごすかがポイントとなる。

まず、日中の外出に帽子は必須。熱中症と日焼け防止のためにも、ぜひかぶろう。足元は、靴下と靴をしっかり履くと少し暑苦しく感じるかもしれない。サンダルなどがおすすめ。トップスとボトムスは半袖など短い丈にして、風通しよく。

ただ、シルバーウィークの時期と真夏の7月や8月で大きく異なる点は、最低気温だ。真夏は夜から早朝までも暑さが続くが、9月に入るとさすがに朝晩は涼しくなってくる。9月の最低平均気温は25度前後。25度ならば日中と同じ服装でも問題ないように感じるかもしれないが、風が強い日も多く、意外とヒンヤリと感じる。また、お店や観光施設内は真夏と同じように冷房がかなり効いているので、薄手の羽織るものを一枚持っていた方が安心だ。

子どもは大人以上に、強い日差しと気温への対策をしっかりとしよう。熱中症にもまだまだ注意が必要だ。帽子はもちろん必須、服装は風通しがよく、動きやすいものを選ぼう。足元もスニーカーよりサンダルなどがおすすめ。

街歩きの持ち物としては、水、日焼け止めや汗拭き用のタオル・ハンカチは必ずバッグに入れておこう。日傘も持っていると安心で、晴雨兼用のタイプがおすすめ。この時期は急激に天気が悪くなり、スコールのような雨(沖縄の言葉で「カタブイ」)が降ることも多い。晴雨兼用の日傘なら、沖縄の強い日差しと雨のどちらも防ぐことができるので重宝する。

=========================
沖縄旅行をお得に予約する
⇒パッケージツアー、ホテル、レンタカー、遊びの予約は「たびらい沖縄」で
=========================

>>「ニュース一覧」に戻る

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます