沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 人気のスイーツ・お菓子で沖縄を感じる旅

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

人気のスイーツ・お菓子で沖縄を感じる旅

  伝統のお菓子から、南国にぴったりの冷たいものやトロピカルフルーツを使ったデザートなど。沖縄にはスイーツが似合う!沖縄スイーツのおすすめ情報を達人が紹介。

トロピカルフルーツがたっぷりのスイーツ

  琉球王朝時代には中国の影響を受け、戦後はアメリカの文化が入ってくるなど、小さな島の中にさまざまな文化が混在している沖縄。文化、素材には事欠かないだけに、多種多様なスイーツがこの島にはある。また南国のフルーツも魅力的な素材だ。昔懐かしい素朴な味わいのもの、アメリカンな甘いスイーツから、ぜんざい、パフェなど。自分好みのスイーツを、ぜひ見つけてほしい。

更新日/平成27年(2015)12月

◆たびらい編集部厳選!
沖縄で人気の絶品スイーツ7選

豊田 里絵子 さん
(とよだ りえこ)
豊田 里絵子 さん

沖縄スイーツの達人
  沖縄県内に3店舗を構えるタルトの人気店「oHacorte(オハコルテ)」のアートディレクター。フライヤーやポスターの制作、商品企画などを担当。「量よりも、ちょっとずつたくさんの種類を食べたいタイプ」とのことで、沖縄県内のスイーツを食べ歩くこともしばしば。
oHacorte(オハコルテ)公式サイトはこちら

沖縄スイーツの旅は伝統のお菓子からスタート

沖縄の定番揚げ菓子、サーターアンダギー

  沖縄には長い間親しまれてきたお菓子があり、それらは沖縄県民の食卓に上るのはもちろん、旅行のお土産としても喜ばれている。例えば、ちんすこうやタンナファクルー。どちらも小麦粉を主な原料とした焼き菓子だが、ちんすこうは塩や紅イモ、ココナッツなど味の違いでいくつもの種類が発売され、お土産の定番になっている。一方で、庶民のお菓子として親しまれているタンナファクルーは、黒糖の素朴な甘みがやみつきに。元祖として知られる丸玉製菓の創業者である玉那覇(たまなは)さんが色黒だったことから、そのあだ名(玉那覇の沖縄方言の読み方「タンナファ」に色黒を表す「イルクルー」を組み合わせた造語)がお菓子の名前になったというユニークな由来がある。「沖縄本島北部で採れるミカンを原料に、手間暇をかけて作られるきっぱんは、琉球王朝伝統のお菓子。後に民間にも広まったそうです」と豊田さんが教えてくれた。沖縄スイーツの原点とも言える伝統的な菓子は、どれも素朴な味わい。旅の途中に、お土産に、ぜひ試してみたい。

アメリカ文化から生まれたスイーツも定着

アメリカンスタイルが特徴的なジミーのチーズケーキ

  沖縄県内に店舗を構える洋菓子・洋食店の「ジミー(Jimmy’s)」は、チーズケーキやアップルパイが人気だ。店内も洋菓子もアメリカの雰囲気。それもそのはず、10坪ほどの小さなお店からからスタートしたジミーは、終戦当時に豊かな国の象徴的存在であったアメリカへの憧れが原点となって、洋菓子などの商品が開発され、店舗を拡大してきたからだ。沖縄のアイスクリームとして定番の「ブルーシール」もまた米軍基地の従業員向けに販売されたのが始まりで、沖縄県内に広まっていったもの。「雰囲気だけでなく、味付けも“外国っぽさ”を感じられたりするのがおもしろいところ。沖縄にいながら、異国情緒の感じられるのでおすすめです」と豊田さん。街中で出合うスイーツからも沖縄はアメリカの影響を受けていることがわかる。それらもいまでは沖縄の文化。まさにチャンプルー(混ぜこぜ)文化の一端だ。

沖縄県産フルーツを使った南国スイーツ

マンゴーがぜいたくに乗ったかき氷

  実は沖縄県産フルーツを使ったスイーツというのは、これまであまり多くなかった。パッションフルーツやグァバ、シークヮーサーなどのフルーツは、各家庭の庭に実っていることも多く、沖縄県民にとっては身近すぎてスイーツの素材としては見落とされがちだったようだ。それが平成2年(1990)頃に始まった沖縄ブームをきっかけに、県産品を活かそうという動きが拡大。カフェを筆頭にスイーツを取り扱う店舗も増え、沖縄らしい南国のフルーツを活用したさまざまスイーツが誕生した。「それぞれのお店がおいしいものをつくって、新しい沖縄の定番として残っていったらいいですね」と豊田さん。 たとえば豊田さんがディレクターを務めるオハコルテでは、季節ごとにパッションフルーツやマンゴーパインなどの県産のフルーツを使ったタルトを販売。“フルーツをそのまま食べるよりもおいしく”をテーマに、素材が最大限に活きるよう毎年商品開発を行っている。
 伝統的なものから新しいものまで、沖縄にはさまざまな味わいのスイーツがある。次はどんなスイーツに出合えるのか、そんな視線で旅をするのも楽しい。ぜひ自分の足で、お気に入りの一品を見つけてほしい。

《厳選ホテル》

沖縄を感じるおいしいスイーツ

県産フルーツたっぷりスイーツのおすすめ店3選

  マンゴーやパイナップルなど南国のフルーツに恵まれた沖縄。沖縄生まれのフルーツをふんだんに使ったスイーツはやっぱりおいしい!

  • 厳選した旬のフルーツを使った人気のタルト店
  • 369(みるく)ファームカフェ マンゴーデラックス
おすすめポイント
  オハコルテはタルトが人気の店。季節にあわせて旬のフルーツを「そのまま食べるよりもおいしくなるように」とタルトに。マンゴーやパイナップル、ドラゴンフルーツなど、季節を感じながらいただきたい。南国・沖縄らしい冷たいスイーツもおすすめ。369ファームカフェの自農園で育てたマンゴーをたっぷり使った完熟マンゴーデラックスは、ぜひ1度は食べてみて欲しい一品だ。瑠庵(ruan)+島色(shimairo)は、珍しいかき氷専門店。黒糖(黒蜜)やマンゴー、県産の和三盆糖などのかき氷が味わえるほか、店内には器も展示販売されている。

沖縄といったら冷たいもの!おすすめ店3選

  暑い沖縄でどうしても食べたくなるのが冷たいもの。沖縄独特のぜんざい(かき氷の下に小豆が入ったもの)やかき氷、パフェなど、見応え、食べ応えたっぷりの一品を紹介。

  • 千日 ぜんざい
  • 老舗の味が気軽に楽しめるお店
  • 旬の新鮮フルーツとマンゴーアイスを贅沢にトッピング
おすすめポイント
  暑い日にはどうしても食べたくなるのが冷たいもの。千日は山盛りのぜんざいが有名。那覇市内にあるのでアクセスもよく、ついつい立ち寄りたくなる。持ち帰りができるのもポイント。サンスーシィは抹茶を使った特選サンスーシィパフェがおすすめ。びっくりするような大きなサイズで有名なのが、おんなの駅なかゆくい市場の名物スイーツ「アイスマウンテン・トロピカルフルーツ」。沖縄本島北部へのドライブ途中におすすめだ。

沖縄で長く愛される伝統のお菓子おすすめ3選

  沖縄には長いあいだ親しまれてきたお菓子がある。懐かしいようなホッとする味は、いつになってもおいしいもの。

  • 謝花きっぱん
  • うなりざき
  • 試行錯誤を重ねて完成した人気の「クンペン」
おすすめポイント
  「謝花きっぱん」の冬瓜漬けは琉球王朝時代から伝わる伝統菓子。高級感があるのでちょっとしたプレゼントにもよさそう。沖縄の庶民のお菓子の代表と言えば、沖縄版ドーナツのサーターアンダギー。うなりざきは地元に愛されるちいさなお店で、紅芋を練り込んでいるのがポイント。座波菓子店といえばくんぺん。ピーナッツ餡がはいったおまんじゅうのようなもの。地元に愛されるお菓子を食べれば、沖縄の空気が感じられるはず。

食事が魅力のホテルなら「宿くらべ」

  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
  • ディナーがおすすめ リゾートホテル5選
  • プールサイドBBQできる沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。朝食にディナー、バーベキューまで、お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

やんばるの大自然に溶け込むカヌチャステイ

沖縄のお菓子・スイーツQ&A

Q 沖縄のぜんざいは他とは違うと聞いたが、どのようなもの?
A 沖縄で言うぜんざいとは、他の地域で言うお汁粉のようなあたたかい物とは違い、黒糖などで煮た小豆のうえにかき氷をのせた冷たいスイーツ。山盛りのお店も多く、かき氷のあとに小豆がでてくるので食べ応えも満点だ。
Q スイーツやお菓子はどこで買えますか?
A 那覇市の国際通りの土産物店や、各観光地のショップにはたくさんのスイーツやお菓子が販売されている。ほかにも街の中にはうなりざきや謝花きっぱんのような老舗や洋菓子店が点在しているし、カフェでもサンスーシィではオリジナルのちんすこうを販売するなど、思いがけない場所で名菓に出合うことも。ぜひ、あなた好みの一品を見つけてみて。
Q テイクアウトは可能?
A お土産のようなお菓子だけでなく、千日のようにぜんざいもテイクアウトできるお店がある。スイーツを販売しているお店もカフェやパーラー(売店のようなお店)などさまざまなスタイルがあるので、その時々の自分のスケジュールにあわせて利用しよう。
Q スイーツやお菓子がおすすめのホテルは?
A 「EMウェルネスリゾートコスタビスタ沖縄ホテル&スパ」では、ランチメニューに野菜本来の色で美しく彩られたロールケーキやショートケーキなどが並ぶ。「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」では、予約しないと手に入らない、ホテル限定シフォンケーキが人気。
 その他、パティシエによる限定スイーツが楽しめるホテルはたくさんあるので、こちらのサイトから探してみよう。⇒女性向け沖縄ホテル特集はこちら
やっぱり楽しい!女子旅は沖縄へ

  プライベートでも仕事でも、いまどきの女子は何かと手を抜けない。毎日がんばっている自分を、たまには解放してあげてもいいのでは?
沖縄らしいリゾートホテルで、心も体もリラックス。キレイな海で泳いだ後はおいしい食事にショッピング。
 楽しくてヒーリング効果もばっちりの女性のための沖縄旅行のススメ。

⇒沖縄の女子旅特集を読む

五感が研ぎ澄まされる贅沢なアリビラステイ

いざないの一枚

沖縄スイーツと合わせて楽しむおすすめ情報

洋菓子がおいしい人気店

名護市/クリーミーな口あたりの半生スイーツ

お菓子のEBISU 為又店

宜野湾市/厳選素材を使った驚きのふわふわ食感

コトリ焼菓子店(ことりやきがしてん)

北谷町/食べるのが惜しくなるデコカップケーキ

con-gariina(こんがりーな)

豊見城市/ナッツが苦手でもイケる絶品タルト

Sweets&うつわ Yaaya(やあや)

うるま市/食べ切りサイズのチョコ菓子をパクッ

アラモード(あらもーど)

宜野湾市/じーまーみで仕上げるマカロン

Jacaranda Blue(じゃからんだ ぶるー)

嘉手納町/ひと目みたら虜になるアイシング

U.F.Bの店(ゆーえふびーのみせ)

沖縄市/笑顔がうまれる焼き菓子

クッキーとスコーンの専門店 pont cookie

和菓子・琉球菓子がおいしい店

沖縄市/1日800個を売り上げ!チーズまんじゅう

御菓子司 秀月堂(しゅうげつどう)

宜野湾市/飽きのこない老舗の味

和菓子の店 吉兆(きっちょう)

宜野湾市/洋×和菓子のミックスカスタード大福

うさぎや

うるま市/黄身あんをバラに仕立てた和菓子

とくみね菓子店

八重瀬町/ふわモチ感に惚れぼれ

菊みそ加工所 夢工房(ゆめこうぼう)

那覇市/ユニークな発想スナック感覚の松風

御菓子処 末廣(すえひろ)

那覇市/ころんとした形がキュートな伝統菓子

沖縄まんまるカフェ(おきなわまんまるかふぇ)

那覇市/ピーナッツの風味豊かなクンペン

座波菓子店(ざはかしてん)

眺めもおいしい店

読谷村/絶景にうっとり週末の穴場スポット

Ocean View Cafe 残波邸(ざんぱてい)

南城市/緑に囲まれた庭でのんびり

Café森のテラス(もりのてらす)

恩納村/伊江島産の食材を味わう

Mermaid Cafe(まーめいど かふぇ)

那覇市/琉球国王も眺めた那覇の街並み

石畳茶屋 真珠(まだま)

南城市/自家製「純黒糖」を味わう

黒糖工房・青空喫茶 八風畑(やふうばたけ)

本部町/アジア風の隠れ家カフェ

cafe CAHAYA BULAN(ちゃはや ぶらん)

今帰仁村/海を望む高台でヘルシーごはん

カフェ こくう

南風原町/女性から人気の穴場の一軒家

cafe103(かふぇいちまるさん)

那覇市/首里の高台に建つ絶景カフェ

YONA Salute(よな さるうて)

北谷町/大人のカフェテラス

Cafe Terrace NIRAI(にらい)

おすすめのランチバイキング

那覇市/老舗ホテルで味わう贅沢料理

ホテル日航那覇グランドキャッスル レストランセリーナ

北谷町/景色も雰囲気も料理も贅沢に

SEAGARDEN(シーガーデン)

糸満市/地元の魚や野菜を贅沢に味わう

サザンビーチホテル&リゾートオーシャンビューレストランREI

那覇市/料理で楽しむ世界旅行!

ホテル ロコア ナハ ワールドグルメバイキング

那覇市/海を眺めながら料理を満喫

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ THE DINING 暖

豊見城市/種類豊かなオリジナル料理が魅力

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

豊見城市/和洋中全般を日替わりで提供

カフェレスト エバーロイヤル

うるま市/本格中華と洋食料理が楽しめる

チャイナカフェ PAO 包(チャイナカフェ パオ)

沖縄市/見た目にも楽しめるお得なランチ

ベーカリー&カフェ ラ・メール

北谷町/焼き立てのピザを堪能あれ

PIZZA&ITALIANBAR COBY(コビー)

その他の達人指南を見る

「外人住宅」をリノベーションするなどセンスの良いカフェも多い

「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅
海や山など豊かな自然のロケーションを生かした絶景カフェや、地元の食材を使った料理のおいしいカフェなど、沖縄には魅力的なカフェがたくさん。カフェを知り尽くした達人・・・

見るからに食欲をそそるパンたち。こだわりの店も増えた

沖縄のパン屋さん巡りの楽しみ方
ここ数年、沖縄でパン屋さんが急増している。やわらかいパンから総菜パン、そしてハード系までバラエティに富んだ沖縄のパンの世界を、パンをこよなく愛する達人が紹介。

現在はコンドミニアムとして使用されている外人住宅

沖縄・外人住宅が女性に人気な理由
米軍基地関係の軍人やその家族のために建てられた“外人住宅”。シンプルな四角い箱形の建物は、住まいとしてだけでなく、カフェや雑貨屋さんとしても利用されている。

お洒落な家具屋が立ち並ぶ「家具屋通り」

宜野湾市を満喫! おすすめ観光情報
お洒落な家具やカフェ、美しいビーチに、県内有数のイベントまで。魅力満載の宜野湾市の楽しみ方を紹介

赤レンガにヤシの木が目印。スタッフのアロハシャツも特徴的

jimmy's 沖縄で人気の洋菓子・洋食
地元から愛される洋菓子・洋食の老舗「ジミー(Jimmy’s)」。クッキーやアップルパイが有名だが、約半世紀もの間、沖縄の人々を魅了してきたジミーの魅力はそれだけ・・・

お土産店のメッカ、牧志公設市場付近。果物や野菜も豊富にそろう

「沖縄お土産ランキング」最新から定番まで!
せっかくの沖縄旅行なのだからお土産は沖縄らしいものをぜひ選びたいもの。「誰もが大満足!」の義理みやげ系から、「あの人には絶対にこれ!」という決め打ち系まで、売れ・・・

沖縄の青い空に映えるブルーシール牧港本店

ブルーシールアイスクリームの魅力に迫る
沖縄のアイスクリームといえば“ブルーシール(BLUE SEAL)”。南国・沖縄の旅に欠かすことのできない定番の一品だ。滑らかさが自慢のアイスクリームのおいしさの・・・

アメリカ西海岸をイメージした海のリゾート

美浜アメリカンビレッジの“通”な楽しみ方
観覧車がシンボルの人気リゾートエリア「美浜アメリカンビレッジ」の魅力を、りんけんバンドのリーダー照屋林賢(てるやりんけん)さんが徹底ガイド。

古民家を再生してオーナーの個性を出すのが浮島流

「浮島通り」の歩き方 国際通りの路地裏
那覇の国際通りから牧志公設市場への一本道、「浮島通り」には沖縄の今と昔が詰まっている。ファッショントレンドの発信地として注目が集まる通りを歩いてみよう。