1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 古宇利島の隠れた楽しみ方 早起きして絶景をひとり占め
古宇利島の隠れた楽しみ方 早起きして絶景をひとり占めの記事イメージ

古宇利島の隠れた楽しみ方
早起きして絶景をひとり占め

更新:2018年03月29日

古宇利大橋を渡って行ける絶景の島・古宇利島。人気がゆえに、たくさんの観光客が訪れますが、宿泊すればその景色をすべてひとり占めできます。

[たびらいセレクション]

古宇利島

宿泊しないと
見られない絶景

透明度の高い海、ざわわと揺れるサトウキビ畑、水平線に沈む夕日、満天の星空…。古宇利島には、宿泊しないと気付かない知られざる絶景がたくさん。リゾートヴィラだと一層プライベート感が満喫できるのでおすすめです。

古宇利島
宿泊だと帰りの時間を気にすることもありません。
ゆっくりと空の移ろいを感じて。
古宇利島
陽が落ちたら、テラスに寝転んで虫の音をBGMに星空観賞。
古宇利島
周りに余計な街灯はなく、満天の星空が広がります。

MUKAKA VILLA

【営業時間】チェックイン 15時~ チェックアウト ~11時
【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利2593-5
【問い合わせ(TEL)】 0980-56-5051
【総客室数】1室
【公式サイト】http://mukaka.villas/

ステキな旅づくりに。ちょっとディープな楽しみ方ガイド

[たびらいセレクション]

古宇利島

早起きして
ハートロックを独占

古宇利島では、早起きしないと味わえない体験があります。早朝のハートロックへ出発。

古宇利島
ちょっと早起きして、まだ薄暗い中、歩いてティーヌ浜へお散歩。
古宇利島
まだ陽が昇る前のティーヌ浜。
ハートロックが幻想的に佇みます。
古宇利島
普段は人混みであふれるハートロックを早朝だと独占状態。
古宇利島
角度によっては二つの岩が重なって
「逆さハート」に見えます。
古宇利島
お昼ごろのティーヌ浜の様子。貸し切り状態で楽しめるのは早起きの特権です。
古宇利島
もっと見る

[たびらいセレクション]

古宇利島

古宇利島は
日帰りでも楽しい!

青い海や集落を見ながらのドライブ、絶景カフェ巡りなど、古宇利島はもちろん日帰りでも楽しめます。

古宇利島
古宇利大橋を渡って古宇利島へ。
橋と島が見えた瞬間からテンションはすでに最高潮!
古宇利島
橋の上からは青い海と空、白い雲の景色を堪能。
古宇利島
古宇利島に入ってすぐ手前に位置するのは人気の古宇利ビーチ。
古宇利島
島を車でぐるりと一周。海沿いの道を走ります。
古宇利島
古宇利大橋を一望。ドライブしながら、ベストな撮影スポットを探すのも楽しいです。
古宇利島
集落には沖縄の原風景が今なお残っています。
古宇利島
さとうきび畑に囲まれた、のどかな小道を進みます。
古宇利島
島の北側に位置する「トケイ浜」。こじんまりとしたビーチで貸し切り感を味わえます。
古宇利島
お腹が空いたら絶景カフェへ。
立ち寄ったのは、オーシャンビューが自慢のカフェ「フクルビ」。
島産の素材を贅沢に扱ったオリジナル料理が楽しめます。
古宇利島
眺望を満喫できるテラス席。17時までの営業ですが、ディナーは予約制で夏期はBBQ、
冬期は鍋プランを実施しています。
古宇利島
古宇利島で採れた新鮮なヨモギや月桃を使用したメニュー。
とても香り高く絶品です。
古宇利島
解放感あふれる店内には、キッズスペースやグッズ売り場もあります。

Cafe フクルビ

営業時間】11時~17時 季節によって変動有り
【場所】沖縄県国頭郡 今帰仁村古宇利2516
【定休日】日曜日 ※連休は営業あり
【メニュー】ヨモギリータピザ1480円/やんばる豚の炙り月桃のバラ肉1380円/マンゴースムージー700円/フローズンモカジャバ600円(すべて税込)
【駐車場】あり
【問い合わせ(TEL)】090-1436-9659
【公式サイト】http://fukurubi.com/
もっと見る

まだある!古宇利島のおすすめ絶景カフェ3選

ロケーション抜群!人気の離島「古宇利島」の景色と食事を楽しめるカフェを紹介します。

  • ほっこりインテリアが心地よい
    「t&c とうらく」


    ほっこりインテリアが心地よい「t&c とうらく」

    テラス席から本部半島や伊江島を望めるカフェ。ここの特徴は、ウッディーなインテリアとセンスのいい雑貨が置かれた店内。陶芸品などは販売もしている。料理はゴーヤーやグルクンなど、沖縄の食材にこだわったメニューが充実。どれも優しい味付けで、美しい景色と共にゆっくりと味わいたい。

    詳細はこちら

  • スタイリッシュな料理と空間
    「ワンスイートレストランL lota(エル・ロタ)」

    「ワンスイートレストランL lota(エル・ロタ)」

    一日2組限定のホテル「ワンスイートホテル&リゾート古宇利島」内のレストラン。銀座などで活躍してきたシェフによる、地元の食材中心の華やかな料理が味わえる。軽食、スイーツ、ディナーコースなどメニューも豊富。大きなガラス張りの店内はどこからでも海が望め、古宇利大橋も見える。

    詳細はこちら

  • ガーデンの緑、海と空のコントラストが眩しい「カフェ&コテージ オーシャン ブリーズ」

    「カフェ&コテージ オーシャン ブリーズ」

    宿泊施設にあるカフェ。ハートロックが人気の天然ビーチ「ティーヌ浜」から近く、水着でも立ち寄れる。庭がとにかく広いのが特徴で、緑の芝生と青い海のコントラストが美しい。店の中の大きな窓からも、もちろん海が見渡せる。メニューはアイスクリームやピザ、ドリンクなどの軽食が中心。

    詳細はこちら

ステキな旅づくりに。ちょっとディープな楽しみ方ガイド

ローカル案内役
花城 綾子(たびらい編集部)

那覇市出身。最近沖縄にUターンしてきて、ディープな島の魅力を求めて駆け巡っています。車の運転にハマり中。

[たびらいセレクション]

今、この宿、見られてます