沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. jimmy's 沖縄で人気の洋菓子・洋食

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

jimmy's 沖縄で人気の洋菓子・洋食

  地元から愛される洋菓子・洋食の老舗「ジミー(Jimmy’s)」。クッキーやアップルパイが有名だが、約半世紀もの間、沖縄の人々を魅了してきたジミーの魅力はそれだけじゃない。社名の由来から地元の人のおすすめ利用法など、ジミーを丸ごと大解剖。

赤レンガにヤシの木が目印。スタッフのアロハシャツも特徴的

  ジミーと言えば赤レンガの建物。周りにはヤシの木が植わっていて、どこかハワイを思わせる南国らしい佇まい。晴れた青い空にもよく合うし、夕日を浴びてさらに真っ赤になるのも素敵だ。スタッフのユニフォームであるアロハシャツは、1989年にユニフォームとして採用されて以来、ずっとジミーのスタイルとして定着している。赤や黄色、オレンジ、ブルーなど実は何色ものアロハシャツがあり、統一のオレンジのベレー帽にもよく似合う。

更新日/平成27年(2015)8月

《この記事を読む人におすすめの情報》

渡嘉敷 美穂子 さん
(とかしき みほこ)
渡嘉敷 美穂子 さん

ジミーの達人
  勤続15年の渡嘉敷さんは読谷村出身。小さい頃はジミー嘉手納店をよく利用していたそう。「実は母親もジミーに勤めていましたが、私の出産を機に退社。私のジミーの入社内定が決まったときは、何だか運命を感じました」と大好きなジミーで働くきっかけを話してくれた。大山店、嘉手納店、首里店、那覇店と様々な店舗を経験してきた渡嘉敷さんは、人懐っこい笑顔と困ったお客様がいればすぐに駆けつける観察力で、若くしてスタッフみんなの頼れる存在だ。

ジミーの成り立ちや人気のお土産品など、楽しみ方を徹底紹介

創業者に贈られたハワイからの感謝状。

  赤いレンガにヤシの木が印象的なジミーは、クッキーケーキパン、デリカ、レストラン、スーパーマーケットなど沖縄の食文化を支えてきた沖縄を代表する企業。1956年の創業以来、アメリカやハワイの文化の影響を強く受けた沖縄独特の雰囲気を味わえ、観光客にも人気だ。そんなジミーの名前の由来をご存知だろうか。「ジミーは、創業者・稲嶺盛保(いなみねせいほう)のニックネームなんです。稲嶺がかつて米軍基地で働いていた頃にそう呼ばれていたようですが、どうして『ジミー』だったのかは本人もわからなかったようですよ」と渡嘉敷さん。『ジミー』と呼ばれる理由がよくわからないままそれに応えていた当時の稲嶺さんのことを想像すると、おおらかで、「てーげー」(適当)で何ともウチナーンチュらしいエピソードだ。また、ジミーを語る上で「ハワイ」というキーワードも外せない。クッキーの製造機械や、ジミーの看板商品のパウンドケーキやマフィンなどのアイデアをハワイから学んだり、その後仕事の交流を超えたハワイと沖縄との橋渡しに力を注ぐなど確実な絆を築いてきた。宜野湾市にあるジミー1号店の大山店には、レストラン入口の壁に英語で書かれた賞状がいくつか飾られている。これはハワイと沖縄の交流推進に尽力した稲嶺さんに送られた感謝状の数々。今や国内を代表する大会になったNAHAマラソンも、ハワイで見たホノルルマラソンのような大きな大会を沖縄でも開催できればと、Tシャツを寄贈するなどその実現に尽力したという。ジミーこと創業者の稲嶺氏、そしてハワイ。ジミーにとって、とても重要な存在なのだ。

沖縄土産の定番は、地元で愛される贈答品の定番

もらう側も嬉しいジミーの内祝い

  ふっくら豊かな味わいのパウンドケーキや、サクサクまたはしっとりした食感がおいしいクッキーはジミーの看板商品。沖縄みやげとしても観光客に人気のこれらのスイーツ&ベーカリーは、地元の人々からもやっぱり愛されている。ただ、家に帰ってジミーのクッキーがあると「あれ、何のお祝い?」と多くの県民は思うことだろう。ジミーのスイーツ&ベーカリーは沖縄では贈答品の定番なのだ。「おめでたいことあれば、ジミーを贈ろう、と思ってくださるお客様が多いですし、私自身もそうですね。特に内祝いとしてのご利用が多く、入学式や合格祝い、出産祝いなどの御返しに大量に購入するお客様もいらっしゃいます」と渡嘉敷さん。一番良く出るのは、スーパークッキーとトロピカルクッキー。なるほど、どの店舗でも一番目立つところに陳列されている。小分けできるマフィンセットや、ファンも多いパウンドケーキの単品やセットも利用が多いそうだ。その他、ケーキコーナーで一番人気のアップルパイは、お呼ばれした時のちょっとした手みやげとしても喜ばれているそうで、焼きたてを狙って買いに来るお客さんもいるとか。少し変わった贈り物では、デリカコーナーで人気のガーリックチキン。「見た目も豪華ですし、お祝いのテーブルが一気に華やかになりますよね。ふっくらやわらかなチキンとたっぷりのにんにくの味わいは、子どもからお年寄りまで人気です」。贈答品の定番、これはジミーが本当に地元の人に愛されている証拠なのだ。

大人気!ジミーのレストランは沖縄県民憩いの場

豊富なメニューが揃うバフェは子どもから大人まで喜ばれている

  県民が愛してやまないのは、クッキーやパウンドケーキなどのスイーツ&ベーカリーだけではない。平日にもかかわらず、たくさんの人で賑わうのはレストラン(※大山店那覇店美里店のみ)。特にランチバフェはサラダバーや本格的な中華、ケーキやパイがリーズナブルに食べられてとてもお得なのだ。席に座り、周りを見回して感じることは地元の年配の方が多いこと。渡嘉敷さんにその理由を尋ねてみた。「そうですね、模合(もあい。地元仲間や同級生で集まり、毎回積み立てをする沖縄では一般的な会合。その積立金は順番で受け取る)で昔から利用して頂いている方が多いと思います。肉料理だけでなく野菜メニューも充実していることなど理由はいろいろと考えられますが、やっぱり一番の魅力はフロアで販売されているパイやケーキがバフェで食べられる、ということではないでしょうか(笑)」。そうなのだ、ケーキコーナーで販売されている人気のアップルパイやチーズケーキがバフェでは食べ放題なのだ(※日替わりでいろいろなケーキが並ぶ)。「今日はアップルパイある? バナナパイはあるの? と聞かれることもありますね。パイでも、お肉や野菜でも、お客様ごとにそれぞれお目当てのものがあるようです」。利用者のニーズに応え変化を遂げながらも、変わらない良さ、という安心感もある。大きな口を開けチキンを頬張る小さな男の子や、ケーキとコーヒーとともにおしゃべりに華を咲かせる若い女性もいつか大人になり、年を重ねても、ずっとジミーのレストランを日常的に利用するその姿が目に浮かぶようだ。

パッケージがかわいい輸入品が並ぶスーパーマーケット

定番商品からめずらしいものまで、見ているだけでも楽しい

  瓶詰めや缶詰、コーヒーやスナックなどの食料品や、シャンプーや洗剤などの日用品まで、外国のパッケージがとにかくかわいい輸入品。まるで外国のスーパーマーケットを訪れているような感覚になるジミーのスーパーマーケットも、忘れずに立ち寄りたい。カラフルな色合いやびっくりするようなボリュームの商品は、見ているだけで楽しくなる。「昔から置いている定番商品も多いですね。いろんな事情で入らなくなる商品もありますが、それで新しく並ぶ商品もありますので、よく利用して頂くお客様にも楽しんで頂けるラインナップになっていると思います」と渡嘉敷さん。ちなみに渡嘉敷さんのお気に入りは?「とってもチップスが大好きなので、レイズはよく買いますね。小さい頃からよく食べていたKISSチョコや、おばあちゃんの家に必ずあったLigoのレーズンも今でも大好きです」。沖縄のお土産として観光客の方の利用も多いというスーパーマーケットをぜひ一度のぞいてみよう。

《厳選ホテル》

やんばるの大自然に溶け込むカヌチャステイ

ジミーの人気商品と代表的な店舗を選りすぐって紹介

大人気のベーカリー&スイーツ

  「アップルパイの焼き上がる時間はいつ?」そんな風に焼き上がりを心待ちにするお客さんも多いジミーのベーカリー&スイーツ。さて、あなたのお気に入りは?

  • ジミー ジャーマンケーキ
  • ジミー アップルパイ
  • ジミー メロンパン
おすすめポイント
  ジミーと言えばベーカリー&スイーツが有名です。創業当時、一歩先を進んでいたハワイや諸外国のアイデアや技術をいち早く取り入れた商品は、今でも愛されるジミーの看板商品に。レストランがある店舗では、フロアで販売されているケーキやパイがランチバフェで召し上がれます。また、那覇店2階にあるパン工場で作り出されるオリジナルレシピのパンも人気なので、ぜひ一度お試しくださいね。

旅の途中に立ち寄りたいジミーのお店

  レストランを併設する大きな店舗から、小さなフロアに商品がぎゅっとつまったアンテナショップまで県内に22店舗を構えるジミーのおすすめ3店舗をご紹介。

  • ジミー大山店
  • ジミー那覇店
  • ジミー美里店
おすすめポイント
  どの店舗も共通して言えることは、必ず地元の常連客がいることです。1つの店舗に長く勤めるスタッフも多いので、常連客の方が来店されると自然と会話が始まりますし、購入される商品や注文されるメニューも覚えてきますね。店舗の違いで言えば、ミニベーカリーを併設する大山店、那覇店、美里点では所属するパティシエの個性を活かした、その店限定のケーキがあること。他の店舗でも出してほしい、という声も多いのですが、そこは頑に(笑)店舗限定でご提供しています。

お土産にぴったりなジミーのギフト

  地元の人にも愛されているものを旅のお土産にしたい。そんなあなたはジミーのギフトはいかが。Webショップでも購入可能で、「食べたい」と思ったらいつでもあの味に出会える。

  • ジミー ブランデークッキー
  • ジミー スーパークッキー
  • ジミー バナナケーキ
おすすめポイント
  新しいもの好きな創業者を虜にした外国製のクッキーやケーキの製造機械により、ジミーのクッキーやケーキの大量生産が可能になり、多くの人に届けられるようになりました。オリジナルレシピで作られるその味は、半世紀以上の時を経ても変わらないおいしさです。

食事が魅力のホテルなら「推し宿」

  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
  • ディナーがおすすめ リゾートホテル5選
  • プールサイドBBQできる沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。朝食にディナー、バーベキューまで、お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

絶景ホテル!空に近いインフィニティプール

ジミー店舗マップ


より大きな地図で jimmy's店舗情報 を表示

ジミーのQ&A

Q 「Jimmy’s」は何と読むのですか。
A 「ジミー」と読みます。創業者・稲嶺盛保氏がかつて米軍基地の中で働いていたときに付けられたニックネーム。どうして「ジミー」と呼ばれていたかは本人もわからないそうです。
Q バフェが食べられる店舗を教えて下さい。
A レストランを併設する、大山店、那覇店、美里店です。
ランチバフェは各店とも11:00~15:00まで、ディナーバフェは17:30~22:00までです。(ラストオーダーは21:00まで)ただし、美里店のディナーバフェは土曜、日曜、祝日のみです。
年齢や曜日によって御一人様当たりのバフェの料金は変わりますので、詳細は公式サイトをご覧下さい。
Q ジミーのオリジナルグッズはありますか。
A 小さく折りたためるマイバッグや便利なクーラーバッグ、厚手で丈夫なジミーバッグ、ロゴが全面に入ったフェイスタオルがあります。店舗で購入できるほか、Webショップでも購入可能です。
「帰りたくない!」と子どもに言わせる沖縄旅行

  日頃忙しくて、なかなか子どもと遊べないお父さん、お母さんのために、子どもを思いっきり笑顔にする沖縄旅行の方法を紹介!
 2泊3日の旅のモデルコースを中心に、美ら海水族館、盛りだくさんの海遊び、キッズプラン充実のホテルなど、子どもはもちろん、家族みんなにうれしい情報が満載。
 今年の夏はこれで決まり!

⇒子どもが笑顔になる夏の沖縄旅行特集を読む

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

もっと沖縄が好きになるお役立ち情報

-jimmy’sと合わせてあなただけの観光プランを立ててみよう!-

沖縄のおすすめドライブコース

西海岸の風を浴び、琉球の文化に触れる

海風と異文化を感じるドライブ

太平洋の風景を堪能しながら海の道を疾走

海中道路を駆け抜ける

北部ドライブの人気ルートを楽しむ

東シナ海の眺望と水族館、古宇利島

自然豊かなやんばるをぐるっと一周

本島北部をめざしてやんばるぐるり旅

沖縄文化とグルメの中心地を巡る

那覇市内お散歩ドライブ

本島を横断して一気に太平洋岸へ。

雄大な太平洋と琉球の聖地を巡る

沖縄戦を学ぶ、鎮魂のドライブへ

平和を祈りつつ南部戦跡を巡る

那覇から南部路、太平洋の景色も堪能

琉球が誇る世界遺産を巡る(その1)

中部から北部へ点在する古城を巡る

琉球が誇る世界遺産を巡る(その2)

光あふれるエキゾチックタウンを行く

夜景を満喫する中部ナイトドライブ

沖縄のおすすめイベント情報

青い空に映える日本一早い桜祭り

桜祭りのイベント情報

伝統芸能や花火で盛り上がる

夏まつりのイベント情報

どこよりも早く海が楽しめる沖縄へ!

海開きのイベント情報

夏の風物詩。躍動感ある演舞が魅力

エイサーのイベント情報

600年前から続く伝統漁船のレース

ハーリーのイベント情報

迫力満点の沖縄の人気一大イベント

大綱引きのイベント情報

独特の文化や風習が残る神聖な祭り

伝統行事のイベント情報

民謡からロックまで音楽を通じた文化交流

音楽祭のイベント情報

沖縄の海と自然を感じて走る

マラソンのイベント情報

トライアスロンや自転車など

その他スポーツのイベント情報

沖縄グルメを味わおう!

沖縄の定番グルメといえばこれ!

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

進化する今ドキのタコライスの魅力に迫る

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄らしさがギュッと詰まった居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

沖縄の郷土料理の歴史や魅力を紹介

地元の味に舌鼓。おすすめの沖縄の郷土料理

伝統のお菓子から人気のスイーツまで!

女性人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

バラエティに富んだ沖縄のパンを達人が紹介

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

沖縄の魅力的なカフェの楽しみ方

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

沖縄を訪れたならぜひ味わってほしい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

半世紀にわたり地元から愛され続ける味

沖縄で愛されるファストフード店「A&W」

沖縄の旅に欠かすことのできない定番

人気の沖縄アイスクリーム「ブルーシール」

沖縄土産がなんでもそろう!

恩納村/おんなの駅で気軽にひと休み

特産品に出合う、おんなの駅なかゆくい市場

嘉手納町/沖縄の物産やグルメを楽しむ

嘉手納空軍基地が一望の「道の駅かでな」

名護市/やんばるの玄関口名護の道の駅

やんばる土産がそろう「道の駅許田」の魅力

大宜味村/やんばるドライブの途中に立ち寄りたい

沖縄土産とグルメを満喫「道の駅おおぎみ」

糸満市/広々空間でゆっくり買い物を楽しむ

最南端の道の駅「道の駅いとまん」の魅力

豊見城市/地元の野菜と元気な笑顔に出会える

那覇空港に最も近い道の駅「道の駅豊崎」

多種多様でおもしろい“沖縄のお土産”

定番から達人のおすすめの一品まで!沖縄土産

那覇市/昭和の懐かしい雰囲気が残る市場

那覇の穴場観光スポット「農連市場」の魅力

那覇市/穴場だけどおもしろい栄町市場の魅力

那覇の穴場観光スポット「栄町市場」の魅力

那覇市/多くの観光客でにぎわう市場

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方