沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 沖縄本島から車で気軽に行ける離島
PR
もう、ツアー予約でページをいったりきたりしない!「たびらい厳選ツアー」

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

沖縄本島から橋で繋がっている離島を紹介!

沖縄本島から車で気軽に行ける離島

古宇利島(こうりじま)/今帰仁村

絶景スポットとして大人気!
「古宇利島(こうりじま)/今帰仁村」
沖縄本島北部・今帰仁村(なきじんそん)にある古宇利島は、平成17年(2005)に全長約2キロの古宇利大橋が開通し、車で行ける離島として人気を集めている。島の周りは澄みわたる海が広がり、透明度もピカイチ。近年はオシャレで古宇利大橋と青い海を望む、絶景が楽しめるカフェも増えてきている。

旅の裏ワザ

橋を渡ったすぐ側にある古宇利ビーチや、恋のパワースポットの「ハートロック」があるティーヌ浜などはもちろんオススメのスポットだが、近年では多くの観光客が訪れ混雑気味。何度も古宇利島を訪れている“ツウ”な人にはソウヌ浜やトケイガハマなど、穴場ビーチをすすめる。また、夕方には美しい夕日が、夜には満点の星空が見られるなど、時間帯を変えて島を訪れると違った雰囲気が味わえるので要チェックだ。

瀬底島(せそこじま)/本部町

日帰りできる美しき離島
「瀬底島(せそこじま)/本部町」
沖縄本島北部、本部半島と橋でつながり、車で気軽に立ち寄れる瀬底島は、風に揺れるサトウキビの葉や色鮮やかなブーゲンビリア、赤瓦の屋根の上にちょこんと鎮座するシーサーなど、沖縄の原風景に出合える。

旅の裏ワザ

瀬底島に着いたら、まずは「瀬底ビーチ」へ!天然のビーチとして県内でも有数の広さ、透明度を誇るので、ぜひ立ち寄ってほしい。シュノーケルをすればカラフルな熱帯魚が数も種類もたくさん見られる。晴れている日は時間を調整して夕方に訪れると、綺麗な夕日が望めるので要チェック。景観を生かしたカフェが数件あるので、カフェ巡りを楽しむのもおすすめだ。

《タイアップ》

浜比嘉島(はまひがじま)/うるま市

琉球の始まりの地、神々が住む島
「浜比嘉島(はまひがじま)/うるま市」
浜比嘉大橋を渡って行ける離島。琉球の始まりの地といわれ、その祖神アマミキヨとシネリキヨが住んだ場所としても知られる。子宝や五穀豊穣を願い、今も県内外から拝みに来る人が後を絶たないほど、パワースポットとしても人気。

旅の裏ワザ

パワースポットと呼ばれる場所が島内にはあちらこちらにある。琉球の天地を開いたとされるふたりの神が住んでいたシルミチューには女性のシンボルの岩があり、子宝に恵まれない夫婦が遠方から拝みに訪れることも。見学は可能なので、マナーを守って観光しよう。シルミチュー近くの「シーサイドガーデン浜比嘉」には展望台があり、そこからは島を一望できるのでおすすめ!

奥武島(おうじま)/南城市

沖縄てんぷらで有名な島
「奥武島(おうじま)/南城市」
沖縄県南部の南城市にある奥武島は150メートルの橋でつながった離れ島。漁業の島として栄え、現在は名物の沖縄てんぷらを目当てに観光客のみならず、地元の人々も足繁く通う。

旅の裏ワザ

なんと言ってもおすすめは「てんぷら」。島内には数軒のてんぷら屋があり、どこも衣やネタを工夫しているので食べ比べても良い。絶対に食べてほしいネタは島で採れたアーサやもずくを使用したてんぷら。お腹いっぱい食べたら、島の散策に出かけよう!鳥居前にある拝所案内図を参考にして、細くのびるすーじぐゎー(路地)をゆっくりと散策するのがおすすめだ。

《タイアップ》

瀬長島(せながじま)/豊見城市

「瀬長島ウミカジテラス」で話題
「瀬長島(せながじま)/豊見城市」
那覇空港から瀬長島までは車でわずか15分。絶好のアクセスにありながら、離島らしいのんびりとした雰囲気が感じられるのが魅力だ。2015年7月、新たな商業施設「瀬長島ウミカジテラス」がオープンし、ますます人気を集めている。

旅の裏ワザ

那覇空港から近く、島からは飛行機の離着陸が間近で見られる。飛行機マニアでなくても、その光景に目を奪われ、ついつい長居してしまう。昼は海や飛行機の景色が楽しめ、夜になれば夜景が堪能できる。美しい夜景を見に来る地元の人も多い。また、島内には「琉球温泉瀬長島ホテル」があり、温泉に浸かりながら海や飛行機を眺めることができる。那覇空港から近いので最終泊におすすめなホテルだ。

この記事を見ている人におすすめ情報

今が旬のおすすめ観光情報