沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 本部町を楽しむ! 海、山、町の魅力が揃う観光スポット

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

本部町を楽しむ! 海、山、町の魅力が揃う観光スポット

  天然ビーチや亜熱帯植物が生い茂る森。豊かな自然が残る本部町には、美しく雄大な海を手軽に体感できる「沖縄美ら海水族館」をはじめ、日本一早い桜が楽しめる八重岳、人気の沖縄そばの店など見どころが満載だ。

人気の海洋博公園から伊江島を望む

  那覇空港から沖縄自動車道を利用し、車で約2時間。年間300万人が訪れる沖縄で最も人気のある観光スポット「沖縄美ら海水族館」をはじめ、樹齢300年のフクギが連なる備瀬(びせ)地区のフクギ並木、日本一早い桜が楽しめる八重岳(やえだけ)など、本部町(もとぶちょう)には見どころが満載。最近では、豊かな緑を活かした森カフェが若い女性から人気を集めている。観光もグルメも楽しめる本部町を海、山、町の3エリアに分けて、達人にその魅力を聞いてみた。

取材日/平成26年(2014)4月30日 取材者/おきなわいちば編集部

《この記事を読む人におすすめの情報》

知名 雄義さん
(ちな ゆうき)
知名 雄義さん

本部町の魅力を伝える達人
  本部町役場・商工観光課に務めて2年。本部町では現在、観光資源の有効活用を目指し、新商品の開発に力を注いでいる。知念さんも本部町の豊かな自然や魅力あふれる特産品を多くの人に知ってもらおうと日々、奮闘中だ。

沖縄の美しい海を堪能できる本部町の“海エリア”

透明度の高い本部町の海

  「沖縄旅行で外せない観光スポットといえば、沖縄美ら海水族館。世界最大級の大水槽でジンベイザメやマンタが泳ぐ姿は、何度見ても感動を味わえます。また、イルカたちとのふれあいや、ウミガメ、マナティーの観察など、水族館のアイドルたちにも心が癒されるはずです」と話す知名さん。本部町には水族館だけではなく、沖縄の美しい海を満喫できる場所がまだまだあると言う。
フクギ並木で知られる備瀬エリアにあるのが、備瀬崎(びせざき)の海。ここは透明度が高く、シュノーケリングが楽しめる地元で人気のスポットです」。砂浜からでも熱帯魚が泳いでいる姿が見られ、春にはアーサ(沖縄の方言でアオサという意味)が採れるそうだ。
 また本部町は沖縄本島で唯一、カツオ漁が盛んな町。例年、ゴールデンウィーク頃に初水揚げが行われ、町全体がカツオで活気づく。「この時期、町内には鯉のぼりならぬカツオのぼりが掲げられます。飲食店や鮮魚店では、新鮮なカツオが味わうことができ、味噌和えで食べるのが本部流です」と教えてくれた。

自然の恵みにおいしいものがいっぱい“山エリア”

八重岳(やえだけ)では、日本一早い桜を楽しむことができる

  本部町の真ん中を横切る県道84号線は、沖縄の大自然を感じることができる人気のドライブコース。「一番のおすすめは、日本一早い桜を見ることができる八重岳(やえだけ)。標高453メートルの八重岳には、約7000本のカンヒザクラ(寒緋桜)の木が植えられています。見頃を迎えるのは1月下旬。桜まつりも開催され、日本一早い桜を見ようと多くの観光客でにぎわいます」と知名さん。また、桜の開花と同じ時期に、八重岳山麗の伊豆味(いずみ)集落で、本部町の特産品であるミカン狩りが楽しめる。ここで味わえるのは、タンカンという種類のミカン。ポンカンとスイートオレンジの自然交配によってできたミカンで、甘みが強く、みずみずしいのが特徴だ。

市場では、若者からおばぁまで参加する手作り市も。“町エリア”

毎月第3日曜日に開催される「もとぶ手作り市」

  本部町営市場や港のある渡久地(とぐち)集落は、かつて町の中心街として栄えた場所。しかし、大型店舗に押され、市場は次第にさびれていったという。空き店舗が多くなった市場を盛り上げるため、8年ほど前から地元出身の若者たちが中心となり、手づくり市を開催。陶器雑貨を売る若手作家の横に天ぷらを売るおばぁ(沖縄の方言でおばあちゃんのこと)がいて、その横には採れたて野菜を売る農家の人がいる。月に1度開かれる地元色が濃い市は評判となり、遠方からも多くの人が訪れるようになったそうだ。
 今では、昔ながらの衣料品や精肉店のほか、コーヒー豆や革製品、オーガニック食品の店など、さまざまな種類の店があり、町営市場には空き店舗がほとんどないという。
 “町エリア”で、古くて新しい本部町の魅力を堪能してほしい。

忘れてはいけない! 本部町のグルメ

きしもと食堂のそば。カツオだしとコシのある麺の相性が抜群

  本部町の観光で語らずにはいられないのが沖縄そば沖縄そばが食べられる飲食店が70軒ほど点在し、本部町全域が「本部そば街道」と呼ばれている。本部町の沖縄そばは、特産品のカツオが贅沢に使われたダシと平麺が特徴。町営市場近くのきしもと食堂や、伊豆味の山原そばなど行列が絶えない人気店も多い。本部町を訪れた際は、ぜひ本部のそばを味わってほしい。
 最近、若い女性から注目を集めているのが、伊豆味集落の森カフェ。ヤシやヘゴなど亜熱帯の木々の中に、赤や黄色など原色の花々が咲き誇る風景を眺めながら、お茶や食事が楽しめるとあり、癒やしを求める人たちに話題のスポットだ。山の中にある古民家利用したCafeハコニワは、地元の食材を活かした料理を店主のセンスが光る器で楽しめるとあり、地元の人にも観光客にも人気がある。

《厳選ホテル》

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

本部町を楽しむおすすめ情報

本部町の人気観光スポット3選

  太陽と海と緑があふれる本部町には自然の魅力がたっぷり

  • 世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!
  • 迷路のような並木道は、散策するにピッタリの場所だ
おすすめポイント
  沖縄県を代表する観光スポット「美ら海水族館」の他にも見どころがたくさんあります。「瀬底ビーチ」は本部半島から橋を渡り、車でアクセスできる瀬底島にある人気ビーチ。集落の中におよそ2万本ものフクギが立ち並ぶのが「備瀬のフクギ並木」。沖縄の原風景に出合える癒やしスポットとして注目を集めています。

本部町のおすすめイベント3選

  四季を感じるイベントで訪れる人を魅了

  • 枝がアーチ状になって、まるで桜のトンネルようだ
  • 沖縄国際洋蘭博覧会
  • 写真/海洋博公園・サマーフェスティバル(イメージ)
おすすめポイント
  日本一早くカンヒザクラが咲き始める八重岳では、1月中旬から2月中旬、「本部八重岳桜まつり」が開催され、多くの人でにぎわいます。毎年2月上旬に開催される「沖縄国際洋蘭博覧会」は、国内最大規模の洋蘭コンテスト。ちょうど桜祭りと同時期に開催されるので、世界中から集まった洋蘭と満開のカンヒザクラの両方を堪能できますよ。7月中旬に開催される「海洋博サマーフェスティバル」は、沖縄県内最大規模の花火大会。約1万発の花火打ち上げが最大の見どころです。旅行を計画する際、イベントも盛り込んでみてはいかがでしょうか。

本部町の港から行ける近隣の離島

  橋や船で渡って、島の魅力を存分に感じよう

  • この透明感ある海に魅かれ、毎年訪れるリピーターも多い
  • 沖縄本島から車で行ける近さながら、とびきり美しい海が広がる
  • ゴールデンウィークに見頃を迎える名物のゆり祭
おすすめポイント
  本部町には2つの港があり、気軽に離島へ渡ることができます。海水浴やシュノーケリングをする人でにぎわう水納島(みんなじま)は渡久地港からフェリーで15分、タッチューで有名な伊江島へは本部港から30分と、日帰りで島旅を楽しめます。瀬底大橋でつながる瀬底島へは車で渡ることができます。本部町へ来た際は、ぜひ離島へも立ち寄ってはいかがですか。

本島北部のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 恩納村で朝食が人気!ホテル4選
  • 恩納村のお手頃リゾートホテル3選
  • 大人数で泊まれる恩納村のホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

オクマプライベートビーチ&リゾートに泊まるべき3つの理由

本部町(役場)への交通アクセス

  那覇空港から沖縄自動車道を利用して、車で約2時間。

車で

  那覇空港から沖縄自動車道を利用し、約2時間。沖縄自動車道の終点、許田ICから58号線に入り449号線に左折し、海沿いに1時間ほど。

路線バスで

  那覇空港より、約3時間。那覇空港または那覇バスターミナルから高速バス(111番)に乗り、名護バスターミナルで路線バス(65・66・70番)に乗り換え、「本部町役場前」で下車。
※所要時間は、道路の混雑状況によって異なり、特に平日の朝夕の通勤時間には各地で渋滞が発生するので注意。

達人が答える本部町のQ&A

Q カツオのぼりはドコで見られるの?
A 渡久地(とぐち)港付近で見ることができる。また毎年4月下旬~5月上旬に、「カツオのぼりまつり」が開催され、先着100人にはカツオの刺し身が振る舞われる。
Q 本部町の特産品には、どんなものがあるの?
A 5月~11月にかけて旬を迎えるアセローラには豊富なビタミンCが含まれ、飲み物や化粧品などの加工品も多く、商品開発にも力を入れている。また、冬の時期には、甘みが強くジューシーな味わいのある柑橘類「タンカン」もおすすめ。最近では、ゼリーやケーキなどの加工品も増えている。
格安で沖縄を楽しむ方法を紹介!

  セールやバーゲンだけじゃない!格安に沖縄を楽しめる方法を紹介。
ホテル、パッケージツアー、レンタカー、海遊びなど、お得に南国リゾートを満喫できるアイデアが盛りだくさん。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安で行く沖縄旅行特集を読む

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

エリア別お役立ち情報

本島南部のおすすめ観光情報

那覇市/沖縄の中心都市を紹介

那覇を楽しむ!おすすめ観光情報

糸満市/海人の街糸満の楽しみ方

糸満市を楽しむ!おすすめ観光情報

南城市/海と緑に囲まれた街を紹介

南城市を楽しむためのおすすめ観光情報

南風原町/かすりとかぼちゃで有名な街

南風原町を楽しむ! おすすめ観光情報

那覇市/奇跡の1マイルの道を紹介

「国際通り」沖縄観光の定番をもっと楽しむ

那覇市/朱に彩られた王城の魅力

「首里城」沖縄観光の定番、その神髄に迫る

南城市/沖縄御嶽で最も格が高い

「斎場御嶽」沖縄の聖地の正しい楽しみ方

那覇市/沖縄の居酒屋を楽しもう!

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

那覇市/ゆいレールの魅力を紹介

沖縄都市モノレール「ゆいレール」の魅力

アクセスに便利な本島南部のビーチ

沖縄本島南部のおすすめビーチ

本島中部のおすすめ観光情報

読谷村/人気観光スポットからビーチまで見どころを紹介

読谷村を楽しむ!おすすめ観光情報

うるま市/美しい島や伝統的な闘牛が魅力

うるま市を楽しむ! おすすめ観光情報

うるま市/古からの伝統を引き継ぐ島

海中道路で行く離島・浜比嘉島の楽しみ方

読谷村/夕日と絶景を楽しもう

「残波岬」沖縄の人気絶景スポットの魅力

読谷村/個性豊かな工房が集まる

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

うるま市/四季折々の植物が見れる

人気観光スポット「ビオスの丘」の楽しみ方

北中城村/風光明媚なグスク跡を紹介

「中城城跡」グスクファンもうなる世界遺産

北谷町/人気エリアの魅力を解説

人気リゾート美浜アメリカンビレッジの魅力

嘉手納町/沖縄の日常を垣間見る

嘉手納空軍基地が一望の「道の駅かでな」

個性豊かな本島中部のビーチを紹介

沖縄本島中部のビーチならココがおすすめ

本島北部のおすすめ観光情報

名護市/本島北部の玄関口を紹介

名護市を楽しむ! おすすめ観光情報

本部町/沖縄の海を再現した光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

本部町/癒やされたいならここへ

「備瀬のフクギ並木」人気の癒やしスポット

恩納村/ぞうの鼻の形の岩が有名

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

名護市/沖縄を代表するビール

オリオンハッピーパーク ビール工場で乾杯

名護市/パイン尽くしの人気施設

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

今帰仁村/海と城壁を望める場所

「世界遺産・今帰仁城」英雄伝説の残る絶景

国頭村/大自然のパワーを体感

「大石林山」やんばるの人気パワースポット

国頭村/沖縄本島最北端の道の駅

沖縄最北端の「道の駅ゆいゆい国頭」の魅力

やんばるの自然豊かなビーチを紹介

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ

離島のおすすめ観光情報

おすすめポイントを達人が紹介

絶景名所やビーチ情報も!石垣島の楽しみ方

タッチューが目印の人気急上昇の島

伊江島の楽しみ方、おすすめ情報を徹底紹介

ニライカナイに一番近い島

神の島・久高島のおすすめの見どころ

ビーチの美しい小さな島を紹介

飛行機と温泉が名物「瀬長島」の楽しみ方

行列のできる「てんぷら島」

揚げたての沖縄風てんぷらが名物「奥武島」

絶景スポット古宇利島の魅力

絶景!古宇利大橋で行く古宇利島の楽しみ方

本島から気軽に渡れる青い島

慶良間の人気離島「座間味島」の楽しみ方

慶良間諸島を代表する島

「渡嘉敷島の楽しみ方」 慶良間諸島

真っ白い砂浜だけの島は必須

ハテの浜が人気!久米島おすすめの楽しみ方

何もしないでのんびり過ごしたい

おすすめの離島・渡名喜島

その他の達人指南を見る

世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!

沖縄美ら海水族館 ツウな楽しみ方徹底ガイド
沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」はジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ、超ビッグスケールの水族館。平成14年(2002)のオープンから今年11月で15年・・・

迷路のような並木道は、散策するにピッタリの場所だ

備瀬のフクギ並木 早朝散歩でリフレッシュ
沖縄美ら海水族館近くにある備瀬のフクギ並木。癒やしスポットとして人気ですが、実は「早朝」に行くのがおすすめです。

沖縄本島から車で行ける近さながら、とびきり美しい海が広がる

「瀬底島」車で日帰りできる美しき離島
沖縄本島北部、本部半島と橋でつながり、車で気軽に立ち寄れる瀬底島(せそこじま)。この島には小さい中にも、沖縄の歴史と離島の魅力が詰まっている。

古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ

沖縄本島北部にある「古宇利島」古宇利大橋で行く絶景スポット
沖縄本島の中でも特に海が美しい北部エリア。その中でも今帰仁村にある古宇利島には澄みわたる海が広がり、透明度もピカイチだ。さらにその海の上に延びる古宇利大橋は、絶・・・

この透明感ある海に魅かれ、毎年訪れるリピーターも多い

「水納島」本島から近く豊富なマリンアクティビティが人気
40人ほどの住民に対し、約6万人もの観光客が訪れる離島。美しい海では、バナナボートやシュノーケル、ダイビングなど豊富なマリンアクティビティが人気だ。

ゴールデンウィークに見頃を迎える名物のゆり祭

日帰りできる離島・伊江島の楽しみ方 ゆり祭りに遊び、穴場まで
沖縄美ら海水族館近くの本部(もとぶ)港からフェリーで30分の伊江島(いえじま)は、本島から気軽に行ける離島として大人気。日帰りできる離島の楽しみ方を伝授します。

北部にはきれいなビーチが目白押し(万座ビーチ)

沖縄本島北部のビーチならココがおすすめ
沖縄本島の北部は「ヤンバル」とも言われ、自然豊かな地域として近年人気が高まっている。北部ビーチの魅力は東と西で大違い。ヤンバルの自然に抱かれたような東のビーチと・・・

コバルトブルーの海と、豊かな緑の大地に恵まれた村

今帰仁村を楽しむ!おすすめ観光情報
飛び抜けて透明度が高い海と、豊かな森を有する今帰仁村。美しい景色があらゆる場所で見られ、その景色を楽しめるようなカフェも多い今帰仁村は、ドライブはもちろん、ゆっ・・・

なんぐすく(名護城跡)から一望する名護市内と西海岸

名護市を楽しむ! おすすめ観光情報
沖縄自動車道を北に走り、最終地点の許田ICを下りると名護市に到着する。「やんばる(山原)」と呼ばれる沖縄本島最北部の玄関口といわれる名護市は、東西を囲むように海・・・