沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 沖縄のおすすめ郷土料理に舌鼓

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

沖縄のおすすめ郷土料理に舌鼓

  地産地消、医食同源という考えの元に伝えられてきた沖縄の郷土料理。沖縄らしい料理とは何か?その歴史や魅力について紹介する。

更新日/平成27年(2015)10月

沖縄の郷土料理の沖縄家庭料理の定番「ゴーヤーチャンプルー」

  沖縄の郷土料理といえば、チャンプルー沖縄そばがすぐ思い浮かぶ。しかしそれ以外にもたくさんの料理があって、どこからどこまでが沖縄料理なのか迷ってしまうことも。沖縄郷土料理の歴史やそのルーツ、そして魅力について、沖縄の郷土料理研究の第一人者、松本嘉代子先生に話を伺った。


《この記事を読む人におすすめの情報》

松本 嘉代子 さん 沖縄の郷土料理の魅力を伝える達人
(まつもと かよこ)
松本 嘉代子 さん

沖縄の郷土料理の魅力を伝える達人
  松本料理学院学院長。栄養士でもあり、沖縄の伝統料理を守り伝える研究家でもある。全国料理学校協会教員認定資格・特別師範。NPO 日本食育インストラクター1級。『沖縄の行事料理』『ゴーヤー料理60 選』『おきなわの味』など著書多数。昭和44年(1969)に松本料理学院を開校し、以降、厚生大臣表彰(栄養指導業務)、日本食生活文化財団より食生活文化賞(教育功労賞)、沖縄県文化功労賞など、多くの賞を受賞している。

沖縄の郷土料理の定義とは

沖縄では豚肉料理が多く、豚足を煮込んだ「テビチ」もその一つだ

  沖縄の郷土料理とひと口に言っても、ラフテーやテビチといった豚肉料理から、豆腐と季節の野菜類を炒めたチャンプルー、手軽に食べられる沖縄そばまで、その種類はさまざま。果たして、“沖縄の郷土料理”というものには、何か決まった定義はあるのだろうか?
「沖縄の郷土料理は、琉球料理と沖縄料理(うちなー料理)の2つに分けられます。琉球料理は歴史的に受け継がれ、独特の材料や調理法が、沖縄の風俗習慣に根差したもの。沖縄料理は戦後、アメリカ統治下に盛んに流通するようになった缶詰食品をはじめとして、世界各国の影響を受けた現在の食生活のことをいいます」と話す松本先生。琉球料理と沖縄料理が厳密には違うとはビックリだ。琉球料理について詳しく聞いてみた。

中国の影響が色濃く残る宮廷料理

宮廷料理の一つ東道盆(とぅんだーぶん)写真提供:OCVB

  「琉球料理は、さらに宮廷料理と庶民料理に分けることができます。宮廷料理は、中国の影響がとても大きいですね。琉球王朝の王が変わるたび、中国からは皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)がやって来ました。宮廷料理は国賓である彼らをもてなすための料理であり、中国の調理法や彼らが持ってきた食材の影響を受けています。また、沖縄の人が冊封使と一緒に来た中国人のホーチュウ(沖縄の方言で料理人のこと)から料理を習うこともあったようですよ」と松本先生。また、少ないながらも日本料理の影響も受けているそうだ。
「地元の食材を、その時代の文化風習にあった方法で調理すると、自然とその土地らしさを反映した料理になりますね。沖縄が琉球だった頃から受け継いできた料理をまとめて琉球料理と呼んでいます」と松本先生は笑顔で話してくれた。伝統料理とは、時代に沿い変化しながら受け継がれてきたものなのだ。具体的にはどのようなものがあるのか、松本先生に聞いてみた。「例えば、沖縄で人気の揚げ菓子・サーターアンダギーとそっくりなお菓子が中国にありますよ。開口笑(かいこうしょう)という、少し油っこくてゴマがついたお菓子です。外見も作り方も似ています。また、豆腐と季節の野菜を炒めたチャンプルーやナーベーラーンブシー(ヘチマの味噌煮)といった庶民的な琉球料理は見た目が地味だけれど、宮廷料理はとても華やか。例えば、花イカ(甲イカに切り込み細工を入れて表面を赤く染めたもの)は赤と白のコントラストが美しい、中国風の料理です」とのこと。

沖縄の料理に見られる、いろいろな国の影響

アメリカの影響を受けた沖縄の定食は和と洋がミックスされている

  一方、アメリカの影響を受けた料理というと、「食堂やレストランで出されるAランチ、Bランチ、お肉屋さんで呼ばれるAロース、Bロースと言っても、沖縄県外の方には通じませんね。これはアメリカ的な呼び方で、いわゆる松・竹・梅定食のこと。ロースも肉の等級ではなく部位のことです。ツナ缶のことは“トゥーナー”と英語風の発音で呼んだりしますね。他にもタコライスのように名前はアメリカ風、中身は沖縄料理というものも多いです。それから、缶詰を使うことに抵抗がなく、世代を問わず洋食に慣れ親しんでいることは、やはりアメリカ文化の影響でしょうね」。
 ポークランチョンミート(豚肉の加工品の缶詰)を使った“ポークたまご”や、ビーフシチューの缶詰を使ったヘチマの煮込み料理など、米軍統治下の影響と沖縄の食文化がミックスされた料理は、沖縄の家庭料理としてよく食べられている。
「でも、一番の影響は、やっぱり風土でしょう。気温が高いため、料理にはたくさんの工夫がされました。例えば、体調に合わせていただく煎じ汁料理があります。貧血にはレバーをいただくというふうに、薬効を見込んで食材を組み合わせた汁料理“シンジムン”です。こうした医食同源の考え方は日本各地にもありますが、沖縄料理全体を見てみると明らかな特徴があります。昔の沖縄では野菜や魚を生で食べることはほとんどなかった。保存や品質の問題で、魚を刺身でいただく時には、必ず酢を使って殺菌したし、野菜は火を通し、できるだけ栄養を効率良く摂るよう工夫していました」
 これが今の野菜チャンプルー料理の源流になり、沖縄長寿の源のひとつだったという。

沖縄料理は最高の栄養バランス

沖縄郷土料理について丁寧に説明してくれる松本先生

  「チャンプルー料理は、豆腐と季節の野菜や肉を合わせるもの。最後に卵でとじるものもあります。お肉の動物性タンパク質と野菜のビタミン、豆腐の植物性たんぱく質など、豊富な栄養素を一皿でいただける。それに、火を通すのでたくさん野菜が食べられるというわけです。とても合理的な料理ですよね」と話す松本先生。
 他にも、沖縄の料理の特徴として、肉だしとカツオだしを混ぜて使うことが挙げられる。そのため、だしはかなり“あじくーたー(味が濃厚)”だ。しかし、その分、塩分は控えめなのに味良く調理できるそうだ。
「沖縄の料理は何にでもと言っていいほど豚肉を使うけれど、一度湯がくのがセオリーです。余分な脂を落として、おいしくいただく。生の豚肉をそのまま使うと、脂が多くなってしまうでしょう」
 昔の沖縄の人が一生懸命してきた工夫が、ちゃんと今の沖縄料理にも生きている。ただ食べているだけでは、なかなか気づかない先人の知恵がたくさん込められているのだ。
 しかし、近年は、洋食文化でサラダや肉、揚げ物をたくさん食べるようになって、昔ながらの食スタイルが変化してきた。松本先生は、「残念ながら、きちんとした沖縄郷土料理は減ってきています」と話す。汁物ひとつとっても、本物の味や調理法を体で覚えていないと、ちゃんとしたものは作れないそうだ。

本物の沖縄郷土料理を味わってほしい

沖縄郷土料理のクーブイリチー

  「沖縄の料理は独特なものだと言いましたが、それだけいろいろと注目されているんです。ですから、しっかり伝統を守り伝えていきたいですね」
 松本先生の料理学院には、日本各地からの移住者や観光客もよく訪れるそう。沖縄の料理をきちんと覚えたいという気持ちからだ。先生は、沖縄の文化や県民性、いわば何でも誰でも受け入れる大らかさが、料理にも人付き合いにも良い影響を与えていると考えているそうだ。
「私のモットーは、“料理は人と人のコミュニケーション”。料理が人を作り、輪を作る。その輪が広がって大きなつながりになると思っています」。
 旅行でおいしい郷土料理を食べて、そこからその土地のことを知って、好きになってくれたらこんなに素敵なことはない。沖縄郷土料理の真の魅力はそこにあるのかもしれない。
 最後に、松本先生おすすめの沖縄郷土料理を教えてもらった。
「観光で沖縄にいらしたら、ぜひ本物の沖縄の郷土料理を召し上がって下さいね。“クーブイリチー”といって、昆布を細く切って肉とだしで煮込んだ料理は、長時間煮られた昆布がとてもおいしいんですよ」

■達人の料理学校
【名称】松本料理学院
【住所】沖縄県那覇市泉崎1-9-13
【問い合わせ】098-861-0763
【交通】パレットくもじに隣接する県庁前駅より徒歩3分
【営業時間】朝クラス10時~12時、昼クラス14時~16時、夜クラス18時15分~20時15分
【定休日】日・祝祭日休講
【利用料金】琉球料理科(月3回/1年~):料金は要問い合わせ
【駐車場】あり、または近隣有料駐車場使用(割引あり)

《厳選ホテル》

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

沖縄の郷土料理おすすめ3選

那覇で味わう、伝統的な琉球会席料理

  伝統を受け継ぎながら、美味しい琉球料理を提供

おすすめポイント
  どのお店も伝統を大切にしながら、おいしい料理を提供してくれます。赤瓦が残り、静かな時間が流れる店内、築60年の古民家で味わえる琉球料理は、味も雰囲気も贅沢。ゆったりとした時間も楽しみながら、おいしいお料理を召し上がってください。

人気のご当地グルメ3選

  沖縄に来たらぜひ味わいたいご当地グルメ。それぞれのご当地グルメの達人が楽しみ方を紹介。

  • NO1達人はおいしい沖縄そばを「たたずまいの美しい美人そば」と呼ぶ
  • NO2低価格で満腹になれるコスパの良さもタコライスが愛されるゆえん
  • NO3柔らかい牛ヒレ肉を使った、テンダーロインステーキが人気
おすすめポイント
  定番の「沖縄そば」は旅行中に必ず食べておきたい一品。地域や店舗によって違いがあるので、いろいろ試してみよう。「タコライス」の人気も今や全国区。アメリカの雰囲気漂うステーキハウスも各地に点在している。

まだまだある!気軽な沖縄料理

  さくっと食べるのに調度良い沖縄料理を紹介

  • NO1A&Wといえばルートビア。人気のカーリーフライとの相性は抜群
  • NO2人も座席もひしめき合って大衆的な雰囲気(写真提供:OCVB)
  • NO3赤レンガにヤシの木が目印。スタッフのアロハシャツも特徴的
おすすめポイント
  子どもからお年寄りまで根強い人気を誇る「A&W」。ルートビアというドリンクにはまる人も多い。沖縄の食堂は、安い、早い、うまい、という店が多く、手軽に沖縄お家庭料理を味わえる。「jimmy's」は、沖縄のファミレス的な存在で、スイーツショップ。お祝いや人が多く集まるホームパーティーなどに、jimmy'sのケーキを買っていく人も多く、沖縄のおもたせの定番でもある。

食事が魅力のホテルなら「宿くらべ」

  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
  • ディナーがおすすめ リゾートホテル5選
  • プールサイドBBQできる沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。朝食にディナー、バーベキューまで、お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!ファミリー向け本島ホテル

掲載店舗マップ


より大きな地図で 郷土料理 を表示

沖縄の郷土料理Q&A

Q 沖縄の郷土料理って何ですか?
A 沖縄の風土で育まれた料理です。琉球王朝時代、中国からの大使をもてなした宮廷料理のような琉球料理、戦後に生まれたタコライスのような沖縄料理、また、離島の料理も含まれます。
Q 宮廷料理にはどんなものがありますか?
A 花イカや昆布巻き、揚げかまぼこなどを東道盆(とぅんだーぶん)という琉球漆器の盆に盛り付けたものなどが代表的です。花イカは、包丁の入れ方で花や蟹の形を作ったりもします。
琉球漆器の達人指南
Q 沖縄そばやタコライスは、郷土料理ですか?
A 沖縄そばは、中国から伝わったと言われていますが、庶民に広まったのは戦後のことです。タコライスも、米軍統治下の元、米軍人たちを相手に商売していた店から生まれたと言われています。どちらも沖縄という土地だからこそ誕生した、れっきとした沖縄の郷土料理です。
沖縄そばの達人指南
タコライスの達人指南
なぜこんなにも青いのか!青の洞窟の魅力に迫る

  「青の洞窟」を知っていますか?
 青く光り輝く神秘的な海は、一度見たら忘れられない人気のスポット。
 シュノーケリングや体験ダイビングが盛んで、海の中を少しのぞけば熱帯魚やサンゴが目の前に。そんな「青の洞窟」を遊び尽くす方法を徹底ガイド。安全なプランを厳選しているので、初めて行く人にも安心。

⇒青の洞窟特集を読む

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

沖縄郷土料理と合わせて楽しむ4つのおすすめ情報

沖縄のおすすめグルメ

進化するタコライスの魅力に迫る!

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄を代表する定番グルメ

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

沖縄の魅力的なカフェの楽しみ方を紹介

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

バラエティに富んだ沖縄のパンを紹介

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

伝統のお菓子から南国スイーツまで紹介

女性に人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

沖縄県民から愛され続けるエンダーの魅力

沖縄で愛されるファストフード店「A&W」

沖縄の旅に欠かすことのできない一品

人気の沖縄アイスクリーム「ブルーシール」

地元から愛される洋菓子・洋食の老舗

沖縄名物!洋菓子・洋食のjimmy’s

沖縄を訪れたならぜひ味わってほしい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

土産にも最適な伝統工芸品

多種多様でおもしろい沖縄土産を紹介

定番から達人のおすすめの一品まで!沖縄土産

伝統工芸の島、沖縄の魅力

旅のお土産におすすめ。沖縄の伝統工芸

今も昔も人気の伝統工芸品

大人の沖縄土産「琉球漆器」の魅力

100年以上の歴史がある伝統の織物

大人の沖縄土産 伝統の織物「芭蕉布」

石垣島を代表する伝統工芸品のひとつ

おとなの沖縄土産「石垣島のミンサー」

沖縄の自然のように鮮やかで美しい伝統染物

大人の沖縄土産 伝統の染物「紅型」

人気の観光土産やちむん(焼き物)

おとなの沖縄土産「やちむん」(焼き物)

やちむんの工房が集まる「やちむんの里」

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

伝統の壺屋焼きの窯元がずらりと並ぶ

那覇のおすすめ観光地「壺屋やちむん通り」

沖縄の世界遺産

沖縄本島の9つの世界遺産を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

那覇市/「おもてなしの館」識名園の魅力

世界遺産「識名園」の楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

南城市/沖縄の七御嶽の中で最も格式の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

うるま市/人々に慕われた王、阿麻和利の居城

世界遺産・勝連城跡の楽しみ方

読谷村/戦国時代の要塞の最高傑作

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

今帰仁村/海と城壁を望む絶景ポイント

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

北中城村/グスクの中で最も多くの遺構がある

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

おすすめのランチバイキング

北谷町/景色も雰囲気も料理も贅沢に

SEAGARDEN(シーガーデン)

北谷町/焼き立てのピザを堪能あれ

PIZZA&ITALIANBAR COBY(コビー)

那覇市/料理で楽しむ世界旅行!

ホテル ロコア ナハ ワールドグルメバイキング

那覇市/海を眺めながら料理を満喫

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

豊見城市/和洋中全般を日替わりで提供

カフェレスト エバーロイヤル

豊見城市/種類豊かなオリジナル料理が魅力

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

うるま市/本格中華と洋食料理が楽しめる

チャイナカフェ PAO 包

沖縄市/見た目にも楽しめるお得なランチ

ベーカリー&カフェ ラ・メール

その他の達人指南を見る

達人はおいしい沖縄そばを「たたずまいの美しい美人そば」と呼ぶ

「沖縄そば」本当においしいお店はどこ? 最新情報をお届け
沖縄の郷土料理といえば、真っ先に思いつくのが沖縄そば。沖縄の方言で「すば」と呼ばれ、地元沖縄では毎日食べる人もいる沖縄を代表する料理です。今回はそんな沖縄そばの・・・

柔らかい牛ヒレ肉を使った、テンダーロインステーキが人気

沖縄でステーキを堪能!おすすめ店舗情報も
沖縄グルメと言えば、沖縄そばやゴーヤーチャンプルーをイメージする人が多いだろう。しかし沖縄では、ステーキも定番グルメ。沖縄のステーキの楽しみ方を紹介する。おすす・・・

人も座席もひしめき合って大衆的な雰囲気(写真提供:OCVB)

沖縄の食堂を徹底ガイド!おすすめ店も満載
豊富なメニューに驚くほどのボリューム。「ウチナーンチュ(沖縄の人)」たちがこよなく愛する沖縄の食堂には、どんな魅力が隠されているのか。

赤レンガにヤシの木が目印。スタッフのアロハシャツも特徴的

jimmy's 沖縄で人気の洋菓子・洋食
地元から愛される洋菓子・洋食の老舗「ジミー(Jimmy’s)」。クッキーやアップルパイが有名だが、約半世紀もの間、沖縄の人々を魅了してきたジミーの魅力はそれだけ・・・

長い年月甕の中で熟成され、風味を増す泡盛

「泡盛」おすすめの銘柄とおいしい飲み方
沖縄の海の幸・山の幸を味わうならば、地の酒を選びたい。沖縄生まれの泡盛は独特の香りとすっきりとした喉ごしが魅力。発祥の地で飲む一杯は格別の美味しさだ。個性豊かな・・・

民謡酒場のステージ。銭湯の背景画に通じるアートな絵も見もの

沖縄の民謡居酒屋を楽しむ! おすすめ情報
どこにいても民謡が流れている沖縄。観光客が集まる施設や飲食店だけでなく、地元の人が利用する食堂や居酒屋でもBGMは民謡という店が多い。そんな民謡を生演奏で楽しめ・・・

「外人住宅」をリノベーションするなどセンスの良いカフェも多い

「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅
海や山など豊かな自然のロケーションを生かした絶景カフェや、地元の食材を使った料理のおいしいカフェなど、沖縄には魅力的なカフェがたくさん。カフェを知り尽くした達人・・・

一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力

壺屋やちむん通り かわいい器に出会えるのんびり旅
焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。伝統的な焼き物を扱うお店に加え、最近では現代的なアレンジを加えたかわいらしい商品を扱うお店も。周辺をのんび・・・

昼も夜も活気を見せる昔ながらのマチグヮ

栄町市場でディープな飲み歩きを
栄町市場は、ゆいレール安里駅から徒歩2分。国際通り、市内のホテルからアクセスがよく、昼は市場、夜は飲屋街に変身する庶民の市場です。