沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 春休みの沖縄 服装指南

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

春休みの沖縄 服装指南

【投稿日】2017年03月04日(土)| 沖縄発

春休み期間の3月下旬から4月上旬、沖縄は春まっただ中。平均気温は20度前後、最高気温は24度ほど。沖縄の言葉で「潤い初め(うるおいぞめ)」が語源とされる「うりずん」と呼ばれる時期にあたり、暑すぎず寒すぎず一年を通して最も過ごしやすい季節と言われている。また、海開きが沖縄県内各地で行われ、海でのレジャーも本格化し始める。晴れていれば日中は半袖でも大丈夫なほど暖かく、湿度も低めで爽やか。そんな気持ちのいい季節、沖縄旅行中の服装は「日中は涼しく、夜は暖かく」することがポイントだ。

ぽかぽか陽気だからといって薄着すぎるのはNG。日中は暑くても朝晩はまだ冷えることも多い。外出時には着脱しやすいシャツやカーディガン、大判のスカーフなどを用意して、気温に応じて服装を調整できるようにしておくのがおすすめだ。また、日差しは徐々に強くなってくるので、サングラスや日焼け止めを携帯しておくと安心だ。
足元は、サンダルを履くにはまだ寒いが、女性ならばパンプス、男性もかっちりした革靴よりはスニーカーなどで軽やかに観光を楽しみたい。

子どもの服装も大人と同じく、日中は半袖でも大丈夫だが朝晩に備えて一枚羽織れるものを持ち歩こう。ボトムスは、ショートパンツではさすがに肌寒いこともあるので、ハーフパンツや薄手のレギンスなど、保温もある程度できて動きやすい服装がおすすめだ。


>>「ニュース一覧」に戻る

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報

関連タグ