沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 天然記念物も生息「阿嘉島」でのんびり 慶良間諸島
PR
もう、ツアー予約でページをいったりきたりしない!「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

天然記念物も生息「阿嘉島」でのんびり 慶良間諸島

  慶良間ダイバーに人気の「阿嘉島(あかじま)」は、座間味村の有人離島の中で2番目に大きい島。朝から晩まで海三昧のあとは、島の中も満喫しよう。

島一番の人気のビーチ「ニシハマ(北浜)ビーチ」

  慶良間諸島・座間味(ざまみ)島の南西に位置するのが阿嘉島(あかじま)。沖縄本島の那覇・泊港から高速船とフェリーが阿嘉島に運航している。阿嘉島に着けば、阿嘉大橋で慶留間(げるま)島と、慶留間橋で外地(ふかじ)島とつながっているため、阿嘉島・慶留間島・外地島は車やレンタサイクルで行き来できる。阿嘉島の海は美しく、とにかくダイバーの人気が高い。
 島の東部の低い場所には貝塚が発見されており、古くからこの島には人が住んでいたことが伺える。また、慶良間の中で琉球王朝時代の城跡(佐久原城跡)が残る島としても有名。
 島は森林が大半を占めているため、かつては林業で生計を立てていた人が多かった。燃料となる薪を作って那覇などに出荷していたという。現在ではダイビングを始めマリンレジャー関係に携わる人が増え、住民は増加傾向にある。

更新日/平成29年(2017)6月

《この記事を読む人におすすめの情報》

垣花 武一さん
(かきはな たけいち)
垣花 武一さん

阿嘉島の達人
  昭和5年(1930)、阿嘉島生まれ。沖縄戦で米軍が最初に上陸した島に生まれ育ったがゆえ、その事実に翻弄されながら青春時代を過ごす。座間味の郵便局員として勤めあげたあと、昭和46年(1971)に島に戻り、議員として12年間、島のために尽力する。座間味村観光協会も推薦する島の達人。

阿嘉島の“ケラマブルー”は那覇から日帰りでも体験可能

フェリーで気軽に行ける阿嘉島

  慶良間諸島のひとつ阿嘉島は、座間味島慶留間島、外地島とともに座間味村に属する。沖縄本島の泊港から高速船で約50分と日帰りで訪れることができ、気軽に出かけられる離島として人気がある島だ。さらに、座間味島を除く3島は橋でつながっているため、船で阿嘉島に入れば、レンタバイクやレンタサイクルで一気に周遊することもでき、座間味島での滞在とはまた違った慶良間の島旅が楽しめる。
 阿嘉島を訪れる人の多くは、島を取り囲む白く美しいビーチでの海水浴やシュノーケル、ダイビングが目的だ。ビーチでは、長い海岸線が続くニシハマ(北浜)ビーチが一番の人気。遠浅のビーチからは、グラデーションのケラマブルーがどこまでも見渡すことができる。ダイビングも阿嘉島滞在だからこそ行けるポイントが多く、一度潜れば病みつきになるという。実際、観光のつもりが、いつしか島に住み着いてしまったというマリンレジャー関係者も少なくない。体験から初心者、そして、上級クラスまでダイバーを納得させる海がそこにあるからだ。達人の垣花さんも、そんなダイビング人気に目を見張るばかりだという。

島のおじぃ、おばぁが絵になる

のんびりと島の集落を散歩してみよう

  「阿嘉島は座間味島のような華やかさはないけれど、のんびり穏やかなところがいい」。達人の垣花さんが言う。確かにそのとおりかも知れない。座間味島なら、港の前から集落が広がり、それなりのにぎわいがある。阿嘉島といえば、港では「シロ」の像(映画「マリリンに逢いたい」)が迎えてくれるものの……。「阿嘉島は港から外れ、少し歩いたところにある集落の中のすーじぐゎー(筋道)に入っていくといいよ」。すかさず達人が島の歩き方を教えてくれた。
 なるほど、筋道は味がある。おじぃが自転車で通り過ぎるだけ、おばぁが晩のおかずを買いに出歩くだけで、とても絵になる。
 「昔の集落の感じがそのまま残っているからねぇ。海の中もいいけれど、阿嘉島の陸の上をいろいろ見てもらいたいねぇ」。陸の上も一度ぐるりとまわって景色を堪能して欲しいと、垣花さんはすすめる。「阿嘉島は平地が少なくて山の多い地形だから、展望台の数が多いんだよ。景色もいいし、天然記念物のケラマジカにも会ってほしいね」。ケラマジカを見られる確率は高いらしい。

島唯一の手作り島豆腐を食す

島の人の多くが竹子さんの豆腐を食べている

  「そうそう、近くにいい店がある」と、島唯一の豆腐屋、竹子さんが営むタケコ豆腐を教えてもらった。「島の人はみんな、ここの豆腐で育ってきたんだよ」と達人。水にこだわり、国産大豆にこだわり、にがりにいたっては知り合いのダイバーに頼んで沖合のきれいな海水を汲んできてもらって使っている。「島で唯一の手作り豆腐さぁ。おいしいから」と達人が目を細める。
 普通の島豆腐もおいしいが、ゆし豆腐がこれまた大評判。前日までに予約をしておけば、できたてを作り置きしておいてくれる。毎日作っているわけではないので、島に行ったら販売日をチェックしておくのがいいだろう。

ケラマジカに会える島

国の天然記念物になっているケラマジカ

  「ケラマジカに会っていくといいね」と達人が言う。国の天然記念物になっているケラマジカだ。日差しの強い日中はあまり見かけないが、日没間際になると島のあちこちに姿を現すという。
 「夕方になるとエサを食べに出てくるんだけど、若いシカは人見知りが多い。年配のシカは人を見てもすぐには逃げないさ」。はてさて、どこに行ったら会えるのだろうと思っていると、なんのことはない。港の裏手の空き地を通った時に、わっ!と群れで出てきた。確かに若いシカは警戒心が強く、すぐに逃げてしまった。
 ケラマジカは約350年前、貢物のお返しに薩摩から送られてきたものという説や、中国から冊封使をもてなすための食糧として送られてきたもの、などの説がある。ニホンジカより少し小型で、現在、慶良間諸島の阿嘉島、外地島、慶留間島、屋嘉比(やかび)島の4島に生息している。座間味島渡嘉敷島でも目撃されており、慶良間諸島全体で200頭ほどいるとされている。

天空は自然のプラネタリウム

空や山など、海以外の自然も満喫できる。朝も昼も夜も阿嘉島は楽

  島遊びは夜も楽しい。「宿の人に案内してもらったらいいさ」と達人が言うので、宿泊先のオーナーに尋ねてみると、それぞれの宿が趣向を凝らしたナイトツアーを企画しているという。
 例えば「星空ツアー」。街灯のない山道を車を走らせ向かった先は、緊急時にヘリが着陸するヘリポート。ヘリポートだけに360度障害物は何ひとつなく、集落からも離れているので人工の明かりも全くない。真っ暗な世界だ。だからここから見上げる天空は、まるでプラネタリウムのように星がよく見える。一定の場所を見つめていると流れ星をいつくも見つけることができる。
 夜光虫を見せてくれるツアーもある。夜、港まで行って海水を木の棒でぐるぐると掻き回すと不思議! 海水がきらきら光り出す。かき混ぜた流れに沿って大小の光が輝きだす。海の蛍のようだ。ついつい、いつまでも掻き回したくなる。
 集落の前の前浜でのヤドカリ観察。ライトをつけずにビーチを歩き、耳を澄ますと波の音の合間にゴソゴソという音が聞こえる。パッと明るくするとそこにいるのが大量のヤドカリ! 涼しい夜に活動的になり、浜まで出てきてエサを探すのだ。うっかり砂浜に腰をおろしてロマンチックに語り合おうと思ったら大変。間違いなくヤドカリの上に座ってしまうことだろう。
 「せっかく島にきたら海だけじゃなくてぜひ、それ以外の素晴らしさも知って帰って欲しいね」。達人に教えてもらったとおり、朝も昼も夜も阿嘉島は楽しい。

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

阿嘉島おすすめ情報

島自慢のビーチ3選

  ダイビングスポットとして人気の阿嘉島。もちろん島自慢の海を楽しめるビーチは美しい。

  • 海中は透明度も高く、色とりどりのサンゴや熱帯魚が楽しめる
おすすめポイント
  「ニシハマ(北浜)ビーチ」は阿嘉島を代表するビーチで、島人にとっても自慢のポイント。夏のにぎわいもいいが、春・秋・冬と季節の変化を楽しみに足を運ぶのもおすすめ。また、「クシバル(後原)ビーチ」は、広いビーチでのんびりするには最適。それから、集落の目の前にあるのが「前浜」。シャワーも海の家もないが、集落に近いので、宿泊客は着替えやシャワーなどは宿ですます。海の家の代わりは、ビーチから徒歩2分の集落の売店を利用しよう。

島の自慢スポット

  阿嘉島の美しい山々や、映画「マリリンに逢いたい」の「シロ」の銅像はぜひ目にしておきたい島の自慢スポットだ。

おすすめポイント
  慶良間諸島の島々は、沖縄の数ある離島の中でも山のある景色が美しい。達人のおすすめは、その山にある展望台からの景色だ。山そのものも美しいが、眺望もまた素晴らしい。ちなみに、阿嘉島で一番高い山は標高187メートル。地元では大御嶽と呼ばれている。数ある展望台の中でアマグスク(天城)展望台、タキバル展望台は、ぜひ足を運んで欲しい。海でのんびりもいいが、展望台でのひとときも最高。そして、港にある銅像が、座間味島の「マリリン」と向き合った位置に設置されている「シロ」だ。フェリーを乗降する人たちをも見守っている。

那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!女子旅本島ホテル

阿嘉島への交通アクセス情報

  沖縄本島泊港から
【フェリーざまみ】
所要時間:1時間30分。大人(片道)2120円
【高速船・クイーン座間味】
所要時間:50分。大人(片道)3140円
⇒詳しくはこちら

阿嘉島での交通アクセス情報

村内航路

  座間味島と阿嘉島を「みつしま」が1日4往復している
料金:大人(片道)300円

レンタバイク・レンタサイクル

  宿泊先でのレンタサイクルを利用すると便利

阿嘉島Q&A

Q 集落の中を歩く時にルールはある?
A 島の人たちにとっては毎日の生活の場。夏は特に水着で歩くことは控えること。
Q 島に宿はある?
A 島内には民宿やゲストハウスがある。また前日那覇に宿泊して朝一で島へ向かう人、島で遊んで夜は那覇に泊まる人も多く、那覇エリアも宿泊には便利。
⇒那覇エリアのおすすめホテルランキングはこちら
Q 島に診療所はある?
A 阿嘉診療所がある。阿嘉島に限らず、旅行の際は保険証を忘れずに。
Q ケラマジカに出逢った時に注意することは?
A 追い掛けたり、ビックリさせないように。特に、秋のオスジカは繁殖の時期と重なり攻撃的になっていることがあるので要注意。
格安で沖縄を楽しむ方法を紹介!

  セールやバーゲンだけじゃない!格安に沖縄を楽しめる方法を紹介。
ホテル、パッケージツアー、レンタカー、海遊びなど、お得に南国リゾートを満喫できるアイデアが盛りだくさん。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安で行く沖縄旅行特集を読む

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

阿嘉島のほかにも!旅がもっと楽しくなるお役立ち情報

慶良間諸島のおすすめ情報

沖縄本島から気軽に行ける青い島

慶良間の人気離島「座間味島」の楽しみ方

小さな島に流れる豊かな時間を満喫

慶良間諸島のひとつ慶留間島の楽しみ方

渡嘉敷島の海の美しさはまさに別天地

慶良間諸島を代表する渡嘉敷島の楽しみ方

大きなクジラが海を悠々と泳ぐ姿に感動

沖縄の冬おすすめ「ホエールウォッチング」

慶良間諸島の海と厳選ポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編

日帰りでも行ける離島のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ 慶良間と本島周辺離島

渡嘉敷島/渡嘉敷島を代表する人気ビーチ

阿波連ビーチ(あはれんビーチ)

渡嘉敷島/ウミガメがやって来る人気ビーチ

渡嘉志久ビーチ(とかしくビーチ)

座間味島/真っ白なコーラルサンドビーチ

アゲナシクの浜

安室島/慶良間の海を満喫できる無人島ビーチ

アムロオオハマ

おすすめの観光スポット

今帰仁村/県内外から注目される話題の新名所

絶景!古宇利大橋で行く古宇利島の楽しみ方

南城市/沖縄七御嶽の中で最も格の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

南城市/本島南部を代表する観光スポット

「おきなわワールド・玉泉洞」の楽しみ方

那覇市/沖縄本島で最も有名な観光ストリート

沖縄観光の定番「国際通り」の楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

那覇市/国内で有名ブランドが免税価格で買える

DFSギャラリア沖縄で免税ショッピング

読谷村/個性的な工房が集まる場所

読谷・やちむんの里で大人の沖縄土産選び

うるま市/四季折々の沖縄の植物が見れる

人気観光スポット「ビオスの丘」の楽しみ方

北谷町/観覧車がシンボルの人気リゾートエリア

人気リゾート美浜アメリカンビレッジの魅力

沖縄本島の9つの世界遺産の楽しみ方を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

沖縄で食べたいおすすめグルメ

沖縄を代表する定番グルメ

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

伝統のお菓子から南国スイーツまで

女性に人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

バラエティに富んだ沖縄のパンを紹介

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

沖縄の魅力的なカフェの楽しみ方を紹介

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

沖縄らしさがギュッと詰まった居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

今ドキのタコライスの魅力に迫る

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄の郷土料理の歴史や魅力を紹介

地元の味に舌鼓。おすすめの沖縄の郷土料理

沖縄を訪れたならぜひ味わってほしい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

半世紀にわたり地元の人から愛される味

沖縄で愛されるファストフード店「A&W」

沖縄の旅に欠かすことのできない定番の一品

沖縄の定番・ブルーシールアイスクリーム

海が見える人気リゾートホテル

名護市/ビーチまで30秒のリゾートホテル

喜瀬ビーチパレス

名護市/寛ぎも、喜びも、世界基準

オキナワマリオットリゾート&スパ

本部町/絶景のオーシャンビュー広がる

ホテルゆがふいんBISE

読谷村/珊瑚礁の海に囲まれた南欧風リゾート

ホテル日航アリビラ

北谷町/笑顔がはじけるとっておきの休日を

ザ・ビーチタワー沖縄

恩納村/海に囲まれた白亜のホテル

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

恩納村/スパ・エステ・マリンが楽しめる

沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

恩納村/緑と海に囲まれた贅沢な時間

リザンシーパークホテル谷茶ベイ

恩納村/ホスピタリティを極めた癒しの時間

SPA RESORT EXES(スパ リゾート エグゼス)

恩納村/全室バルコニー付きのオーシャンビュー

サンマリーナホテル

その他の達人指南を見る

慶良間の海はウミガメやクマノミが泳ぎ回る(渡嘉志久ビーチ)

慶良間と沖縄本島周辺離島のおすすめビーチ
沖縄本島からフェリーや飛行機で30分から1時間程度で行ける慶良間諸島や本島周辺の離島。島へ渡れば、都会の喧騒を忘れさせてくれるゆったりした時間が流れている。日帰・・・

「阿波連ビーチ」の海中風景。これが遊泳ブイの内側とは驚きだ

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの絶好のロケーション。沖縄のシュノーケリング・ポイントを知り尽くした達人が慶良・・・

世界有数の美しさを誇る座間味島の海

「座間味島の楽しみ方」 慶良間諸島を代表する離島
那覇から高速船で50分!沖縄本島から気軽に渡れる青い島。慶良間諸島を代表する離島・座間味島で観光客も島人もみんなが頼りにする島唯一のストアー「105」を中心に座・・・

穏やかな慶良間の海が広がる

「渡嘉敷島・ケラマブルーの楽しみ方」 慶良間諸島
"ケラマブルー"と呼ばれる透明度の高い海や、ザトウクジラの繁殖地であることなどで知られている。渡嘉敷の海の美しさはまさに別天地。慶良間諸島を代表する島、渡嘉敷島・・・

慶留間島 目の前がプライベートビーチの島の学校

「慶留間島の楽しみ方」 慶良間諸島の小さな離島
慶良間諸島のひとつで、阿嘉島と橋でつながっている小さな小さな離島・慶留間(げるま)島。人口は100人にも満たない。こぢんまりとした島に流れる豊かな時間をどうぞ。

集落に延びる風情ある路地

「渡名喜島」おすすめの離島でのんびり
フクギ並木と白砂の道、そして、赤瓦の古民家……。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている美しいたたずまいの島でのんびりと過ごすことができる。

送迎船で久米島から約20分のハテの浜

「久米島の楽しみ方」絶景のハテの浜も
久米島(くめじま)は見どころも遊びも伝統も文化も楽しむべきものがたくさん。那覇からも気軽に行ける離島として人気がある。絶景のハテの浜は、何度行っても感動する。

送迎船で久米島から約20分のハテの浜

「久米島の楽しみ方」絶景のハテの浜も
久米島(くめじま)は見どころも遊びも伝統も文化も楽しむべきものがたくさん。那覇からも気軽に行ける離島として人気がある。絶景のハテの浜は、何度行っても感動する。

いにしえからの聖地の島。雄々しさと穏やかさが同居する

神の島「浜比嘉島」を満喫。海中道路で行く離島の魅力
古(いにしえ)からの伝統を引き継ぎながらも、新しさも受け入れる島の姿。神々が住む島に暮らす浜集落と比嘉集落の人々を紹介する