沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 空手発祥の地・沖縄で空手の極意に触れる

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

空手発祥の地・沖縄で空手の極意に触れる

  世界で通用する沖縄ブランド「空手」の魅力と空手にまつわる観光情報を紹介する。

日々、是修行。一心に巻きわらを突く空手家の姿

  14世紀頃、中国から伝わった拳法と琉球古来の武術「手」とが交わって生まれたとされる空手。現在では、護身術、スポーツ、精神修養の手段として広く世界中で受け入れられている。世界で数千万人いるといわれる空手愛好者たちの“空手発祥の地・沖縄”に向けるまなざしは熱い。毎年、海外から多くの修行者が沖縄を訪れ、なかには空手だけを目的に沖縄へ移り住む外国人修行者もいるほどだ。
 一方、スポーツ化の進んだ国内の空手界においても、近年、原点回帰ともいえる沖縄空手への注目度が高まっている。そんな空手母国・沖縄の魅力を紹介する。

取材日/平成25年(2013)6月 取材者/黒田史夫
更新日/平成27年(2015)8月


《この記事を読む人におすすめの情報》

ミゲール・ダルーズさん
(ミゲール・ダルーズ)
ミゲール・ダルーズさん

「沖縄空手」を発信する達人
  フランス出身。平成5年(1993)に沖縄に移住し、現在は沖縄伝統空手総合案内ビューロー事務局長。平成17年(2005)から「沖縄空手通信」を毎月発行するなど、世界へ向けて沖縄空手の魅力を発信し続ける案内人である。http://okkb.org/?lang=ja

沖縄は空手愛好家の憧れの地

鋭く伸びる蹴り足。これも修行の賜物

  柔道や剣道と並ぶ人気の武道スポーツ、空手。沖縄で生まれた空手は日本本土を経由して、また米軍関係者を通じて世界中に広まり、現在では約170カ国、数千万人の愛好者がいるといわれている。沖縄には300以上の空手道場があり、夕方になると空手着姿で道を歩く子どもたちの姿を目にすることも多い。県内各地には先人の功績を記した空手関係の石碑が点在し、書店の郷土本コーナーには空手関係の書籍が多く並ぶ。豊見城(とみぐすく)市には新しく空手道会館の設立が決定し、まさに空手母国と呼ぶに相応しい様相だ。空手にちょっとでも興味があれば、沖縄を訪れ際に立ち寄りたい場所が、そこかしこにあるのだ。
 世界中の空手修行者にとって、沖縄という小さな島は“憧れの地”だ。「沖縄で空手の稽古をしたい」、「沖縄の道場を見学したい」という声が年々増加している。各道場で汗を流す外国人空手家の姿も沖縄では珍しくない。むしろ熱心な修行者は海外や県外出身者に多いともいえる。
 「私たち沖縄伝統空手総合案内ビューローは、本場沖縄で修業がしたいと望む世界中の空手家と、沖縄の先生たちを結ぶ役割を担っています」と、事務局長のミゲール・ダルーズさんは言う。彼は沖縄空手を世界へ向けて発信する達人だ。街中には沢山の道場があるが、沖縄と接点を持たない空手家にとって道場での稽古に参加することは、それほど簡単ではない。しかるべき紹介者なしでは入門が許されなかった昔とは違い、いまではほとんどの道場が一般へ門戸を開いているが、それでも横のつながりを利用したほうがスムーズに事が運ぶのが沖縄。いったん受け入れられれば、先生同士のつながりで、思いもよらぬ貴重な空手体験ができる可能性もある。

体験・見学できる施設は限られるが、一見の価値がある

世界中から多くの空手家が沖縄を訪れ、稽古に汗を流す

  世界中の人をひきつける沖縄空手の魅力とは何だろう。ミゲールさんはそれを、“沖縄の空気”だという。「沖縄での稽古を希望する人の中には空手に対して疑問を持っている人が多い。それは、型に対する疑問であったり、選手引退後の進むべき道であったり。私は沖縄空手が一番だとは思っていません。強い空手はどこにでもあるし、強い空手家も世界中にいる。しかし“空手とは何か”と考えたとき、本物の空手は沖縄にしかない、と思っています。まずは沖縄の空気を感じること。沖縄に来て、沖縄の料理を食べ、沖縄のお酒を飲み、沖縄の先生と稽古して話を聞く。それら全てのなかで、空手に対する見方が変わってくるはずです」。 
 しかし、その“沖縄の空気”を観光のついでに感じるのは、難しいかもしれない。それは、ほとんどの道場が先生の自宅内にあり、そもそも商売という感覚で教えている先生が少ないからだ。観光施設ではなく、あくまでも道場なのだ。「空手に興味があるので、ちょっとだけ体験してみたい」という人は、後で紹介する体験施設を利用するのがおすすめ。見学だけなら空港近くの県立武道館が穴場だ。ここでは多くの空手・古武術のクラスが開かれている。公共施設なので見学も可能だ。興味のある人はスケジュールを調べてみると良いだろう。本場の空手の醍醐味を少しでも感じ取ってほしい。

沖縄空手の門戸は開いている。人との交流も空手の魅力だ

精神修養も空手の大切な側面。道場に入ると、身が引き締まる

  本来、沖縄の空手に試合という発想はなかった。空手は護身術であり、自己鍛錬の手段であった。向き合うのは自分自身であり、型を通じて自分を磨くことこそが沖縄空手の稽古なのである。そこには明確な稽古法と目的があり、迷いはない。なによりも沖縄には空手歴50年、60年、70年という“現役”が多く存在する。空手の稽古を続けていけばこうなる、というモデルが巷に溢れている。
 「空手は世界で通用する沖縄ブランドです。沖縄のことは知らなくても、空手のことは知っている人が多い。毎年1500人~2000人の外国人が空手の修行目的で沖縄へ来ています。ヨーロッパや北米、オーストラリア、最近はインド人が多い。日本人の皆さんも本格的に稽古してみたい人は私まで連絡をください。せっかく受け入れてくれる先生がいるのですから、交流しないのはもったいないですよ」とミゲールさん。
 先生と直に接する、海外からの観光客と交流する、そして自分と向き合う。そんな沖縄旅行の目的があっていい。のんびりと沖縄旅行もいいが、空手を通じて、体の芯からリフレッシュする。違う旅の楽しみ方を見つけられるはずだ。

《厳選ホテル》

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

沖縄空手を感じるおすすめスポット

沖縄空手体験施設ベスト3

  まずは体験してみよう!

  • NO1沖縄伝統空手の体験道場
  • NO2沖縄県空手博物館の外観
  • NO3てんぶす那覇の外観
おすすめポイント
  「観光客でも気軽に体験できる施設」というポイントから選んでみた。どの施設も事前に予約すれば、初心者から経験者までレベルに応じた指導が受けられる。服装も動きやすい格好ならOK。見学だけなら県立武道館もおすすめ。様々な空手・古武道のクラスが開催されているので興味のある人はスケジュールを調べてみるといい。本格的に道場を訪問してみたい方は、紹介するので私まで連絡を。

空手にまつわる達人おすすめのスポット

  せっかく沖縄に来たのだから体験、見学、稽古だけではもったいない。

  • NO1守礼堂の外観
  • NO2宮里榮弘芸能館の外観
  • NO3
おすすめポイント
  守礼堂は沖縄が誇る世界の空手衣ブランド。「沖縄で稽古して守礼堂で空手着を作る」のが海外のカラテマンにとっては定番の観光コース。宮里榮弘芸能館では本格的な琉球古武道の演武が見られる。オリオン泡盛を飲みながら沖縄の夜を満喫しよう。「宮里の2丁鎌」は必見。Dojo Barは那覇市にある空手関係の新名所。海外からの空手修行者が集うBarだ。愛好家同士、国際交流を深めることができる。

おすすめ空手史跡

  先人に思いをはせる。空手史跡巡り。

  • NO1
  • NO2
  • NO3喜屋武朝徳の顕彰碑
おすすめポイント
  沖縄空手・古武術は沖縄県の重要な無形文化財に指定され、県内各地に多くの顕彰碑や空手関連の史跡がある。私有地や墓地などにあるものは紹介を避けるが、上記のものは観光客でも気軽に立ち寄れる。自分の流派と関連がある史跡を訪ねてみては?

沖縄のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 朝食が美味しいと人気!沖縄ホテル4選
  • 女子旅でリゾートを満喫沖縄ホテル5選
  • 長期滞在におすすめ沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!女子旅本島ホテル

沖縄空手Q&A

Q 沖縄の道場を訪れる際、注意することは?
A 事前連絡を忘れずに。沖縄では、商売で空手を指導している人は少ない。別に仕事を持っている。また、道場は先生の自宅の中にあることが多いので、他人の家にお邪魔するという意識を忘れずに。
Q 服装や必要な持ち物は?
A 本格的に稽古に参加するなら空手着と白帯が必要。他流の道場で稽古する場合、白帯を締めるのが礼儀。後に挙げる体験施設などの場合は、動きやすい服装で大丈夫でしょう。水などの飲み物は必ず持っていくように。沖縄は想像以上に蒸し暑い。
夏の沖縄旅行、どうするか迷った時はコチラ!

沖縄旅行にはレンタカーが必須。全プランの最安値を保証。

  夏の沖縄といえば……青い海、青い空!とにかく夏の沖縄を満喫できるお得な情報を掲載。沖縄の海の達人おすすめの穴場ビーチや、美ら海水族館、日帰りで行ける離島、絶景を巡るドライブコースなど、沖縄に行ったことのある人でも、そうでない人でも納得の夏旅アイデアを紹介。最高の夏旅を徹底サポート!

⇒夏の沖縄旅行特集を読む

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

空手と合わせて楽しむ沖縄旅行のお役立ち情報

那覇の夜を楽しむ居酒屋

沖縄らしさが詰まった那覇の居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

アットホームな雰囲気が人気

わたんじ通堂町(わたんじとんどうちょう)

朝獲れ鮮魚と新鮮野菜でおもてなし

炭火炉端 回 おもろまち店(かい おもろまちてん)

口コミで評判が広がった 久茂地の隠れ家

居酒屋 笑里(しょうり)

島の恵みをありのままに おふくろの味を快く楽しむ

まいすく家(まいすくや)

島の鮮魚・野菜を使った幅広い創作料理

居酒屋小僧 じぇいや

島唄ライブと沖縄料理でお酒が進む

島の仲買人 ちぬまん国際通り店

泡盛と沖縄の味に酔いしれよう

泡盛と琉球料理うりずん

昔ながらの温かい雰囲気を楽しむ

家庭料理の店 まんじゅまい

ワインも料理も驚きの安さ

ワイン酒場 MARU(まる)

おすすめの沖縄そば

沖縄を代表する定番グルメ

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

那覇市/じっくり煮込んだスープはあっさり味が自慢

そば処 きくや

那覇市/久米の孔子廟にあやかった 赤い沖縄そば

カフェ沖縄式(かふぇおきなわしき)

那覇市/2日間かけて作る熟成自家製麺がうまさの秘密

麺処 てぃあんだー

宜野湾市/軟骨ソーキは、おもちのような食感

沖縄そば処 はなきなぁ~

北中城村/築100年の古民家で沖縄料理を堪能

ゆたかやそば

西原町/手打ちの自家製麺がこだわり

手打ち・自家製生麺 ちょーでーぐぁ

今帰仁村/季節の野菜が入ったヘルシーなそば

茶屋 風ぬ庵(ふうぬあん)

本部/やんばるで陶芸家が作る手打ち麺のそば

そば処 夢の舎(ゆめのや)

沖縄の世界遺産を巡る

沖縄本島の9つの世界遺産を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

那覇市/「おもてなしの館」識名園の魅力

世界遺産「識名園」の楽しみ方

南城市/沖縄の七御嶽の中で最も格式の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

うるま市/人々に慕われた王、阿麻和利の居城

世界遺産・勝連城跡の楽しみ方

読谷村/戦国時代の要塞の最高傑作

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

今帰仁村/海と城壁を望む絶景ポイント

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

北中城村/グスクの中で最も多くの遺構がある

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

大浴場のある那覇の人気ホテル

新都心にそびえるくつろぎホテル

ホテル法華クラブ那覇・新都心

守礼の邦にふさわしいおもてなし

沖縄サンプラザホテル

我が家のような安らぎ空間を

ホテルサン沖縄

ベイサイドに浮かぶシティリゾート

ロワジールホテル那覇

古き良き沖縄の情緒が漂う閑静なホテル

沖縄ホテル

快適な癒し空間と充実設備で価格以上の満足を

旅の宿らくちん

ビジネス・観光の拠点として最適

ホテルルートイン那覇泊港

南風吹く沖縄でリゾートライフ

かんぽの宿 那覇レクセンター

その他の達人指南を見る

やちむん(焼物)は人気の工芸品。シーサーづくりにチャレンジ

「沖縄の伝統工芸」おすすめ&人気のお土産
陶器、染織物、ガラスなど、沖縄は伝統工芸の島。伝統工芸の魅力の奥深さを達人の視点で紹介。

沖縄の世界遺産のひとつ、今帰仁城跡

9つの沖縄世界遺産の巡り方・楽しみ方
最も有名な首里城跡から、北部の今帰仁城跡、そして南部の斎場御嶽まで、沖縄本島には9つの世界遺産がある。おすすめの巡り方、楽しみ方を達人の視点で案内。

国際通りの入り口では、沖縄の守り神であるシーサーがお出迎え

「国際通り」沖縄観光の定番 最新ガイド
沖縄随一の繁華街である那覇市の国際通りを散策しながら立ち寄れる、オススメのお土産店やスイーツショップを紹介。さらに今年オープンした注目スポット「HAPiNAHA・・・

達人はおいしい沖縄そばを「たたずまいの美しい美人そば」と呼ぶ

「沖縄そば」本当においしいお店はどこ? 最新情報をお届け
沖縄の郷土料理といえば、真っ先に思いつくのが沖縄そば。沖縄の方言で「すば」と呼ばれ、地元沖縄では毎日食べる人もいる沖縄を代表する料理です。今回はそんな沖縄そばの・・・

沖縄の郷土料理の沖縄家庭料理の定番「ゴーヤーチャンプルー」

沖縄のおすすめ郷土料理に舌鼓
地産地消、医食同源という考えの元に伝えられてきた沖縄の郷土料理。沖縄らしい料理とは何か?その歴史や魅力について紹介する。 更新日/平成27年(2015)1・・・

民謡酒場のステージ。銭湯の背景画に通じるアートな絵も見もの

沖縄の民謡居酒屋を楽しむ! おすすめ情報
どこにいても民謡が流れている沖縄。観光客が集まる施設や飲食店だけでなく、地元の人が利用する食堂や居酒屋でもBGMは民謡という店が多い。そんな民謡を生演奏で楽しめ・・・