沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 今帰仁村を楽しむ!おすすめ観光情報

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

今帰仁村を楽しむ!おすすめ観光情報

  飛び抜けて透明度が高い海と、豊かな森を有する今帰仁村。美しい景色があらゆる場所で見られ、その景色を楽しめるようなカフェも多い今帰仁村は、ドライブはもちろん、ゆったりと旅を楽しむのにぴったりの場所だ。

コバルトブルーの海と、豊かな緑の大地に恵まれた村

  人口約9500人、沖縄本島北部に位置し、有名な観光名所・美ら海水族館から車で20分ほどの距離にある今帰仁村。海や森などの豊かな自然とのどかな空気感、抜群の眺めが楽しめる場所がいたるところにある。観光だけでなく移住先としても注目を集めている今帰仁村は、暮らすように滞在し、時の流れに身を任せてゆったりと過ごしたい。

《この記事を読む人におすすめの情報》

又吉 演さん
(またよし えん)
又吉 演さん

今帰仁村の魅力を伝える達人
  今帰仁村観光協会事務局長。母親が今帰仁村出身、映画のロケ場所案内などを行う前職でたびたび訪れるなど、なにかと今帰仁村と縁があったが、観光協会立ち上げのため家族そろって移住。今帰仁村を世界中の人たちに知ってもらうためにPR活動を展開中。

今帰仁村ってどんなところ?

今帰仁城跡前の道路。桜の季節はピンク色に染まる

  今帰仁と書いて「なきじん」。観光客はもちろん、沖縄県民にもちょっと難しい読み方の村は、沖縄県北部のやんばると呼ばれる地域に位置し、真っ青な海に架かる全長約2キロもの古宇利大橋や、標高275メートルの乙羽岳(おっぱだけ)、世界遺産である今帰仁城跡があることで有名だ。手つかずの自然に囲まれたのどかなこの村について、今帰仁村観光協会事務局長の又吉演さんにお話をうかがった。
「今帰仁村のキャッチコピーは『ぬーん ねんしが 今帰仁村』。これは、方言で『何もないけど』という意味です。ショッピングセンターや娯楽施設はありませんが、とても平和で穏やかで、何もないけれどなぜか心が満たされる村なんです」。又吉さんは、人との出会いがきっかけで観光協会を立ち上げることになり、家族で移住をした。実際に住んでみて、改めて今帰仁村の魅力を体感しているところだという。インターネットが発達し、道路の整備も進んできていることもあり、今帰仁村に住んでいても特別不便は感じないという。観光はもちろん、沖縄移住を考えている人にも今帰仁村はおすすめの場所のようだ。

世界遺産、今帰仁城跡の魅力

城跡の高台からは、石積みの城壁に囲まれている様子が見渡せる

  平成27年(2015)で「琉球王国のグスク関連遺産群」として世界遺産に登録されてから15周年を迎えた今帰仁城跡。標高約100メートルに位置し13世紀頃に築城されたと言われ、当時この辺りを治めていた北山王の居城だった。城跡の頂上からは、傾斜に築かれた全長約1.5キロの城壁と周りを囲む森、遠くに広がる海と、国王が眺めていたであろう景色が堪能できる。「今帰仁城跡と言えば世界遺産として有名ですが、桜まつりを見に来る人も多いです。特にライトアップされた幻想的な夜桜は見応えがあります」と又吉さん。桜まつりは毎年1月の中旬から2月のはじめに開催され、数百本の桜が咲き乱れる様子は圧巻だという。期間中は夜桜を鑑賞しながら音楽ライブを楽しめるイベントもあり、日本一早い春の訪れを感じるにはもってこい。今帰仁に来たらぜひとも訪れたい場所のひとつだ。

美しい海、海、海!

今帰仁の海の色は目の覚めるような澄んだブルー

  又吉さんが今帰仁へ移り住み、もっとも感じるのはやはり海の美しさだという。「海は本当にきれいで、休日には家族みんなで朝ご飯を海辺で食べたりしますが、それだけでとてもぜいたくな気分になります」。今帰仁の海を一度でも見たら、この海があるだけで満ち足りた気分になることがわかるはず、と又吉さんは言う。
「今帰仁はゆっくり、のんびり過ごしたい人向けの場所だと思います。何をするわけでもなく、海を眺めて、今帰仁のおいしいものを食べて、という過ごし方がお勧めです」。
 今帰仁には実にたくさんの天然ビーチがある。「本当は秘密にしておきたい」と又吉さんが言うほど、天然のビーチは驚くほど美しい。それらのビーチは小さな集落を抜けたところにぽっかりと現れたり、教えてもらわなければ気付かないような場所にある。詳しい場所は観光協会へ行くとマップがもらえるのでぜひ活用しよう。

「今帰仁の駅そーれ」で食べて買って大満足

「そーれ」の目印は今帰仁の名産であるスイカ

  新鮮な野菜をはじめ、地元のお母さんたちが作る惣菜など、今帰仁でおいしいものを探すなら「今帰仁の駅 そ~れ」がお勧め。今帰仁村観光協会から歩いて5分ほどの場所にあり、半月のスイカが屋根にどーんと乗っている外観が目印だ。中に入ると地元で採れた旬の新鮮野菜がずらり。店内には、ジューシー(沖縄風炊き込みご飯)やサーターアンダギー(沖縄風ドーナツ)のおいしそうな香りがいつも漂っている。併設されている食堂では地元食材をふんだんに使った定食なども食べられる。
 「今帰仁の駅 そ~れ」は、全国的にも珍しい女性だけで運営する直売所。地元の農産物を使った加工品を販売しようと12人の女性メンバーが集まり「そーれの会」を結成したことから始まり、今でも元気なお母さんたちが迎えてくれる。おいしいものを食べられるのはもちろん、珍しい野菜の食べ方や今帰仁のお勧め情報まで、いろいろなことを教えてもらえる。会話を楽しんで元気をもらって、お店を後にする頃には今帰仁をもっと好きになっているはずだ。

《厳選ホテル》

もっと沖縄を身近に。沖縄旅行の新しいスタイル“沖縄民泊”

今帰仁村で食べて、遊んで、まるごと楽しむ

今帰仁村で巡りたいカフェ

  森の奥にひっそりとたたずむカフェや、絶景に出会えるカフェ。今帰仁ならではのカフェへ足を運んで、今帰仁をまるごと味わおう。

  • 肩の力も抜ける温もりの空間
  • ウッパマビーチ内にあるパーラー形式のカフェ
  • 静かな森の中、落ち着いた店内で野菜たっぷりの食事を堪能しよう
おすすめポイント
  カフェとはいえ食事の内容が充実していて、味はもちろん、素材にこだわる素敵な店が今帰仁村には多い。ここで紹介している店舗以外にも、On the Beach CAFECafeイングリッシュローズなども雰囲気抜群。今帰仁に流れるゆっくりとした時間の流れに合わせて、ていねいに作られた食事を楽しもう。

今帰仁村のおすすめ観光スポット

  今帰仁村には魅力的な観光スポットがあちこちに。見て、歩いて、触れて、飲んで。五感をフル活用して楽しもう。

  • 古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ
  • 今帰仁城跡の平郎門(へいろうもん)。カンヒザクラが美しく咲く
  • 主な銘柄は、美しき古里、まるだい
おすすめポイント
  沖縄の絶景ポイントとして有名な古宇利大橋を渡ると目に飛び込んでくる古宇利島オーシャンタワー。悠久の歴史を感じる今帰仁城跡。創業68年もの伝統を誇る今帰仁酒造。どこもはずせない今帰仁の主要観光スポットは、ぜひじっくり時間をかけて見学してほしい。

今帰仁村の行ってみたいイベント

  日本一早い春の訪れを告げる桜まつりや大きな海に沈む夕日を眺めながらのマラソン、力強さを感じるハーリーと、魅力満載のイベントへ出かけよう。

おすすめポイント
  今帰仁村で行われるイベントは、自然の美しさや豊かさを体験できるものばかり。開催時期が決まっているので、参加したい場合はタイミングを逃さないようにスケジュールをチェックしよう。

本島北部のホテル探しなら「推し宿」

  • 農業やものづくり体験ができる!あいあい手づくりファーム
  • 古宇利島の隠れ家リゾート5選
  • 大人数で泊まれる恩納村のホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した本島北部周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!ファミリー向け本島ホテル

今帰仁村(観光協会)への交通アクセス情報

  那覇空港から、沖縄自動車道を利用して車で約2時間。

車(レンタカー)で

  ■那覇空港から一般道を利用する場合:約2時間
 那覇空港から国道332号か、那覇うみそらトンネルを経由して国道58号へ出て北上する。名護市羽地で国道505号へ入り北上して約2時間で到着する

■沖縄自動車道を利用する場合:約1時間40分
 沖縄自動車道を利用し許田ICを下りて国道58号へ。世冨慶を右折し国道329号へ。途中名護東道路を経由し再び国道58号へ入り北上。名護市羽地で国道505号へ入り北上して約2時間で到着する。

今帰仁村Q&A

Q 今帰仁村の村花は?
A 今帰仁村の花はハイビスカスです。村に住む人々の家の生け垣や庭に植えられて親しみのある花として暮らしに溶け込んでいます。
Q 今帰仁村の北山王と王妃とは誰ですか?
A 琉球三山時代に今帰仁のあたり(北山)をおさめていた王様とそのお妃様です。今帰仁村では年に1回今帰仁村をPRする北山王と王妃を募集しています。
琉球三山時代についての詳細はこちら
Q 今帰仁村にある運天港からはどの島へ行けますか?
A 伊是名島と伊平屋島へ行けます。
伊是名島へは約55分かかり、毎日2往復船が出ています。
伊平屋島へは1時間20分かかり、毎日2往復船が出ています。

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

今帰仁城跡の平郎門(へいろうもん)。カンヒザクラが美しく咲く

世界遺産・今帰仁城 英雄伝説の残る絶景
首里城に匹敵する敷地面積を誇る今帰仁城跡(なきじんじょうあと)。北山王(ほくざんおう)の居城として高台に築かれ、広さは4ヘクタール。万里の長城のように堅牢な造り・・・

世界最大級の水槽「黒潮の海」は必見!

沖縄美ら海水族館 ツウな楽しみ方徹底ガイド
沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」はジンベエザメやマンタが悠々と泳ぐ、超ビッグスケールの水族館。平成14年(2002)のオープンから今年11月で15年・・・

迷路のような並木道は、散策するにピッタリの場所だ

備瀬のフクギ並木 早朝散歩でリフレッシュ
沖縄美ら海水族館近くにある備瀬のフクギ並木。癒やしスポットとして人気ですが、実は「早朝」に行くのがおすすめです。

古宇利大橋から眺める海の風景は、沖縄でも指折りの美しさ

沖縄本島北部にある「古宇利島」古宇利大橋で行く絶景スポット
沖縄本島の中でも特に海が美しい北部エリア。その中でも今帰仁村にある古宇利島には澄みわたる海が広がり、透明度もピカイチだ。さらにその海の上に延びる古宇利大橋は、絶・・・

沖縄本島から車で行ける近さながら、とびきり美しい海が広がる

「瀬底島」車で日帰りできる美しき離島
沖縄本島北部、本部半島と橋でつながり、車で気軽に立ち寄れる瀬底島(せそこじま)。この島には小さい中にも、沖縄の歴史と離島の魅力が詰まっている。

やんばるのいいとこ、ぎゅぎゅっといっぱい!

「道の駅許田」人気の道の駅全国1位が進化
やんばる(沖縄本島北部エリアのこと)の名護市にある道の駅許田。やんばるの良さが詰まった定番の観光スポットだが、最近さらに進化を遂げてますます注目を集めている。果・・・

フルーツらんどのキャラクター、ペッカーが出迎える正面ゲート

沖縄本島北部・OKINAWAフルーツらんど徹底ガイド
OKINAWAフルーツらんどは本島北部の名護市にあり、雨の日でも楽しめる人気の観光スポット。平成25年(2013)の創業40年を機にリニューアルしたフルーツらん・・・

入り口には大きなパイナップル。いざパイナップル尽くしの園内へ

ナゴパイナップルパーク 名護の人気観光地
沖縄県北部・名護市内の高台にあるナゴパイナップルパーク。青い空の下、パイナップルの畑を眺めて散策ができたり、試食ができたり、土産物を選んだりと楽しい時間が過ごせ・・・

様々な鳥とふれあうことができ、子どもは大喜び

「ネオパークオキナワ」人気の自然動植物公園の魅力
本島北部の名護市にあるネオパークオキナワ。広大な敷地に放し飼いにされた動物たちとのふれあいが人気の自然動植物公園の魅力を、達人目線で一挙紹介。