1. ゴールデンウィークの沖縄 服装指南

ニュース

お得なパッケージツアーやアクティビティ、イベント情報、新発売の商品など、現地編集部が独自の視点で取材したニュースを毎日配信しています。

ゴールデンウィークの沖縄 服装指南

【投稿日】2018年04月12日(木)| 沖縄発

ゴールデンウィークの4月下旬から5月上旬、沖縄の平均気温は24度、最高気温は27度近くになります。これは東京だと7月頃の気温に相当します。日差しも徐々に強くなってくるので、体感としてはすでに夏。それに伴い、夏の陽気を楽しめる野外でのイベントが増え始めますよ。

特に有名なものが「ハーリー」。航海の安全や豊漁祈願のため、爬龍船(はりゅうせん)と呼ばれる船で競漕する祭りが県内各地で開催されます。那覇ではゴールデンウィークに「那覇ハーリー」が行われ、初夏を知らせる一大イベントとなっていますよ。南国らしい沖縄の始まりともいえるこの時期、おすすめの服装は、早めの「夏の装い」がおすすめです。

爽やかに晴れる日がありながらも梅雨が近づいてくるとあって、湿度は平均的に高め。湿度80%を越えて、ジメジメと蒸し暑い日もあります。この湿度と気温対策として、通気性がよくゆったりとした服装がおすすめ。Tシャツにハーフパンツ、女性ならば薄手の素材のゆるやかなスカートなども快適です。また、沖縄ではかりゆしウェアが基本の仕事着となる時期なので、男性ならばそれにならって着てみるのも沖縄旅行ならでは。さらに日よけのための帽子や日傘があると安心ですね。


沖縄・4月の気温
沖縄・5月の気温

子どもの服装は、基本的には大人と同じく涼しく、通気性のよいものにしましょう。Tシャツ、短パン、半袖ワンピースなど、動きやすく軽やかなものを。大人以上に大事になってくるのが日よけ対策。屋外に長時間いるなら帽子は必須。日焼け止めも塗っておきましょう。足元は、スニーカーでは蒸れて暑く感じることも。キッズサンダルがおすすめです。

ちなみに、沖縄の子どもたちは「島ぞうり(ビーチサンダル)」が夏の定番。汚れてもサッと洗えて水にぬれてもすぐ乾くので、梅雨から海遊びの季節にかけてとても重宝します。実は大人にも愛用者は多いです。装飾がないものなら500円前後で手に入るので、履いてきた靴が暑苦しい!と感じたら、島ぞうりを買ってしまうのもありですよ。

==*==*==*==*==*==*==*==*=
毎週、沖縄の旬な観光情報&お得な旅行プランを配信中♪
登録は無料!「たびらい沖縄 メールニュース」の登録はこちら
https://www.tabirai.net/member/mailnews/
==*==*==*==*==*==*==*==*=

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×