1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 神の島・久高島のおすすめの見どころ
神の島・久高島のおすすめの見どころの記事イメージ

神の島・久高島のおすすめの見どころ

更新:更新:2017年9月11日

久高島は、琉球開闢(かいびゃく)の祖アマミキヨが天から舞い降りてきて、ここから国づくりを始めたという琉球の聖地。今も島の人々によって神事が行われ、平和への祈りと感謝が捧げられています。そんな神の島の魅力に迫ります。

[たびらいセレクション]

久高島を一周 神々の歩いた道を辿るの記事イメージ

島内を一周
神々の歩いた道を辿る

周囲はわずか8キロ。島内の移動はレンタサイクルが便利です。

久高島 イシキ浜の記事イメージ
島の東側に広がる「イシキ浜」へ。
五穀の種が流れ着き、ここから農業が広まったとされています。
久高島 フボー御嶽の記事イメージ
祖先の魂が眠る聖地であり琉球七大御嶽の一つ「フボー御嶽」。
久高島 フボー御嶽の記事イメージ
この奥で12年に一度の儀式「イザイホー」が行われていました。
久高島の記事イメージ
海岸沿いのロマンスロードへ自転車を走らせます。
久高島 ウディ浜の記事イメージ
途中にある「ウディ浜」はプライベートビーチのような静けさ。
久高島の記事イメージ
日よけの東屋で休憩。潮風が吹き抜けて心地良いです。
久高島 カベール岬の記事イメージ
最終目的地はカベール岬。岬までの一本道は神の道とも。
久高島 カベール岬の記事イメージ
カベール岬では、植物や石ひとつでも持ち帰ることはできません。
久高島 カベール岬の記事イメージ
イカや魚の泳ぐ姿も見られるほど透明度の高い海が魅力的。
久高島 カベール岬の記事イメージ
久高島の島時間は、訪れる人を優しく癒してくれます。

[たびらいセレクション]

久高島の聖地をマナー良く訪れようの記事イメージ

島の聖地を
マナー良く訪れよう

久高島には聖地が多く存在します。今回は昔から島の人たちの祈りの場となっている聖地を紹介。島内の植物や砂・サンゴ・岩などは持ち出さないなど、聖地を回る際はマナー良く、くれぐれも決まりごとは守るように。

「フボ―御嶽」久高島の中で一番の聖地

「フボ―御嶽」久高島の中で一番の聖地の記事イメージ
沖縄本島の最高の聖地・斎場御獄とともに、琉球の創世神・アマミキヨが作ったと言われている琉球七大御獄のひとつ。琉球王府と久高島の人たちが代々大切にしてきた、久高島の中で一番の聖地。それゆえ、何人たりともこの地に足を踏み入れることは禁じられています。

詳細はこちら

「カベール岬」神が降臨したという伝説の岬

「カベール岬」神が降臨したという伝説の岬の記事イメージ
琉球を興した祖神・アマミキヨが、降り立ったという伝説が残る聖域。島の北東の端にあります。透き通ったきれいな海を眺めることができ、ゆったりするのにおすすめの場所。島の人にとっては絶好のイカ釣りポイントらしく、釣りをしている島民をよく見かけます。

詳細はこちら

「はんちゃたい」天と地を結ぶ神の畑

「はんちゃたい」天と地を結ぶ神の畑の記事イメージ
はんちゃたいとは神の畑という意味で、昔はここで作物を作っていたとされています。そして、その一角にある石が意味深い石でテンヌジョウ(天の門)と呼ばれ、天と地を結ぶ場所といわれている不思議な場所です。

詳細はこちら

「外間殿(ふかまどぅん)」島の祭祀の場

「外間殿(ふかまどぅん)」島の祭祀の場の記事イメージ
琉球王朝時代に定められたノロ制度のもと、公式指名を受けたのが外間家、島のノロとして指名されたのが久高家です。そして、それぞれに設置された祭祀の場が外間殿と久高殿で、島内の二大祭祀場とされています。今でも正月をはじめとする島の行事のほとんどはここで行われています。

詳細はこちら

「やぐるがー」体を清める神聖な井戸

「やぐるがー」体を清める神聖な井戸の記事イメージ
神女がみそぎをするときにつかう神聖な井戸が「やぐるがー」。島の祭事の時には、ここの水でノロたちが体を清めた特別な場所です。沖縄の離島では水の確保に苦労が付きものですが、ここは海のそばにありながら水が湧き出でます。井戸は今でも飾り立てられることなく、昔のまま存在しています。

詳細はこちら

「イシキ浜」五穀豊穣の伝説が残る神聖な浜

「イシキ浜」五穀豊穣の伝説が残る神聖な浜の記事イメージ
イシキ浜は、ニライカナイといわれる理想郷から五穀の種が入った壺が流れ着いたとの伝説が伝わる「神の島」の中でも特に神聖な場所。この種子が琉球の農耕の始まりになったと言われています。浜は島の中央部東南側にあり、浜への入口には御嶽があります。聖地なので遊泳はひかえて、のんびり過ごそう。

詳細はこちら

もっと見る

[たびらいセレクション]

久高島と一緒に巡りたいの記事イメージ

久高島と一緒に巡りたい
パワースポットを紹介

久高島のある南城市(なんじょうし)には、パワースポットがたくさん。今回は久高島と合わせてぜひ一緒に行ってほしい、パワーがもらえるおすすめの場所を紹介します。久高島と同じく、マナー良く観光しましょう。

「斎場御嶽」世界遺産に登録されている祈りの場

「斎場御嶽」世界遺産に登録されている祈りの場の記事イメージ
斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地。樹々が青々と茂る静かな空間、時折吹き抜ける風、緑の葉っぱの隙間から差し込む日光は心地よく、神の気配さえ感じさせる不思議な場所です。東には神の島として知られる久高島を拝むこともできます。

詳細はこちら

「ガンガラーの谷」自然豊かな森が広がる神秘的なスポット

「ガンガラーの谷」自然豊かな森が広がる神秘的なスポットの記事イメージ
ガンガラーの谷は、東京ドームとほぼ同じ面積で、鍾乳洞と一体化した森にさまざまな動植物が息づいています。ツアーで巡るコースは全長約1キロ。巨大なガジュマルの木のほか、古くから住民が信仰してきた鍾乳石、古代人が住んでいたとされる住居跡など、自然の神秘と人類の歴史を体感できる見どころがたくさんあります。

詳細はこちら

「百名ビーチ」女神・アマミキヨが降り立った聖地

「百名ビーチ」女神・アマミキヨが降り立った聖地の記事イメージ
琉球の創成神である女神「アマミキヨ」が久高(くだか)島から渡ってきた場所として地元では聖域として大切にされているビーチです。上陸した地点を示す石碑「ヤハラヅカサ」が浜の少し沖合に立っていて、満潮時は海に沈み干潮時にのみ、その全容が現われます。感謝の気持ちと節度を持ってレジャーも楽しみましょう。

詳細はこちら

「テダ御川(てだうっかー)」太陽神が降臨した海岸

「テダ御川(てだうっかー)」太陽神が降臨した海岸の記事イメージ
琉球王朝時代には国王が久高島に渡る前に、この海岸から湧き出る泉に、航海の安全を祈っていたとされています。琉球国王が参拝に来ていた海岸というのはここだけなので、どこか神聖なものを感じる風景が広がます。テダとは沖縄の言葉で太陽という意味で、「太陽神」が降り立った場所とも伝えられています。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
井上 滉(たびらい編集部)

浦添市出身。沖縄の海が大好きで、週末はシュノーケルを楽しむ。月に一度は県内ホテルに泊まるホテル通。

[たびらいセレクション]

沖縄で人気の島を紹介!たびらい沖縄のアクセスランキングTOP15

沖縄でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます