沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「渡名喜島」おすすめの離島でのんびり

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「渡名喜島」おすすめの離島でのんびり

  フクギ並木と白砂の道、そして、赤瓦の古民家……。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている美しいたたずまいの島でのんびりと過ごすことができる。

集落に延びる風情ある路地

  那覇市の北西、約58キロのところにあり、北に粟国(あぐに)島、南に慶良間(けらま)諸島、西に久米島を望む。もともと近接する二つの島だったのが双方の間に砂が堆積していき、いつしかひとつにつながって出来たとされている。それゆえ渡名喜島には二つの山があるのだが、それぞれの島の成り立ちが違うために、構成している岩の表情も違って興味深い。ちなみに、島の集落はその砂地の部分に作られてきたため、集落内の道はきれいな砂地が広がり、フクギ並木と赤瓦の古民家の沖縄らしい景色が今も残る。
 渡名喜島へはフェリーが交通手段となっているが、久米島と那覇を往復するフェリーが立ち寄り、直行船はない。また、海の状態が良くないと寄港できないため、天候が悪い日が続くと何日も閉ざされた島となってしまう。

投稿日/平成25年(2013)10月 聞き手/島ライター伊藤麻由子
更新日/平成29年(2017)6月

南風原 豊 さん
((はえばるゆたか))
南風原 豊

渡名喜島の達人
  渡名喜島生まれ。現在、「福木島となき」の代表取締役として、島の古民家を宿泊施設に整備している。また、島の食堂やエコバイクのレンタル、島内ツアーなど、渡名喜島の観光の窓口として朝から晩まで奔走。のんびりした渡名喜島で一番忙しく、観光客と島のために動き回っている島人かも。

渡名喜島の楽しみ方

島の人々の暮らしを垣間見ることができる

  渡名喜島は宿の数が4軒と限られていることもあり、トップシーズンでも観光客で込み合うということはない。日帰りもできなくはないが、それが可能なのは4月~10月のフェリーが1日2便出るときだけの限定。しかも、朝一便で那覇港を出て10時45分に島に着き、久米島からの15時45分発の2便に乗って那覇に戻るという、滞在時間5時間の強行スケジュールのみ可能だ。さらにフェリーの発着が海の状態にとても左右されるため、急にコンディションが悪くなれば寄港できないので島を出られなくなることもある。八重山諸島の竹富島のように、1日10往復以上船が出るのとはわけが違うのだ。渡名喜に出掛ける時に考えないといけないのが、この点である。
 渡名喜島の達人、南風原さんも「日帰りをするなら天気の安定している時だけ。基本的にはゆっくり滞在して島を楽しんでください」という。「でも、そこがまた渡名喜島の魅力なんです。この島はのんびりゆっくり、何もないことを楽しめるかどうかがポイントです」。確かに海もビーチもキレイだが、海水浴場としての設備はないし、ダイビングショップもない。「自分でどうやって時間を過ごすか。何もない、何もしない贅沢をこの島で味わってもらいたいんです」。渡名喜島は沖縄の離島として、残された最後の聖地かも知れない。

フクギ並木に囲まれた赤瓦屋の古民家に泊まる

ここに泊まるだけでも、渡名喜島に行く価値がある

  達人の南風原さんが管理している宿が「赤瓦の宿 ふくぎ屋」だ。島の集落の中に残された赤瓦の古民家を改装し、観光客向けの宿にしている。フェリーで島に到着すると、まずはワゴン車で集落の外側をまわり、宿に送ってくれる。
 「集落の中は細い道ばかりなのであとで散策してください。港の前からあがり浜まで直線に延びる村道1号線を基準にすれば、ほぼ碁盤の目のようになっているので歩きやすいと思います。朝ごはんと夜ごはんを食べる食堂も集落の中の赤瓦家のふくぎ食堂になります」。ちなみに、昼ご飯の場所は、同じくこのふくぎ食堂と、港のターミナルの中にあるターミナル食堂のみ。あとは3つある売店でおにぎりかパンかカップラーメンでも調達するしかない。
 達人の案内を聞きながら荷物を古民家の縁側に置くと、一気に旅の緊張感が緩む。「自分の家に帰ってきた感じがしませんか?」。自分に田舎がなくても田舎に帰った気分になるから不思議だ。そのまま畳の間にゴロリとしたくなる。渡名喜島の楽しみはこの古民家から始まる。聞こえるのは風の音と緑の匂い。滞在中の注意をひととおり聞いたあとは昼寝がおすすめだ。

自転車やレンタカーで回る渡名喜島散策

渡名喜村の集落は、自転車でまわるのがおすすめ。

  集落の中は散策が楽しい。フクギ並木、赤瓦の家並み、島人とのあいさつ。集落の道は砂なので、島人たちは竹箒で常にきれいにしている。フクギの木の葉や実が落ちる時期は早朝に、夕方にと、こまめに掃除をする姿をよく見かける。「掃除に関しては朝起き会といって大正時代から80年余り続く伝統があって、ラジオ体操が始まる前に島の小学校に子どもも大人も集合するんです。そして、体を動かしたあとに集落の掃除をするんです。誰でも参加できるので、ぜひ早起きして小学校に来てください。一緒に掃除体験もしましょう」。そういえば、集落の所々に「朝起き会」と書かれた竹箒入れが設置されている。

 島内は、自転車やレンタカーを借りて回るのがおすすめ。民宿ごとに貸し出しをしている場合があるので、宿泊前に確認してみるといい。「集落を出ると、結構坂道が続くんですよ。遠出するとカメが波の間からひょっこり顔を出す呼子浜があったり、山の方に行くと山の上なのに水があふれている不思議な水田があったり、大海原を見渡す絶景ポイントがいくつかあったり。けっこう楽しいですよ。そうそう、NHK朝の連続ドラマの『ちゅらさん』のオープニングタイトルになった入砂島も見えますよ」。

集落を出ると売店も自動販売機もなくなるので、水分補給の飲み物は忘れずに持って出よう。

フットライトで照らされる渡名喜島の村道一号線

フットライトが白砂の道を照らす(写真/福木島となき)

  「渡名喜の夜の名物のひとつになりました」。達人の南風原さんがそう言うのは、集落の夜を演出するフットライトだ。村役場からあがり浜まで続く村道1号線の両サイドに毎夜毎夜、明かりが灯り、昼間とはまた違った集落の顔を楽しむことができる。「幻想的な雰囲気でしょう」。達人のその言葉のとおり、夜道はまた別の島に来たような感じがする。
 散策しながらあがり浜に出ると、この浜沿いにやたらイスやら机やらが並んでいるのを昼間見かけた理由が、夜になってわかった。島の人たちのゆんたく(おしゃべり)の場になっているのだ。飲み屋さんなんてないから、ここに各自がつまみと泡盛持参で集う。
 「遊ぶところも行くところもないけれど、自分でどうやって時間を過ごすかをみつけるのがこの島の魅力です」。そういった達人の言葉がすべてを表している。

《厳選ホテル》

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

渡名喜島おすすめ情報

達人おすすめの自慢スポット

  渡名喜島ならではの演出がされたおすすめスポットや風光明媚な島の姿を楽しめる絶景スポットを紹介

  • ライトに照らされた白砂の道が美しい
  • 島随一の絶景ポイント(撮影/福木島となき)
  • 海神を祀る聖地でもある(撮影/福木島となき)
おすすめポイント
  島に来たなら楽しんでもらいたいものが、集落内のライティング。現在、村道一号線のみ設置されているのだが、道の両サイドの低い位置でライトがつき、しかも足元が砂地ということもあって、どこか京都の寺の境内を散歩しているような風情がある。ほかのどこの島にもない渡名喜島ならではの演出である。そして、集落の魅力もさる事ながら、風光明媚な島の姿もぜひ、見てもらいたい。島尻毛の散策道は絶景。このスポットからのサンセットもいち押し。

島自慢のビーチ3選

  渡名喜島の美しい天然ビーチを達人が紹介

  • 集落から歩いて行ける渡名喜島を代表するビーチ(撮影/福木島と
  • 集落から少し離れるが行ってみる価値大(撮影/伊藤麻由子)
おすすめポイント
  渡名喜島には天然の美しいビーチがいくつもあるが、いずれも気をつけないといけないのが海水浴場としての設備や監視員はいないこと。自己責任において遊ぶことを認識しよう。ちなみにあがり浜の近くには公園のシャワーがあるが、使う場合には役所に連絡をして開栓してもらわないと使えない。また、呼子浜をはじめ、渡名喜のビーチにはウミガメが多い。くれぐれも石を投げたりして脅かさないように。

島の名所3選

  おすすめの島の名所3選を達人が紹介

  • 山の上にあるが、水がたっぷりとある(撮影/伊藤麻由子)
  • 土器や炭化米が発掘され遺跡となったが、昔から島の拝所である(
  • さりげなく置かれているのでお見逃しなく(撮影/渡名喜村役場)
おすすめポイント
  海岸線の周遊道路から山に向かう道が続くなど、意外とアップダウンが激しい。でも、それだけに展望台や高台からの景色が素晴らしい。また、面白いことに里御嶽の裏手の山の上に棚田のように水田があるのだが、ここでは3年に一度の島の祭「シマノーシ」の時に使う米を作っている。それから、渡名喜島は意外とハブが多いので、特に草むらや山あいなどに行くときには要注意だ。集落内には悪霊よけに使われたとされる珍しい球体の石が残る。

那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!ファミリー向け本島ホテル

渡名喜島への交通アクセス情報

  沖縄本島・泊港からフェリー琉球、またはフェリーくめしまで約1時間45分。
久米島行で渡名喜島を経由しない便があるので注意。
大人:片道2700円、往復:5130円
詳しくはこちら

渡名喜島での交通アクセス情報

達人が答える渡名喜島のQ&A

Q 泳ぐときの注意は?
A 渡名喜島には美しい天然ビーチがいくつもあるが、海水浴場としてのビーチはない。シャワーも更衣室も売店もなし。もし、海水浴をするのであれば自己責任にて。一番の名所的ビーチになっているあがり浜は水難事故が起きたこともあり、水際以外は遊泳禁止。
Q 島にはハブはいる?
A 渡名喜島にもハブはいる。観光施設があまりないためにトイレが少なく、草原で用を足そうとする人が多いが、草むらに潜むハブに要注意!
Q 宿の事前手配は必須?
A 時々、現地に行ったらどうにかなると思っている観光客がいるが、渡名喜島に限ってそれは通用しない。宿の数も少ないので満室になっていることが多々ある。また、ビーチなどでの野宿も禁止されているので、必ず宿の手配をしてから行くことにしよう。
格安で沖縄を楽しむ方法を紹介!

  セールやバーゲンだけじゃない!格安に沖縄を楽しめる方法を紹介。
 ホテル、パッケージツアー、レンタカー、海遊びなど、お得に南国リゾートを満喫できるアイデアが盛りだくさん。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安で行く沖縄旅行特集を読む

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

いざないの一枚

渡名喜島めぐりと一緒に...沖縄のお役立ち観光情報

渡名喜島周辺離島の観光情報

那覇から気軽に行ける人気離島の楽しみ方

ハテの浜が人気!久米島おすすめの楽しみ方

渡嘉敷島の海の美しさはまさに別天地

慶良間諸島を代表する渡嘉敷島の楽しみ方

慶良間ダイバーに人気の阿嘉島

慶良間諸島のひとつ「阿嘉島」の楽しみ方

小さな島に流れる豊かな時間を満喫

慶良間諸島のひとつ慶留間島の楽しみ方

沖縄本島から気軽に行ける青い島

慶良間の人気離島「座間味島」の楽しみ方

“ケラマブルー”をもっと楽しもう

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編

日帰りでも行ける離島のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ 慶良間と本島周辺離島

沖縄で食べたいおすすめグルメ

沖縄を代表する定番グルメ

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

沖縄生まれのタコライスの魅力に迫る!

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄を訪れたならぜひ味わいたい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

半世紀にわたり地元の人々から愛され続ける味

沖縄で愛されるファストフード店「A&W」

沖縄の郷土料理の歴史や魅力を達人が紹介

地元の味に舌鼓。おすすめの沖縄郷土料理

バラエティに富んだ沖縄のパンを紹介

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

沖縄の魅力的なカフェの楽しみ方

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

伝統のお菓子から南国フルーツを使ったデザートまで!

女性に人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

沖縄らしさがギュッと詰まった居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

沖縄の旅に欠かすことのできない定番の一品

沖縄の定番・ブルーシールアイスクリーム

沖縄のおすすめ観光スポット

名護市/パイン尽くしの人気観光スポット

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

国頭村/やんばるの大自然のパワーを体感できる

やんばるの人気パワースポット「大石林山」

恩納村/昔ながらの沖縄を体験しよう

人気観光施設「琉球村」の楽しみ方

恩納村/象の鼻をした岩が有名な景勝地

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

読谷村/個性豊かなやちむん工房が集まる

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

南城市/沖縄の七御嶽の中で最も格の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

那覇市/沖縄本島で最も有名な観光ストリート

沖縄観光の定番「国際通り」の楽しみ方

那覇市/多くの観光客でにぎわう市場

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方

沖縄本島の9つの世界遺産の楽しみ方を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

泊港に近い那覇の人気ホテル

泊港に立地!東シナ海を一望できる

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

離島へのアクセスが便利な泊港近く!

ホテルピースランド

気軽に泊れて沖縄を感じる宿

ホテルラッソ那覇松山(旧ホテルサンシー)

空港・港・モノレールへのアクセスに最適

ホテルルートイン那覇泊港

泊港に近く観光に便利なホテル

沖縄オリエンタルホテル

離島への拠点「とまりん」まで徒歩3分!

ホテルクレシア沖縄泊港

泊港に隣接し、国際通りへも徒歩圏内

スマイルホテル沖縄那覇

その他の達人指南を見る

送迎船で久米島から約20分のハテの浜

久米島は「はての浜」以外も楽しい ホタルに森散策
那覇からも気軽に行ける離島として人気がある久米島(くめじま)の情報をお届け。絶景の「はての浜」の行き方や楽しみ方だけでなく、その他の魅力的な観光スポットを一挙に・・・

世界有数の美しさを誇る座間味島の海

「座間味島の楽しみ方」 慶良間諸島を代表する離島
那覇から高速船で50分!沖縄本島から気軽に渡れる青い島。慶良間諸島を代表する離島・座間味島で観光客も島人もみんなが頼りにする島唯一のストアー「105」を中心に座・・・

島一番の人気のビーチ「ニシハマ(北浜)ビーチ」

阿嘉島では絶対にダイビングをしよう! いざ青の世界へ
阿嘉島(あかじま)の海はとにかく美しく、世界中からダイバーが集まる人気の離島です。阿嘉島に宿泊して、美しい海を満喫しよう。

穏やかな慶良間の海が広がる

「渡嘉敷島・ケラマブルーの楽しみ方」 慶良間諸島
"ケラマブルー"と呼ばれる透明度の高い海や、ザトウクジラの繁殖地であることなどで知られている。渡嘉敷の海の美しさはまさに別天地。慶良間諸島を代表する島、渡嘉敷島・・・

慶留間島 目の前がプライベートビーチの島の学校

「慶留間島の楽しみ方」 慶良間諸島の小さな離島
慶良間諸島のひとつで、阿嘉島と橋でつながっている小さな小さな離島・慶留間(げるま)島。人口は100人にも満たない。こぢんまりとした島に流れる豊かな時間をどうぞ。

瀬長島ウミカジテラス

「瀬長島」ウミカジテラスで話題の離島
那覇空港から車でわずか15分。絶好のアクセスにありながら、離島らしいのんびりとした雰囲気が感じられる瀬長島に平成27年(2015)7月、新たな商業施設「瀬長島ウ・・・

海抜87.6メートル、島の西端にあるマハナ展望台から東を望む

粟国島 独特の景観や特産品など魅力多き絶海の孤島
慶良間諸島のさらに北西にある絶海の孤島・粟国島。周囲12.8キロメートルの小さな島だが、火山活動による特異な景観や粟国島ならではの特産品、フクギ並木や石垣に赤瓦・・・

国際通りの入り口では、沖縄の守り神であるシーサーがお出迎え

「国際通り」沖縄観光の定番 最新ガイド
沖縄随一の繁華街である那覇市の国際通りを散策しながら立ち寄れる、オススメのお土産店やスイーツショップを紹介。さらに今年オープンした注目スポット「HAPiNAHA・・・

お土産店のメッカ、牧志公設市場付近。果物や野菜も豊富にそろう

「沖縄お土産ランキング」最新から定番まで!
せっかくの沖縄旅行なのだからお土産は沖縄らしいものをぜひ選びたいもの。「誰もが大満足!」の義理みやげ系から、「あの人には絶対にこれ!」という決め打ち系まで、売れ・・・