沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. 沖縄・八重山諸島のおすすめビーチ
PR
“疲れる旅選び”をなくしたい!おすすめプランだけを集めた「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

沖縄・八重山諸島のおすすめビーチ

  世界的なトラベルガイド「ロンリープラネット」でミステリアスな島々として紹介されたこともある八重山の島々には、確かに素晴らしい自然ビーチがたくさん。石垣島以外の、八重山諸島ならではの秘境ビーチへ出かけてみよう。

まだまだ手つかずの浜が多い八重山(西表島・イダの浜)

  のんびり牛車にゆられたり、原生林ジャングルを歩いたり、はたまた海底遺跡にダイビングしたり。八重山の島々はさまざまなアクティビティにあふれている。アクティブな旅には事欠かないが、それだけではないから面白い。例えば西表島の網取湾のウダラ浜は珊瑚礁が素晴らしく、碧色の海を眺めているだけで幸せになってくる。鹿川湾の浜などは足跡もない秘境ビーチ。あるのは亜熱帯の自然と時間だけ。そこにいるだけで、ストレスから解放されるようだ。そして、鳩間島でのんびりした島時間を一度体験したらもう病み付きである。八重山では、自分だけのマイビーチを見つけて楽しみたい。

更新日/平成27年(2015)8月

◆現地編集部が提案する旬の旅行体験を紹介!
竹富島の西桟橋から、変化する海の景色を味わう旅
日本最南端の波照間島で青い海をひとり占めしよう

富山 義則 さん
(とみやま よしのり)
富山 義則 さん

沖縄ビーチの達人
  写真家。昭和50年(1975年)の沖縄海洋博覧会で沖縄の碧い海と白い砂浜に出会い、沖縄の自然に魅せられる。以来、40年以上沖縄に通い沖縄の風景と自然、ビーチを撮り続けている。近著に沖縄の島々の505ビーチを網羅した『沖縄ビーチ大全505』(マガジンハウス刊)『厳選沖縄極上ビーチ76』(トムトムフォトス刊)、『琉球古道』 (河出書房新社)など沖縄に関する著書多数。

竹富島の白砂ビーチに遊ぶ

パウダースノーならぬパウダーサンドのコンドイ浜に興奮

  竹富島石垣島 から南に約6キロの距離にある。島の海岸線は9.12キロ、現在367人(2015年)が住民登録している。石垣港離島ターミナルから高速艇で約10分という近さなので、日帰り観光も簡単にできるし離島の不便を感じる事は少ない。島は平坦なので自転車で充分一周できるけど、夏は陽射しを考えると体力に自信のある人だけにした方が無難だ。集落は島の中心にあるから、宿泊してるなら西海岸のビーチには徒歩でも行ける。
西桟橋は夕陽スポットなので日没が近づくとゾロゾロと観光客が集まってくるおすすめの場所。壮大な夕陽に言葉も忘れて見つめてしまう。近くに沖縄民謡安里屋ユンタで知られる安里屋クヤマの墓があったり、島の歴史を感じる場所でもある。
 さて、ビーチはコンドイ浜アイヤル浜 がおすすめだ。とくにコンドイ浜はビーチランキングでいつも上位に入り、パウダーサンドといわれる白い砂浜と遠浅の海が、とにかく素晴らしい。ぼくも行くならここにする。

西表島、鳩間島のワイルドビーチ

西珊瑚石灰岩と原生林が作りだすビーチ(忘れな石の浜)

  西表島石垣島から西へ約30キロ、島の面積は289.61キロで沖縄で二番目に大きな島だ。現在2391人が住民登録している。鳩間島は西表島の北5.4キロの沖合に位置していて、一周3.9キロの小さな島。現在住民登録しているのは53人と少ない。島を一周しても小一時間ほどだから、遊びにいったらぜひ歩いて欲しい。八重山の自然と離島暮らしを興味深く感じるに違いない。所々に浜へ降りる小道があり、琉球石灰岩に囲まれた立原浜のような小さなビーチが見つかるので、南の小島のイチャンダビーチをたっぷり楽しめるだろう。
 どちらの島も自然豊かなビーチだけしか無い。西表島は90%が亜熱帯のジャングルだから、イダの浜鹿川湾の浜など秘境ビーチの宝庫。鳩間島は島を取り巻く珊瑚礁の美しい海が特徴だ。

波照間島のハテルマブルー

ビーチランキングで2位に選ばれたニシ浜

  波照間島は石垣島から西に約46キロの距離。登録されている住民は523人(2015年)だ。日本最南端の島として知っている人も多いと思う。12月末から6月末までは水平線の上に南十字星の見える島でもある。サトウキビ畑と美しい海、そして南十字星と、何ともロマンティックな島なのだ。
 波照間島のニシ浜ビーチはトリップアドバイザーの2015年人気ビーチランキングで第2位に選ばれている。港から歩いて10分と近いが、人気の理由はハテルマブルーと呼ばれる海の色と透明度だろう。晴れた日の海の色は、刻々と変化する独特な碧色だ。その透明度に魅了されてしまう。そして珊瑚の根に付いたカラフルな熱帯魚が、シュノーケリングでもたくさん見られる。すぐ西隣りにペー浜があるが、ここもニシ浜同様きれいな海だ。小さな浜なので人も少なく、星砂も拾えるという。浜シタンの群落も見られるので、ときおり観光客がが訪れる。波照間島の定期便は外海を通るため欠航が多いので注意。

最西端の島、与那国島の国境ビーチ

Dr.コトー診療所ロケ地隣りに広がる亜熱帯の海(カタブル浜)

  与那国島石垣島から西へ127キロの位置にある日本最西端、国境の島だ。1503人(2015年)が住民登録している。アクセスは空路とフェリー。空路は那覇と石垣から飛んでいるのだが、風が影響するので、晴れていても与那国空港に着陸できないこともある。フェリーは石垣港から週二便が就航している。しかし外洋を運航するためかなり揺れるので、船に酔う人には向かないし、4時間の航海中フェリー内で食事の出来るところはない。運賃は安いけど欠航も多いので、よほど天候に恵まれないと計画通りの旅は難しいかも知れない。与那国島へ行くのは飛行機をおすすめする。体力を使い果たして島に着いたら、楽しい旅も悪夢に変わってしまうので。
 島内のビーチは透明度も高く碧色の海が美しいが、ツァ浜ウブドゥマイ浜は遊泳禁止になるほど潮の流れが速い。ビーチヘ行く場合は地元の人に確認してからの方が安心だ。海底遺跡や与那国馬などアクティブな旅を楽しめる島でもある。

小浜島、黒島の珊瑚ビーチ

島の周りは絶好のシュノーケルポイント(はいむるぶしビーチ)

  小浜島は石垣島から西に11キロ、654人(2015年)が暮らし、黒島は石垣島から南西に19キロ、205人(2015年)が住民登録している小さな島である。それぞれへのアクセスは石垣港離島ターミナルから高速艇で約25分ほど。小浜島は「ちゅらさん」で人気になった島だから知っている人も多いだろう。石垣島以外の八重山の島としては珍しく、はいむるぶしやリゾナーレ小浜島などリゾートホテルの管理運営している自然ビーチがあり、充実したアクティビティが用意されて人気になっている。
 一方黒島は、住民より牛が10倍も多いと言われる酪農の島だ。仲本海岸キャンの浜アミリの浜など自然のビーチは珊瑚礁が発達し、熱帯魚も多く透明度も高いからシュノーケリングを楽しむのに適している。干潮時には、潮溜まりに取り残された小魚を探すのも楽しい。観光ポイントの伊古桟橋はしばしばCMやドラマに出てくる。海もきれいな海岸なので、のんびり風景を眺めるにはおすすめのポイントだ。でも台風のあとなどは漂着物が多くなる。これは八重山だけではなく、島とはそういうもの。そんな時はビーチコーミングで楽しむべし。

赤瓦コテージ滞在で沖縄時間を。フサキリゾートヴィレッジ。

八重山のミステリアスな島々、おすすめビーチランキング

ファミリー、グループ向けの安心ビーチ

  石西礁湖の美しい海を安心して心行くまで楽しむなら、設備が整のい、管理のしっかりしているビーチがおすすめだ。アクティビティも各種用意されていて、ビーチからはいつも楽しそうな歓声が聞こえている。

  • NO1小浜島・はいむるぶしビーチ
  • NO2
  • NO3波も穏やかで透明度も高いビーチ
おすすめポイント
  自然でワイルドなビーチの多い八重山にもリゾートホテルが管理運営しているビーチはある。監視員がついて、クラゲ除けのネットも用意されているのでファミリーやカップルも安心して遊べる。特にシュノーケルツアーはガイドがポイントへ案内してくれるので、初心者でも八重山のカラフルな熱帯魚に出会える事から人気が高い。中級者になれば八重山の海の素晴らしさが分かっているので、珊瑚礁のビーチでポイント探しをするのも楽しいものだ。しかし油断は禁物。常に安全に遊ぶことを忘れないように。

カップルにおすすめの恋人ビーチ

  美しい海と白い砂浜のコントラストが言葉は無くてもいつしか二人の距離を縮めるだろう。八重山の珊瑚の海は二人の世界を静かに見守ってくれるのだ。

  • NO1透き通るような青い海と白い砂のビーチ
  • NO2「ハテルマブルー」と呼ばれる海の碧さ
  • NO3弓なりに広がる美しい名前のビーチ
おすすめポイント
  世界には八重山をミステリアスな島々と紹介するトラベルガイドがあるほどだから、当然の事ながら大自然の作り出したロマンティックな風景がビーチにあってもおかしくはない。たとえば、東シナ海に沈む壮大な夕陽を2人だけで眺めていたら、または、絵画のような美しい碧色の海が目の前に広がっていたらどうだろう。自然の美しい光景の前に、2人の心はぐっと近くなるはず。

一人旅だからこそ行くべきビーチがここにある

  自由きままに動き回れる一人旅に打ってつけのビーチが八重山には数多ある。水とタオルを持って誰もいないビーチで独りの世界に浸るのも良い。

  • NO1
  • NO2
  • NO3比川浜ビーチ
おすすめポイント
  八重山は不思議なところだ。沖縄の離島のなかで住民が増えているのは、石垣島をはじめとする八重山の島々なのだ。一度八重山を旅すると住みたくなってしまうらしい。だからというわけではないが、ビーチを歩いていて、一人旅らしい人を見るとどことなく共感してしまう。亜熱帯のじりじりするような太陽の下、一人でビーチに寝転び考えごとをしている姿は、いつかの自分にそっくりだからかな。八重山の海はそういう時こそぴったりだと思う。広く、大きく受け入れてくれるような感覚に安心するから。

石垣島・離島周辺のホテル探しなら「宿くらべ」

  • プールが楽しい石垣島ホテル4選
  • ビーチが自慢!石垣島ホテル3選
  • ゴルフが楽しめる石垣島ホテル2選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した石垣島・離島周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

沖縄ビーチ(八重山編)Q&A

Q 新空港から石垣港ターミナルまで、どのぐらい時間がかかる?
A 旧空港のときはタクシーで約10分だったが、新空港に場所が移ってからは約30分、定期バスだと石垣港のバスターミナルまで約45分とみておくといい。なお、定期バスは15分に1本。新空港からバスターミナルまで520円、タクシー料金は約2500円が目安だ。
Q 離島についてからの交通手段は?
A 離島の交通手段は、その島の大きさによってまちまち。ホテルや民宿を予約している場合は送迎してくれるが、島の中を自由に巡りたいと思ったら、レンタカーやレンタルバイク、レンタル自転車の利用がおすすめだ。また、竹富島のように徒歩でも十分に楽しめる島もあるので、体力や時間と相談しよう。
⇒石垣島のレンタカーを予約する
Q 西表島の秘境ビーチに行ってみたい。
A 秘境ビーチには、大自然の中で遊んでいるという開放感と充足感で満たされる楽しみがある。しかし、1人で行くのはおすすめしない。秘境ビーチへ行く方法は2つある。船を仕立てて送迎してもらう、あるいは原生林の横断道路を歩いて行く。歩く場合、初心者はガイドに連れていってもらったほうが安全だ。どちらにせよ、まったく人里から離れてしまうので、テントや飲料水などの準備が必要。重装備になることは覚悟しよう。
Q ビーチ以外にも、八重山諸島の見どころを知りたい
A 多くの離島がある八重山諸島、それぞれの離島で魅力的な観光名所が多い。詳しくはこちらのチェックしてみよう。⇒「八重山諸島」石垣島を中心に離島を巡る旅
Q 石垣島で過ごす際のおすすめの見どころは?
A 石垣島にももちろん、ビーチ以外のおすすめスポットが多数存在する。詳しくはこちらをチェックしてみよう。⇒石垣島の絶景やビーチなど観光情報が満載
格安の沖縄パッケージツアー。沖縄旅行を簡単予約!

  格安で南国リゾートを思い切り満喫できるパッケージツアーが盛りだくさん。
 家族旅行や離島旅など、目的に応じた様々なプランもあるから、自分好みの沖縄旅行を検索可能。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安の沖縄パッケージツアーを探す

沖縄のいい宿研究会厳選!石垣島格安リゾートホテル

いざないの一枚

八重山諸島のお役立ち情報

達人が教える石垣島の魅力

石垣島を中心に八重山諸島の空の玄関口を紹介

新空港!南ぬ島石垣空港を徹底ガイド

個性豊かな島々に囲まれた石垣島の魅力を紹介

絶景名所やビーチ情報も!石垣島の楽しみ方

石垣島のイベントの魅力と楽しみ方を紹介

伝統行事やスポーツも!石垣島人気イベント

伝統工芸品の八重山ミンサーの魅力に迫る

おとなの沖縄土産「石垣島のミンサー」

沖縄を代表する景勝地、川平湾を紹介

絶景の人気観光地「石垣島・川平湾」の魅力

八重山諸島の海の魅力を達人が紹介

沖縄シュノーケリング石垣島&八重山諸島

石垣島の人気グルメ

ホルモン焼きとビールのコンビが最高

焼き肉オリオンの八重山ホルモン

石垣島産黒毛牛肉100%のハンバーグ

石垣島きたうち牧場のハンバーグ定食

肉もモツも丸ごと食べるワイルドな郷土料理

パーラーあんぶれらの牛汁

笑顔で出迎えてくれる地元で人気のパン屋さん

パン屋pinacolada(ピナコラーダ)

古民家で食べる王道の八重山そば

来夏世(くなつゆ)

こだわりのふわふわ氷を味わう

石垣島冷菓の冷やしぜんざい

おすすめのアクティビティ

大きなクジラが海を悠々と泳ぐ姿に感動

沖縄の冬おすすめ「ホエールウォッチング」

沖縄本島のシュノーケリングポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 沖縄本島編

慶良間諸島のシュノーケリングポイントを紹介

沖縄シュノーケリング 慶良間諸島編

誰でも楽しめる沖縄キャンプの魅力

キャンプ情報満載!沖縄キャンプの魅力

青く輝く海に向かって、豪快ショット!

一年中OK!沖縄リゾートゴルフの魅力

沖縄の自然に触れて心も体も癒される

沖縄ならではのトレッキングで自然体験

沖縄の大自然を五感で満喫

海で、マングローブで!人気の沖縄カヤック

初心者でも参加できるメニューがいっぱい

乗馬施設の情報満載!沖縄で乗馬を楽しむ

八重山諸島の人気ホテル

石垣市/赤瓦のコテージが自慢のリゾート

フサキリゾートヴィレッジ

石垣市/太平洋が一望できるリゾートホテル

ホテル日航八重山

石垣市/離島観光・島巡りに便利なホテル

石垣島ホテル ククル

石垣市/癒しのリゾートステイを満喫

ホテルロイヤルマリンパレス石垣島

竹富町/大自然の中のミニホテル

西表アイランドホテル

竹富町/緑に囲まれたネイチャーリゾート

西表島ジャングルホテル パイヌマヤ

竹富町/西表島の大自然を満喫

マヤグスク・リゾート

竹富町/リゾートゴルフも楽しめる!

星野リゾート リゾナーレ小浜島

その他の達人指南を見る

久宇良の浜

「石垣島のおすすめビーチ」徹底ガイド
八重山の玄関口石垣島にあるビーチは個性的。野趣に富んでいるビーチ、しっかり管理運営されるホテルのビーチ、波打ち際でキャンプを楽しめるビーチなどなど、カップルもフ・・・

自転車で駆け抜けたい、まっすぐに伸びるシュガーロード

ドラマの舞台にもなった「小浜島」をゆったり観光
石垣島からフェリーで約30分。NHKの朝の連続テレビ小説の舞台になったことをきっかけに一躍有名になった小浜島では、さとうきび畑を散歩しながら気ままに過ごすもよし・・・

展望台から眺める仲間川の流域

観光スポット「西表島」沖縄・秘境の島の巡り方
亜熱帯の木々が集まるジャングルとマングローブ林、希少な動植物が生息する秘境の島・西表島(いりおもてじま)。雄大な自然の中で五感を使う冒険の旅へ出かけよう。

石垣が連なる小道を水牛車でゆったり散歩

竹富島(武富島)を巡る旅 古き良き沖縄が残る離島
石垣島から船に乗り、わずか10分で到着する竹富島は、人々が暮らす集落や美しい自然の風景など、古きよき沖縄が残っている島。観光客にも人気が高い竹富島の歴史や伝統芸・・・

大きな空をバックに牛が点在する風景は「これぞ黒島!」

「黒島」のどかな牛の島 美しい海と満天の星も魅力
石垣島からフェリーで約30分。目の前に広がる野原にのんびりと寝そべる牛、牛、牛。人口の10倍以上の数の牛が暮らす黒島は、大きな空と透明度が高い海、そして美しい夜・・・

フサキビーチに夕焼けを見に集う人々

沖縄本島から南にある石垣島旅行に役立つ!おすすめ観光情報
世界有数の美しい海と雄大な山々、個性豊かな島々に囲まれた石垣島。平成25年(2013)には新空港ができ、アクセスも良くなったことから観光客が増えている。おすすめ・・・

食欲をそそる厚切りの石垣牛

「石垣島グルメ」必食の石垣牛、八重山そば
全国的にも有名なブランド牛・石垣牛に、庶民の味・八重山そば、島野菜たっぷりの家庭料理に定番おやつまで。太陽と海の恵みがたっぷり詰まった石垣島グルメを味わう。

波静かでシュノーケリングに絶好の海。西表島「星砂の浜」

石垣島&八重山諸島でシュノーケル・シュノーケリング
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの絶好のロケーション。沖縄のシュノーケリング・ポイントを知り尽くした達人が八重・・・

豊年祭のワンシーンより(撮影/新盛基史さん)

石垣島・おすすめの伝統行事や人気イベント
石垣島は八重山諸島のひとつとして、独自の伝統行事が根づく島だ。星空や特産品を楽しめるイベントやスポーツイベントも充実している。旅行の前にチェックしておこう。