1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 宿泊して気付く竹富島の魅力 沖縄の原風景に触れる旅
宿泊して気付く竹富島の魅力 沖縄の原風景に触れる旅の記事イメージ

宿泊して気付く竹富島の魅力
沖縄の原風景に触れる旅

更新:2017年10月5日

竹富島は、沖縄の古き良き風景を今なお残す離島。朝の散策、西桟橋からの夕日、星空など、宿泊することで、島の魅力に気付くことができます。

[たびらいセレクション]

水牛車に古民家 沖縄の原風景に触れるの記事イメージ

水牛車に古民家
星空島の自然を満喫

島に着いたらまずは散策。レンタサイクルが便利です。

レンタサイクルで散策
小さな島といえど、夏の時期は歩いて回るのは大変。
レンタサイクルを活用しましょう。
「あかやま展望台」への案内
まずは「あかやま展望台」へ。
老朽化により、閉鎖された「なごみの塔」に代わるフォトポイントです。
赤瓦屋根の家が並ぶ集落
展望台からは、赤瓦屋根の家が並ぶ集落を一望できます。入場料は100円です。
小道をゆったりと進む水牛車
その集落を散策していると目の前から水牛車が。石垣が連なる小道をゆったりと進む水牛車は竹富島名物です。
水牛車で島を案内
「新田観光」では、ガイドのおじさんが三味線を弾きながら、
ユーモアたっぷりに島を案内してくれますよ。
竹富島のお食事処「かにふ」
散策でお腹が空いてきたら、竹富島のお食事処「かにふ」へ。
牛&豚 ダブルハンバーグ
一番人気はボリューム満点の「牛&豚 ダブルハンバーグ」。
美崎牛と島豚を使用したジューシーなハンバーグが味わえます。
八重山そば
八重山そばやタコライスなどの沖縄の定番メニューもあります。

竹富島のお食事処かにふ

【営業時間】ランチ 11時~L.O.15時30分 ディナー 18時~L.O.20時
【住所】八重山郡竹富町竹富494
【問い合わせ(電話番号)】0980-85-2311
【メニュー例】
牛&豚 ダブルハンバーグ セット/1500円
八重山そば/600円
石垣牛ビーフカレー/1400円
完熟マンゴートロピカルパフェ/950円
※価格はすべて税込み

[たびらいセレクション]

青い海、夕日、星空 島の自然を満喫の記事イメージ

青い海、夕日、
星空島の自然を満喫

竹富町の魅力のひとつが美しい自然と出会えることです。

コンドイ浜
竹富町を代表する「コンドイ浜」では、多くの海水浴客でにぎわいます。
カイジ浜は別名で「星砂の浜」
カイジ浜は別名で「星砂の浜」と呼ばれ、星の形をした星砂が見つかります。
星砂を探す
砂に手のひらを押し付けて、手のひらに付いた砂をよく見てみると、
星の形をした星砂がちらほら。
手のひらの星砂
ちなみに星の砂とは有孔虫という微小生物の殻です。
西桟橋から眺める夕日
竹富島で見逃してはいけないのが西桟橋から眺める夕日です。
真っ赤に染まる夕日
真っ赤に染まる夕日に心を奪われ、日が沈むまでぼーっと眺めてしまいます。
空を見上げれば満天の星たち
日が沈むと、街灯がないので辺り一面真っ暗に。空を見上げれば満天の星たちが出迎えてくれますよ。
もっと見る

[たびらいセレクション]

ゆったりと過ごせる 竹富島のおすすめ宿の記事イメージ

ゆったりと過ごせる
竹富島のおすすめ宿

竹富島のおすすめ宿を紹介。どの宿もゆったりと島時間を満喫できます。

星のや 竹富島

星のや 竹富島
琉球石灰岩の石垣に囲まれた、沖縄独特の伝統的な建築を再現した戸建ての客室は、竹富島の風景に溶け込むよう工夫されており、赤い琉球瓦が島の青い空によく映えます。島の歴史文化を大切にし、島に寄り添うように隅々まで配慮された造りで、それが宿を訪れる人に心地よいもてなしを感じさせてくれますよ。

詳細はこちら

ヴィラ たけとみ

ヴィラ たけとみ
癒やし、プライバシー、ヘルシーを基本コンセプトにした新しいタイプのスモールラグジュアリーホテル。部屋は全部で8室。純木造のコテージになっており、竹富島の風景に溶け込む沖縄の昔ながらの家の形をしています。部屋の定員は原則2名(スイートルームは3名)で、大人のための高質な宿といえます。

詳細はこちら

ホテル ピースアイランド 竹富島

ホテル ピースアイランド 竹富島
平成24年(2012)にコンドイ浜近くにオープンした、赤瓦屋根のコテージタイプの宿。ブーゲンビリアが咲き誇り、各部屋の壁には琉球漆喰を使用するなど、沖縄感は満載。地元の食材・季節の食材を使用した朝食も魅力です。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
井上 滉(たびらい編集部)

浦添市出身。沖縄の海が大好きで、週末はシュノーケルを楽しむ。月に一度は県内ホテルに泊まるホテル通。

[たびらいセレクション]

沖縄でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×