沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 沖縄そば うまいグルメ店をジャンル別に徹底紹介

沖縄そば うまいグルメ店をジャンル別に徹底紹介

  沖縄の郷土料理といえば、真っ先に思いつくのが沖縄そば。沖縄の方言で「すば」と呼ばれ、地元沖縄では毎日食べる人もいる沖縄を代表する料理だ。おすすめ店をジャンル別に徹底紹介。

  • 達人はおいしい沖縄そばを「たたずまいの美しい美人そば」と呼ぶ
  • あっさりそばを極めた「そば処たから家」の軟骨ソーキそば
  • 風水に基づいて建てられた純沖縄建築様式の古民家「屋宜家」

  まずは毎日食べても飽きないあっさりタイプの沖縄そばを紹介。オススメなのが那覇市具志の「そば処たから家 」。製麺所と開発した2種類のオリジナル麺と、独自の技法で作ったスープの旨さは地元のそば好きを唸らせている。 沖縄そばはどこで食べてもおいしいのだが、店の雰囲気によって、さらにおいしく感じることもある。伝統的な琉球家屋の古民家で味わう沖縄そばは、格別な味わいに。八重瀬町にある屋宜家 はその代表。
更新日/平成28年(2016)8月

嘉手川 学 さん
(かでかわ まなぶ)
嘉手川 学 さん

沖縄そばの魅力を伝える達人
  沖縄県那覇市出身。 WEB版沖縄泡盛新聞( http://awamori-news.co.jp )編集主幹。オキナワふうどライター。小さい頃から沖縄そばジョーグー(沖縄そば好き)で、新聞記者で沖縄芸能評論家だった父に連れられて、芝居小屋周辺の食堂で沖縄そばを食べていた。学生時代通してそばと食堂を愛し続け、その後地元のタウン誌の編集に携わる。フリーライターになるとさらに食べ歩きに磨きがかかった。平成23年(2011)9月10日に「嘉手川学のすばナビデラックス」、翌年10月に「嘉手川学の古食堂味巡り」(共に編集工房東洋企画)を発刊した。今でも気になる食堂やそば専門店を見かけると、思わず飛び込んで沖縄そばを注文する。
    • 味で選ぶ…毎日食べても飽きないあっさりタイプの沖縄そば

        あっさりそばを極めた「そば処たから家」の軟骨ソーキそばあっさりそばを極めた「そば処たから家」の軟骨ソーキそば
      最近の那覇や南部エリアの沖縄そばの店では、あっさりタイプのそばが増えてきた。特徴は、店によって多少の違いがあるものも、豚骨を煮立たせることなくじっくりとていねいにアクや脂を取り除き、椎茸や昆布、鰹節などの魚介も加えたダシをたっぷり使っているところにある。そのためスープは透明で、器から湯気とともに鰹節の香りが立ち上り、あっさり好きの食欲を刺激する。あっさりしながらもしっかりとしたダシのスープには細い麺がよく合うため、那覇や南部のそば屋では細平麺が主流になっている。
      あっさり味な沖縄そば屋 10選あっさり味な沖縄そば屋 10選
      あっさりそばの店はいくつもあるが、中でもオススメなのが那覇市具志の「そば処たから家 」。製麺所と開発した2種類のオリジナル麺と、独自の技法で作ったスープの旨さは地元のそばジョーグー(そば好き)を唸らせている。

      味で選ぶ…旨みが凝縮したこってりタイプの沖縄そば

        こってりながらも脂っぽくなく、濃厚な旨味がある「島そば」こってりながらも脂っぽくなく、濃厚な旨味がある「島そば」
      こってりスープとあっさりスープの2つの味から選べる店も増えている。沖縄そばの場合、こってりといっても背脂ギトギトという脂味のこってりとは違う。豚骨を時間をかけて煮込んで、骨の髄の旨みを徹底的に抽出。そこへ鰹節などの魚介のダシを加えることで、しっかりした厚みのある旨味の味クーター(濃い旨みの味)のこってりスープになるのである。こってりスープには、じっくりと柔らかく煮込まれた豚肉と相性がよく、特に豚足を煮込んだテビチとの相性は抜群。どの店でも人気のメニューである。
      深い味わいが特徴の沖縄そば屋5選深い味わいが特徴の沖縄そば屋5選
      こってりスープでテビチそばが人気の店といえば、うるま市栄野比の「島そば 」である。コラーゲンたっぷりのやわらかなテビチそばは女性はもちろん、最近では観光客にも人気。また、ボリュームも満点なのでガテン系や営業関係の男性客も多い。

      店の雰囲気で選ぶ…琉球家屋で味わう昔ながらの旨いそば

        風水に基づいて建てられた純沖縄建築様式の古民家「屋宜家」風水に基づいて建てられた純沖縄建築様式の古民家「屋宜家」
      沖縄そばは伝統的な郷土料理の一つではあるが、気軽に食べられる、いわば沖縄版ファストフード。そのため、沖縄そば専門店や食堂、郷土料理の店はもちろん、喫茶店やカフェなど、いろいろな場所で食べることができる。どこで食べてもおいしいのだが、店の雰囲気によって、さらにおいしく感じることもある。海を見ながらだったり、森の中だったり。さまざまなシチュエーションの中でも、伝統的な琉球家屋の古民家で味わう沖縄そばは、格別な味わいがある。
      雰囲気が楽しめる沖縄そば10選雰囲気が楽しめる沖縄そば10選
      八重瀬町にある「屋宜家」は風水に基づいて建てられた純沖縄建築様式の古民家の沖縄そば屋。建物は国指定の登録有形文化財に指定されている。人気のそばは、天然素材をベースにじっくりと丁寧に作っただし汁と無添加の麺。料理の基本となる水にもこだわり、特殊装置を通したマイナスイオン水を使っている。手作りデザートを食べながら、静かなひとときを過ごせる。

      ボリュームたっぷり!一杯の沖縄そばで家族3人が満腹になる店

        一般的な沖縄そばの2倍の麺が入った、巨盛りの「波止場食堂」一般的な沖縄そばの2倍の麺が入った、巨盛りの「波止場食堂」
      沖縄の食堂はボリューム満点の店が多い。定食では、皿いっぱいのゴーヤーチャンプルーや野菜チャンプルー、味噌汁や沖縄そば入りのスープといった汁物、山盛りご飯がセットになっている。大盛りは当たり前、時には巨盛りを超えてメガ盛り、チョモランマ盛りの食堂もある。
      デカ盛りで人気の沖縄そば4選デカ盛りで人気の沖縄そば4選
      県内でトップクラスの大盛り食堂で知られているのが、本島北部の国頭村辺土名の波止場食堂である。この店のほとんどのメニューが特大の大盛りで、完食するだけで仲間内から感嘆されること間違いなしだ。

      変わり種系そば…進化する沖縄そばの底力を知る

        沖縄にはないと思っていた馬肉を食べる文化があった!馬汁そば沖縄にはないと思っていた馬肉を食べる文化があった!馬汁そば
      日々進化しいてる沖縄そば。麺の生麺化はもちろん、中にモズクやイカスミ、フーチバー(よもぎ)、バジル、モリンガ、雲南百菜、ウッチン(ウコン)など、さまざまな食材を練りこんだ麺もある。トッピングに至っては、定番の三枚肉やソーキ、テビチなどに加えて、牛ソーキにカツや餃子、アーサ(海苔の一種)や海ぶどう、タコス、豚キムチや麻婆豆腐いった変わり種もでてきている。スープでは、トマトやごま、坦々、味噌などもある。牛汁や山羊汁、アヒル汁などもそばになり、もう何でもアリの世界なのである。
      沖縄そばの変り種10選沖縄そばの変り種10選
      その中でおすすめしたいのが、那覇市辻にあるあきそばの馬汁(ばじる)そば。字面を見ずに音だけで聞くと、爽やかなバジル風味のそばに聞こえるけれど、実は馬肉と根菜類を使い、おいしくてボリュームとスタミナ満点。元気になれるそばである。

      エリア別、おすすめの沖縄そば屋9選

      那覇の人気店3選

        沖縄そばの激戦区ともいえる那覇でも選りすぐりの3店舗を紹介

      • 「すーまぬめぇスペシャルそば」
      おすすめポイント
        那覇には専門店だけでなく食堂やレストラン、カフェや居酒屋など、メニューに沖縄そばのある飲食店は多い。観光客にも人気だが、連日のように通う地元の常連客にも人気の店を紹介。それぞれの店のスープには、沖縄そばに対する愛情が感じられ、味わい深い店ばかりである。

      本島中部の人気店3選

        那覇から車で30分~1時間、わざわざ行ってでも食べる価値ありの3店舗

      • ソーキと三枚肉の両方が味わえる「番所すば」
      おすすめポイント
        那覇に住んでいると、本島中部まで、用事がない限りあまり出かけることがない。ただ、中部のこの店の沖縄そばが食べたいからと、あえて中部方面の仕事を作ってでかけたり、そばを食べること自体を目的として出かけることもある。そばジョーグーは、食べたいそばがあるときは本島中部までわざわざ食べに行くのである。

      本島北部の人気店3選

        本島北部のドライブ中、ランチにおすすめの3店舗

      おすすめポイント
        やんばると呼ばれる本島北部へは、どちらかといえばドライブを目的として出かけることが多い。そして、ドライブに出かけるならば、この店のこのそばを食べようと計画を立てる。肉を食べて元気になれるガッツリ系の店と、のんびりドライブでほのぼのランチができる店を紹介。どの店もていねいに下ごしらえしたトッピングの肉のおいしさと、じっくり時間をかけたスープのおいしさが選んだ基準である。
  • Q&A・周辺情報
    • 沖縄そばのQ&A

      Q 沖縄そば=ソーキそばでしょうか?
      A 沖縄を紹介するテレビ番組や雑誌などで、沖縄のそばをソーキそばと紹介することがたまにあるが、それは大きな間違い!沖縄の食文化として沖縄県民に愛されているのは沖縄そばで、ソーキそばというのは沖縄そばの中のメニューの一つに過ぎないのである。
      Q 沖縄そばの主な種類とその違いを教えてください。
      A 一般的に沖縄そばは、皮付きバラ肉の三枚肉を煮込んだ具がトッピングされたものをいう。ソーキそばは煮付けたソーキ(アバラ肉=スペアリブ)がトッピング。「軟骨ソーキそば」や「軟骨そば」とは、ソーキの軟骨部分を煮付けたものがのっているそばのこと。最近ではソーキそばを注文すると軟骨ソーキを出す店も増えているため、「本ソーキ」と「軟骨ソーキ」と呼び分ける場合もある。「テビチそば」とは、皮やゼラチン部分がトロトロになるまで煮込んだ豚足がトッピングされたそばのこと。
      Q 沖縄そばに合う薬味や香辛料は?
      A 青ネギと紅ショウガが一般的だが、濁りのないスープにこだわる店は紅ショウガではなく、生の針ショウガを出している。地元の人は熱々のそばにフーチバー(ヨモギ)を入れ、香りと独特な苦味を楽しんでいる。辛味を足すときは、ビギナーは七味や一味唐辛子を使うが、そば好きは島唐辛子を泡盛に漬けたコーレーグースーを好む。そのコーレーグースーの進化系が辛味の強い練唐辛子である。八重山出身者はフィハツやピパーズと呼ばれるコショウ科のヒハツモドキのみを好んでかけている。ピパーズは鰹ダシより豚ダシの強いスープによく合う。
      Q 生麺ではないと聞いたのですが、麺の特徴を教えてください。
      A 沖縄そばの麺は茹で上がった熱々の麺に油をまぶし、扇風機などの風で一気に冷やした麺である。熱々の麺に油をまぶすことで麺の表面が化学変化を起こし、時間が経ってもの伸びない独特の食感の麺が沖縄そばの醍醐味でもある。
      最近では生麺の沖縄そばも出ているが、厳密に言うと(全国生麺類公正取引協議会によれば)、それは沖縄そばとは呼べないのである。だが、そこはおおらかな県民性。「沖縄そばじゃないのに沖縄そばというのはいかがなものか」という人もいないので、本土からの移住者や沖縄そばビギナーには生麺も何となく沖縄そばとして認知されている。

      食事が魅力のホテルなら「宿くらべ」

      • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
      • ディナーがおすすめ リゾートホテル5選
      • プールサイドBBQできる沖縄ホテル5選
      編集部の視点
        沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。朝食にディナー、バーベキューまで、お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
      ⇒「宿くらべ」をもっと見る