1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 世界遺産・座喜味城跡 移り変わる美しい景色を眺めよう
世界遺産・座喜味城跡 移り変わる美しい景色を眺めようの記事イメージ

世界遺産・座喜味城跡
移り変わる美しい景色を眺めよう

更新:2017年10月12日

座喜味城跡は世界遺産ですが、他のグスクと違って入場は無料。開場や閉場の時間が定められていないので、明け方や夕暮れ時に訪れたり、写真を撮影したりするには絶好のポイントです。

[たびらいセレクション]

フォトジェニック!移り変わる景色を堪能の記事イメージ

フォトジェニック!
移り変わる景色を堪能

座喜味城の城門。琉球松の緑が青空に映えます。

フォトジェニック! 移り変わる景色を堪能の記事イメージ
城壁に登って眺めてみると、向こう側には青い海が見渡せます。
フォトジェニック! 移り変わる景色を堪能の記事イメージ
日が傾くと、袋小路になっている武者隠しにも影が。
フォトジェニック! 移り変わる景色を堪能の記事イメージ
グスクのシルエットが神秘的な夕刻の座喜味城跡。
夕暮れのシーンは必見です。
フォトジェニック! 移り変わる景色を堪能の記事イメージ
朝焼けに染まる早朝もおすすめ。
城主・護佐丸になった気分でグスクを闊歩。
フォトジェニック! 移り変わる景色を堪能の記事イメージ
冬の時期にはライトアップイベントも開催され、昼間とは違った雰囲気を楽しめます。

[たびらいセレクション]

沖縄そばにカフェ 近くのお食事処の記事イメージ

沖縄そばにカフェ
近くのお食事処

散策を楽しんだら、おいしい料理を食べに行きませんか? どれも座喜味城跡から近いので、空いた時間で行くことができますよ。

番所亭(ばんじゅてい)

番所亭(ばんじゅてい)の記事イメージ
店の一番人気は、ソーキと三枚肉の両方が味わえる、その名も「番所すば」です。化学調味料を使わない優しい味わいに、多くの地元客が訪れます。自家栽培のヨモギを使ったヨモギ麺や、紅いもを使った色彩豊かな紅そばなどの自家製麺も人気です。

詳細はこちら

パン屋 水円(すいえん)

パン屋 水円(すいえん)の記事イメージ
陶芸家の友人らからも知恵を借り、窯を作って、パンを焼いています。イーストは使わず、自家製の天然酵母100%使用。試行錯誤を繰り返しながら手づくりの石窯で焼くパンは、ほかのどことも違う、まさにここだけの味です。

詳細はこちら

LOTTA(ロッタ)

LOTTA(ロッタ)の記事イメージ
県産の有機野菜を使った料理とやちむんの器を販売するお店。特産品である空豆と島豆腐をスパイスで味つけしたタコミートに、アボカドなどをトッピングしたタコライスと、季節の野菜が楽しめる「読谷トーマーミー(空豆)のベジタコライスプレート」が一番人気のメニュー。

詳細はこちら

鶴亀堂ぜんざい

鶴亀堂ぜんざいの記事イメージ
座喜味城跡(ざきみじょうせき)の門前にある有名なぜんざい屋さん。人気のぜんざいは、金時豆を6時間以上かけてじっくり煮込んだ甘さ控えめのさっぱりした味わい。さらさらで細かい氷も特徴的です。読谷村で一つひとつ焼かれたやちむん(陶器)も魅力的。

詳細はこちら

もっと見る

[たびらいセレクション]

周辺にあるおすすめの観光スポットの記事イメージ

周辺にある
おすすめの観光スポット

紺碧の海と空の下に広がる森や、ざわわと揺れるサトウキビ畑。読谷村には、座喜味城跡の他にも豊かな自然を体感できるスポットがたくさんあります。

やちむんの里

やちむんの里の記事イメージ
沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」は、日々の暮らしの中で使うほどに味が出る器。「やちむんの里」は、そんなやちむんを作る15もの工房が軒を連ねる工芸の村です。職人の作業風景を間近に感じながら、自分好みの器選びを楽しみましょう。

詳細はこちら

残波岬(ざんぱみさき)

残波岬(ざんぱみさき)の記事イメージ
沖縄本島最西端の残波岬は、東シナ海に面した岬。晴れた日には慶良間諸島まで眺望できる絶景の観光地として人気です。特におすすめなのが夕日で、残波岬灯台を中心に、辺り一面がオレンジの世界に彩られます。

詳細はこちら

体験王国むら咲むら

体験王国むら咲むらの記事イメージ
「体験王国むら咲むら」は、年間約20万人の来場者数を誇る観光テーマパーク。工芸品作りはもちろん、沖縄そば打ち、ちんすこう作り、沖縄空手、ジンベエザメと泳ぐといったものまで、100種類を超える体験メニューが楽しめます。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
井上 滉(たびらい編集部)

浦添市出身。沖縄の海が大好きで、週末はシュノーケルを楽しむ。月に一度は県内ホテルに泊まるホテル通。

[たびらいセレクション]

沖縄観光でしたい10のこと、50の体験

沖縄でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×