沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「沖縄お土産ランキング」最新から定番まで!

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「沖縄お土産ランキング」最新から定番まで!

  せっかくの沖縄旅行なのだからお土産は沖縄らしいものをぜひ選びたいもの。「誰もが大満足!」の義理みやげ系から、「あの人には絶対にこれ!」という決め打ち系まで、売れ筋のお土産をジャンル別にランキング形式で紹介。

お土産店のメッカ、牧志公設市場付近。果物や野菜も豊富にそろう

  手軽に買えるお菓子から、伝統の技が光る工芸品まで、市場や商店にあふれている沖縄の個性的な商品。ちんすこうやタンナファクルーなど昔からあるお馴染みのお菓子のほか、亜熱帯の島だからこそ栽培できる野菜、果物、ハーブを活用したお菓子、加工食品、コスメなど新しい商品が毎年次々に開発されている。
 売れ筋の商品から、沖縄らしさを身にまとったこだわりアイテムまで、数あるお土産の中からこれぞというおすすめを、わしたショップの若きホープ新城忍さんに教えてもらった。

ライター/福田展也 更新日/平成27年(2015年)9月


《この記事を読む人におすすめの情報》

新城 忍さん
(しんじょう しのぶ)
新城 忍さん

沖縄お土産の魅力を伝える達人
  沖縄県民に信頼され続けている沖縄特産品の専門企業、わしたショップ。札幌から銀座、大阪、福岡まで特約店を含めれば15店舗あり、現在一番新しい店舗、イオンモール沖縄ライカム店のオープニングスタッフの一人が新城さんだ。10年ほどお土産畑を歩んできた新城さんの大好物は、タコライスと富士家のぜんざい。沖縄で人気の高いボーリングをこよなく愛する、健康的で笑顔が素敵な若き「おみやげアドバイザー」だ。ちなみに「わした」とは、沖縄の方言で「私たち」という意味。

特産品を活用した「おいしい沖縄」。お菓子の売れ筋ランキング

紅芋タルトのコーナーには常に選んでいる人がいる

  旅のお土産としてほとんどの人に喜ばれるのが、ご当地のお菓子ではないだろうか。沖縄を代表するお菓子としてはちんすこうが知られているが、実際はどんなお菓子が人気なのだろうか。  
 「テレビ番組“お願いランキングGOLD”の第1回全国お土産総選挙で沖縄代表に選ばれた、これが売れ筋ナンバーワンです」と新城さんが差し出したのは、御菓子御殿の「紅芋タルト」(648円/6個)。沖縄を代表する特産品紅芋を使ったお菓子が多いなか、濃厚な味わい、鮮やかな色、手頃な価格の三拍子でダントツのリピート率。
 ランキング第2位はロイズ石垣島の「ポテトチップスチョコレート」(756円)。石垣の塩を使ったクオリティの高さが人気の秘訣なのだそう。第3位に並ぶのがなんとふたつのちんすこう。宮古島のパウダー状の塩を使った「雪塩ちんすこう(1080円/24袋)と、老舗新垣菓子店の「ちんすこう」(1080円/36個)だ。そして、第4位はわしたショップオリジナルの「さっくり黒糖蜜がけ」(565円/14個)。第5位にはぬちまーすの「沖縄塩サイダー」(216円/200ミリリットル)が続く。
 最近の人気商品に共通しているのが、沖縄の地域素材で特徴を出しているところ。読谷村の紅芋チップスなどのようにローカル色を前面に押し出した商品も好評だ。また、複数のメーカーの共通ブランド「今風(namakaji)」シリーズのように、ワンランク上の素材を使ったハイクオリティラインも人気を集めている。

沖縄の味を旅のあとでも楽しめる。加工食品の人気ランキング

沖縄ならではの味が凝縮された品々

  甘いものはもちろんだけど、食堂やレストランで食べたあの味も忘れられないもの。「沖縄のあの味をスーツケースに詰めて持って帰りたい」という、そんな人におすすめしたいのが加工食品の人気ランキング。
 第1位は「トータル天然だし」(540円)。「無添加なので妊婦さんや子どもたちにもおすすめです」という新城さん。塩さえほとんど使っていないというこだわりが人気の理由。いわし、カツオ、昆布のほか、さとうきびの食物繊維や無臭にんにくが配合された奥行きのある高カルシウムの天然だし。このだしをお湯で割るだけで美味しいスープになるので、 お弁当のお供としても重宝しそう。続く第2位は「勝山シークヮーサー」(648円/150ミリリットル)。100パーセントの果汁だが香りや酸味が強いので、9~12倍に薄め、ハチミツやガムシロップを加えての飲むのがおすすめ。第3位は、健康な平飼い鶏の卵からつくられた「みやぎ農園のマヨネーズ」(540円/210グラム)。沖縄の太陽と潮風ですくすく育ったハーブと沖縄生まれの微生物とで、元気に育てられた鶏の卵は健康そのもの。そのこだわりの卵を使ったマヨネーズ、おいしくないわけがない。第4位にエントリーしたのは、石垣島では知らない人はいないほど有名な辺銀食堂の食べるラー油「石垣島ラー油」(846円/100グラム)。沖縄独自の香辛料で「島コショウ」とも呼ばれるピパーチに島唐辛子やうこんなど、沖縄ならではの素材を使って一つ一つ手作りされている。第5位はわしたショップオリジナルの「わしたポーク」(426円/180グラム)。発色剤や保存料、化学調味料を使っていないヘルシーさが受けている。
 そのほか、ホットケーキミックスならぬ「サーターアンダギーミックス」や乾燥パパイヤ、サンゴで焙煎した35COFFEE(サンゴコーヒー)も人気だ。

沖縄らしい温かみのある匠の技。工芸品の人気ランキング

古民家でおなじみの赤瓦の特性を生かしたコースター

  最近では若い世代にも人気が高く、 昔ながらの手仕事で生み出される工芸品。琉球王朝以前から作られてきたやちむん(陶器)や、戦後の物不足時代に空き瓶をリサイクルして作られるようになった宙吹きの琉球ガラスのほか、最近では、古民家の屋根に使われている赤瓦を活用した商品も誕生している。
 わしたショップでの人気ナンバーワンは「赤瓦コースター」(864円)。赤瓦の専門メーカー新垣瓦工場の若社長が考案したヒット商品だ。沖縄の突然降り出す激しい雨を吸収し、そのあと晴れると吸収した水分を蒸発さて家屋を快適に保ってきた赤瓦。その特性を存分にコースターに活用している。人気ナンバーツーは、匠工房の琉球ガラス。読谷村生まれの松田英吉さんが作るガラスの世界は沖縄の海と空を写し取ったかのよう。イラブチャー(魚の名前)やさざ波などのシリーズ名も沖縄らしい。第2位は壺屋焼の小橋川卓史さんの赤絵のやちむん。首里城の朱色を思わせる深い色が印象的。その色を出すために小橋川さんは数年間も試行錯誤したという。沖縄サミットの際には海外の首脳人をもてなす器として選ばれた秀作だ。続く第4位はかわいらしい姿が人気の「うちなーむんキーホルダー」(432~1080円)。沖縄の食堂やドライブインで時々目にする食品サンプル。その専門メーカーが作っているというだけあって、ゆるーいリアルさが味わい深い。第5位は沖縄産の漆喰に赤瓦の一大産地、与那原産の赤瓦がセットされた「漆喰シーサーてづくりキット」(1296円)。沖縄観光の体験プログラムでも大人気の漆喰シーサーづくり。時間がなくてできなかった人にもおすすめだ。

沖縄の自然の力で素肌を美しく!コスメの人気ランキング

種類豊富なコスメには、沖縄らしい素材が多く使われている

  癒しの島、沖縄で女性たちに人気なのがエステやマッサージ。ゆったり流れる島の時間に身をゆだねて取り戻したせっかくの美しさを旅行のあとでも味わいたいし、友だちや大切な家族にもおすそわけしたい。そういう人にぴったりなのが沖縄コスメ。
 一番人気はなんと、超個性的な「なまこ石けん」(白:3780円、黒:4320円)。なまこに含まれる豊富なコラーゲンとなまこ特有の再生能力が最近注目を集めて、知る人ぞ知る美容アイテムとなっている。日本で最初に商品化したのが沖縄の海生堂というメーカーだという。使用感の良さも手伝って、最近では海外でも人気が急上昇中だそうだ。2番人気は、チュフュディの「オキナワパウダークレイ」(972円/200グラム)。沖縄本島南部や宮古島などに分布する“クチャ”と呼ばれる粘土が美顔にいいと注目されてから久しいが、「ワントーン明るくなる」、「使った後のツッパリ感がない」とわしたショップの女性スタッフにも好評だと新城さんもおすすめ。続く3番人気の商品は、ミネラル分が豊富なことで知られる沖縄の名塩「ぬちまーす」と琉球王朝時代から女性の髪に潤いを与えてきたハイビスカスなどの天然成分を配合したシャンプー、「ぬちからじ」(3240円/300ミリリットル)。4番手は、海水塩をベースに沖縄の島々をイメージさせる香りと色を加えたバスソルト「お風呂de島めぐり」(324円)。天然のアロマオイルを独自にブレンドした香りが沖縄気分を高めてくれる。5番手は手づくりせっけんのさきがけ的存在のラクッチーナのせっけん(1296円)だ。琉球藍や青パパイヤなど、せっけんの中に封じ込められた沖縄の恵みをバスタイムのたびに味わえる。ラクッチーナのほかにも10ブランド以上が集められた手づくりせっけんは、価格的にも手ごろとあって、わしたショップの売れ筋アイテムになっている。

那覇空港でしか買えない!限定のお土産ランキング

販売スタッフの間でも大好評の「防人カレー」

  ついつい目がいってしまう「限定」の二文字。自分のためだけに用意されたものではないとわかっていても、それを目にした途端、知らずに手が伸びてしまうもの。今回は沖縄空港限定商品の中から特におすすめのものをチョイスしてみよう。
 最初に紹介したいのはランキング1位の「ちゅら海の防人カレー」(500円)。海上自衛隊のオリジナルレシピをもとにした沖縄そば風味のユニークなカレーで、カツオだしや黒糖、沖縄ではおなじみの塩「シママース」、マンゴーペーストを使用して、具材として骨つきソーキ肉が入っている。続くランキング2位は「紅芋レアケーキ シュリ」。2000年に沖縄で開催されたサミットを記念して開発された、沖縄特産の紅芋を贅沢に使用したクリーミーなケーキ。ランキング3位はロングタイプの「ゼブラパン」(648円)。粒入りピーナッツクリームと黒糖シートがパンの間にサンドされた、ご当地菓子パンのなかでもファンが多いゼブラパン。おいしさはそのまま、約35センチものビッグサイズは那覇空港でしか手に入れられない。

《厳選ホテル》

現地スタッフおすすめ!泡盛を楽しむ沖縄の旅3選

南国・沖縄生まれのお土産をご紹介

おすすめのお菓子の店

  お土産にしたら一目置かれる!ちょっとぜいたくな、こだわりのお菓子を紹介。

  • 謝花きっぱん
  • 赤レンガにヤシの木が目印。スタッフのアロハシャツも特徴的
  • 年齢性別問わず人気の「田芋チーズケーキ」
おすすめポイント
  琉球王朝時代からの伝統菓子を今に伝える「謝花きっぱん」。300年の伝統を誇るきっぱんは中国から冊封使と呼ばれる使節団を迎える席で提供されていた格調高いお菓子。手間ひまがかかるため現在ではこの店でしか購入することができない。「ジミー」は沖縄県民の間でもっともポピュラーな手土産として親しまれている洋菓子店。一番人気のクッキーのほか、ジャーマンケーキやアップルパイなどケーキも好評。沖縄の特産品として知名度が上がってきている田芋を、親しみやすいチーズケーキに応用したのが「田芋工房 きん田&龍の蔵」。チーズケーキのほか、田芋まんじゅうと田芋パイがおすすめだ。

那覇市のおすすめ土産店

  アクセスのいい那覇だから行きやすい!こだわりのお土産がそろうセレクトショップ

  • 手頃なサイズの可愛い工芸品が充実
  • 1階は劇場窓口前がショップ空間となっている
おすすめポイント
  沖縄にはこだわりのセレクトショップがたくさんあるが、女性特有の細やかな感性と、暮らしに根ざした視点が反映された新らしい形の沖縄の手仕事商品がが並ぶ「tituti OKINAWAN CRAFT」は女性へのおみやげに最適な店。スキューバダイビングやホエールウォッチングなど、沖縄の海が大好きな人には「海想」がおすすめ。オリジナルのアクセサリーやTシャツのほか陶器やガラス製品もそろう。沖縄を代表する文化拠点、桜坂劇場の直営工芸ショップ「ふくら舎」は県内で活躍する作家の作品が一通り揃っている。平和通りや牧志公設市場からすぐのところにあるので、街歩きを兼ねて楽しめる。

足を伸ばしてでも行きたい!おすすめの店

  那覇からはちょっと離れている場所にあるけれど、そこにしかないこだわりの品々を扱うお土産店

  • 若い世代や海外からも注目を集める、人気窯元の共同売店
  • 沖縄のいいものに直接触れることができる空間
  • アメリカ軍関係者向けに建てられた「外人住宅」をリノベーション
おすすめポイント
  沖縄本島内でも活気のある村として評価が高い読谷村は、人と自然をとても大切にしている。そのせいか、村内にはやちむん(陶器)や琉球ガラスなど、伝統工芸に取り組む職人が多く住む。読谷村の北窯にある北窯共同売店は、登り窯と呼ばれる伝統的な焼き窯の隣で陶芸家自身が共同で運営している。音楽とエイサーの街として知られる沖縄市には日本で最初のショッピングセンターといわれるプラザハウスがある。ショッピングセンターのなかにあるフラッグシップオキナワは新しい沖縄工芸を提案しているセレクトショップ。沖縄本島の中部には、アメリカ軍関係者向けに建てられた「外人住宅」と呼ばれる建物が多く残る。そのシンプルな一軒家を上手にリノベーションした「ten」。目利きのオーナーが集めた個性的な工芸品やファッションアイテムが揃う。

沖縄のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 朝食が美味しいと人気!沖縄ホテル4選
  • 女子旅でリゾートを満喫沖縄ホテル5選
  • 長期滞在におすすめ沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!「宿くらべ」をもっとみる

達人の店への交通アクセス

  ◆店舗名
わしたショップ イオンモール沖縄ライカム店
◆住所
沖縄県中頭郡北中城村アワセ土地区画整理事業区域内4街区 イオンモール沖縄ライカム1階
◆問い合わせ 098-923-5255
◆営業時間 10時~22時
◆定休日 なし
◆駐車場あり
◆ホームページ http://www.washita.co.jp

那覇空港方面から

  那覇ICまたは名嘉地IC~北中城IC出口から約4キロ。
北中城IC出口右折、[第一安谷屋]交差点を左折、[石平]交差点を右折し、330号線を北上し約3キロ。

沖縄本島北部方面から

  許田IC~沖縄南IC出口から約3キロ。
沖縄南IC出口右折、[山内]交差点を左折、道なりに約2キロ。

達人が答える沖縄土産のQ&A

Q わしたショップの店舗はどこにありますか?
A 特約店を含めると全国に15店舗があります。沖縄県内は国際通りの「わしたショップ国際通り本店」、那覇空港の「那覇空港わしたショップ」、北中城の「わしたショップイオンモール沖縄ライカム店」3店舗になります。→詳しくはこちらで
Q わしたショップでは、購入した商品を発送してもらえますか?
A 各店舗で受け付けています。発送地域と時間帯、クール便利用などで料金が変わってきますので、直接スタッフにお尋ねください。
Q レンタカーでこだわりのお店めぐりをしたいのですが、駐車場は完備されているでしょうか?
A 車社会の沖縄では多くの店舗が駐車場を用意していますが、那覇など商店街や繁華街の裏通りには立地的に駐車場を確保できない店舗もあります。そういった店舗には購入金額によって駐車料金が無料になるといった提携駐車場を用意しているところもありますので、ぜひ問い合わせてみてください。
⇒レンタカー予約はこちらから
全部お任せ!観光バスでお得にラクラク沖縄観光

観光バスで楽々観光

  観光スポットを効率よく、リーズナブルに巡るなら断然バスツアーがおすすめ。
 出発地や行きたい観光地からバスツアーを選べるので、自分にピッタリのツアーがすぐに検索OK。人気の観光地をバスで巡りながら、気楽に沖縄観光を満喫してみては?

⇒沖縄のバスツアー特集を読む

やんばるの大自然に溶け込むカヌチャステイ

いざないの一枚

沖縄旅行がもっと楽しくなるお役立ち情報

沖縄の伝統工芸品まとめ

沖縄の伝統工芸の魅力と奥深さを紹介

旅のお土産におすすめ。沖縄の伝統工芸

昔も今も人気の工芸品

おとなの沖縄土産「琉球漆器」の魅力

沖縄を代表する伝統の染物を紹介

おとなの沖縄土産 伝統の染物「紅型」

100年以上の歴史を持つ伝統的な織物

おとなの沖縄土産 伝統の織物「芭蕉布」

石垣島を代表する伝統工芸品のひとつ

おとなの沖縄土産「石垣島のミンサー」

長年の伝統が受け継がれた民芸品

おとなの沖縄土産「やちむん」(焼き物)

個性豊かな工房が集まるやちむんの里

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

300年以上の伝統が受け継がれた壺屋焼

那覇のおすすめ観光地「壺屋やちむん通り」

沖縄雑貨のあるお店

本部町/紅型雑貨を買うならここ!

べにきち

南城市/手作り感たっぷりのオリジナル紅型

虹亀商店(にじがめしょうてん)

那覇市/伝統のやちむんが幅広くそろう

Sprout(すぷらうと)

南城市/伝統工芸紅型で手作り雑貨

TIDA MOON/長山びんがた・ちゅふぁーら

那覇市/一点モノは即買いがおすすめ

沖縄の風(おきなわのかぜ)

浦添市/カラフルな沖縄雑貨がそろう

feliz(ふぇりーす)

那覇市/沖縄の工芸品を気軽に身につける

琉球ぴらす 浮島通り店(うきしまどおりてん)

那覇市/壺屋焼の陶器が手に入る

guma guwa(ぐまーぐわぁー)

おすすめの沖縄グルメ

沖縄の定番グルメといえばこれ!

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄らしさがギュッと詰まった居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

沖縄の魅力的なカフェを紹介

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

バラエティに富んだ沖縄のパンの魅力

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

伝統のお菓子から新感覚のスイーツまで

女性に人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

沖縄の人気アイスクリームショップ

人気の沖縄アイスクリーム「ブルーシール」

地元から愛される洋菓子・洋食の老舗

沖縄名物!洋菓子・洋食のjimmy’s

沖縄郷土料理の歴史や魅力を紹介

地元の味に舌鼓。おすすめの沖縄の郷土料理

沖縄を訪れたらぜひ味わってほしい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

おすすめの沖縄観光

本部町/沖縄の海を再現した感動的な光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

那覇市/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

沖縄本島の9つの世界遺産を紹介

沖縄世界遺産のおすすめの楽しみ方

那覇市/沖縄本島で最も有名な観光ストリート

沖縄観光の定番「国際通り」の楽しみ方

南城市/沖縄の七御嶽の中で最も格式の高い聖地

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

今帰仁村/海と城壁を望む絶景ポイント

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

北谷町/観覧車がシンボルの人気エリア

人気リゾート美浜アメリカンビレッジの魅力

南城市/本島南部を代表する観光スポット

「おきなわワールド・玉泉洞」の楽しみ方

読谷村/沖縄本島で夕日が最後に沈む場所

絶景の人気観光地「残波岬」の楽しみ方

北中城村/グスクの中で最も多くの遺構がある

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

その他の達人指南を見る

トロピカルフルーツがたっぷりのスイーツ

人気のスイーツ・お菓子で沖縄を感じる旅
伝統のお菓子から、南国にぴったりの冷たいものやトロピカルフルーツを使ったデザートなど。沖縄にはスイーツが似合う!沖縄スイーツのおすすめ情報を達人が紹介。

赤レンガにヤシの木が目印。スタッフのアロハシャツも特徴的

jimmy's 沖縄で人気の洋菓子・洋食
地元から愛される洋菓子・洋食の老舗「ジミー(Jimmy’s)」。クッキーやアップルパイが有名だが、約半世紀もの間、沖縄の人々を魅了してきたジミーの魅力はそれだけ・・・

やちむん(焼物)は人気の工芸品。シーサーづくりにチャレンジ

「沖縄の伝統工芸」おすすめ&人気のお土産
陶器、染織物、ガラスなど、沖縄は伝統工芸の島。伝統工芸の魅力の奥深さを達人の視点で紹介。

宮城守男さんの作品。沖縄の風景をモチーフにした美しい紅型の帯

「紅型」沖縄の自然を映し出した伝統の染物
沖縄を代表する伝統の染物「紅型(びんがた)」。鮮やかな色彩や繊細な文様は、まるで沖縄の自然を映し出したかのようだ。

鮮やかな色合いは、まるで沖縄の豊かな自然を表しているようだ

「琉球ガラス」のおすすめ店はどこ? アクセサリーから体験
国際通りや空港などでよく見かける「琉球ガラス」。種類や店舗は多いけど、本当におすすめのお店はどこなの?そういった疑問にお答えすべく徹底調査。女性に人気のアクセサ・・・

芭蕉布で作られた着物。長い間に渡り沖縄で愛されてきた

芭蕉布 100年続く沖縄伝統の高級織物
素材、染料などすべて自然の素材から作られる「芭蕉布」。100年以上の歴史を持ち、技術を継ぎ、国の重要無形文化財に指定されているその魅力を、達人に聞く。

さまざまな色や柄の「やちむん」撮影協力/壺屋焼 窯元 育陶園

「やちむん」400年続く人気の伝統工芸品
やちむんとは、沖縄の方言で焼き物のこと。長年の伝統が受け継がれている民芸品で、日常的に利用できる食器は沖縄旅行のお土産としても人気が高い。

一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力

壺屋やちむん通り かわいい器に出会えるのんびり旅
焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。伝統的な焼き物を扱うお店に加え、最近では現代的なアレンジを加えたかわいらしい商品を扱うお店も。周辺をのんび・・・

工房の奥には登り窯。たくさんの器が焼き上がるのを待つ達人

やちむんの里 読谷でお気に入りの器を探す旅
沖縄の伝統的な焼き物「やちむん」は、日々の暮らしの中で使うほどに味が出る器。「やちむんの里」は、そんなやちむんを作る15もの工房が軒を連ねる工芸の村です。職人の・・・