沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅
PR
沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得!

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「沖縄本島カフェ巡り」 女性に人気の旅

  海や山など豊かな自然のロケーションを生かした絶景カフェや、地元の食材を使った料理のおいしいカフェなど、沖縄には魅力的なカフェがたくさん。カフェを知り尽くした達人が、おすすめの楽しみ方を紹介する。

「外人住宅」をリノベーションするなどセンスの良いカフェも多い

  目の前に広がる大きな海を眺めたり、亜熱帯の深い緑に包まれたり。または、どこか懐かしさを感じさせる赤瓦屋根の古民家で、地元の食材をふんだんに使ったおいしい料理を楽しんだり。いま、沖縄の自然や文化を体感できるカフェが増えている。それらは「沖縄」という素材を存分に活かしながら、オーナーの世界観でオリジナリティを発揮し、魅力的な空間を生み出しているのだ。沖縄のいまを感じることができる、カフェの楽しみ方を紹介しよう。

更新日/平成27年(2015)12月

《この記事を読む人におすすめの情報》

セソコマサユキ さん
(せそこ まさゆき)
セソコマサユキ さん

沖縄カフェの達人
  神奈川県出身の編集者。書籍などの企画と編集、執筆など幅広く活動する。雑誌「カメラ日和」、「自休自足」編集部、そして「手紙社」にて書籍の編集、もみじ市、東京蚤の市などイベントの運営に関わった後、独立し沖縄へ移住。雑誌や書籍の取材を通してカフェを巡る日々。自分なりの目線で沖縄の魅力を発信するべく活動中。著書に「あたらしい沖縄旅行」(WAVE出版)がある。
達人のブログはこちら

沖縄らしい自然を満喫できる「ロケーションカフェ」

目の前に広がる海を見渡せば、癒されること間違い無し

  沖縄の魅力と言えばなんといっても自然。青い海に広い空。沖縄本島北部の「やんばる」へと赴けば、深い緑が待っている。そんな自然の景観を満喫できる「ロケーションカフェ」の存在も、沖縄カフェの大きな特徴。そもそもこのロケーションカフェは、平成6年(1994)、本島南部の南城(なんじょう)市に「浜辺の茶屋」がオープンした頃から少しずつ増え始めた。浜辺の茶屋は文字通り浜辺に位置し、目の前に見えるのは海だけという絶景。そのうつくしい眺望もあって多くの観光客でにぎわうようになった。本島南部は、この浜辺の茶屋を筆頭に、広大な海の眺めを売りにするカフェも多い。どこまでも広がる青い海は、沖縄に来たら1度は見ておきたい風景だ。
 やんばるに足を向ければまた景色が変わり、森に包まれた自然豊かなエリアの中にカフェが点在している。一面の緑に囲まれて過ごす時間は、豊かでいて癒しに満ちている。「海も森も、沖縄の魅力のひとつ。ぜひカフェを通して、この自然を満喫して欲しいと思います」とセソコさんは言う。

地元の食材を活用した料理が魅力のカフェ

厳選された地元の素材から作られた料理はおいしい!のひとこと

  地元の野菜を使うカフェは日本各地にあるが、沖縄には独特の食文化、食材があり、それを味わえるのも魅力とセソコさんは言う。「カフェというと雰囲気重視、料理は二の次という印象を持っている人もいるかもしれませんが、沖縄のカフェを侮るなかれ。素材にこだわり、オリジナリティを出しつつ丁寧な料理を提供してくれる店が非常に多いんです」。これらのカフェの特徴は、地元の素材を使いながらも、その使い方が自由であたらしいこと。例えば那覇市にある「浮島ガーデン」では県内の生産者からオーガニックな食材を仕入れたり、同じく那覇市の「ピパーチキッチン」は地元の香辛料をテーマにしたりと、それぞれに食材を生かした料理を提供してくれる。食を通して沖縄を感じ、学べることが沖縄カフェの魅力だとセソコさんは語る。「ゴーヤーなどの食材も、今では日本各地で食されるようになってきました。こうした沖縄の食材をどのように料理するとおいしくいただけるか、自分で料理をするときの参考にもなると思います」。

島の「素材」を活かした沖縄カフェの魅力

自然や建物など、沖縄の「素材」を活かしたカフェ

  ほかに沖縄のカフェの特徴としてあげられるのが赤瓦屋根の古民家や、外人住宅を利用したリノベーションカフェだ。前者はその懐かしい佇まいを利用して、沖縄料理沖縄そば、ぜんざいなど、良い意味での「田舎」を感じさせる店が多く、まるでタイムスリップをしたかのような非日常感を味わえる。
 一方後者は、本島中部を中心とした米軍基地の周りに多く見られ、箱型のコンクリート建築が特徴的な外人住宅を改修することで、センス良く個性的なカフェとして活用しているもの。扉を開けて一歩中に入れば、どこか異国に来たかのような雰囲気があり、観光客にも人気だ。
「自然、食材、建物と、沖縄にもともとある“素材”を活かしているのが沖縄のカフェの特徴。だからこそ、どのカフェに行っても沖縄を感じることができるのです。そこでどんな時間を過ごしたいのか、どんな気分になりたいのか。そのときの気持ちに合わせて、好みのカフェを選んでくださいね」。一見、新しくてお洒落なカフェも、どこかしら沖縄の自然や人々の暮らしに根付いているものがある。そうした沖縄らしさとの出合いこそ、カフェめぐりの醍醐味だ。

《厳選ホテル》

やんばるの大自然に溶け込むカヌチャステイ

沖縄本島のおすすめカフェ

エリア別!海を感じるロケーションカフェ

  沖縄と言えばなんといっても青い海。その眺望をぜいたくに堪能できるカフェを、エリア別に紹介。

おすすめポイント
  沖縄にはいたるところに海カフェが点在する。その中でも、古宇利島や北谷町のカフェは景色、味ともに抜群だ。沖縄の滞在時間が限られる人には、那覇空港から近いカフェがおすすめ。十分リゾートらしさを味わえる。

森を感じるロケーションカフェおすすめ3選

  沖縄にある自然は海だけではない。本島北部に行けば「やんばる」という森深いエリアがあるほど、緑が豊富な島でもある。海とはまた違った癒しの空間が、そこには待っている。

  • 独特な存在感を放つカフェ
  • 木の温もりを感じる店内
  • リラックスできる和テイストなカフェ
おすすめポイント
  ハコニワは古民家をオーナー自ら改装したカフェ。地の野菜を使ったプレートもおいしい。まわりには民家も見えず、まさに森に囲まれたカフェ。「森」カフェは比較的本島北部に多いが、カフェビーンズは南部に立地。実は海のそばだがお店の目の前には大きなガジュマルの木が茂り、緑の息吹を感じることができる。カフェ山甌(やまがめ)はまさにジャングルの中の山小屋といった様相。自然の雄大さを感じることのできるカフェだ。

県産食材を活かした料理のおいしいカフェ3選

  ゴーヤーやナーベーラー(ヘチマ)、冬瓜、島らっきょうなど、独特の食材も多い沖縄。他の地域ではなかなか巡り会えない味を、ぜひ試してみて欲しい。

  • 古民家をリノベーションしたカフェ
  • ピパーチキッチン
  • どの席からも美しい景観が満喫できる店内
おすすめポイント
  浮島ガーデンは島野菜を使った料理やオーガニックワインが楽しめるお店。定期的にハルサー(農家)マーケットを開催していて、生産者から直接野菜を買える機会があるのもうれしい。ピパーチキッチンは石垣島出身のオーナー夫妻が島の野菜とともに、コショウ科の香辛料「ピパーチ」を使った料理を提供。カフェこくうは、有機無農薬で野菜を育てる地元の農家から直接仕入れ、野菜たっぷりのプレートを味わうことができる。

食事が魅力のホテルなら「宿くらべ」

  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
  • ディナーがおすすめ リゾートホテル5選
  • プールサイドBBQできる沖縄ホテル5選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。朝食にディナー、バーベキューまで、お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

五感が研ぎ澄まされる贅沢なアリビラステイ

掲載店舗マップ

  このコラム内で紹介した店舗の所在地をマップで紹介。
その他、沖縄カフェ一覧ページはこちら


より大きな地図で 本島カフェ巡り を表示

沖縄カフェのQ&A

Q 定休日以外にもお店が休みになることはありますか?
A 沖縄のカフェの場合、店同様に家族との暮らしを大切にするオーナーも多く、家族の都合で臨時休業になる店舗も見受けられるので注意が必要だ。また日曜日が定休日のお店も多いので、遠くまで足を伸ばして休みだったということのないよう、事前に電話で営業しているか確認すると安心。
Q ナビを使えば、かならずたどり着けますか?
A ナビやスマートフォンのmap機能を使えば基本的にはたどり着くことができるが、道が分かりづらいお店が多いのも事実。迷ったときは無理に探さず、電話をかけてお店の方に道を尋ねよう。
⇒全車カーナビ標準装備のレンタカー予約はこちら
Q 小さな子ども連れでも大丈夫でしょうか?
A 沖縄のカフェのほとんどは子連れでも大丈夫。ただし、店内にはさまざまな客がいるので、混み具合を見てオーナーに確認したり、他の人の迷惑にならないように配慮するとよい。
Q 他のお店をもっと知りたい。
A たびらい沖縄では170件以上のカフェを紹介している。地域別に探すことが出来るので、旅行の予定にあわせて選んでみよう。
沖縄カフェの一覧ページはこちら
やっぱり楽しい!女子旅は沖縄へ

  プライベートでも仕事でも、いまどきの女子は何かと手を抜けない。毎日がんばっている自分を、たまには解放してあげてもいいのでは?
沖縄らしいリゾートホテルで、心も体もリラックス。キレイな海で泳いだ後はおいしい食事にショッピング。
 楽しくてヒーリング効果もばっちりの女性のための沖縄旅行のススメ。

⇒沖縄の女子旅特集を読む

大人女子の女子のための、くつろぎ癒し旅

いざないの一枚

女性におすすめのお店-あなたのお気に入りがきっと見つかる-

眺めもおいしいお店

南城市/無農薬野菜を使った料理が人気

kitchen in garden Vegetarica

名護市/琉球赤瓦の古民家でのんびり

古民家カフェ「喜色 -kiiro-」

本部町/東シナ海を眺めながらくつろぐ

fuu cafe(ふう かふぇ)

北中城村/自家製パンがおかわり自由

PLOUGHMAN’S LUNCH BAKERY

南城市/緑に囲まれた庭で味わう洋食は別格

cafe 森のテラス(もりのてらす)

今帰仁村/古宇利島の穴場カフェ

カフェ&コテージ オーシャン ブリーズ

南風原町/女性に人気の穴場の一軒家

cafe103(かふぇいちまるさん)

沖縄市/カジュアルに楽しむ本格フレンチ

グールトン(ぐーるとん)

北谷町/浜辺の老舗カレー店

ふぁぶ

南城市/森の中で自然食をゆったり味わう

山の茶屋 楽水(やまのちゃや らくすい)

外人住宅を利用した人気カフェ

おしゃれなカフェや雑貨屋さんが多い

沖縄で女性に人気! 「外人住宅」の店

北中城村/気軽に来れる明るいお店

jiji CAFE(じじ かふぇ)

浦添市/お米と和紅茶が楽しめる和風カフェ

cafe 水 sui(かふぇ すい)

浦添市/ゆっくりくつろげる温かな空間

Cafebar Vambo・Luga(ばんぼるーが)

北谷町/沖縄食材で作るパスタは絶品

Bakery Cafe Olive Berry

読谷村/本格パンケーキを味わうならここ!

パンケーキハウス ヤッケブース

沖縄市/外人住宅ブームの草分け

Birdland Cafe(ばーどらんどかふぇ)

沖縄市/緑が茂る洋館でゆったりくつろぐ

Roguii(ろぎ)

宜野湾市/素朴なお菓子と料理でほっこり

Raccolta(らっこるた)

女性に人気のパン屋さん

沖縄のパン屋さんを達人が紹介!

ブーム到来! 沖縄の人気パン屋さん巡り

沖縄市/幅広い年齢層に人気のお店

Tiara(てぃあら)

読谷村/パリの伝統的な製法で作るパン

海のみえるパン工房 Epi-ciEl(えぴしぇーる)

北谷町/日常を彩るパンにヘルシーもプラス

Bakery Cafe Alfalfa(あるふぁるふぁ)

那覇市/個性あふれるパンは飽きがこない

Village Market(う゛ぃれっぢ まーけっと)

恩納村/素材のうまみを活かしたパン

国産小麦の天然酵母パン 麦焼屋(むぎやきや)

宜野湾市/全国的にもファンの多い人気店

宗像堂(むなかたどう)

浦添市/100種類近くあるパンが人気

マルヨシ堂(まるよしどう)

宜野湾市/幅広いファンに愛される

ジローベーカリー

読谷村/天然酵母の無添加パンが人気

Bakery & Cafe Pod(ぽっど)

おすすめのランチバイキング

北谷町/焼き立てのピザを堪能あれ

PIZZA&ITALIANBAR COBY(コビー)

うるま市/本格中華と洋食の充実ランチ

チャイナカフェ PAO 包(チャイナカフェ パオ)

豊見城市/種類豊かなオリジナル料理が魅力

沖縄菜園ビュッフェ カラカラ

浦添市/景色と共に楽しむランチ

hills bar ti(ティ)

宜野湾市/子供連れでも気軽に行ける

HANA-GASA(ハナガサ)

那覇市/ゆったり優雅なランチタイム

ヌーベルダイニング green(グリーン)

那覇市/落ち着いた店内でゆったりランチ

Bakery Cafe SHINKA(シンカ)

中城村/中城湾を眺めながら料理を堪能

Hanta Baru(ハンタ バール)

北谷町/秘密にしたい隠れ家フレンチ

Lierre Blanc(リエール ブラン)

豊見城市/島野菜がおいしいランチ

カフェレスト レガロ

その他の達人指南を見る

トロピカルフルーツがたっぷりのスイーツ

人気のスイーツ・お菓子で沖縄を感じる旅
伝統のお菓子から、南国にぴったりの冷たいものやトロピカルフルーツを使ったデザートなど。沖縄にはスイーツが似合う!沖縄スイーツのおすすめ情報を達人が紹介。

見るからに食欲をそそるパンたち。こだわりの店も増えた

沖縄のパン屋さん巡りの楽しみ方
ここ数年、沖縄でパン屋さんが急増している。やわらかいパンから総菜パン、そしてハード系までバラエティに富んだ沖縄のパンの世界を、パンをこよなく愛する達人が紹介。

沖縄の青い空に映えるブルーシール牧港本店

ブルーシールアイスクリームの魅力に迫る
沖縄のアイスクリームといえば“ブルーシール(BLUE SEAL)”。南国・沖縄の旅に欠かすことのできない定番の一品だ。滑らかさが自慢のアイスクリームのおいしさの・・・

お洒落な家具屋が立ち並ぶ「家具屋通り」

宜野湾市を満喫! おすすめ観光情報
お洒落な家具やカフェ、美しいビーチに、県内有数のイベントまで。魅力満載の宜野湾市の楽しみ方を紹介

水牛車で園内をめぐるのが人気

ビオスの丘 巨大な亜熱帯公園の楽しみ方
沖縄本島の中部・うるま市にある観光施設「ビオスの丘」。約7万5千坪の広大な敷地面積を誇り、四季折々の沖縄の生態系が見られるビオトープの植物園だ。散策路での森林浴・・・

現在はコンドミニアムとして使用されている外人住宅

沖縄・外人住宅が女性に人気な理由
米軍基地関係の軍人やその家族のために建てられた“外人住宅”。シンプルな四角い箱形の建物は、住まいとしてだけでなく、カフェや雑貨屋さんとしても利用されている。

モノレールおもろまち駅の連絡通路を渡ってすぐとアクセス抜群

新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店へ!
平成16年(2004)開業のDFSギャラリア 沖縄は、平成26年(2014)4月にTギャラリア 沖縄として新しく生まれ変わった。パスポートを持たずに有名ブランド・・・

一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力

「壺屋やちむん通り」国際通り周辺をのんびり散策
那覇市国際通り近くにある焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。琉球石灰岩の石畳が続く壺屋やちむん通りは、窯元や伝統的な焼き物を扱う店に加え、現代・・・

古民家を再生してオーナーの個性を出すのが浮島流

「浮島通り」の歩き方 国際通りの路地裏
那覇の国際通りから牧志公設市場への一本道、「浮島通り」には沖縄の今と昔が詰まっている。ファッショントレンドの発信地として注目が集まる通りを歩いてみよう。