沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄土産の定番

沖縄土産の定番。お菓子や泡盛、工芸品を紹介

沖縄土産といえば、「紅いもタルト」や「ちんすこう」を思い浮かべる人も多いのでは。新しいものや珍しいものもいいが、定番ものも買っておきたい。長い間沖縄土産として人気のあるお菓子や泡盛、工芸品や民芸品を紹介。

お菓子・食品

お菓子の定番

ちんすこう

沖縄土産の「ザ・定番」。小麦粉、砂糖、ラードを原料とした焼き菓子。琉球王朝時代に作られ、当時は貴族が祝い事の席でしか食べることのできないほど貴重なものであった。最近では種類も豊富で、チョコレートでコーティングされたものや、紅いも味、パイナップル味、塩味など、様々な味を楽しめる。

ちんすこう

サーターアンダギー

沖縄の方言で「サーター(砂糖)アンダギー(油で揚げる)」という意味のお菓子。「砂糖てんぷら」とも呼ばれている。言葉の通り、甘く揚げたお菓子で、味はドーナツに似ている。「ホットケーキミックス」ならぬ「サーターアンダギーミックス」も沖縄では定番。

サーターアンダギー

黒糖

サトウキビの生産が盛んな沖縄や鹿児島の特産品として知られている。黒糖には、ミネラルや鉄分が豊富に含まれており、健康食品としても人気が高く、料理に使われることも多い。むちむち(沖縄の方言でもちもち)とした食感が病み付きになるむちむち黒糖や、黒糖蜜とピーナツを絡めた伊江島名産のピーナツ黒糖も土産物としておすすめ。

黒糖

食品の定番

トロピカルフルーツ

マンゴーにパイナップルにドラゴンフルーツ……。かき氷に乗っていたり、ジュースにしたり、沖縄旅行中に目にすることの多いカラフルなトロピカルフルーツ。沖縄でしか手に入らないものもある。

南国フルーツ

沖縄そば

沖縄で食べたそばの味を家庭でも。ここ数年、レトルト食品の種類も増えてきて、土産物としても人気。一人暮らしなら手軽なカップ麺、家庭用や土産には、生麺とソーキ(スペアリブ)やだしがセットになった本格的なパックがおすすめ。麺は、細い物から太い物、ストレートや縮れた物など種類も豊富。島唐辛子を泡盛に漬けた香辛料「コーレーグース」も一緒に。

沖縄そば

食品の素

タコライスやジューシー(沖縄風炊き込みご飯)を簡単に作ることができる食品の素は、土産物としておすすめ。沖縄料理屋でしか味わうことのできない中味汁(豚の内臓を煮たスープ)やヒージャー汁(やぎ汁)は、レトルトパックで売られている。沖縄料理を家庭で手軽味わえる。

食品の素

泡盛

味の指標

泡盛は酒造ごとに製造法や熟成法に違いがあり、テイストが銘柄の数だけ異なる。沖縄県民に親しまれている銘柄を中心に、泡盛マイスター協力の下、テイストの特徴別に指標化してみた。穏やかで控えめなテイストの泡盛は飲みやすく、初心者向き。深く華やかな香りのする泡盛は度数の高いものが多く、上級者向きのテイストだ。泡盛選びの参考にしてほしい。

味の指標

酒造所

泡盛の酒造所は現在48施設ある。施設見学が可能なところも多く、泡盛の製造工程を直に見ることができる。泡盛の文化や歴史の奥深さを知ることができるので、観光に取り入れてはいかがだろう。試飲ができ、おすすめの飲み方も教えてもらえるので土産購入の参考にもなる。見学に行くときは、事前予約をおすすめする。

北部
酒造所 見学可能 住所 主要銘柄
伊平屋酒造所 沖縄県伊平屋村字我喜屋2131-40 照島
(資)伊是名酒造所 沖縄県伊是名村字伊是名736 常盤
(名)田嘉里酒造所 沖縄県大宜味村字田嘉里417 まる田
(有)今帰仁酒造 沖縄県今帰仁村字仲宗根500 美しき古里
(有)山川酒造 沖縄県本部町字並里58 珊瑚礁
龍泉酒造(資) × 沖縄県名護市字仲尾次222 龍泉
(資)津嘉山酒造所 沖縄県名護市大中1-14-6 国華
ヘリオス酒造(株) 沖縄県名護市字許田405 くら
(資)恩納酒造所 沖縄県恩納村字恩納2690 NAVI
崎山酒造廠(しょう) 沖縄県金武町字伊芸751 松藤
(有)金武酒造 沖縄県金武町字金武4823-1
中部
酒造所 見学可能 住所 主要銘柄
北谷長老酒造 × 沖縄県北谷町字吉原63 北谷長老
(有)比嘉酒造 × 沖縄県読谷村字長浜1061 残波
(名)新里酒造 沖縄県沖縄市字古謝864-1 琉球
(有)神村酒造 沖縄県うるま市石川嘉手苅570 暖流
泰石酒造(株) 沖縄県うるま市字平良川90 古酒はんたばる
(株)石川酒造場 沖縄県中頭郡西原町小那覇1438-1 うりずん
南部
酒造所 見学可能 住所 主要銘柄
咲元酒造(資) 沖縄県那覇市首里鳥堀町1-25 咲元
瑞泉酒造(株) 沖縄県那覇市首里崎山町1-35 瑞泉
(有)識名酒造 沖縄県那覇市首里赤田町2丁目48 時雨
瑞穂酒造(株) 沖縄県那覇市首里末吉町4-5-16 ロイヤル瑞穂
沖縄県酒造協同組合 × 沖縄県那覇市港町2丁目8番地9号 海乃邦
上原酒造(株) 沖縄県糸満市字座波1061 神泉
忠考酒造(株) 沖縄県豊見城市伊良波556-2 忠考
神谷酒造所 × 沖縄県島尻郡八重瀬町字世名城510-3 南光
(株)津波古酒造 × 沖縄県那覇市与儀2-8-53 太平
宮里酒造所 那覇市小禄645 カリー春雨
久米仙酒造(株) 沖縄県那覇市仲井真155 琉球泡盛
(株)まさひろ酒造 沖縄県糸満市西崎町5-8-7 まさひろ
宮古
酒造所 見学可能 住所 主要銘柄
池間酒造(有) × 沖縄県宮古島市平良字西原57 ニコニコ太郎
(株)渡久山酒造 沖縄県宮古島市伊良部字佐和田1500 豊年
菊乃露酒造(株) × 沖縄県宮古島市平良字西里290 菊乃露
千代泉酒造 × 沖縄県宮古島市平良字狩俣1572 千代泉
沖之光酒造(資) × 沖縄県宮古島市平良字下里1174 沖乃光
(株)宮の華 沖縄県宮古島市伊良部字仲地158-1 豊見親
(株)多良川 沖縄県宮古島市城辺字砂川85 古酒琉球王朝
八重山
酒造所 見学可能 住所 主要銘柄
池原酒造所 × 沖縄県石垣市字大川175 白百合
(有)八重泉 沖縄県石垣市字石垣1834 八重泉
玉那覇酒造所 × 沖縄県石垣市字石垣47 玉の露
請福酒造(有) 沖縄県石垣市新川148-3 直火請福
(有)高嶺酒造所 沖縄県石垣市字川平930-2 於茂登
仲間酒造所 × 沖縄県石垣市字宮良956 宮之鶴
(名)崎元酒造所 沖縄県与那国町字与那国2329 琉球泡盛 与那国
国泉泡盛(名) 沖縄県与那国町字与那国2087 どなん
波照間酒造所 × 沖縄県竹富町字波照間156 泡波
入波平酒造(株) × 沖縄県与那国島字与那国4147-1 舞富名
久米島
酒造所 見学可能 住所 主要銘柄
(株)久米島の久米仙 沖縄県久米島町字宇江城2157 久米島の久米仙
米島酒造 沖縄県久米島町字大田499 美ら蛍

工芸・民芸品

紅型

紅型は、沖縄で発達した染物で、お祝い事の席で着られることが多い。黄色や青、赤などを基調とし、花鳥風月の文様が描かれ色鮮やかな色合いが特徴。最近は着物だけでなく、財布やコースターなどの小物や、かばんや傘といった雑貨まで作られている。模様が繊細でかわいらしい物が多く、女性への土産物としても人気がある。
伝統の織物「紅型」の魅力を達人が紹介

紅型

ミンサー

沖縄の伝統的な織物の一つ。特徴である五つと四つの四角い模様には、「いつ(五つ)の世(四つ)までも、末永く」という意味が込められている。木綿を素材とし、厚みがあり強靭なため、帯として使われることが多い。伝統の藍色1色だったミンサー織りも、現在は赤や緑、黄色などカラフルな物が増え、かりゆしウェアやかばんなどの日用品も多く作られている。
ミンサーの魅力や、体験施設などを紹介

ミンサー

芭蕉布

糸芭蕉から採れる繊維を利用した織物で国の無形文化財に指定されている。沖縄県北部の大宜味村喜如嘉(おおぎみそんきじょか)が主産地となっている。風通しがよく、肌触りが気持ちいいので、夏の衣類として王族から農民まで広く愛用されていた。生成りの自然な色合いで、手軽に購入できるコースターやテーブルクロスが人気。
丁寧に織り上げられる芭蕉布の魅力に迫る

芭蕉布

琉球漆器

全国的にも工芸品として知られている漆器。琉球漆器は、艶のある黒や朱色の皿や椀に、おおらかで明るい装飾が施されているのが特徴。鮮やかな朱色は、紫外線が豊富を受けて発色するもので、琉球漆器以外には見られない。一般的にはめでたい席で使用されるが、最近では日常でも使える箸置きや食器、アクセサリーなども増えている。
今も昔も色あせない琉球漆器の魅力を見る

琉球漆喰

やちむん

やちむんとは、沖縄の言葉で焼き物のこと。原点は、400年以上前の琉球王朝時代。やちむんは、釉薬(うわぐすり)を掛けずに約1000℃で焼き上げる荒焼(あらやち)と、陶土の上に白土や釉薬を掛けたものを上焼(じょうやち)の二種類に分けられる。シーサーは荒焼、皿や茶碗には上焼の作品が多い。沖縄県内各地でやちむん市が開催され、カラフルな商品も出てきており、ファンも増えている。
やちむんの歴史から、やちむんで料理を味わえるカフェまでを紹介

やちむん

琉球ガラス

青や赤、緑など沖縄の太陽や海をイメージするような琉球ガラス。戦後、米軍基地で捨てられたコーラやビールの空き瓶を溶かして再生した物が、現在の琉球ガラスの始まり。グラスや器はすでに土産物としても人気が高い。しかし、熱湯を入れると割れてしまうという弱点があったが、最近は耐熱の琉球ガラスも開発されており、温かいコーヒーやお湯割りを飲めるようになった。

琉球ガラス

三線

沖縄の音楽には欠かせない三線。沖縄県内では「三味線(しゃみせん)」と呼ぶことが多い。楽譜は、音符の書かれた一般的なものではなく、「工工四(くんくんしー)」という弦を押さえる位置が漢字で表された独自のもの。三線の販売店や体験型施設では、体験ができる所が多い

三線

沖縄土産の情報をもっと詳しく知るなら

化粧品や玩具、雑貨まで、多種多彩な沖縄土産を求めている人はこちら
定番から達人おすすめの一品まで!沖縄土産

珍しい、新しい沖縄土産を探している人はこちら
沖縄土産のネクストスタンダード ランキング

この記事を見ている人におすすめ観光情報

この記事を見ている人におすすめホテル情報