1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 沖縄本島南部のビーチを観光するならココがおすすめ

ローカル案内役が紹介する 沖縄本島南部エリアのおすすめビーチ10選

百名ビーチ(ひゃくなビーチ)

01

百名ビーチ(ひゃくなビーチ)

女神「アマミキヨ」が降り立ったとされる聖地のビーチ

本島南部の南城(なんじょう)市にある、白い砂浜が続く美しい天然ビーチ。騒々しくない静かな雰囲気のビーチは、のんびりと過ごしたい人におすすめです。有名な新原(みいばる)ビーチとは岩場を挟んで隣り合っているため、ビーチ沿いのお散歩にも最適です。

基本情報
【住所】
南城市玉城字百名
【電話番号(問い合わせ)】
098-917-5387南城市役所観光商工課
【営業時間】
設定なし
【利用料金】
50台(料金一日500円) ※無人の際は無料
【設備】
トイレ(隣接する新原ビーチ内に設置あり)

ジョン万ビーチ大度海岸

02

ジョン万ビーチ大度海岸

本島南部でシュノーケルをするならこのビーチ

本島南部の糸満市に位置し、ほぼ真南に向かって開けているビーチです。「ジョン万ビーチ」という名前は、江戸時代末期に高知県沖で遭難しアメリカに渡ったジョン万次郎(本名:中濱萬次郎)が、帰国の際に上陸した場所ということに由来します。大度(おおど)海岸とも呼ばれています。

基本情報
【住所】
糸満市大度
【営業時間】
設定なし
【利用料金】
無料
【設備】
トイレ、売店(不定期)

波の上ビーチ・若狭側(なみのうえビーチわかさがわ)

03

波の上ビーチ・若狭側(なみのうえビーチわかさがわ)

空港から直行約10分、気軽に行ける那覇市のビーチ

デートスポットとして人気の「波の上ビーチ」は、那覇うみそらトンネルを通れば空港から約10分で到着する好立地。売店、更衣室、ロッカー、トイレと設備も充実しており、気軽に海遊びを楽しむことができます。また、食材の購入ができるバーベキュー施設もあるので、サンセットを眺めながらのビーチパーティーも可能。那覇市で唯一の海水浴場として、地元ではとても親しまれているビーチです。

基本情報
【住所】
那覇市若狭
【電話番号(問い合わせ)】
098-863-7300 (那覇港管理組合)
【営業時間】
9時~18時(7、8月 9時~19時)
【利用料金】
無料
【設備】
監視所、売店、トイレ、シャワー 100円、更衣室、ロッカー 200円、自販機

たびらい密着取材!おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

豊崎美らSUNビーチ(とよさきちゅらさんビーチ)

04

豊崎美らSUNビーチ(とよさきちゅらさんビーチ)

新しい街 豊崎のビーチは、設備充実の人気スポット

那覇市の南側に位置する豊見城(とみぐすく)市にある人工ビーチ。豊崎海浜公園に連なる全長700メートルの白砂のビーチには、ビーチバレーやバスケットボールコート、そしてバーベキュー広場が整備され、市民の憩いの場として定着しています。繁忙期には、遊泳可能エリアにライフセーバーも常駐するので、安心して遊ぶことができます。

基本情報
【住所】
豊見城市字豊崎 5-1
【電話番号(問い合わせ)】
098-850-1139 豊崎美らSUNビーチ
【営業時間】
9時~19時(7、8月)  9時~18時(4~6、9、10月)
【利用料金】
無料
【設備】
監視台、クラゲ防止ネット、トイレ、ロッカー、シャワー、売店

美々ビーチいとまん

05

美々ビーチいとまん

ビーチパーティにも最適な本島南部の美しい西向きビーチ

家族連れに特におすすめのビーチは、本島南部・糸満市にある人工ビーチ。漁師町である糸満エリアの新しい名所として、ファミリー層を中心に地元で人気のスポットとなっています。1年中バーベキューを楽しむことができるのも、人気の高さの理由です。

基本情報
【住所】
糸満市西崎町1丁目6-15
【電話番号(問い合わせ)】
098-840-3451 美々ビーチ管理事務所
【営業時間】
開園時間 8時30分~20時30分(4月~10月)、8時30分~18時30分(11月~3月まで) ※年末年始除く
遊泳時間 9時~18時(7、8月は~19時)11月~3月までは毎週火曜日休み、年末年始休み
【利用料金】
無料
【設備】
監視台、トイレ、ロッカー、更衣室、シャワー、売店、自販機、クラゲ防止ネット

あざまサンサンビーチ

06

あざまサンサンビーチ

神の島「久高島」を望む本島南部の美しいビーチ

家族連れにおすすめの「あざまサンサンビーチ」は、本島南部・南城(なんじょう)市の知念半島にある安座真(あざま)港に隣接する、太平洋に面した人工ビーチです。丁寧に整備された白い砂浜と芝生の広場は、子どもの遊び場として最適。売店やシャワー室、ロッカーなどもあります。バーベキューも楽しめるので、週末には地元の家族連れなどで賑わいます。バリアフリー対応も施されたビーチです。

基本情報
【住所】
南城市知念安座真1141-3
【電話番号(問い合わせ)】
098-948-3521 あざまサンサンビーチ
【営業時間】
10時~18時(7・8月は19時まで)
【利用料金】
無料
【設備】
監視台、トイレ(トイレットパーパーなし)、更衣室、シャワー、ロッカー、売店 クラゲ防止ネット

ローカルな魅力が満載!おすすめホテル特集

[たびらいセレクション]

イシキ浜

07

イシキ浜

神の島にある神聖な浜辺

琉球王国時代より「神の島」の聖域として大切にされてきた久高(くだか)島。「イシキ浜」は、その久高島にあるビーチです。未開発の美しい自然を感じるビーチは、いまもその聖域の名残を感じることができます。久高島までは、本島南部は南城市の安座真(あざま)港から、高速船で約15分で行くことができます。

基本情報
【住所】
南城市知念久高
【電話番号(問い合わせ)】
098-948-7803(南城市離島総合センター)
【営業時間】
設定なし
【利用料金】
無料
【設備】
なし

テダ御川 (てだうっかー)

08

テダ御川 (てだうっかー)

琉球国王が毎年参拝していた聖地海岸

本島南部・南城市にある「テダ御川」は、岩肌の目立つ海岸です。砂浜のビーチではありませんが、琉球王朝時代に国王が航海の安全を祈っていたとされる歴史ある場所です。また、太陽神が降臨したという伝説も残っており、琉球の歴史と深く結びついた場所といえます。

基本情報
【住所】
南城市知念知名1172

新原ビーチ(みーばるビーチ)

09

新原ビーチ(みーばるビーチ)

グラスボートで魚ウォッチングができる本島南部のビーチ

グラスボートで美しいサンゴや熱帯魚を楽しむことができるビーチ。子ども連れでの生き物観察におすすめです。本島南部・南城市の玉城(たまぐすく)に位置しており、遠浅の海は子ども連れでの海遊びに最適。新原と書いて「ミーバル」と読む珍しい名前は、沖縄方言で「新しい」を意味する「ミー」の音を含んでいます。

基本情報
【住所】
沖縄県南城市玉城字百名1599-6
【電話番号(問い合わせ)】
098-948-1103(みいばるマリンセンター)
【営業時間】
8時30分~17時(5~9月は8時30分~17時30分
【設備】
監視台、売店、トイレ、シャワー大人300円、更衣室、ロッカー200円、自販機

瀬長ビーチ(せながビーチ)

10

瀬長ビーチ(せながビーチ)

自然がそのまま残る天然ビーチ

瀬長島は1周わずか2キロにも満たない小さな島ながら、天然ビーチはとても広々としており、遠浅で波もおだやかです。監視員は不在でハブクラゲネットの用意がないため、遊泳禁止エリアとなっていますが、干潮時には潮干狩りや磯遊びを楽しむことができます。

基本情報
【住所】
沖縄県豊見城市瀬長174
【営業時間】
設定なし
【利用料金】
無料
【設備】
近くの公園内にトイレ・売店・自動販売機あり

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!

関連タグ

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×