沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 糸満市を楽しむ! おすすめ観光情報

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

糸満市を楽しむ! おすすめ観光情報

  昔ながらの沖縄の雰囲気が濃く深く残っている糸満市。懐かしい風景に重なるのは、海、畑、川といった美しい自然だ。那覇から近く、気軽に観光できるので観光客が訪れる。平和祈念公園やひめゆりの塔などが知られ、糸満ハーレーなどの伝統行事も盛んに行われる。夏はビーチがにぎわう。

旧暦で行事を祝う糸満。旧正月の漁港は鮮やかな大漁旗が並ぶ

  沖縄本島の最南端に位置しているのが、糸満市。那覇から国道331号線を南へ走って約12キロと近く、思い立ったときに美しく広がる海を見ながら移動できる場所だ。市街地の糸満ロータリー近辺には昔ながらの市場があって、海人(ウミンチュ。漁師のこと)の町ならではの風情が味わえる。郊外には、サトウキビ畑や赤瓦屋根が残る集落、戦跡など沖縄らしい風景と過去を教えてくれる場所がある。「まちと人が密接につながっている糸満の良さをもっと知りたい、広めたい」と糸満を愛し、時間があれば歩きながらあちこちと散策している達人に糸満の魅力を聞いた。

ライター/饒波貴子 投稿日/平成26年(2014)1月
更新日/平成27年(2015)10月

《この記事を読む人におすすめの情報》

松本 陸幸さん
(まつもと たかゆき)
松本 陸幸さん

糸満市・観光の達人
  糸満市の観光情報や魅力を発信する糸満市観光協会職員。体験交流型プログラムの開発や企画を主に担当中。
 岡山県出身ながら、宮古島市と姉妹都市関係にある津山市で育ったので、子どものころから沖縄を身近に感じていたとのこと。岡山の旅行会社で沖縄ツアーの企画や添乗を経験したのち、平成24年(2012)1月に糸満へ移住。「気づいたらもう住んでいました。何かに呼ばれたという感覚。それも那覇や北部ではなく、南部の糸満なんです」と語る。惚れ込んだ土地で好きなことが仕事になり、日々楽しさを感じているそうだ。

すべての風景が絵になる糸満市。お気に入りの沖縄を探してほしい

糸満に広がる海と空を確認できる山巓毛(サンティンモウ)

  達人が思う糸満市の一番の魅力とは、しっかりと残り続ける沖縄の原風景。「作られたものではなく、ウチナーンチュ(沖縄の人々)が生きてきた沖縄が色濃く残っています。瓦屋が残っていたり、ちょっとした通りにも意味があったり、昔ながらの生活を感じることができます。ウミンチュ(海人)と呼ばれる漁師たちのまちとしてにぎわう様も自慢の風景のひとつですし、旧正月に色鮮やかな大漁旗で飾られる漁港も普段とは違った魅力があります。どこを見ても絵になるというか、多くの方が『沖縄の風景』としてイメージする景色がそこら中にあるんです。季節や時間帯によってさまざまな顔を見せる糸満市を味わうには散策がおすすめですよ」と達人。
 達人のベストスポットを教えてほしい、とリクエストすると「山巓毛(サンティンモウ)という展望台から見る夕日です」という答えが返ってきた。「漁港を見ながらの夕日は、どうしようもなく感動的です。晴れた日は慶良間諸島まできれいに見えますよ。“青い空と青い海”が沖縄のイメージではありますが、映える夕日も美しい」

自然の恵みに感謝。糸満の人々が熱く燃え、願いを込める伝統行事

豊漁と航海安全を祈願する糸満ハーレー、海のまちの伝統が息づく

  糸満市最大の行事として広く知られているのが、旧暦5月4日に行われるハーレー。「ウミンチュ(海人)が名誉をかけてレースに臨む姿は、本当にかっこいい! 男でもほれぼれします」と達人が熱くなるほど、迫力ある勇壮な爬竜船(はりゅうせん)競漕だ。
 「市内・県内はもちろん、本土から観覧に来る人も増えてきました。一番の漕ぎ手は地元の英雄ですし、ハーレー参加のために仕事を辞める男性もいると聞きます。メインレースで優勝したら、若者たちは涙を流していますね。その熱気が十分見る方にも伝わっていると思います。舟を転覆させ、いち早く体勢を立て直して櫂を漕ぐクンヌカセー(転覆競漕)はウミンチュの技術を目の当たりにできますし、糸満の人たちが長年にわたり命をかけて伝えてきた行事は、参加する方も応援する方も大興奮です。2012年から観覧席を設け、13年は食事付きで大好評だったため継続を考えています」と、うれしい情報を教えてくれた。
 続く糸満大綱引も、盛大な行事だ。「旧暦8月15日に国道331号線を封鎖して開催される糸満大綱引は、たくさんの旗頭(はたがしら。地域のシンボルとなる旗のこと)があがり華やかです。ハーレー同様観覧席を設けたところ、綱を絡ませる場面をちょうど見ることができると好評でした。ハーレーも大綱引も、県内の他の地域と違う糸満ならではの独特なスタイルを持っており、老若男女問わずに地元の人々によって守られ、愛されてきた2大行事です。実際に見て感じてほしい行事ですね」
 冬には今や風物詩となった、「いとまんピースフルイルミネーション&平和の光の柱」も開催される。キラキラと輝くイルミネーションの間から流れる厳かな空気は、平和を願うこの土地ならではのイベントで「年々見学者は増えています」とのこと。さらに「“自然のイルミネーション”こと、電照菊も特に冬が美しい。喜屋武(きゃん)地区の高台から見る菊畑がおすすめです」と教えてくれた。

太陽と海! 南国の自然の下で育った、糸満発の特産品

糸満産ニンジン「美らキャロット」。その甘さはまるでフルーツ

  続いて達人に特産品を教えてもらうと、「ニンジンです。イチゴ並みに糖度の高い、糸満名物の美(ちゅ)らキャロット。甘いのでジュースでそのまま飲めますし、ニンジン嫌いな子どもでも食べると聞きますね。ほかにも漁師のまちなので新鮮な魚が食べられますし、沖縄の“カマボコ”の発祥地とされているだけあって、カマボコがおいしい。種類が多く、“バクダン”と呼ばれるおにぎりカマボコは豪快な漁師メシです」とのこと。
 お土産として人気なのは「沖縄かりんとう」で、いちおしはアセロラ味。ちょっとした差し入れをしたいとき、達人が選ぶ品だそうだ。そしてネーミング通り、何にでも使える味の評価が高いのが「美らキャロット入り万能だれ」。達人いわく「単純にごはんにかけるだけでもおいしいですし、サラダにもいいしお肉料理には抜群!」らしい。スープにチップスに餃子などなど、美らキャロット入り加工品はどんどん増えているそうだ。

他とは違う沖縄の味・アクティビティーを体感できる、糸満

真っ白な砂浜が海へと続く、さわやかな光景が印象的な美々ビーチ

  糸満では海や畑の恵みを受けた沖縄産の食材が手に入る他、沖縄そばやちんすこうなど、有名な食品・菓子メーカーの工場があるなど、沖縄の名産品の数々が糸満で作り出されている。
 「糸満の味を知りたい、特産品を見て買いたいときは“道の駅いとまん”をご利用ください。“ファーマーズマーケット”には美(ちゅ)らキャロットほか野菜やフルーツ、“お魚センター”には刺身や丼物、カマボコがあります。“物産センター・遊食楽(ゆくら)”には、ここでしか買えない万能だれなどがあり、糸満のものがそろっています」
 「そして実はこの道の駅は、沖縄料理に飽きてきたなという方におすすめ! 本土で見かける料理に沖縄の食材を使ったメニューがおいしいんです。本マグロカツバーガー、巨大なサンドイッチ・しかまサンド、ネギトロ丼は絶品ですよ!」と、ウチナーンチュ(沖縄の人々)にもあまり知られていないグルメ情報を教えてくれた。
 定番の観光コースは経験済みで、さらにディープな沖縄を体感したい人は、最南端の糸満を巡る旅を考えてみるのもいいだろう。「定番の沖縄料理とひと味違ったグルメを味わったり、平和祈念公園ひめゆりの塔などで平和に思いをはせたり、琉球漆器や琉球ガラスの大型店舗を巡って沖縄を代表する工芸品に触れたり。中部、北部とは違う沖縄、今までとは違った沖縄を糸満で楽しんでいただけると思います。まずは道の駅で情報を仕入れてみてくださいね」とのことだ。

《厳選ホテル》

沖縄のホテル特集 最安値プラン!公式サイトからのご予約がお得

糸満市の観光を、満喫するためのおすすめ情報

糸満を知るために、観光名所を巡る

  糸満市の観光の起点として、まずは「道の駅いとまん」で最新情報をピックアップ。波の音を聞き海風に吹かれながら、沖縄戦の歴史も知ってほしいと達人は語る。

  • ひめゆりの塔に隣接するひめゆり平和祈念資料館と館長の島袋さん
  • 頼もしくて情に厚い糸満美人が、沖縄の魅力を教えてくれる
  • 毎年6月23日(慰霊の日)には、多くの人が祈りを捧げる
おすすめポイント
  平和祈念公園やひめゆりの塔をはじめとし、戦跡や慰霊碑・慰霊塔など平和にまつわるスポットが多い糸満市ですが、施設や周辺道路は整備され、穏やかな空間と時間が訪れる人を迎えてくれます。昔はどんな風景だったのかと思いを巡らせながら見学し、慰霊の旅を実感してください。沖縄戦体験者が少なくなっていく現実の中、若い人たちにも積極的に来てもらい、沖縄戦を知ってしっかりと語り継いでもらいたいですね。きれいな海と空も沖縄の魅力ですが、背負ってきた歴史が色濃く残る糸満にも、ぜひ足を運んでください。

みなぎるパワー! 引き継がれていく伝統行事

  初夏のハーレーに、夏の終わりを感じる大綱引、そして冬のイルミネーション。糸満の四季を象徴する数々の行事やイベントが開催されている

  • 海の男たちによる競漕は、豪快なエーク(櫂)さばきが見どころ
  • 白熱した糸満大綱引の様子
  • ライトアップに使われるLED電球の総数は約35万個
おすすめポイント
  糸満のハーレーと大綱引は、ウミンチュ(漁師)やハルサー(農家)の力強さが結集した行事です。糸満の人々が持つパワー、内からあふれる情熱が見どころですので、参加して自身の目で見てもらいたいですね。ピースフルイルミネーションは平和を祈る意味合いがあるので、静かに鑑賞するのがポイント。行事は「動」の部分を、イルミネーションは「静」の部分を感じながら、イベントの表面だけではなく、その先にあるものに目を向けてもらえればと思います。

「沖縄らしさ」を感じられる糸満市のスポット

  市場・ビーチ・工芸品、古き良き沖縄を残しつつリゾート気分も楽しめる。懐かしくて新しいのが今の糸満

  • 美々ビーチいとまん(びびビーチいとまん)
  • 糸満公設市場の定期イベント「ちむちむ市場」にて
おすすめポイント
  糸満公設市場で沖縄の人の生活をのぞいたら、ぜひ近くの小道を歩いて建物や景色を観察してみてください。昔ながらの沖縄を感じることができますよ。琉球漆器や琉球ガラス村では、工芸品に触れることができます。購入はもちろん、体験コースもあるので人気です。また、本島内でも早い時期に海開きする美々ビーチは、リゾート感いっぱいの白砂の人工ビーチ。那覇から20分程度で来られます。沖縄の魅力がつまっている糸満を、時間をかけてじっくり知ってくださいね。

那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!本島コンドミニアムホテル

糸満市(観光協会)への交通アクセス情報

  那覇から糸満までは、国道331号を南下し車で20分~30分程度。那覇空港自動車道(国道506号)は「豊見城・名嘉地」が最寄りインターチェンジ。

車(レンタカーで)

  那覇空港から糸満市観光協会が入っている「道の駅いとまん」まで、車で約20分。那覇市街地からは車で30分程度。
 那覇空港より国道331号線を糸満方面へ南下し、瀬長島交差点を右折。豊見城道路に入りそのまま直進。右手に「道の駅いとまん」の看板が見えてくる。

路線バスで

  那覇バスターミナルより約50分。路線番号89番[糸満線]のバスに乗る。
 西崎経由の場合:「西崎2丁目」か「西崎工業団地入口」で下車。徒歩約1分。航空隊経由の場合:「西崎入口」で下車。徒歩約15分。

施設情報

  「道の駅いとまん」
平成21年(2009)9月にオープンした。日本最南端の道の駅。敷地1万坪と広く、ウミンチュ(海人)の町・糸満からおいしい食文化を発信中。施設内には野菜やフルーツの産直市場「JAファーマーズマーケットいとまん」、鮮魚や海産物がそろう「お魚センター」、お土産店やフードコートのある「糸満市物産センター遊食来(ゆくら)」、障害者就労支援施設のカフェやレストランがあり、多くの人でにぎわっている。
 糸満市観光協会カウンターは「物産センター遊食来(ゆくら)」入り口にある。

【住所】
沖縄県糸満市西崎町 4-19-1

【電話番号】
糸満市観光協会:098-840-3100
JAファーマーズマーケットいとまん:098-992-6510
糸満漁業協同組合お魚センター:098-992-2803
糸満市物産センター遊食楽(ゆくら):098-992-1030

【営業時間】
糸満市観光協会:9時~18時
JAファーマーズマーケットいとまん9時~19時
糸満漁業協同組合 お魚センター:10時~19時
糸満市物産センター遊食来(ゆくら):10時~20時
※ただし店舗によって営業時間が異なり、一部レストランは22時まで営業

【定休日】
年中無休
※ただし、荒天時の公共交通機関停止の場合(警報発令時)は、休業もあるので要問い合わせ

【駐車場】
520台

達人が答える糸満市のQ&A

Q 糸満市の花はなんですか?
A 日日草(にちにちそう)です。小さな花ですが、炎天下でも咲き続ける力強い生命力を持っています。
Q 糸満市にはイメージキャラクターがいますか?
A いとまん美人キャラ「いとちゃん」がいますよ。糸満の特産品を入れたカゴを頭に乗せる糸満アンマー(お母さん)の伝統的なスタイルで、元気に歩いています。
Q 糸満が舞台になった作品はありますか?
A 沖縄の特撮ヒーロー物、「琉神マブヤー」や「ハルサーエイカー」の撮影が行われました。最近では、映画「琉球バトルロワイアル」も糸満で撮影された作品です。また、ガレッジセールのゴリさんが監督を務めた「税金サイボーグ・イトマン」は全編糸満で撮影されました。
Q ゆっくりできるカフェはありますか?
A 糸満公設市場の周辺に、小さなカフェが増えてきました。糸満の食材を使っていて、雰囲気がよくおしゃれですよ。
Q 達人おすすめの、糸満名物はありますか?
A パッションフルーツのスパークリング・ワイン。香りがさわやかです。
Q ハーレーや大綱引きの観覧席の予約方法を教えてください。
A 糸満市観光協会まで、お問い合わせください(電話098-840-3100)。どちらも約1カ月前から予約開始を予定していますが、日にちが近づいてから詳細を決定します。人気ですぐに満席になる状況ですので、早めにご確認ください。
Q 糸満市の案内ツアーはありますか?
A 観光協会がまちあるき「あ・るっく糸満」を主催しています。「旧暦文化で生きる海人のまち糸満を歩く」字糸満コース、「築130年の古民家をたずねる」字兼城コースや平和学習コースも新設しました。所要時間はいずれも1時間30分から2時間ほどで、参加料金1000円と気軽に参加できます。みなさんに糸満を知っていただくため、どんどんコースを増やしていきます。
格安で沖縄を楽しむ方法を紹介!

  セールやバーゲンだけじゃない!格安に沖縄を楽しめる方法を紹介。
ホテル、パッケージツアー、レンタカー、海遊びなど、お得に南国リゾートを満喫できるアイデアが盛りだくさん。
 ファミリー、カップル、友達同士、どんな旅行スタイルでも満足できる格安リゾート旅ならおまかせ!

⇒格安で行く沖縄旅行特集を読む

沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

いざないの一枚

糸満市の観光をもっと楽しむお役立ち関連情報

本島南部のおすすめ観光情報

那覇市/沖縄の中心都市を紹介

那覇を楽しむ!おすすめ観光情報

那覇市/奇跡の1マイルの道を紹介

沖縄観光の定番「国際通り」の楽しみ方

那覇市/朱に彩られた王城の魅力

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

那覇市/ゆいレールの魅力を紹介

沖縄都市モノレール「ゆいレール」の魅力

那覇市/多くの観光客でにぎわう

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方

糸満市/沖縄戦の悲劇を学ぶ

ひめゆりの塔・平和祈念資料館の巡り方

南城市/沖縄御嶽で最も格が高い

沖縄の聖地・斎場御嶽の正しい楽しみ方

南城市/てんぷらで有名な奥武島の魅力を紹介

揚げたての沖縄風てんぷらが名物「奥武島」

南城市/海と緑に囲まれた街を紹介

南城市を楽しむためのおすすめ観光情報

アクセスに便利な本島南部のビーチ

おすすめ沖縄ビーチ(本島・南部編)

本島中部のおすすめ観光情報

読谷村/個性豊かな工房が集まる

読谷・やちむんの里でおとなの沖縄土産選び

読谷村/人気観光スポットからビーチまで見どころを紹介

読谷村を楽しむ!おすすめ観光情報

読谷村/要塞の最高傑作といわれた

世界遺産・座喜味城跡の楽しみ方

読谷村/夕日と絶景を楽しもう

絶景の人気観光地「残波岬」の楽しみ方

北中城村/風光明媚なグスク跡を紹介

世界遺産・中城城跡の楽しみ方

うるま市/四季折々の植物が見れる

人気観光スポット「ビオスの丘」の楽しみ方

うるま市/古からの伝統を引き継ぐ島

海中道路で行く離島・浜比嘉島の楽しみ方

北谷町/人気エリアの魅力を解説

人気リゾート美浜アメリカンビレッジの魅力

嘉手納町/沖縄の日常を垣間見る

嘉手納空軍基地が一望の「道の駅かでな」

個性豊かな本島中部のビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・中部編)

本島北部のおすすめ観光情報

恩納村/気軽になかゆくいしよう

特産品に出合う、おんなの駅なかゆくい市場

恩納村/ぞうの鼻の形の岩が有名

絶景の人気観光地「万座毛」の楽しみ方

恩納村/昔ながらの沖縄を感じる

人気観光施設「琉球村」の楽しみ方

名護市/パイン尽くしの人気施設

人気観光施設「ナゴパイナップルパーク」

名護市/やんばるのいいものがそろう

やんばる土産がそろう「道の駅許田」の魅力

名護市/沖縄を代表するビール

オリオンハッピーパークでビール工場見学

今帰仁村/県内外から注目される話題の新名所

絶景!古宇利大橋で行く古宇利島の楽しみ方

今帰仁村/海と城壁を望める場所

世界遺産・今帰仁城跡の楽しみ方

本部町/沖縄の海を再現した光景

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

やんばるの自然豊かなビーチを紹介

おすすめ沖縄ビーチ(本島・北部編)

沖縄のおすすめグルメ

沖縄の定番グルメといえばこれ!

地元で人気のおすすめ「沖縄そば」

沖縄のB級ご当地グルメの定番

沖縄B級ご当地グルメ「タコライス」を堪能

沖縄郷土料理の歴史や魅力を紹介

地元の味に舌鼓。おすすめの沖縄の郷土料理

沖縄の魅力的なカフェを紹介

女性に人気!沖縄本島カフェ巡り

バラエティに富んだ沖縄のパンの魅力

ブーム到来!沖縄の人気パン屋さん巡り

伝統のお菓子から新感覚のスイーツまで

女性に人気!沖縄おすすめスイーツ・お菓子

沖縄の人気アイスクリームショップ

人気の沖縄アイスクリーム「ブルーシール」

地元から愛される洋菓子・洋食の老舗

沖縄名物!洋菓子・洋食のjimmy’s

沖縄ローカルのファストフード!

沖縄で愛されるファストフード店「A&W」

沖縄を訪れたらぜひ味わってほしい

旅の定番。沖縄生まれの「オリオンビール」

その他の達人指南を見る

ひめゆりの塔に隣接するひめゆり平和祈念資料館と館長の島袋さん

ひめゆりの塔・平和祈念資料館の巡り方
ひめゆりの塔と、塔に隣接する併設の資料館「ひめゆり平和祈念資料館」は、沖縄本島南部の糸満市にある。戦争体験者が年々少なくなっていく今、国内唯一の住民を巻き込んだ・・・

毎年6月23日(慰霊の日)には、多くの人が祈りを捧げる

沖縄・平和祈念公園で平和を体感する
平和祈念公園の正式名称は、沖縄県営平和祈念公園。沖縄戦終焉の地となった沖縄本島南部の糸満市摩文仁(まぶに)にある。約40ヘクタールの広大な公園内には、国立沖縄戦・・・

海の男たちによる競漕は、豪快なエーク(櫂)さばきが見どころ

「糸満ハーレー」 人気イベントの楽しみ方
海人(うみんちゅー)とは、沖縄の言葉で漁師のこと。「糸満ハーレー」は、沖縄本島南部の糸満市で、旧暦の5月4日に行われる伝統行事だ。海の男たちによる勇ましい競漕が・・・

頼もしくて情に厚い糸満美人が、沖縄の魅力を教えてくれる

「道の駅いとまん」最南端の道の駅の魅力
道の駅いとまんは、同じ敷地内に物産センター、農作物の直売所、糸満漁協の直営店が並ぶ複合商業施設。南部観光の情報収集や広々した空間でゆっくり買い物が楽しめる。

南城市玉城百名方面からの奥武島の展望

那覇から車で「奥武島」沖縄天ぷらと拝所巡りの離島
那覇市内から車で30~40分。沖縄天ぷらで有名な奥武(おう)島だが、それ以外にも大きな魅力がある。特別な海の恵み、昔から変わることのない人々の暮らしぶり。島を一・・・

久高島の穴場ビーチ「やぐるがー」にて美しい海を家族で独占

沖縄本島南部のビーチを観光するならココがおすすめ
那覇での宿泊でも楽しめる近場のビーチが多いのが南部の特徴。市民憩いのビーチから、南部観光の際に訪れたいパワースポット近くのビーチまで、南部のビーチを紹介。

聖域のひとつ、三庫理(さんぐーい)。三角形に切りとられた空間

「斎場御嶽」世界遺産の聖地!正しい楽しみ方
斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地。その信仰はその後も絶えることなく続いており、現在でも「聖なる空間」と・・・

おきなわワールドといえば観光鍾乳洞「玉泉洞」が有名

「おきなわワールド・玉泉洞」が面白い!
沖縄県南部を代表する観光スポットの「おきなわワールド・玉泉洞」。創業40年以上で、期間限定イベントの評判も高い。その魅力の裏側までを紹介。

洞窟をくぐってツアー開始! 期待感とワクワク感が高まる瞬間だ

「ガンガラーの谷」太古のパワースポットへ
沖縄本島南部、南城市にある「ガンガラーの谷」 は、鍾乳洞が崩壊してできた谷間に、自然豊かな森が広がる神秘的なスポット。ガイドと一緒に歩くツアーに予約しないと入る・・・