1. 伊良部島と下地島を楽しむ! おすすめ観光

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

伊良部島と下地島を楽しむ! おすすめ観光

  宮古島の北西約5キロに位置する伊良部島。2015年1月31日に伊良部大橋が開通したことでも話題を集めています。伊良部島には目立った観光地はないですが、水路を挟んで隣接する下地島と合わせて、マリンアクティビティの名所としても知られています。離島ならではの美しい海でまったりしたり、ダイビングをするなど海を存分に堪能するには最適な場所です。

伊良部大橋の開通で、宮古島からのアクセスが快適に

  2015年1月31日に開通した伊良部大橋は、宮古島と伊良部島を結ぶ全長3540メートルの沖縄県最長の橋。日本国内でも、通行無料の橋としては日本一の長さとなります。橋の開通により島民の暮らしの利便性が向上するのはもちろん、宮古島を訪れた観光客も、島に渡りやすくなります。伊良部大橋は、その形状も特徴的。橋の中央を過ぎると上り坂になりしばらくすると下ります。レンタカーやレンタルバイクで渡るのも、新たな楽しみ方のひとつですね。そして伊良部島を語る上で欠かせない、隣接の下地島(しもじじま)。面積としては小さな島々ですが、長い時間をかけて波に削られながら作られた複雑な地形の沿岸部は、シュノーケルやダイビングのスポットとして世界的な人気を集めています。
 そんな話題の伊良部島と下地島で暮らす達人に、島の魅力を聞いてみました。

投稿/おきなわいちば編集部、2015年 1月


《この記事を読む人におすすめの情報》

[宮古島旅行を満喫するならこちら]

家族向けやオーシャンビューなど、現地スタッフ厳選ホテルから選べます

[たびらいセレクション]

峯岡 健次さん
(みねおか けんじ)
峯岡 健次さん

伊良部島と下地島の魅力を伝える達人
  伊良部島で、観光客向けのアクティビティツアーガイドを行う「Marine Shop Irafu」を運営。カヤック、シュノーケル、ビーチツアー、ナイトツアーなど、伊良部島と下地島の自然を楽しめるプランが人気です。身長190センチメートルの頼りがいのある身体と爽やかな笑顔、細やかな気配りで、島の人々からも親しまれています。峯岡さんが伊良部島と下地島の各地で撮影した美しい風景写真は、カレンダーとしても発売中ですよ。

Marine Shop Irafu
沖縄県宮古島市伊良部字長浜211
http://irafu.com/

伊良部島と下地島を楽しむ定番は、ダイビングなどの海遊び!

シュノーケルでもこんなに美しい世界を堪能できる。

  伊良部島と下地島の美しい海を存分に堪能するなら、やっぱりシュノーケルやダイビングがおすすめ!という達人。と言っても、沖縄本島やその他の離島の海とは何が違うのでしょうか。「他との違いは、自然がつくりだした複雑な地形を楽しめること。海中の薄暗い洞窟のぽっかり空いた穴から太陽の光が差し込む様子は、とても美しく神々しいですよ」と達人。近隣の海域にサンゴ礁が広がる伊良部島と下地島の大部分は、水の浸食を受けやすい石灰岩でできています。長い年月をかけて雨や海水などの浸食を受けてきた結果、現在のような複雑な地形が形成されたのだといます。
 「ダイバーの中には“地形派ダイバー”という人たちがいて、色鮮やかなサンゴ礁や熱帯魚よりもこういった海中の地形を楽しむ人もいるんです」と話す達人。伊良部島と下地島ほど複雑な地形を持つダイビングスポットは、世界的にも珍しいです。ダイビングはもちろん、装備の手軽なシュノーケルでも、海中に広がる絶景を楽しめます。

島の歴史や暮らしを知れば、観光スポットの見方が変わる

大小2つの池からなる下地島の通り池。海とも繋がっている

  伊良部島や下地島の観光スポットには、島の成り立ちや歴史、暮らしぶりが垣間見える場所がたくさんあります。例えば、ダイビングスポットとして人気の下地島の通り池。海を望む場所に並ぶ二つの池は、海岸にあった鍾乳洞が浸食されて大きくなったあと天井の一部が落ちてできあがったものです。海側が一の池、もう片方が二の池と呼ばれています。「別々の池の様に見えますが地下部分で通り抜けられるようになっていて、一の池の方は海にもつながっています。通り池という名前の意味がわかりますよね」。
 そのほか、伊良部島の北東に絶壁の下に佇むサバウツガー(サバ沖井戸)は、1966年に島に水道が敷かれるまで、このあたりの佐良浜(さらはま)集落の生活を支えてきた井戸です。遠くから見た地形がサメの口の形に似ていたことから沖縄の方言で、サバウツ(サメの口)・ガー(井戸)と呼ばれるようになったのです。 その他の観光スポットも、成り立ちや名前の由来などを事前に調べたり島の人に話を聞いてみたりすることで、ただ見学するのとは違った見方が楽しめます。

マグロやカツオなど、海の幸も楽しみの一つ

贅沢に厚く切られた新鮮なマグロ

  伊良部島、下地島を訪れたら、マグロやカツオなどの新鮮な近海魚も味わってほしいと達人。伊良部島と下地島を含む宮古島近海では「パヤオ漁」という方法での漁業が盛んに行われています。「パヤオ漁」とは回遊魚が漂流物に集まる習性を利用した漁法。沖に漂流物に見立てた人工の漁礁を浮かべ、集まってきた魚を獲ります。宮古島と伊良部島と下地島を含む周辺離島では、マグロやカツオ、鮮やかな色彩が特徴のイラブチャー(ブダイ)や沖縄の県魚でもあるグルクン(タカサゴ)、ソデイカなど豊富な海の幸が存分に味わえますよ。峯岡さんが案内してくれた、レストラン入江のでは、分厚く切られたマグロ赤身がリーズナブルに堪能できます。

[たびらいセレクション]

伊良部島、下地島の定番観光スポット&宿3選

伊良部島と下地島のおすすめ観光スポット

  伊良部島と下地島の自然を体感できるスポットを紹介します。

  • 渡口の浜
  • 佐和田の浜
おすすめポイント
  白い砂浜と透き通るような青い海のコントラストが美しい渡口の浜はビーチやシュノーケルの人気スポットでもあります。沖合に巨大な岩が点在する一風変わった風景を目にできる佐和田の浜、神々しい青の洞窟としても有名な通り池は下地島にあります。いずれも好天で風が穏やかな日ならば、景観の美しさがグッと際立ちます。

伊良部島おすすめスポット

  水平線を一望したいならここへ!

  • 写真左下の人工的な石造りの部分。降りて行くときは注意して。
おすすめポイント
  いずれも高台から広い海を見渡せる気持ちのよいスポット。それぞれの名前の由来も知ると、また違った雰囲気に浸ることができますよ。

ランチも楽しめる伊良部島と下地島のおすすめの宿

  セレブリティな宿からリーズナブルな宿まで、紹介!いずれの宿も、ランチが楽しめます。

  • 青く澄んだ空に映える白亜の建物「soraniwa hotel
  • 宿では完全なるプライベート空間を満喫できる
  • 全室オーシャンビューのホテルてぃだの郷
おすすめポイント
  一緒に旅する人とどこに泊まるか、それはとても重要なことですね。カップルや新婚のご夫婦ならsoraniwaやヴィラブリゾートがおすすめ。ファミリーや仲間とワイワイ楽しく過ごしたいなら、てぃだの郷かな。伊良部島で過ごすひとときを、それぞれの宿でのんびりと楽しんでくださいね。

伊良部島・下地島のホテル探しなら「推し宿」

  • ホテル通が選んだ下地島・伊良部島ホテルランキング
  • 伊良部島で一度は泊まってみたい隠れ家リゾート5選
  • 2018年11月21日、伊良部島に新ホテルが誕生
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した沖縄のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはずです。
⇒「推し宿」をもっと見る

伊良部島と下地島への交通アクセス情報

  2つの島へ行くには、まずはフェリーか飛行機を使って宮古島へ向かう。フェリーなら沖縄本島(那覇新港)から。飛行機なら、沖縄発はもちろん東京発の便なども利用できます。

宮古島から車で

  伊良部大橋開通により、自動車等を使って宮古島から直接向かうことができます。下地島には、伊良部島から一般道を使って向かうことになります。

宮古島からレンタカー・レンタルバイク

  伊良部大橋が開通したので、宮古島からレンタカーやレンタルバイクを借りていくのが便利です。

宮古島からフェリーで

  伊良部大橋開通により、宮古島(平良港)からのフェリーは廃止。

伊良部島と下地島を楽しむためのQ&A

Q 那覇からの飛行機の直行便はありますか?
A 伊良部島、下地島への直行便はありません。那覇から宮古島への直行便はあります。
伊良部大橋が開通したので、宮古島から伊良部島へは直接車で渡ることができます。下地島は、伊良部島と短い橋で繋がっており、車、自転車、徒歩で渡ることができます。
Q 伊良部島のお土産や名物を教えてください。
A 女性杜氏が造る泡盛「宮の華」は、ほのかな香りと爽快な喉ごしが特徴です。島で獲れたカツオを使った「ナマリブシ」は、カツオ節よりもやわらかく、ほぐすことができます。また、「うずまきサンド」もこの島では定番の菓子パン。切り分けたロールケーキのような見た目で、パンの間には生クリームとシャリシャリの砂糖。どこかなつかしい味わいです。
Q 島内の移動手段で便利なものは何ですか。
A 島内の公共交通はバス、タクシーがあります。また、伊良部島でレンタカー店がありますが、伊良部大橋が開通したので、宮古島からレンタカーやレンタルバイクを借りていくのが便利です。小さな島ですが、観光スポットは伊良部島、下地島のさまざまな地域に点在しており、自転車や徒歩での移動は難しいかもしれません。

いざないの一枚

伊良部島と下地島をもっと楽しむ観光情報

-旅行が楽しくなるお役立ち情報を紹介-

宮古島、伊良部島で遊ぶ!

天然のプールのビーチが点在

沖縄・宮古島諸島のおすすめビーチ

浅瀬でも魚がたくさん

沖縄シュノーケリング 宮古島諸島編

宮古島に伝わる厄払いの奇祭

宮古島のパーントゥの魅力

伝統民謡を歌い競う伊良部島の祭り

伊良部トーガニまつり

絶景カフェや宮古そば

宮古島のおすすめグルメ。絶景もごちそう!

宮古島、伊良部島おすすめ酒造

昭和26年(1951)創業

渡久山酒造(とくやましゅぞう)/伊良部島

昭和23年(1948)創業

宮の華(みやのはな)/伊良部島

昭和23年(1948)創業

多良川(たらがわ)/宮古島

昭和21年(1946)設立

池間酒造(いけましゅぞう)/宮古島

昭和3年(1928)創業

菊之露酒造(きくのつゆしゅぞう)/宮古島

沖縄本島のお立ち寄りスポット

有名ブランドを免税価格で買える

新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店

沖縄・那覇空港から車で15分

沖縄アウトレットモールあしびなー

沖縄らしいグルメ、土産物を求めて

「国際通り」沖縄観光の定番をもっと楽しむ

国際通りの中心部にある人気観光地

那覇の定番観光地「牧志公設市場」

ファッショントレンドの発信地

国際通りの路地裏「浮島通り」

宮古島の人気ホテルに泊まる!

与那覇前浜ビーチが目の前

宮古島東急リゾート

全室スイートプレミアム・プライベートホテル

シギラベイサイドスイート アラマンダ

愛犬と宿泊できる客室あり!

ホテルブリーズベイマリーナ

全室オーシャンビューのアーバンリゾート

ホテルアトールエメラルド宮古島

宮古島の市内中心部の好立地

ホテルピースアイランド宮古島

その他の達人指南を見る

宮古島と橋でつながる池間島はダイビングのメッカでもある

宮古島観光で 思い思いの南国時間を過ごそう
宮古島最大の魅力は、沖縄でも群を抜いて美しい海がすぐ近くに存在しているところです。車を走らせて、その青い海を眺めて楽しむのも良し、腰下ほどの浅瀬でたくさんの熱帯・・・

宮古島の海と浜の美しさは沖縄でも一、二を争う(砂山ビーチ)

沖縄・宮古島諸島のおすすめビーチ
那覇から飛行機で約45分。そこはビーチ天国の宮古島です。極上の砂浜でゆったりするのもよし、宮古島周辺の離島へ出掛けてのんびりするのもいいですね。宮古島のスペシャ・・・

「池間ブルー」と呼ばれる美しい海と池間大橋

「池間島と来間島」宮古島と橋で繋がる離島
宮古本島から気軽に行ける離島といえば、池間島と来間島。それぞれに魅力的な2つの島を1日で巡って楽しみましょう。

麺の下に具が隠されている昔ながらの宮古そば

宮古人(みやこんちゅ)も通う、宮古そばの名店11選
宮古島で地元民に愛され続けている「宮古そば」の名店を、11店舗一気にご紹介。沖縄本島で食べられている「沖縄そば」とは少し違った宮古そばの秘密を、各店巡って発見し・・・

青い海を眺めながらのんびりと過ごそう

【2018年版】宮古島のおすすめカフェ16選
宮古島やその周辺の離島にある、おすすめカフェをたびらい沖縄が厳選して紹介します。海を眺めながら食事を楽しめる絶景カフェや、南国トロピカルフルーツのひんやりスイー・・・

乾杯!から始まる宮古島の夜。何軒かはしごして楽しみたい

美酒や美食、島唄に酔いしれる、宮古島の居酒屋10選
宮古島で泡盛や島の食材を楽しめる居酒屋を紹介します。楽しい夜に花を添える、珍食材や島の恵みの数々を堪能できる居酒屋ばかり…。島ならではの食材と一緒に地酒を味わえ・・・

池間島「フナクスビーチ」の浅瀬に広がる見事なエダサンゴの群生

宮古島諸島の海でシュノーケリングを楽しむ
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの絶好のロケーション。宮古諸島の海の魅力を沖縄のシュノーケリング・ポイントを知・・・

沖縄らしさを演出する赤瓦屋根の空港

宮古空港 緑に包まれた癒しの玄関口
沖縄に数ある空港の中でも、外装、内装ともに南国らしい雰囲気が満点と評判の宮古空港。コンパクトでありながらもお土産店やレストランが充実しており、休憩できる場所も多・・・
×