沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「川平湾」世界有数の透明度を誇る海 石垣島の絶景スポット

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

「川平湾」世界有数の透明度を誇る海 石垣島の絶景スポット

  沖縄を代表する景勝地、石垣島の川平湾。島内随一の人気観光地で、世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ様子は絵に描いたような絶景だ。

絶景ポイントとして人気の川平湾といえばこの風景

  石垣島の市街地から車で約40分。島の北西部に位置する川平湾は、観光客でにぎわう人気の景勝地。雄大な自然が織り成すその景色は、八重山一の高さを誇る於茂登岳(おもとだけ)とともに国の名勝に選ばれ、後に「西表石垣国立公園」となった。
 白く輝く砂浜はさらさらと心地よく、世界有数の透明度を誇る海が青から緑へと美しいグラデーションを見せる。色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚が泳ぐ姿を気軽に堪能できるグラスボートは、観光客に大人気のアクティビティ。世界で初めて養殖に成功した黒蝶真珠、集落の人々が大切に伝えてきた数多くの伝統行事など、見どころ満載の川平湾一帯を、この地で生まれ育った達人が紹介。

更新日/平成29年(2017)6月

《この記事を読む人におすすめの情報》

石垣島・川平湾の達人
(たかみねさとし)
高嶺聡史さん

石垣島・川平湾の達人
  石垣島の川平で生まれ、川平で育った達人は、創業64 年、銘酒「於茂登」の蔵元、高嶺酒造の3代目当主を務める。酒造所では随時、泡盛の製造工程を見学することができるほか、 泡盛作り体験も行なっている。
 当然ながら、お酒が大好きで泡盛は毎日欠かさないという達人。趣味は三線と笛。地域の行事にも積極的に関わり、川平の自然と音楽をこよなく愛している。

達人が当主を務める高嶺酒造所の情報はこちら

自然に囲まれた川平湾をグラスボートで周遊

グラスボートから美しい海の中が見える

  川平湾の魅力は、美しい海に湾内に緑の島々が浮かぶ緑の島々と、豊かな自然に囲まれていることだ。光の加減や潮の満ち引きによって刻々と表情を変える湾内は、毎日見ていても飽きることはない。
 潮の流れが早いため、遊泳することはできないが、湾内を周遊するグラスボートなら景観と合わせて、海の中の様子も楽しむことができる。船底がアクリルガラスでできているため、自由に泳ぎまわる熱帯魚や珊瑚礁の群落が眼下に広がる。選りすぐった湾内の珊瑚が美しいポイントに連れて行ってくれ、解説を聞くことができるので海中見学は充実。グラスボート遊覧は川平マリンサービスがおすすめ。
 ボートの待合所のおじぃによれば、より透明度の高い海中を見るには、満潮の2時間前後が適時だという。
 湾内の無人島には、それぞれに名前が付いている。昔はサトウキビ畑があったという川平湾小島(クジマ)を始め、地元ではパナリと呼ばれている島々のエピソードも、待合所のおじぃに聞いてみるといい。
 グラスボートの乗船前後には、周辺の施設や、川平公園内の散策を楽しんでみては。乗り場から徒歩5分圏内にある琉球真珠本店や、高嶺酒造でも随時泡盛の製造工程を見学できる。

海の宝石、真珠が育つ海

琉球真珠本店前の人魚の像

  恵まれた自然環境でしか育たないといわれる黒蝶真珠。川平湾は、世界で初めて黒蝶真珠の養殖に成功した場所だ。その養殖過程などを、琉球真珠本店のパネル展示で見ることができる。母貝の育成から5年以上の歳月をかけて、ようやく貝の中に真珠が生まれる。母貝が十分に育つと、挿核手術といって真珠の核となるものを貝の中に投入する。その際に、貝殻の内側のピカピカしている部分を切り取って核にはりつけるようにすると、核を巻き込むようにして美しい真珠に成長するのだ。
 真珠の色は、職人さんが貝のどの部分を切り取るかによって変わり、貝の内側にいくにつれ白に近づいていくそう。イエロー系やグリーン系、ブルー系やシルバーなど、あなた好みの黒蝶真珠を見つけてほしい。
 併設されたR's cafeでは、期間限定ではあるが、真珠貝料理を味わうこともできる。

緑豊かな川平パッション農園でひと休み

川平ファームが運営する喫茶コッカーラのデッキからの景色

  川平湾の美しさをグラスボートで堪能した後は、ひと休みしたいところ。公園から車でほんの2、3分走らせ、立て看板を目印に、山へと続く細い坂道を入っていくと川平ファームがある。大型車では乗り入れが難しいので注意。農園に併設された喫茶店コッカーラでは、自社のパッションフルーツ、パイン、マンゴーのフルーツジュースが味わえる。
 テラス席には望遠鏡も設置され、野鳥なども観察できる。ちなみに「コッカーラ」とは、石垣市鳥のアカショウビンのこと。大好きな鳥の名前を名付けたことを、オーナーの奥さん・淑子さんが話してくれた。

夕日が見たければ西側の丘へ

夕暮れ時、にぎわう丘のふもと

  マリンレジャーも、黒蝶真珠も、食事も、湾周辺で楽しんだら、そろそろ太陽の落ちる時間。サンセットタイムが近づいたら、公園から川平集落を通り、西側へと車を走らせよう。ポイントは2カ所。ビーチから夕日を見るか、丘の上から海に沈む夕日を見るか。
 どちらにするか悩むところだが、今回は丘を紹介。公園から約5分で、夕日の見える丘へと到着する。天気の良い日には、犬の散歩に来た地元の人や、夕日目当ての観光客でにぎわっている場所だ。走り回る子どもたち、腰を下ろしてたたずむ人、記念に写真撮影をする人と、絶景ポイントを楽しむスタイルはさまざま。
 太陽が落ちた直後、振り返って辺りを見渡すと、景色に薄い紫色のフィルターがかかったような、不思議な色合いに包まれている。この美しさもぜひ見届けて。

一期一会の出会いを楽しむ

川平で出会った人々。のびのびと時間を楽しんでいる

  さて、思う存分に川平湾・川平周辺を楽しんでいただけだろうか?満月の夜はぽっかりと月灯りが浮かび、朝と夕方は日によって違った色彩を見せる。雨の日には、雨粒の波紋が水面に広がっていく。気候や時間帯によって異なる魅力を見せる川平湾。石垣島に訪れたなら、この湾と空の色を自分の目で確かめてほしい。
 そして、川平の魅力を引き出しているのは、ここに暮らす人々だ。グラスボート乗り場で、食堂で、民宿で……。偶然にすれ違った人との会釈などささやかなきっかけから、川平の人々とのコミュニケーションを始めれば、旅の思い出もよりいっそう深まる。
 この地域には、古くから続く伝統行事など、ガイドブックには載らない魅力がたくさんある。幾度か訪れるうちに、出会った人々がより深い川平旅行の楽しみへと誘ってくれる。

《厳選ホテル》

石垣島・川平湾のおすすめ情報

川平で楽しむマリンレジャー 特選3

  川平湾周辺ではさまざまなマリンレジャーを楽しめる。美しい海と自然を、身近に感じてほしい。

  • 石垣島で今最も注目されているマリンスポーツ
  • 美しい青い海をスケルトンカヌーで満喫
  • マンタと水中で遭遇できると、感動がこみ上げてくる
おすすめポイント
  マリンレジャーに挑戦。川平湾はもちろんのこと、島の西側には底地ビーチもある。通称サップと呼ばれるスタンドアップパドルは、ボードの上に立ち、櫂で漕ぎながら海面を進んでゆく、近年人気の出てきたマリンスポーツ。スケルトンカヌーは、ボートの底がアクリル素材でできており、漕ぎながら海中の魚たちを観察することができる。
 また、石垣島といえば、マンタを思い浮かべる人も多いだろう。川平からは船で約5分の沖合に、マンタに出会えるポイントがある。マンタの通り道でのシュノーケル体験では、高確率でマンタに会うことができるのだ。

川平に泊まろう! 民宿情報 特選3

  • 川平湾が眺められる部屋が多いのが人気
  • 全室Wi-Fi完備
  • 川平の中では、比較的新しい宿だ
おすすめポイント
  川平をとことん楽しみたいのなら、川平でひと晩過ごすのが一番。宿に集う人々と交流できる民宿での宿泊がおすすめだ。川平湾を見渡すデッキが魅力の前高屋では、地元で生まれ育った女将さんの朝夕のご飯と、愉快な人柄にひかれるだろう。人懐っこい笑顔の夫婦が営む民宿イリワは、ドミトリーやコテージなど宿泊スタイルを選ぶことができる。各国から集まってきた旅人たちとの交流も魅力だ。マリンショップが運営する宿、まりんはうすは、それぞれ個室で過ごすスタイルなのでファミリーにもおすすめ。ランドリー設備も整っている。

移住者たちがつくった個性的な店 特選3

  川平に魅せられ、この地に腰を下ろした人々がつくり上げた、一風変わったお店たちを紹介。

  • どれもおいしそうなパンは1個50円から
  • こちらが人気上昇中のヤギのキャラクターTシャツ
  • 店舗兼作業場。愛犬を抱えた原田さんの笑顔が素敵だ
おすすめポイント
  川平には、本土から移住してきた人々も暮らしている。北海道と東京から移り住んだカップルが2人で切り盛りするパン屋・pinacoladaは、地元でも人気を集めている。川平湾から集落に向かって歩くこと5分。なちゅらる宇宙人では、やぎのキャラクターTシャツが人気だ。子どもにも安心のおやつを取り揃えている。ダイバーやスノーケラー必見のショップは、水の箱。用途やカメラに合わせたハウジング(カメラやビデオカメラを水中で使用するための防水ケース)のオーダーメイドは、石垣市内ではここだけだろう。

石垣島・離島周辺のホテル探しなら「推し宿」

  • プールが楽しい石垣島ホテル4選
  • ビーチが自慢!石垣島ホテル3選
  • ゴルフが楽しめる石垣島ホテル2選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した石垣島・離島周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「推し宿」をもっと見る

赤瓦コテージ滞在で沖縄時間を。フサキリゾートヴィレッジ。

石垣島への交通アクセス情報

  平成25年(2013)に開港した広い滑走路を持つ南ぬ島石垣空港。路線も増えて、各地からの飛行機が石垣島へ降り立つようになった。

東京方面から石垣島への空旅

  東京国際空港(羽田)、成田国際空港から約3時間

沖縄本島から石垣島への空旅

  那覇空港から約1時間

関西方面から石垣島への空旅

  関西国際空港、神戸空港から約2時間30分

中部方面から石垣島への空旅

  中部国際セントレア空港から約2時間30分

九州方面から石垣島への空旅

  福岡空港(夏季のみ就航)から約2時間

川平湾への交通アクセス情報

  空港から車で50分、石垣市街地からは車で約30分

【南ぬ島石垣空港から】川平湾までの道のり

  レンタカーで約50分。

バスで米原キャンプ場行き(12時・15時発)に乗る。
上記の時間以外は、バスターミナルまで行き、川平方面行きのバスへ乗り換える。
◆1日フリー乗車券(1000円)、5日券(2000円)がおすすめ。

さらに詳しく知る⇒ 石垣空港から川平湾距離と所要時間の目安

【石垣市街地から】川平湾までの道のり

  バスで系統9番・川平リゾート線(各リゾートホテル・フサキビーチ・唐人墓・みね屋前・やいま村・川平)、系統11番・米原キャンプ場線(おもと・開南・米原・山原・川平・石垣空港)
◆1日フリー乗車券(1000円)5日券(2000円)がおすすめ。


********************************
免責補償・カーナビ・消費税すべて込み!
最安値の石垣島レンタカー予約はこちら
********************************

観光地情報

  関西国際空港、神戸空港から約2時間30分

石垣島・川平湾Q&A

Q グラスボートにおすすめの時間帯は?
A 天気や潮の具合によっても異なるが、満潮の前後2時間は海中の透明度が高い。グラスボート業者はいくつかあり、15分おきに出航し、約30分間の海中旅行を楽しめる。最終便は17時発。乗船料金は大人1000円、小人500円。予約がなくても乗船できるが、予定をきっちり立てたい人は事前に予約を。(川平マリンサービス:0980-88-2335、まりんはうすぐるくん:0980-88-2898)
Q 飲食店は何時まで開いているの?
A 公園内のKABIRA GARDENは、夏は18時まで、冬は17時30分まで開いている。居酒屋は深夜1時くらいまで開いている店もある。それぞれ時間が異なるため、電話で直接店に確認するのが確実だ。
Q 川平湾に浮かぶ無人島の名前は?
A いちばん大きな島が川平湾小島(クジマ)。続いてユミパナリ、ムクパナリ、マヤパナリ、マジパナリ、キダパナリ、クバパナリ。パナリとは八重山地方の言葉で、”離れ島”という意味だ。
Q 子ども連れの家族で楽しむポイントは?
A 小さな子ども連れでも楽しめるのは、やはりグラスボート。公園内のKABIRA GARDENでのショッピングや食事も、その前後に立ち寄れる。レンタカーがあれば夕日の見える丘まで車を走らせ、芝生でのびのびと走り回ることもできる。
⇒おすすめのレンタカー人気車種ランキングはこちら
Q 川平の伝統行事は、どんなものがある?
A 八重山地方では、豊作や家内安全を願う多くの伝統行事が残っている。現在、川平地域では、一年を通して26の行事が行われている。最も大きな行事は、豊年祭(ほうねんさい)、結願祭(きつがんさい)、節祭(しちぃさい)。豊年祭や結願祭では、棒術や踊りなどを楽しむことができるが、節祭は、秋の夜に静かに厳かに行われ、写真撮影は禁止となっている。
編集部おすすめ!「沖縄のシュノーケリングスポット特集」

  世界でも有数の透明度を誇る沖縄の海。
 その美しい海を満喫するには、シュノーケリングがおすすめ。海の中をのぞけば、カラフルな熱帯魚やサンゴ礁がすぐ目の前に。その感動は、経験しないと分からない。初めてでも安心して選べるように厳選したシュノーケリングプランと、スポットを紹介。青い海で魚と泳ぐ楽しさを体感し、沖縄の海を満喫しよう。

⇒沖縄のシュノーケリング特集を読む

沖縄のいい宿研究会厳選!石垣島格安リゾートホテル

いざないの一枚

石垣島をもっと楽しめるお役立ち情報

-石垣旅行が楽しくなる4つのおすすめ情報を紹介!-

石垣島で遊ぼう

石垣島の見どころ・遊びどころを紹介

絶景名所やビーチ情報も!石垣島の楽しみ方

サンゴ礁の海に囲まれた八重山諸島の魅力

沖縄シュノーケリング 石垣島&八重山諸島

八重山諸島の空の玄関口を徹底ガイド

新空港!南ぬ島石垣空港を徹底ガイド

独自の伝統行事が根づく石垣島の魅力

伝統行事やスポーツも!石垣島人気イベント

昼間とはまた違う風景が楽しめるナイトカヌー

サンセット&星空ナイトカヌー

青い海と空に囲まれて、SUPで海上散歩

スタンドアップパドル

サンゴも熱帯魚もマンタも堪能できる

マンタを見に行こうシュノーケル

空港⇔観光地の距離と時間

石垣市の中心部までドライブ

具志堅用高記念館までの距離と所要時間

於茂登岳と川平湾に囲まれた米原ビーチ

米原ビーチまでの距離と所要時間

竹富島や西表島が一望できる展望台

バンナ公園までの距離と所要時間

石垣島東海岸をドライブして玉取崎展望台へ

玉取崎展望台までの距離と所要時間

石垣島の最西端、夕日の名所

御神崎灯台までの距離と所要時間

石垣島を代表する景勝地

川平湾までの距離と所要時間

石垣島最北端をめざしてドライブ

平久保崎灯台までの距離と所要時間

おすすめの石垣グルメ

太陽と海の恵みが詰まった石垣島グルメ

おすすめ&人気の石垣島グルメ

個性的な石垣島のカフェを紹介

女性に人気!石垣島のおすすめカフェ巡り

ホルモン焼きとビールのコンビが最高

焼き肉オリオンの八重山ホルモン

古民家で食べる王道の八重山そば

来夏世(くなつゆ)

石垣島産黒毛牛肉100%のハンバーグ

石垣島きたうち牧場のハンバーグ定食

笑顔で出迎えてくれる地元で人気のパン屋さん

パン屋pinacolada(ピナコラーダ)

テラス席でパノラマに広がる景色を楽しむ

cafe PUFF PUFF(プカプカ)

住宅街にある古民家で味わうカレー

中村屋

ユーグレナを使った料理を堪能

ユーグレナ・ガーデン

石垣島のフルーツを使ったスムージー

mango cafe

石垣島の人気ホテルに泊まろう

石垣市/サンセットビューが自慢のリゾート

フサキリゾートヴィレッジ

石垣市/太平洋が一望できるリゾートホテル

ホテル日航八重山

石垣市/高水準なサービスでおもてなし

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

石垣市/名蔵の大自然に癒されながら過ごす

コンドミニアム・ホテル名蔵ヴィレッジ

石垣市/快適な広さでゆったりとくつろぐ

ホテルロイヤルマリンパレス石垣島

石垣市/石垣島の海を眺め旅の疲れを癒す

ビーチホテルサンシャイン

石垣市/離島観光・島巡りに便利な立地

石垣島ホテル ククル

石垣市/島々の表玄関に位置するホテル

南の美ら花ホテルミヤヒラ

石垣市/旅する人のくつろぎと癒しの拠点

ホテルベルハーモニー石垣島

石垣市/素足で寛げる南国のホテル

ホテルパティーナ石垣島

その他の達人指南を見る

フサキビーチに夕焼けを見に集う人々

沖縄本島から南にある石垣島旅行に役立つ!おすすめ観光情報
世界有数の美しい海と雄大な山々、個性豊かな島々に囲まれた石垣島。平成25年(2013)には新空港ができ、アクセスも良くなったことから観光客が増えている。おすすめ・・・

久宇良の浜

「石垣島のおすすめビーチ」徹底ガイド
八重山の玄関口石垣島にあるビーチは個性的。野趣に富んでいるビーチ、しっかり管理運営されるホテルのビーチ、波打ち際でキャンプを楽しめるビーチなどなど、カップルもフ・・・

食欲をそそる厚切りの石垣牛

「石垣島グルメ」必食の石垣牛、八重山そば
全国的にも有名なブランド牛・石垣牛に、庶民の味・八重山そば、島野菜たっぷりの家庭料理に定番おやつまで。太陽と海の恵みがたっぷり詰まった石垣島グルメを味わう。

沖縄風クレープ・ポーポーとゴーヤーのスムージー

石垣島カフェ巡り・絶景とおすすめスイーツ
海の見えるロケーションや島の食材を使ったメニューなど、石垣島では個性的なカフェが増え、カフェ巡りが人気を呼んでいる。

女性に特に人気が高い赤のミンサー織り

石垣島のミンサー ロマンチックな伝統工芸
石垣島を代表する伝統工芸品のひとつである八重山ミンサー。ロマンチックな意味が込められたミンサー柄は、織物製品にとどまらず、雑貨品や街の中でも見ることができる。お・・・

豊年祭のワンシーンより(撮影/新盛基史さん)

石垣島・おすすめの伝統行事や人気イベント
石垣島は八重山諸島のひとつとして、独自の伝統行事が根づく島だ。星空や特産品を楽しめるイベントやスポーツイベントも充実している。旅行の前にチェックしておこう。

石垣が連なる小道を水牛車でゆったり散歩

宿泊して気付く竹富島の魅力 沖縄の原風景に触れる旅
竹富島は、沖縄の古き良き風景を今なお残す離島。朝の散策、西桟橋からの夕日、星空など、宿泊することで、島の魅力に気付くことができます。

展望台から眺める仲間川の流域

「西表島」沖縄・秘境の島の巡り方 アクセス方法やホテル情報
沖縄本島に次ぎ2番目に大きい西表島。島の90%を亜熱帯の原生林が占め、イリオモテヤマネコをはじめとする珍しい動植物が生息しています。そんな島の魅力や楽しみ方を紹・・・

自転車で駆け抜けたい、まっすぐに伸びるシュガーロード

ドラマの舞台にもなった「小浜島」をゆったり観光
石垣島からフェリーで約30分。NHKの朝の連続テレビ小説の舞台になったことをきっかけに一躍有名になった小浜島では、さとうきび畑を散歩しながら気ままに過ごすもよし・・・