沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. NAHAマラソン完全ガイド
PR
もう、ツアー予約でページをいったりきたりしない!「たびらい厳選ツアー」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

NAHAマラソン完全ガイド

  毎年12月の第1日曜日に開催される沖縄の一大イベント「NAHAマラソン」の魅力に迫る。

道路を埋め尽くすランナー。旭橋から42.195キロのドラマが

  那覇市とハワイ・ホノルル市の姉妹都市提携25年を記念してスタートした「NAHAマラソン」は、平成28年(2016)で32回を数える。参加者は年々増加し、沖縄を代表する一大イベントになっている。
 コースは、42.195キロの日本陸連公認。那覇市、南風原町、八重瀬町、糸満市、豊見城市の南部5市町を走り抜ける。魅力的なコース沿道の風景はもちろん、熱い応援やランナー同士の触れ合いなど、競技の枠には収まらない魅力に、一度参加したランナーはリピーターになる人も多い。
 「NAHAマラソン」を楽しみにしているのはランナーだけではない。沖縄の人は家族総出で、友人同士で、職場や地域の仲間で、赤ちゃんからお年寄りまで沿道に集まり、声をからして応援。「NAHAマラソン」は走る人も走らない人も、すべての人が心待ちにする一大イベントなのだ。長年、「NAHAマラソン」を走り続けてきた沖縄生まれの達人がその魅力を紹介する。(聞き手/西野美和子)

更新日/平成28年(2016)6月

⇒2016年のNAHAマラソン仮申し込みが開始
⇒NAHAマラソンにおすすめのホテル&ツアー情報はこちら

崎山須雅子さん
(さきやま すがこ)
崎山須雅子さん

「NAHAマラソン」の達人
  「NAHAマラソン」にはこれまで12回出場し、すべて完走。ベストタイムは4時間47分。アラフォーの今も進化中で、毎年、タイム更新を狙う。夢は100kmウルトラマラソン出場。那覇市でパン教室を主宰。食べるのも仕事のうちで、自らの体調管理のためにもマラソンに情熱を傾ける。

達人が語る「NAHAマラソン」の楽しみ方

スタートから約33キロの「阿波根交差点」付近。制限時間地点だ

  12月に開催される「NAHAマラソン」は、私にとってマラソン大会出場というそのものの意味合いだけでなく、1年を締めくくる大切な年間行事になっている。「NAHAマラソン」に参加しないと1年が終わらない。走り終えた後、「これで無事に正月を迎えられる……」、まさにそんな気持ち。
 「NAHAマラソン」は沖縄の一大イベントで、走る人、走らない人、どちらにとっても、お祭りのようなもの。生まれも育ちも那覇の私にとって、「お祭りには参加しないと」という自然な流れで、陸上競技経験もないのに肩肘張らずに、26歳で初チャレンジ。練習の成果もあって、初「NAHAマラソン」はどうにか制限時間ギリギリで完走した。翌年もその次の年も完走の感激を味わいたくて、気がつけばかなりの年数を重ねてきた。

応援団、ボランティアそして、自然が背中を押してくれる

土砂降りの雨の中でも熱い応援が続く

  「NAHAマラソン」の楽しみは、まず応援のすごさ。子どもたちがエイサーを踊り、その太鼓に合わせてランナーの足取りも軽快になる。お決まりのポイントにはリピーターランナーにはすっかりおなじみのバンドの演奏や歌など、沿道の応援はまるで余興のよう。
 子どもからお年寄りまで沿道には応援の人たちがズラリと並び、黒糖や塩、スポーツドリンク、水、アイスキャンディー、乾燥梅干し、サーターアンダギー、おにぎり、スープ、手作りの特製お菓子など、もう、何が何だかわからないほどのもてなしに、ランナーは給水や給食に困ることなんてない。
 どしゃぶりとなった第28回大会でも、応援団の数は例年と変わらず、雨ガッパに身を包み、変わらぬ声援を送ってくれた。応援の人とともに「NAHAマラソン」に参加している気持ちで、雨という悪いコンディションだからこそますます、みんなの心がひとつになった。
 もうひとつ、疲れた体を後押ししてくれるのは、沖縄の自然だ。県外から参加しているランナーが必ずカメラを構えるポイントがある。それは27キロを越えたあたりだ。糸満市名城に入ると突然視界が開け、目の前に東シナ海が広がる。苦しくて、下を向きがちだった走りから一転、青い海から元気をもらい、後半の走りへの活力になるはずだ。

ベテラン健脚ランナー流の「NAHAマラソン」奥義

家族やチームでの団体参加もOK。仲間と一緒に「お祭り」だ!

  ランナーの仮装も「NAHAマラソン」の楽しみのひとつ。人気キャラクターだけでなく、その年に流行したもの、はたまた時事問題をユーモア交えて被りものに仕立てたり……。仮装ランナーは子どもたちから声を掛けられる頻度も高く、否が応でも、頑張るしかない。
 仮装をしてフルマラソンを走ることができるのは、やはり走りに余裕のあるランナーだからこそ。タイムを競うことも大切だけど、普段は健脚を誇る上級ランナーであっても「NAHAマラソン」だけは、タイムはほどほどにして、楽しむことを一番に掲げている人も多いようだ。平和祈念公園を中心に沖縄本島南部を一周するコースなので、ルートから少し遠回りをしてでも、平和祈念公園やひめゆりの塔などの慰霊碑に祈りを捧げるランナーも見かける。せっかく県外から参加するなら、こうしたマラソンの楽しみ方もあっていいだろう。
 42.195キロを走り終えた後のごほうびは、打ち上げだ。ゴール会場には、朝から宴会場所を確保していた応援団の輪があふれ返り、あちらこちらで、乾杯の宴。県内外問わず知らない者同士でも、「祭り」に参加した仲間という共通項ですっかり意気投合。苦しかったポイント、楽しかった出来事、発見したおもしろ仮装、ハプニングなど、仲間や応援メンバーと語りに語り尽くす。場所を変えて、居酒屋やレストランでも宴の第二部、第三部は続いていく。観光を兼ねてマラソンを楽しむもよし、沿道の声援やおもてなしを感じるもよし、完走後の人との交流を楽しむもよし。それが「NAHAマラソン」だけが持つ、魅力と言えるだろう。

たびらいホテル予約であなただけの旅しおりお届けします!

達人のアフター「NAHAマラソン」3選

マラソン当日に行きたい温浴施設

  その日の疲れはその日のうちにケアしよう。ロケーションで厳選。

  • 9種類の風呂とサウナが楽しめる
  • 塩化物泉で筋肉痛を和らげ疲労回復に効果がある
  • ホテル宿泊なら大浴場、サウナは無料
おすすめポイント
  フルマラソンを走り終えた後は、お風呂にゆったりと浸かって疲れきったカラダをケアしたいもの。「NAHAマラソン」当日にすぐに行くなら、ゴール会場となる那覇市の奥武山陸上競技場から近く、その足でそのまま直行できる温浴施設が一番。国際通りそばでゆいレールが利用できる交通至便な施設や、その日に沖縄を離れる人にも使い勝手がよい那覇空港そばの施設を選んだ。さっぱりとひと風呂浴びてから、飛行機に搭乗できるのが魅力だ。お手頃価格がうれしい温浴施設3選。

マラソン翌日に行きたい温浴施設

  レンタカーでちょっと足を延ばせば、種類もいろいろ。

  • 温泉でリフレッシュしたら慶良間に沈むサンセットを堪能
  • 眺めが良く、地元客にも人気
  • 疲労回復コースなどのメニューでバーデゾーンを楽しむ
おすすめポイント
  「NAHAマラソン」翌日は、沖縄本島を北へ南へドライブで観光しながら、眺望抜群の温浴施設に立ち寄って、体をケアするのもいい。海を眺めながら、マラソンの思い出に浸って、のんびりリラックス。本格派温泉や海の恵みを利用した温浴施設などとっておきの3選。

マラソンの後に食べたい沖縄料理

  おいしい料理で疲れを癒そう

  • 人も座席もひしめき合って大衆的な雰囲気(写真提供:OCVB)
  • 柔らかい牛ヒレ肉を使った、テンダーロインステーキが人気
  • カラカラとちぶぐゎー
おすすめポイント
  NAHAマラソン」で長距離を走った後は、沖縄の名物料理を食べてしっかり影響補給。沖縄の食堂は基本的にボリューム満点。“ちゃんぽん”、“みそ汁”など、スタンダードな食べ物かとおもいきや他県とは全く異なる料理も多い。ステーキ屋も那覇市内に点在しているので、がっつり食べたい人にはおすすめ。元気な人は、ぜひ那覇の居酒屋で宴会を!

那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

沖縄のいい宿研究会厳選!女子旅本島ホテル

NAHAマラソンの日程&申込方法

  大会概要と詳細な申し込み方法を紹介。人気なので、早めの準備が必要だ。

下の地図は、スタート地点の国道58号線明治橋交差点付近。

大会概要

  【大会日時】
毎年12月の第一日曜日 午前9時スタート(雨天決行)
※平成28年(2016)は12月4日(日)

【定員】
3万人(※定員の3万人を超える仮申し込みがあった場合は抽選)

【コース】
スタート: 国道58号線明治橋交差点9時
ゴール : 奥武山陸上競技場15時15分まで
制限時間 : 6時間15分

【参加資格】
国籍問わず、16歳以上(大会当日)なら誰でも。16歳未満は保護者の同意が必要

【参加料】
一般:6500円
18歳以下(高校生):5000円
65歳以上:5000円

【申込方法】
申込日:平成28年(2016)は6月6日(月)~6月24日(金)
インターネット:NAHAマラソン協会事務局
電話:098-862-9902

詳しくは、NAHAマラソン協会事務局へ。

達人に聞く「NAHAマラソン」Q&A

Q 観光旅行とはひと味違う、「NAHAマラソン」参加ならではの土産は?
A 地元の新聞(沖縄タイムス)に完走者一覧が掲載されるので、大会会場で新聞郵送の手続きをして、名前入りの新聞を手に入れよう。特別な土産になること間違いなし。
Q 給水ポイントはいくつぐらいあるの?
A 大会の公式給水ポイントだけでなく、応援の人たちがコース上で飲み物や食べ物、アイシングスプレーなどさまざまなものを差し入れしてくれるので、心配無用。そのご厚意に感謝しよう。
Q マラソングッズを忘れてしまったら?
A 大会前日のゼッケン引き換え会場にショップが設置される。いざというときは、ここで買い物をすれば大丈夫。忘れたときだけではなく、次の大会に備えて、シューズやウエアなどお買い得品もチェック。
Q 宿泊するホテルは、那覇市内が便利?
A 宿泊先はもちろんスタート・ゴール地点の那覇市の奥武山陸上競技場に近いに越したことはないが、多少離れていても、朝のウォーミングアップがてらに歩いて会場に向かうのも手だ。というのも、大会当日のゆいレールは通勤電車並みの混雑で、かえって体力を消耗しかねない。体力温存も兼ねて、朝の那覇の街を歩いてみよう。
⇒那覇ホテルランキングはこちら
レンタカーから沖縄の旅は始まる。だから最安値プランを!

沖縄旅行にはレンタカーが必須。全プランの最安値を保証。

  沖縄の旅には、ドライブが似合う。青い空の下、青い海を眺めながらの運転は、とにかく爽快!
 そんなドライブ旅をサポートできるレンタカープランを紹介。厳選したレンタカー会社15社の全プランを最安値で比較でき、お得なプランも盛りだくさん。
 自分好みのレンタカーを簡単検索!

⇒沖縄の最安値レンタカープランを探す

沖縄のいい宿研究会厳選!「宿くらべ」をもっとみる

いざないの一枚

その他のお役立ち情報

那覇の人気沖縄そば

常連になりたい那覇の人気店

そば処 すーまぬめぇ

しっかりした味の軟骨ソーキが人気

沖縄そば専門店 けんぱーのすばやー

香ばしさがクセになる炙りソーキは絶品

沖縄そば専門店 いしぐふー 小禄具志店

赤瓦屋根の下で沖縄そばを満喫

そば・ゆしどうふ 琉球茶房 すーる

毎日手打ちで作る自家製麺が自慢

そば家 玉那覇ウシ商店

久米の孔子廟にあやかった赤い沖縄そば

カフェ沖縄式(かふぇおきなわしき)

2日間かけて作る熟成自家製麺を堪能

麺処 てぃあんだー

こだわりの伝統木灰そばが自慢

自家製麺 木灰そば とらや

カフェ感覚のおしゃれなそば屋

うかじそば 新都心店

赤瓦屋根の古民家の沖縄そば家

沖縄そばと海産物料理の店 楚辺(そべ)

那覇のおすすめ居酒屋

アットホームな雰囲気が人気

わたんじ通堂町(わたんじとんどうちょう)

朝獲れ鮮魚と新鮮野菜でおもてなし

火炉端 回 おもろまち店(かい おもろまちてん)

個室でゆったりくつろげる

和風HEALING A PRIVATE ROOM 梅梅。(う

料理とワインを堪能する大人の隠れ家

肉食系ダイニング 車庫(しゃこ)

島の鮮魚・野菜を使った幅広い創作料理

居酒屋小僧 じぇいや

島唄ライブと沖縄料理でお酒が進む

島の仲買人 ちぬまん国際通り店

泡盛と沖縄の味に酔いしれよう

泡盛と琉球料理うりずん

昔ながらの温かい雰囲気を楽しむ

家庭料理の店 まんじゅまい

ワインも料理も驚きの安さ

ワイン酒場 MARU(まる)

オリジナリティ溢れる創作料理が人気

町の灯 こつぶ

沖縄の冬おすすめイベント

年明け最初に行われるウルトラマラソン

宮古島100kmワイドーマラソン

渡嘉敷島を一周するマラソン大会

鯨海峡とかしき島一周マラソン大会

沖縄の冬の観光の目玉として注目

沖縄の冬おすすめ「ホエールウォッチング」

沖縄本島中部を走るフルマラソン

おきなわマラソン

県内で唯一の車いすマラソン

ぎのわん車いすマラソン

糸満市/花火ショーも人気!

いとまんピースフルイルミネーション

読谷村/たくさんのやちむんに出会う

読谷山焼陶器市(よみたんざんやきとうきいち)

沖縄ならではの桜の楽しみ方を紹介

沖縄の寒緋桜(カンヒザクラ)で花見を満喫

北中城村/日本で一番早いひまわりの祭り

ひまわり IN 北中城(きたなかぐすく)

宜野湾市/沖縄の3月を代表するイベント

沖縄国際映画祭

温泉・スパがある那覇のホテル

極上のリラクゼーションを満喫

ロワジールスパタワー那覇

リゾートと都市を楽しむ鮮やかな空間へ

沖縄ナハナ・ホテル&スパ

懐かしさと、安らぎのあるホテル

ネストホテル那覇(旧ポートホテル)

那覇空港・泊港へアクセス抜群

アパホテル〈那覇〉

ベイサイドに浮かぶシティリゾート

ロワジールホテル那覇

アクセス良好、空港より10分

ダブルツリーbyヒルトン那覇

優雅な癒しの時間を満喫

メルキュールホテル沖縄那覇

利便性と開放感を兼ね備えたホテル

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

沖縄観光やビジネスの拠点に便利

パシフィックホテル沖縄

伝統のクオリティサービスでおもてなし

沖縄サンプラザホテル