沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. ひめゆりの塔・平和祈念資料館の巡り方
PR
[9/30新着]現地スタッフ厳選!お得で満足な秋の沖縄の旅行情報まとめ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

ひめゆりの塔・平和祈念資料館の巡り方

  ひめゆりの塔と、塔に隣接する併設の資料館「ひめゆり平和祈念資料館」は、沖縄本島南部の糸満市にある。戦争体験者が年々少なくなっていく今、国内唯一の住民を巻き込んだ地上戦となった沖縄戦がどんなものであったのか、元ひめゆり学徒生たちの体験を通して、若い世代に戦争の実態を伝えている。年間約60万人余りが平和学習や慰霊、観光でこの地を訪れる。

ひめゆりの塔に隣接するひめゆり平和祈念資料館と館長の島袋さん

  沖縄本島南部の糸満市にあるひめゆりの塔は、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒・教師の鎮魂のための慰霊碑である。ひめゆり学徒隊の「ひめゆり」とは、沖縄師範学校女子部と県立第一高等女学校の愛称。沖縄戦で、沖縄陸軍病院に動員された女子学生たちの総称を、戦後「ひめゆり学徒隊」と呼ぶようになった。ひめゆり平和祈念資料館の館内は全部で6つの展示室で構成され、貴重な証言などの資料がわかりやすくまとめられている。両校の同窓生たちの「戦争の悲惨さ、愚かさ、そして命の大切さを後世に伝え残したい」という思いが、ここには生きているのだ。

更新日/平成27年(2015)12月

ライター/桑村ヒロシ 投稿日/平成25年(2013)10月1日

◆ひめゆりの塔周辺の沖縄南部の楽しみ方やおすすめ情報が満載
沖縄南部観光・旅行特集

島袋 淑子 さん
(しまぶくろ よしこ)
島袋 淑子さん

ひめゆり平和祈念資料館の達人
  元ひめゆり学徒(沖縄師範学校女子部)だった島袋さんは、昭和20年(1945)3月23日沖縄陸軍病院へ動員され、学生ながら看護業務に就く。6月18日には沖縄陸軍病院より解散命令が出され、戦場をさまよううちに、同級生たちは次々と砲弾に倒れ亡くなっていった。戦後、生き残った同窓生たちでひめゆり平和祈念資料館を設立。小学校の先生をしていたが、退職後に資料館づくりに携わり、現在、ひめゆり平和祈念資料館の館長を務めている。趣味は茶道。

終戦の翌年に建てられたひめゆりの塔

戦後、慰霊のためにいち早く建てられたひめゆりの塔

  ひめゆりの塔は、終戦の翌年に学徒の遺族らによって建立されました。糸満市には数多くの慰霊碑・塔がありますが、最も早く建てられた塔のひとつです。ひめゆり平和祈念資料館が設立されたのは、戦後43年が経った平成元年(1989)6月23日。それまでは、資料館をつくることよりも、失ってしまった学校をまず建て直したいと奔走していました。しかし現実的には厳しいものがあり、断念しました。

沖縄戦の実相を伝えるひめゆり平和祈念資料館

第2展示室を出たところにある解散命令が出された時の様子

  私は、戦後長い間、自分たちの戦争体験を話すことがなかなかできずにいました。県民の4人に1人が亡くなった激しい沖縄戦がどんなものであったのか、あまりにもつら過ぎて、思い出したくもないし、忘れたいと思ってきましたから。けれど、目の前で次々と学友が亡くなっていった体験を私たちが話さなければ、友人たちはどうやって亡くなっていったのか、そして生きていたことさえも無いものになってしまうと思って、ようやく語り出すようになっていきました。

戦争は突然やってこない。教育がとても大事

貴重な資料が展示されている第2展示室の様子

  戦争というものは突然やってくるのでありません。当時も平穏な学校生活を送っていましたが、徐々に戦争に巻き込まれていったのです。「ひめゆり」とは、併置校だった沖縄師範学校女子部と県立第一高等女学校の愛称でした。現在のモノレール安里駅近くの栄町市場から、大道小学校とお隣りの真和志中学校がある一帯、約1万坪の敷地内に両校と3つの寮がありました。昭和19年(1944)10月10日の十・十空襲では無事だった校舎も、翌年1月の空襲で破壊されてしまいました。
 私が通っていた師範学校の生徒は、教育者を目指して学んでいたのですが、そんな優秀な学生たちでさえも、当時の教育(軍国主義、皇民化教育)を信じていました。兵隊さんに「沖縄は不沈空母だ。島は沈むことがないから」と言われてきました。しかし、授業もせずに5カ月間かけて作った飛行場が、空襲によってたった1日で破壊されてしまい、米軍の威力を知りました。それでも、負け戦で米軍の捕虜になった後でも、必ず勝つと信じ込んでいました。
 昭和20年(1945)3月23日、沖縄戦が始まった日……。私たちは恐ろしいとも思わずに、陸軍病院に向かいました。私たちに何の疑問も抱かせずに戦場に向かわせたのは、教育だったのです。かつての教育がどういうものであったのかを伝えることも、この資料館の大事な理念です。

命の大切さから、平和とは何かを学ぶ

第5展示室に掲げられた未来へのメッセージ

  今、人口の8割が戦争を知らない世代です。戦争の愚かさや命の大切さを、実際に体験した人たちの話や、資料などを通じて理解してもらえたらと思っています。やはり戦争というものは、人間が犯す最大の過ちだと思うのです。私たちは戦争というものがどういうものなのか何も知らずに参加してしまいましたけれど、戦争を実際に体験してみて、どんなに恐ろしいものであったのかを、戦争を知らない人たちにも知らせたい。戦争とは生きとし生けるもの、すべてを破壊するものです。
 何よりも、命が一番大切です。どんなに命が大切なのか、戦争とは、平和とは何なのかを考えてほしいし、後世に伝えたいと思っています。

ひめゆり平和祈念資料館 特選3選

ぜひ見学してほしい展示室

  館内には全部で6つの展示室があり、戦前の女学生たちの学園生活から、どのように戦争に突入し、戦中にどんな体験をしたのか、そして戦争とはどういうものであったのかが時系列に沿って展示されている。

  • 当時の病院壕(沖縄陸軍病院)の様子を再現したジオラマ
  • 解散命令後の様子を証言する生存者の映像
おすすめポイント
  ひめゆり平和祈念資料館は、私のように生き残った人たちの思いがこもった資料館で、6つの展示室にはそれぞれにストーリーがあります。中でも第2、第3、第4展示室は、時間がない方でも必ず見ていただきたいと思っています。第2展示室は私たちが動員された病院壕(沖縄陸軍病院)がどんな場所だったのか、そこでどんな活動をしていたのかを明らかにしています。そして第2から第3展示室に向かう途中には、解散命令が出され、米軍が包囲する戦場に放り出されたことが記されています。ここは一番見てほしいところです。第3展示室では、解散命令後の証言映像をご覧いただけます。そして第4展示室は、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒たちの鎮魂の空間となっています。

展示資料のココがポイント

  たくさんある展示資料のうち、何をどう見たらいいのか、注目のポイントを絞って紹介。

  • ひめゆりの塔のガマ(洞窟)を実物大で再現したジオラマ
  • 平穏な学校生活を送っていた頃の女学徒たちの持ち物
  • 証言手記の展示。引き込まれ、読み入る人たちの姿も多く見られる
おすすめポイント
  「ひめゆり」の愛称の由来となった校友会誌「姫百合」(併置された両校で合同発行)の展示をはじめ、当時の学徒たちの持ち物などを紹介。平穏に学校生活を送っていた彼女たちの日常の断片から感じられる平和と、非日常の戦争へと突入していく経緯を知ることができます。また、戦場に持参していった勉強道具などの持ち物がそのまま使われなかった様子も、どれだけ大変な状況だったのかを物語っています。館内には、実際の病棟を再現したジオラマがあるほか、生き残った学徒が証言した手記も展示されています。

より深く学ぶための関連資料

  ひめゆり平和祈念資料館にまだ行ったことがない人や、すでに行ったことはあるけれど、もっと深く学びたい人のための関連資料を紹介。

  • 美しいイラストで、こどもにもわかりやすく戦争体験をまとめた絵
  • アニメ「ひめゆり」はインターネット上でも公開中
  • 全160ページのガイドブックで、ひめゆり学徒と沖縄戦について
おすすめポイント
  ひめゆり平和祈念資料館を観光で訪れる際には、旅程の都合もあり、ゆっくりと展示を見ていただけない場合があると思います。そんな方々のために、そしてまだ訪れたことがない方の予習用に、さまざまなタイプの資料を制作しています。
 子ども用には絵本を、そして学生さんや一般の方には公式ガイドブック(全160ページ。生存者の証言も収録)があります。また、期間限定ではありますが、アニメ「ひめゆり」の上映を行なうこともありますので、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてください 。(現在、アニメ「ひめゆり」はインターネット上でも見ることができます)

那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

ひめゆりの塔・平和祈念資料館への交通アクセス・施設情報

  アクセスはが便利。那覇空港からは国道331号線を南下し、「平和祈念公園」の道案内に従って道なりに進むと30分ほどで到着する。路線バスも利用可能だが、本数が1時間に1、2本程度と少なめなので要注意。

車(レンタカー)で

  那覇空港から約30分、沖縄自動車道 豊見城ICまたは名嘉地ICから車で約30分。

さらに詳しく知る⇒ 那覇空港からひめゆりの塔の距離と所要時間の目安

********************************
免責補償・カーナビ・消費税すべて込み!
最安値の沖縄レンタカー予約はこちら
********************************

トラベルレンタカー×たびらい沖縄

路線バスで

  那覇バスターミナルより、糸満行き34番、89番に乗って約30分~40分、糸満バスターミナルで乗り継ぎのため下車。糸満バスターミナルより、玉泉洞行き82番、南部循環線107番、108番のバスで約15分、「ひめゆりの塔前」下車すぐ。

タクシー利用で

  那覇市から糸満市のひめゆり平和祈念資料館までの料金は、片道3000円~3500円が目安。糸満ロータリーからは片道1000円~1200円。

施設情報

  【住所】沖縄県糸満市字伊原671-1
【電話番号(問い合わせ)】098-997-2100
【営業時間】9時~17時30分(入館は17時まで)
【定休日】年中無休
【利用料金】大人310円 / 高校生210円 / 小・中学生110円
【ひめゆりの塔・平和祈念資料館の見学所要時間の目安】約30分~1時間
【駐車場】無料

ひめゆりの塔・平和祈念資料館Q&A

Q 割引制度はある?
A 団体の割引あり(10%)。20人以上一括払い。団体申込書にて事前に申し込みが必要。また、障がい者割引として、障がい者とその介護者各1人は無料。入館の際に障がい者手帳等の提示が必要。
Q 車いす、ベビーカーの貸し出しはある?
A 車いす、ベビーカーを貸し出している。希望の方は事前に連絡を。
Q 駐車場はある?
A あり。無料。
⇒レンタカーの予約はこちら
Q 近くに宿はある?
A ひめゆり平和祈念資料館がある糸満市にも人気のホテルはあるが、隣接する市町村にも魅力的なホテルが多くある。
⇒ひめゆり平和祈念資料館に近いおすすめホテルランキングはこちら
Q 施設内の見学所要時間は?
A 所要時間はあくまでも目安だが、約30分~1時間。
全部お任せ!観光バスでお得にラクラク沖縄観光

  観光スポットを効率よく、リーズナブルに巡るなら断然バスツアーがおすすめ。
 出発地や行きたい観光地からバスツアーを選べるので、自分にピッタリのツアーがすぐに検索OK。人気の観光地をバスで巡りながら、気楽に沖縄観光を満喫してみては?

⇒沖縄のバスツアー特集を読む

いざないの一枚

その他の達人指南を見る

毎年6月23日(慰霊の日)には、多くの人が祈りを捧げる

沖縄・平和祈念公園で平和を体感する
平和祈念公園の正式名称は、沖縄県営平和祈念公園。沖縄戦終焉の地となった沖縄本島南部の糸満市摩文仁(まぶに)にある。約40ヘクタールの広大な公園内には、国立沖縄戦・・・

聖域のひとつ、三庫理(さんぐーい)。三角形に切りとられた空間

「斎場御嶽」沖縄の聖地の正しい楽しみ方
斎場御嶽(せーふぁうたき)は、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地。その信仰はその後も絶えることなく続いており、現在でも「聖なる空間」と・・・

南城市玉城百名方面からの奥武島の展望

「奥武島の魅力」沖縄天ぷらと拝所巡り
那覇市内から車で30~40分。沖縄天ぷらで有名な奥武(おう)島だが、それ以外にも大きな魅力がある。特別な海の恵み、昔から変わることのない人々の暮らしぶり。島を一・・・

洞窟をくぐってツアー開始! 期待感とワクワク感が高まる瞬間だ

「ガンガラーの谷」太古のパワースポットへ
沖縄本島南部、南城市にある「ガンガラーの谷」 。長い時を経て鍾乳洞が崩壊してできた谷間に、自然豊かな森が広がる。ガイドと歩いて巡る予約制ツアーは、日常を忘れてリ・・・

おきなわワールドといえば観光鍾乳洞「玉泉洞」が有名

「おきなわワールド・玉泉洞」が面白い!
沖縄県南部を代表する観光スポットの「おきなわワールド・玉泉洞」。創業40年以上で、期間限定イベントの評判も高い。その魅力の裏側までを紹介。

絶景で人気のニライカナイ橋から望む青い海と空

「南城市」人気観光スポットやイベント情報
沖縄本島南部に位置する南城市は、青く広がる海と草花に囲まれた静かな街だ。ハートの形をしたこの地域は、豊かな自然を満喫できる癒やしのスポットになっている。絶景のド・・・

久高島の穴場ビーチ「やぐるがー」にて美しい海を家族で独占

沖縄本島南部のビーチならココがおすすめ
那覇での宿泊でも楽しめる近場のビーチが多いのが南部の特徴。市民憩いのビーチから、南部観光の際に訪れたいパワースポット近くのビーチまで、南部のビーチを紹介。

久高島 聖地として守られ続けている

神の島・久高島のおすすめの見どころ
神に見守られ、神と共に存在する神の島・久高島。海の彼方のあの世「ニライカナイ」に一番近い島で、見て、祈って、笑って、感動して。

瀬長島ウミカジテラス

「瀬長島」ウミカジテラスで話題の離島
那覇空港から車でわずか15分。絶好のアクセスにありながら、離島らしいのんびりとした雰囲気が感じられる瀬長島に平成27年夏、2015年7月、新たな商業施設「瀬長島・・・