那覇のホテルで「最安値」、「目的別」で泊まりたい宿が見つかる

【2018年版】
沖縄のホテル通が選んだ
那覇ホテルランキング

たびらいのローカル案内役が那覇のホテルを厳選!
最安値で泊まれる宿、目的別の「推し宿」特集、満足度が高い施設ランキングなどで紹介します。

更新:2018年07月27日

那覇のホテルランキング

1st沖縄テイストを取り込んだ客室と天然温泉が人気

ロワジール スパタワー 那覇

ロワジール スパタワー 那覇

那覇空港から車で約7分、国際通りやモノレール旭橋駅など主要スポットが徒歩圏と好アクセス。沖縄のカラフルな文様をデザインに取り込み、伝統工芸品を配した客室が女性に評判のほか、沖縄では珍しい天然温泉の大浴場やプールを備えているのがうれしい。

ローカル案内役 金城 麻美

  • 住所沖縄県那覇市西3-1-1
  • アクセス那覇空港から車で7分
  • 駐車場有料(1泊1,500円)
2ndインターナショナルブランドならではの洗練された空間

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄

国際通り徒歩約3分ながら、喧騒を離れた閑静な場所にあるアーバンリゾート。自然光が差し込む開放的なロビーや天井が高く真っ白な客室など、館内は洗練された空間となっています。市街地でありながら、太陽が降り注ぐ屋外プールも完備。青くライトアップされる夜もまた素敵です。

ローカル案内役 鈴木 竜彦

  • 住所沖縄県那覇市牧志3-6-20
  • アクセス那覇空港から車で20分
  • 駐車場有料(1泊1,500円)
3rdラグジュアリーな雰囲気が漂う、都会の隠れ家

ザ・ナハテラス

ザ・ナハテラス

窓の外に広がる街のパノラマビューや緑溢れるラウンジなど、南国リゾートらしさが満載。なかでも開放感のあるアウトドアプールは、市街地であることを忘れてしまうほどの居心地の良さ。パラソルの下、カクテルを片手にラグジュアリーなひと時を過ごしてるのもおすすめです。

ローカル案内役 田場 大貴

  • 住所沖縄県那覇市おもろまち2-14-1
  • アクセス那覇空港から車で20分
  • 駐車場無料(130台)
4rd毎朝行列ができる、朝食の人気が高いホテル

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ

周辺離島への玄関口・泊港にあるので、ホテルを起点にたくさんの観光地をまわりたい人におすすめ。朝食は和食・フレンチ・沖縄・中華と多彩なメニューが並ぶブッフェで、その数なんと約80種類。週替わりのオムレツや焼きたてパンなどの洋食をはじめ、県産野菜のチャンプルーなど地元の恵みも味わえます。

ローカル案内役 鈴木 竜彦

  • 住所沖縄県那覇市前島3-25-1
  • アクセス那覇空港から車で15分
  • 駐車場有料(1泊1,500円)
5th2017年6月オープン!快適さと過ごしやすさが魅力

JR九州ホテル ブラッサム那覇

JR九州ホテル ブラッサム那覇

国際通りから徒歩1分。沖縄の伝統建築様式をモチーフにした赤瓦の外観や、館内と客室に飾られた地元作家のアート作品など、都会でありながらリゾート感がたっぷり。市内では珍しい最上階のライブラリーラウンジのテラスからは夕陽と海も臨めます。女性に嬉しいサービスが充実したオシャレでキレイなホテル。

ローカル案内役 金城 麻美

  • 住所沖縄県那覇市牧志2-16-1
  • アクセス那覇空港から車で20分/美栄橋駅より徒歩5分
  • 駐車場無料(112台/先着順・予約不可)

ローカル案内役が厳選した「推し宿」を紹介!那覇の宿を目的別に探す

憧れの宿やお得な宿など、様々な視点で紹介宿をこだわりで選ぶ

大事な人と泊まりたい宿を紹介宿を誰と行くかで選ぶ

那覇巡りに役立つおすすめ観光スポット

那覇を知る

那覇ってどんなところ?

  

那覇市は沖縄の政治・経済・文化の中心地で、空港から市内へは車で約15分。モノレールやバスなど公共交通機関のアクセスも充実しています。都市化が進む一方で昔ながらの建物が残り、沖縄の文化や伝統に触れられるイベントも充実していて観光の拠点にぴったりな場所。世界遺産・首里城などの史跡巡り、免税店DFS「Tギャラリア 沖縄」や市場、国際通りでの買い物と様々な楽しみ方ができます。

世界遺産の庭園「識名園」

世界遺産の庭園「識名園」
沖縄旅行の記念にひとつ購入してみては?

琉球王家の別邸として首里城からそう遠くない場所に設けられた庭園で、王家の保養や中国からの冊封使(さっぽうし)を歓待するために作られた「おもてなしの館」です。 平成12年(2000)には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして世界遺産にも登録されています。御殿には独特の瓦当(がとう)をはじめ、建物に雨どいがないなど琉球王国ならではの建物の特徴が多数あります。他県の庭園とはひと味違う自然が見られることも特徴で、沖縄ならではの様々な花や木が植えられているほか、果樹園も存在します。

「識名園」 世界遺産の庭園を楽しむ

かわいい器が沢山「壺屋やちむん通り」

かわいい器がいっぱい「壺屋やちむん通り」
沖縄旅行の記念にひとつ購入してみては?

国際通りから少し足を延ばしたところにある壺屋やむちん通りは、窯元や店舗が連なり、昔ながらの町並みが楽しめる場所。史跡や昔ながらの赤瓦屋根の家などが多く残っており、路地のあちこちにやちむんが埋め込まれていたり、表情の異なるシーサーが軒先に鎮座していたりします。このエリア一帯はやちむんの故郷として親しまれ、伝統的な焼き物を扱うお店に加え、最近では現代的なアレンジを加えたかわいらしい商品を扱う店も増えてきています。器の温もりを感じられるやちむんカフェなどもあり、歩くほどに魅力を増す街です。

壺屋やちむん通り かわいい器に出会えるのんびり旅

新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店

新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店
お得に賢く買い物を楽しみましょう。

国内で唯一、パスポート無しで免税ショッピングを楽しめるDFS(免税店)。化粧品やカバン、靴、時計、アクセサリーといった有名ブランドの商品が国内の小売価格よりも最大30%もお得に買えるとあって、女性に人気です。品揃え豊富で、日本国内未発表の商品やDFS限定品もあるので要注目です。モノレールおもろまち駅から直結しており、アクセスも良好。2階から見て周るのがおすすめで、建物の中に一歩足を踏み入れると季節ごとの豪華なオブジェが出迎えてくれますよ。DFS内には主要レンタカー会社のカウンターがあり、レンタカーを返却した後にお土産を購入する際にも便利です。

新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店へ!

ハシゴ酒や昼飲みに!「牧志公設市場」

ハシゴ酒や昼飲みに!「牧志公設市場」
ディープな沖縄を楽しむなら、ここがイチオシ。

様々な商店が集まった常に賑わう牧志公設市場は、言わば那覇の下町。公設市場の歴史は闇市から始まり、現在では129もの業者が入っており、周辺まで含めると700店舗がひしめき合っています。市場では新鮮な食材が手に入ることはもちろん、個性的でおもしろい売り手に出会えるのも魅力。1階で食材を購入し、2階の食堂で料理をしてもらって味わうことができる店などもあります。牧志公設市場は地元の人も多く訪れるので、ローカルな沖縄を感じられる場所。最近では市場周辺に安くておいしい飲み屋も急増しており、昼から飲める店も多くなっています。

牧志公設市場の楽しみ方。ぶらり散策に昼飲み、ハシゴ酒

那覇周辺のおすすめエリア

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?