沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 「国際通り」すぐに役立つ!最新観光ガイド
PR
沖縄のいい宿研究会厳選!沖縄リゾートホテルランキング

「国際通り」すぐに役立つ!最新観光ガイド

  沖縄随一の繁華街である那覇市の国際通りを散策しながら立ち寄れる、オススメのお土産店やスイーツショップを紹介。さらに今年オープンした注目スポット「HAPiNAHA(ハピナハ)」と「国際通り屋台村」にもズームイン!

国際通りの入り口では、沖縄の守り神であるシーサーがお出迎え

  国際通りは、県庁北口スクランブル交差点を起点として、安里(あさと)三叉路まで一直線に1.6キロ続き、那覇のメインストリートとして多くの観光客が訪れる。米軍占領下の時代に「アーニー・パイル国際劇場」という映画館があったことにちなんで「国際通り」という名が定着したこの通りは、戦後いち早く復興を遂げ、産業や商業の中心地となった背景から「奇跡の1マイル」とも呼ばれるようになった。現在では沖縄テイストが感じられる飲食店やお土産品店、雑貨屋が並び、街歩きや買い物が楽しめる定番の観光スポットだ。地元客や県外・海外の観光客が行き交う、国際通りの旬の楽しみ方を案内しよう。

公開日/平成25年(2013)10月
更新日/平成27年(2015)11月

◆国際通りに行くモデルコース
那覇周遊・女子旅向けコース
慶良間&那覇を巡る女子旅向けコース
家族向けコース

◆この記事を読む人におすすめの情報
沖縄那覇観光・旅行特集

米村 徳子さん
(よねむら のりこ)
米村 徳子さん

国際通りの達人
  那覇市観光協会・那覇まちまーいのプロジェクトリーダー。まちまーいとは、沖縄の方言で「街を巡る」という意味で、米村さんはガイドとして修学旅行生や団体ツアー客を案内している。常に新しく楽しい街歩きを提案するために、地域の人とのコミュニケーションを深めながら、生きた情報を仕入れる行動派であり人情派だ。

国際通りは、楽しい買い物パラダイス

てんぶす那覇1階のショップなは。沖縄生まれの商品が並ぶ

  1.6キロ続く通りの両側に、お土産ショップや飲食店がずらりと並ぶ国際通り。ちんすこうや紅芋タルトといった定番のお菓子から、やちむん(沖縄の方言で「焼き物」という意味)や紅型などの沖縄の工芸など、数多くのショップが軒を連ねる。その中でも常に品揃えがおもしろいという店を、達人に案内してもらった。
てんぶす那覇の1階にある『ショップなは』は、那覇から沖縄の良い物を発信していこうというコンセプトで、離島を含む県内各地の商品を取り扱っています。首里の老舗・知念製菓のくんぺん(沖縄の伝統菓子)、謝花きっぱん店の冬瓜漬けなど、本店とここでしか取り扱っていない商品もあり、毎日が物産展みたいなお店ですね」
 ちなみに「てんぶす」とは、沖縄の方言で「おへそ」という意味。国際通りの中央あたりに位置するので、この名がついたそう。また、国際通りには創意工夫された新店も続々とオープンしている。「県産のマンゴーやサトウキビなど、生キャラメルに沖縄フレーバーを取り入れた『マーサンミッシェル』は、ちょっとオシャレで新しさを感じさせます。通りを歩けば何かしらの発見があるので楽しいですよ」

ちょっと裏道に入って、こだわりのお土産屋さんへ

「沖縄の風」の店内。沖縄らしい商品が揃っている

  国際通りには沖縄クラフトを扱うお店も多く、時には一点ものに出会えることも。「若手作家の作品を取り扱うお店も増えましたね。国際通りから一本裏道へ入ったところには、個性的なお店が多いです」と達人。
 雑貨店「沖縄の風」には、伝統工芸を現代風にアレンジしたかわいくて実用的なアイテムが並ぶ。副店長の高山友梨さんは「実際に船の帆に使われている素材を利用した『琉球帆布』のバッグは使うごとに味が出てきます。南国らしさを感じさせる明るいトーンの色使いで、紅型をあしらっています。店内では、県内の工房で作られた作品をスタッフ自らがセレクトして販売していますよ」と商品のこだわりを教えてくれた。さらに高山さんから、こんな情報もゲット!
「那覇の個性的な店をもっと知ってほしいと、雑貨屋やカフェなど、約40店舗が集まり国際通り近辺の店舗同士で盛り上げていこう!という趣旨で、NAHA ART MAPを作成しています。毎年10月には『NAHA ART WALK』という企画 があり、それぞれの店舗でイベントを開催します。人も、アートも“巡る”という意味が込められているんです」

NAHA ART MAPについての詳細はこちら

旬のエンタメ施設で遊ぼう!

おきなわ新喜劇の舞台/写真提供:よしもと沖縄花月

  平成27年(2015)3月にオープンしたHAPiNAHA。離島のアンテナショップに体験型施設など、エンターテインメントが詰まった那覇の新名所だ。
「化学調味料を一切使わず、オーガニックの県産野菜がたっぷり食べられる『ぺんぎん食堂デリ』はおすすめです。週替わりで県内の人気パン屋さんのパンを仕入れているし、食事やお茶を楽しめます。その向かいにある『忠孝マイブレンド』では、忠孝酒造の5種類の泡盛原酒をブレンドして自分だけのオリジナル泡盛を作ってくれるんですよ」と米村さん。
 また、3階にはよしもとの常設劇場である「よしもと沖縄花月」を併設。沖縄で活躍する芸人だけでなく、東京や大阪の第一線で活躍する芸人も登場し、365日お笑いを楽しめる。県出身のガレッジセールとスリムクラブが座長を務める「おきなわ新喜劇」では沖縄ならではの笑いも飛び出し、本土との文化のギャップに新たな面白さも発見できるはず。

HAPINAHAについて詳しくはこちら

国際通りに屋台が登場!

利用者の割合は地元客と観光客が半々くらいの国際通り屋台村

  平成27年(2015)6月にオープンした「国際通り屋台村」には、20の飲食店と離島マルシェの合計21店舗が顔を揃える。地産地消をテーマに、各店舗が県産食材で自慢の腕を奮う。施設の運営スタッフである菅原恭佑さんが、屋台村の通な楽しみ方を教えてくれた。「全店ノーチャージなので、とりあえずは空いているお店に入ってみましょう。屋台ならではのアットホームな雰囲気に、スタッフや隣のお客さんとの会話も弾みます。その会話の中から次のお店を決める情報をゲットしてみましょう。また、午前11時から全てのお店がランチを提供しているので、お昼ご飯やカフェタイムにもおすすめ。ランチタイム限定メニューを出しているところもありますよ」食事、お酒、スイーツとさまざまなジャンルの店舗があるので、どの時間帯でも楽しめるのが魅力だ。

【住所】沖縄県那覇市牧志3丁目11番
【営業時間】11時~23時※店舗によって異なる
【問い合わせ】国際通り屋台村 公式サイト
⇒詳しくはこちら

盛りだくさんのイベントもチェック

大迫力の「一万人のエイサー踊り隊」

  国際通りでは、沖縄文化を感じられる大きなイベントも開催される。
「県内各地から、地域の青年会エイサーが集って演舞する『一万人のエイサー踊り隊』(8月の第一日曜日頃)は、一番大きなイベントです。とにかくこの日は通り中がエイサーで賑わっていて、沖縄の一大エイサーイベントとしても有名です。また『那覇大綱挽まつり』(10月の体育の日を挟む土・日・月の3日間)も必見。ギネス記録を持つ大綱を東西に引くのですが、たくさんの旗頭が立ち上り迫力満点ですよ」
 その他にも、独自の伝統文化を持つ沖縄ならではのイベントが目白押しだ。
「『首里城琉球王朝絵巻行列』(11月の文化の日前後)は毎回壮観です。琉球王朝時代の華やかな光景を絵巻行列として、国王役・王妃役は県民からの公募によって選ばれます。当時にタイムスリップしたような感覚を味わえますよ」
 ショッピングや路地裏散策、そしてイベントも楽しめる。歩くたびに発見がある国際通りは、歩くほど好きになる。

国際通り おすすめ3選

新進気鋭、こだわりの土産が買える店3選

  県内の作家やアーティストの作品が並ぶ。ひいきのアイテムを探そう!

おすすめポイント
  1階の路面店にばかり目が行ってしまうものですが、2階や3階にも素敵なお店がたくさんあります。上を見ながら歩くと面白い看板に出会えるので、少しでも気になったらまずは入ってみると良いかもしれません。思いがけない出会いがあるかも!

おいしい沖縄土産が買える店3選

  専門知識を持つスタッフと一緒に納得の商品を選ぶことができる!

  • 天井近くまで並べられた泡盛の数々
  • 塩の新たな楽しみ方を提供してくれる店内は、まさに塩の殿堂
  • 自分にあった黒糖を店員さんと一緒に探していこう
おすすめポイント
  素材自体にこだわった専門店も多く、ラインナップの多さに選んでいる時間も楽しめると思います。ひとつのショップで色々買うのもおすすめですが、流通量の少ないこだわりの商品も扱っているので、専門知識を持つスタッフと一緒に探すのも良い楽しみ方です。

国際通りの行事・イベント3選

  国際通りで繰り広げられる大型イベントに合わせて旅程をプランするのもおすすめだ。壮大な祭りから地元ならではの行事まで紹介しよう。

おすすめポイント
  国際通り全体で行われる大型イベントには「首里城祭琉球王朝絵巻行列」(11月「文化の日」の頃)、「那覇大綱挽まつり」の市民演芸・民俗伝統芸能パレード(10月「体育の日」の前後)、「一万人のエイサー躍り隊」(8月の第1日曜日頃)などがあります。5月に牧志公園で行われる「牧志ウガン奉納全島角力選手権大会」では沖縄伝統の相撲が見られます。

那覇のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 那覇の格安ホテル5選
  • 空港送迎が無料!沖縄ホテル3選
  • 那覇で朝食がおすすめ ホテル4選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した那覇周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

国際通りへの交通アクセス情報

  那覇空港から国際通りまではモノレール、バス、タクシーがアクセスしやすく、旅の始まりにも旅の終わりにも訪れやすい場所となっている。片道一車線で慢性的な渋滞があるので、近くの駐車場に車を停めて街歩きを楽しむと良いだろう。レンタカーの場合は国際通り沿いには駐車場が少ないため、裏通りのコインパーキング、県庁北口交差点の県民広場地下駐車場がおすすめだ。

車(レンタカー)で

  那覇空港から車で約15分。

さらに詳しく知る⇒ 那覇空港から国際通りの距離と所要時間の目安

********************************
免責補償・カーナビ・消費税すべて込み!
最安値の沖縄レンタカー予約はこちら
********************************

トラベルレンタカー×たびらい沖縄

路線バスで

  那覇空港バス停より、25番、120番を利用して、約25分。

モノレール(ゆいレール)で

  国際通り県庁側入り口や久茂地方面をめざすには県庁前駅。国際通りの中央へアクセスするには美栄橋駅。国際通り安里方面をめざすには牧志駅がそれぞれ便利だ。

県民広場地下駐車場

  【住所】那覇市泉崎 1丁目 県道39号線地下

【営業時間】8時~22時

【収容台数】202台(障害者専用駐車スペースは2台)

【料金】最初の1時間300円(以降30分ごと150円)

国際通りQ&A

Q 国際通りに公衆トイレはあるの?
A 牧志公園、てんぶす那覇館内、那覇市観光案内所内、ゆいレール各駅(改札内)などにある。
(那覇市観光案内所で無料配布されている観光マップにも、公衆トイレの場所が記載されている)
Q コインロッカーなど荷物を預かってくれるところはある?
A 国際通りのほぼ中央にある那覇市観光案内所では1日500円(ひとり1個)で荷物を預かってくれる。また「ゆいレール」の各駅にもコインロッカーが設置されている。
Q トランジットモール(歩行者天国)はいつ実施されているの?
A 毎週日曜日の昼12時から夕方6時まで、県庁北口交差点から牧志駅までの区間の車道を歩行者に解放している。(大型イベント日を除く)
Q 近くに宿はある?
A 国際通りは那覇の中心地であるため、さまざまなホテルがそろっている。シーンに合わせて好みのホテルを選んでみては?
⇒那覇エリアのおすすめホテルランキングはこちら
Q 脇道にはどのような通りがある?
A 国際通りは一本入った通りにもお店がたくさんあり楽しめる。昔ながらの商店や公設市場がありコアなお店も登場してきている平和通り。若い人のお店が多いパラダイス通り。壺屋焼きの店が並び風情を感じるやちむん通りに、ファッションや雑貨の店が多い浮島通りなど、通りごとに特徴がある。
全部お任せ!観光バスでお得にラクラク沖縄観光

  観光スポットを効率よく、リーズナブルに巡るなら断然バスツアーがおすすめ。出発地や行きたい観光地からバスツアーを選べるので、自分にピッタリのツアーがすぐに検索OK。  
 人気の観光地をバスで巡りながら、気楽に沖縄観光を満喫してみては?

⇒沖縄のバスツアー特集を読む

いざないの一枚

このテーマについて語ろう

ゆいレールに乗って那覇観光を楽しもう!

駅から近いおすすめスポット

首里駅/朱に彩られた王城の魅力に迫る

沖縄観光の定番「首里城」の楽しみ方

おもろまち駅/駅と直結でアクセスも便利

DFSギャラリア沖縄で免税ショッピング

牧志駅/多くの観光客でにぎわう市場

那覇の人気観光地・牧志公設市場の楽しみ方

牧志駅/散歩をしながら好みの焼物を探す

窯元がずらりと並ぶ「壺屋やちむん通り」

牧志駅/昭和の懐かしい雰囲気を味わう

穴場観光スポット「農連市場」の魅力

安里駅/懐かしい雰囲気が色濃く残る栄町市場

那覇の穴場観光スポット「栄町市場」の魅力

県庁前駅/沖縄の今と昔が詰まった「浮島通り」

国際通りの路地裏「浮島通り」の歩き方

駅から近いおすすめカフェ

美栄橋駅/ニューパラダイス通りの老舗

Cinnamon Cafe(しなもん かふぇ)

牧志駅/紫色の扉が目を引く独特な雰囲気の個性派カフェ

CAFE プラヌラ

牧志駅/沖縄食材をふんだんに使った料理が楽しめる

さんご座キッチン

牧志駅/無農薬の有機野菜と雑穀を使った料理が人気

島やさい料理とオーガニックワイン 浮島ガーデン

美栄橋駅/手作りの「田イモチーズケーキ」が人気

ORANGEDECO HOMEMADE(おれんじでこ ほーむ

儀保駅/昼は慶良間諸島、夜は那覇の夜景が一望できる

YONA Salute(よな さるうて)

首里駅/琉球王朝時代の面影を残す石畳道沿いに建つカフェ

石畳茶屋 真珠(まだま)

駅から近いおすすめ居酒屋

沖縄らしさがギュッと詰まった居酒屋を紹介

国際通り周辺の居酒屋で沖縄文化を堪能

牧志駅/島の恵みをありのままに楽しむ

まいすく家(まいすくや)

牧志駅/島野菜料理とワインを古民家で

浮島ガーデン(うきしまがーでん)

牧志駅/島唄ライブと沖縄料理でお酒が進む

島の仲買人 ちぬまん国際通り店

安里駅/泡盛と沖縄の味に酔いしれよう

泡盛と琉球料理うりずん

美栄橋/歌って、踊って!沖縄を楽しもう!

琉球ダイニング 地酒横丁

美栄橋駅/口コミで広がった久茂地の隠れ家

居酒屋 笑里(しょうり)

おもろまち駅/細部にまで丹精込めた料理

ヌーベル・ダイニング 亜都利栄(あとりえ)

美栄橋駅/古民家風の店内で欧風料理を楽しむ

居酒屋 成2(なりなり)

美栄橋駅/創作料理が人気のお店

町の灯 こつぶ

駅から近いおすすめホテル

旭橋駅/リゾートと都市を楽しむ時間

沖縄ナハナ・ホテル&スパ

旭橋駅/快眠と癒しを追求したホテル

GRGホテル那覇東町

旭橋駅/懐かしさと安らぎのあるホテル

ネストホテル那覇(旧 ポートホテル)

旭橋駅/シティとビジネスが融合

ホテル東急ビズフォート那覇

おもろまち駅/都心に立つ寛ぎのホテル

ホテル法華クラブ那覇・新都心

牧志駅/心のふれあいを大切に

沖縄サンプラザホテル

県庁前駅/まるで自分の家のようにくつろげる

ホテルサン沖縄

県庁前駅/沖縄らしさにこだわるホテル

沖縄かりゆし琉球ホテル・ナハ (県庁前)

牧志駅/おもてなしの喜びを感動に

ホテルパームロイヤルNAHA

安里駅/古き良き沖縄の情緒が漂う閑静なホテル

沖縄ホテル

その他の達人指南を見る

写真は、沖縄県出身俳優の藤木勇人さんと市場のおかあさん

牧志公設市場・那覇の定番観光地の楽しみ方
地元の人に加え、多くの観光客でにぎわう那覇市第一牧志公設市場。1階に精肉部、鮮魚部、生鮮部、2階に食堂がある。1階で買った鮮魚を2階の食堂で調理してもらいその場・・・

古民家を再生してオーナーの個性を出すのが浮島流

「浮島通り」の歩き方 国際通りの路地裏
那覇の国際通りから牧志公設市場への一本道、「浮島通り」には沖縄の今と昔が詰まっている。ファッショントレンドの発信地として注目が集まる通りを歩いてみよう。

一つ一つ手作りのやちむんは素朴な持ち味が魅力

「壺屋やちむん通り」那覇のおすすめ観光地
那覇市国際通り近くにある焼き物(沖縄の方言で「やちむん」と呼ぶ)のまち・壺屋。琉球石灰岩の石畳が続く壺屋やちむん通りは、窯元や伝統的な焼き物を扱う店に加え、現代・・・

昼も夜も活気を見せる昔ながらのマチグヮ

「栄町市場」那覇の穴場観光スポットの魅力
栄町市場(さかえまちいちば)は、ゆいレール安里駅から徒歩2分。空港や国際通り、市内のホテルからアクセスがよく、昼は市場、夜は飲屋街に変身する庶民の市場だ。一度ハ・・・

本土の城郭とは一風異なる独自の進化を遂げた首里城

「首里城」沖縄観光の定番、その神髄に迫る
琉球王国の王の居城であった首里城。第二次世界大戦の戦火で失われたが、沖縄の日本復帰20周年にあたる平成4年(1992)に復元された。朱に彩られた王城の魅力に迫る・・・

カラカラとちぶぐゎー

那覇・国際通り周辺の居酒屋で沖縄を堪能
沖縄料理に民謡、泡盛にオリオンビール。全部味わうなら居酒屋がもってこい。那覇の国際通り周辺にはジャンル豊富なおいしい居酒屋であふれている。ほろ酔い気分で語らえば・・・

モノレールおもろまち駅の連絡通路を渡ってすぐとアクセス抜群

新DFS「Tギャラリア 沖縄」免税店へ!
平成16年(2004)開業のDFSギャラリア 沖縄は、平成26年(2014)4月にTギャラリア 沖縄として新しく生まれ変わった。パスポートを持たずに有名ブランド・・・

お土産店のメッカ、牧志公設市場付近。果物や野菜も豊富にそろう

「沖縄土産ランキング」最新から定番まで!
せっかくの沖縄旅行なのだからお土産は沖縄らしいものをぜひ選びたいもの。「誰もが大満足!」の義理みやげ系から、「あの人には絶対にこれ!」という決め打ち系まで、売れ・・・

やちむん(焼物)は人気の工芸品。シーサーづくりにチャレンジ

「沖縄の伝統工芸」おすすめ&人気のお土産
陶器、染織物、ガラスなど、沖縄は伝統工芸の島。伝統工芸の魅力の奥深さを達人の視点で紹介。