新石垣空港から御神崎灯台までの距離と所要時間の目安

石垣島の最西端、夕日の名所をめざしてドライブ

荒々しく波が砕ける御神崎の岬に建つ白い灯台


新石垣空港から御神崎灯台までは国道390号~県道211号~県道79号と進んで約27キロ、車(レンタカー)で45分ほど。県道79号を名蔵湾沿いに北上し崎枝部落に入ると「川平方面」と「崎枝小中学校方面」の別れ道があるので崎枝小中学校方面へと左折する。1キロほど走ると突き当りに崎枝小中学校があるので、ここを右折。この先は曲がりくねった道を4キロほど進むと灯台が見えてくる。

 御神崎灯台は石垣島の最西端にある灯台。断崖絶壁に建つ灯台からの眺めは男性的で荒々しくも美しい。夕日の名所としても知られるが、灯台へのアプローチは細く曲がりくねっているので日没後のドライブには注意が必要。日中でも平久保崎と並ぶ絶景が充分楽しめる。

 県道79号の分岐点を川平方面へ行くと、約8キロ、15分ほどで川平湾に着く。石垣島を代表する観光スポットの川平湾は国の名勝に指定されるほどの美しさ。季節や天候により、刻々と変化する海の色が印象的だ。湾内は遊泳禁止となっているので注意。

 川平湾から県道79号を南下すると約18キロ、30分程度で石垣島一の繁華街、美崎町周辺へ行ける。ホテルや飲食店、島の主な施設が集中する島の中心部だ。石垣港離島ターミナルからは竹富島や西表島等へのフェリーが出るので、石垣観光のみならず、先の離島へ行く人にとっても旅の拠点となるエリアだ。

【新石垣空港⇔御神崎灯台】
<距離>=約27キロ
<所要時間>=約45分

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます