沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 沖縄本島から南にある石垣島旅行に役立つ!おすすめ観光情報
PR
人気リゾートツアーご予約の方全員に「旅しおり」プレゼント

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

沖縄本島から南にある石垣島旅行に役立つ!おすすめ観光情報

  世界有数の美しい海と雄大な山々、個性豊かな島々に囲まれた石垣島。平成25年(2013)には新空港ができ、アクセスも良くなったことから観光客が増えている。おすすめの見どころ、遊びどころを紹介。

フサキビーチに夕焼けを見に集う人々

  沖縄本島から南に約400キロ。太陽は一層まぶしくなり、海の色も花の香りもぐっと濃く、鮮やかに変化する八重山諸島。石垣島は、その八重山諸島の玄関口だ。島の中央には、沖縄一の高さを誇る於茂登岳(おもとだけ)がそびえ、海中にはマンタがゆったりと泳ぐ美しいサンゴ礁が広がる。そんな自然豊かな島の魅力や観光情報を、島に惚れ込んだ達人が案内。

投稿日/平成25年(2013)10月 ライター/與那覇愛 
更新日/平成27年(2015)8月 

《この記事を読む人におすすめの情報》

石垣島・観光の達人
(まつお ゆきたか)
松尾 行高さん

石垣島・観光の達人
  愛知県出身。趣味はダイビング。沖縄本島に3年暮らした後、マンタに会うため向かった石垣島の海に魅せられ、移り住んではや10年。現在は、石垣市観光交流協会(八重山ビジターズビューロー)の職員として、日々、島の魅力を発信している。

市街地からもすぐ行ける! 身近に広がる大自然

沖縄で一番高い山、於茂登岳からの景色(撮影/新盛基史)

  石垣島の観光のポイントは、なんといっても大自然。白い砂浜と、刻一刻と色を変える青く透明なサンゴ礁の海で有名な川平湾は、ミシュランガイドで三つ星を獲得し、国の名勝にも選ばれている沖縄きっての景勝地です。
 その他にも沖縄一高い山・於茂登岳(おもとだけ)や、カヌーでの川遊び、渓流トレッキングなど、島のそこかしこで豊かな自然に触れることができます。そうした自然豊かな場所に、市街地から車で1時間もかからずに行けることも魅力。ドライブ中にセマルハコガメに出会ったり、ふと見上げた電柱にカンムリワシが止まっていたり。何でもない場所で天然記念物と遭遇できることも、この島だからこそ。
 中でも、北部の平久保にあるサガリバナ(亜熱帯の湿地帯に生える植物)の遊歩道は、夏のいちおしスポット。白やピンクの花々が夜のうちに開き、朝にはすべて散っていきます。そのはかなくも美しい光景は、忘れられない思い出になることでしょう。

海の鮮やかな色彩に魅せられる

絨毯のように広がる色とりどりのサンゴ礁

  僕は、ダイビングをきっかけに石垣島に移住しました。それまであちこちの海に潜ってきましたが、石垣島の海はやはり別格。その最大の理由は、一面に広がるサンゴ礁。絨毯のように広がるサンゴの群れと、そこに集うカラフルな熱帯魚の多さにはきっと度肝を抜かれますよ。
 その他にも、最近注目のマリンスポーツSUP(スタンドアップ・パドル・サーフィン)カヤックツアー、高確率でマンタに会うことのできるダイビングやシュノーケルツアーもあり、自分の好きなスタイルで海や水辺を思い切り楽しむことができます。

◆石垣島のビーチ情報
石垣島のおすすめビーチ全般
子どもにおすすめのビーチ5選
石垣島&八重山諸島の穴場ビーチ10選
石垣島&八重山のシュノーケリングにおすすめビーチ特集

いつでもシャッターチャンス。 石垣島の壮大な星空

ふと見上げれば、頭上に広がる天の川

  石垣島の空は、ふと見上げるたびに「シャッターチャンス!」と思ってしまうほど美しく、表情豊か。近年人気を集めているのが、夏に開催される「南の島の星まつり」。専門スタッフの解説を聞きながら芝生に寝転がって星を眺めたり、県出身アーティストのライブを楽しんだり。星空の下、新しい出会いを見つけるロマンチックなイベントも行われ、これまでに30組ほどのカップルが誕生しています。毎年旧暦の七夕頃(7月下旬~8月)に開催しているので、興味のある方は、ぜひ遊びに来てくださいね。

◆石垣島の星空を詳しく知るにはこちらの記事をチェック
石垣島天文台と石垣島の星空の楽しみ方

市場を歩いてショッピングを楽しみ、島のグルメを堪能。

商店街近くの民芸品店。壁にかかっているのはミンサー織の雑貨

  石垣島には島ならではの食材が豊富にそろい、沖縄本島ともまた違う、独自の食文化が根付いています。筆頭は、大自然に囲まれて育った石垣牛。続く八重山そばは、細丸麺とあっさりした味付けのスープが特徴。ぜひピパーツ(島胡椒)を加えて、味わってみてください。
 青い海が見えるおしゃれなカフェは、女性を中心に人気が高く、ランチタイムには満席になることもしばしば。グルメを堪能した後は、旅の思い出になる土産物を物色しに出かけましょう。平成25年(2013)年3月に開港した石垣空港には土産屋が多く出店していますし、市街地のアーケード商店街であるユーグレナモールには、公設市場をはじめ、飲食店や土産店が約100あり、にぎわいを見せています。
 また、このところ市街地を含め、島のいたる所におしゃれな雑貨屋が増えています。石垣島オリジナルデザインのTシャツや、藍染めやミンサー織の雑貨、焼物などさまざま。島在住の作家による作品も多く、直に作品を見ることができます。
 ユーグレナモール付近の路地には古い建物も残っているので、散策してノスタルジックな雰囲気を味わうのも楽しいですよ。

日帰りOK! 石垣島から個性豊かな島々へ

夏場は特ににぎわう離島桟橋ターミナル

  八重山諸島には、石垣島の他に竹富島西表島、波照間島など8つの離島があります。市街地にほど近い離島ターミナルには、これらの離島へ向かう定期便が発着し、地元の人や観光客でいつもにぎわっています。赤瓦屋根の民家が残る集落を、水牛車でのんびり見て回る竹富島の「水牛車観光」や、マングローブ林を船から眺める西表島の「マングローブクルーズ」など、アクティビティとセットになった日帰りツアーも人気です。当日参加OKのツアーもあるので、ドライブ気分で離島へ気軽に出かけてみませんか。石垣島とはひと味違う、離島ならではの自然や文化、人との出会いがあなたを待っていますよ。

家族4人で最大16,000円もお得!沖縄ツーリスト

石垣島を堪能するためのおすすめ情報

おすすめグルメとイベント情報

  観光でチェックしておきたいカフェ、イベント、グルメ情報を紹介

  • 食欲をそそる厚切りの石垣牛
  • 沖縄風クレープ・ポーポーとゴーヤーのスムージー
  • 豊年祭のワンシーンより(撮影/新盛基史さん)
おすすめポイント
  海の見える絶景カフェや島の食材を使った店など、島ではカフェ巡りが人気。伝統行事からスポーツイベントまで人気イベントも島を訪れる前に確認しておこう。石垣牛やスイーツなどのグルメも要チェック。

必見! 観光スポットと伝統工芸

  新空港、絶景の川平湾、島の伝統工芸品ミンサーの情報も

  • 南ぬ島石垣空港入り口で、ぱいーぐるがお出迎え
  • 絶景ポイントとして人気の川平湾といえばこの風景
  • 女性に特に人気が高い赤のミンサー織り
おすすめポイント
  平成25年(2103)に開港した石垣空港は、見どころ盛りだくさんの新名所。沖縄を代表する景勝地、川平湾は、島内随一の人気観光地。世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ絶景が広がる。ちょっと大人のお土産におすすめなのが、島の伝統工芸品、ミンサーだ。

特選ビーチ3選

  心地よい波の音に癒やされて、時間を忘れてしまう。どこまでも青い海が美しいビーチ

  • 白い砂と透き通る水が美しいビーチ
  • フサキビーチ 撮影/富山義則
  • 米原ビーチ
おすすめポイント
  島北部に位置する「石垣島サンセットビーチ」は、その名の通り美しい夕日を楽しめるビーチ。干潮時に泳げるのも魅力です。南西部にある「フサキビーチ」では、小浜島や西表島を眺めながらシーカヤックやペダルボートなどが楽しめます。地元の人もよく訪れる「米原ビーチ」は、海はもちろん、川平地区の景色や山々の姿も美しいビーチ。こちらは遊泳禁止となっているので、浜辺で気に入った貝殻を見つけたり、読書したりしてのんびり過ごすのがおすすめです。

◆そのほか石垣島のビーチ情報
石垣島のおすすめビーチ特集

石垣島・離島周辺のホテル探しなら「宿くらべ」

  • 離島ターミナルから近い石垣島ホテル3選
  • 朝食が人気!石垣島ホテル3選
  • コテージタイプの石垣島ホテル3選
編集部の視点
  沖縄のいい宿研究会が厳選した石垣島・離島周辺のホテルを目的別にご紹介。お得に楽しくホテルを選んで沖縄を旅するヒントがたっぷり詰まっています。自分好みのプランがきっと見つかるはず。
⇒「宿くらべ」をもっと見る

赤瓦コテージ滞在で沖縄時間を。フサキリゾートヴィレッジ。

石垣島への交通アクセス情報

  広い滑走路を持つ「南ぬ島石垣空港」が平成25年(2013)3月に開港。発着路線も増えて、アクセスがしやすくなった

東京方面から石垣島への空旅

  東京国際空港(羽田)、成田国際空港から約3時間

沖縄本島から石垣島への空旅

  那覇空港から約1時間

関西方面から石垣島への空旅

  関西国際空港、神戸空港から約2時間30分

中部方面から石垣島への空旅

  中部国際セントレア空港から約2時間30分

九州方面から石垣島への空旅

  福岡空港(夏季のみ就航)から約2時間

島内での交通アクセス情報

  目的地にスムーズに移動するならレンタカーがおすすめ。石垣市内は渋滞も少なく、効率よく観光できる。

車(レンタカーで): 空港から主要地へ

  ・市街地(730交差点)まで30分

・離島桟橋ターミナルまで30分

・玉取崎展望台まで20分
 詳しくはこちら→玉取崎展望台までの距離と所要時間

・川平湾まで40分
 詳しくはこちら→川平湾までの距離と所要時間

・御神崎まで40分
 詳しくはこちら→御神崎までの距離と所要時間

・平久保崎灯台まで50分
 詳しくはこちら→平久保崎灯台までの距離と所要時間

◆レンタカー予約はこちら→石垣空港のレンタカー予約はこちら

車(レンタカーで): 市街地から主要地へ

  ・離島桟橋ターミナルまで5分
・平久保崎灯台まで1時間30分
・川平湾・御前崎まで20分

◆レンタカー予約はこちら→たびらい石垣島 レンタカー予約

路線バスで: 空港から主要地へ

  ・系統10番・日航八重山・ANAインターコンチネンタル経由空港線……ANAインターコンチネンタル・日航八重山・港・バスターミナル
・系統4番・平得大浜白保経由空港線……白保・平得・バスターミナル

路線バスで: バスターミナルから主要地へ

  ・平野線……空港・玉取崎・伊原間・平久保・平野
・系統9番・川平リゾート線……各リゾートホテル・唐人墓・みね屋前・やいま村・川平
・系統11番・米原キャンプ場線……おもと・開南・米原・山原・川平・石垣空港

石垣島から周辺離島へ

  ・海路
「石垣港離島ターミナル」からは八重山の7つの島へ渡ることができる。
詳細はこちら
・航路
飛行機では与那国島、宮古島へ行ける。
詳細はこちら

石垣島Q&A

Q 島を巡る時に気をつけた方がいいことは?
A 島の人は、右、左で説明せずに、東西南北で道案内をすることがあります。例えば、「東に2つめの角をのぼったらすぐ(東方面に歩いて、2つ目の角を北方面に曲がったところ)」など。さらに方言で、北のことを「ニシ」というので要注意。東西南北は、アガリ(東)・イリ(西)・パイ(南)・ニシ(北)といいます。
 また、島の北部にはスーパーやコンビニがないので、必要なものは市街地で買いそろえておきましょう。レンタカーで移動する際はガソリンの残量にも注意。また、公衆トイレも少ないので、観光スポットへ立ち寄った際に、早めに済ませておくと安心です。
Q 石垣島で見られる星空はどんなもの?
A 星空に輝く星のうち、最も明るいとされる一等星は21個。石垣島ではそのすべてを見ることができます。また、88個ある星座のうち、赤道直下でしか見られない4個の星座を除いた84個の星座が、1年を通して夜空に現れます。冬になるとニィヌファブシ(南十字星)を見ることもできます。
Q 石垣旅行に持って行くと安心なものは?
A 年間を通じて紫外線が強いので、日焼け対策の長袖シャツや帽子、日傘などがあると安心です。タオルと日焼け止めも忘れずに。また、蚊が多いので虫除け対策も用意しておけば、より安心して過ごせます。
Q 裏石垣って?
A つまり、オモト岳の向こう側。島の南側に生活圏が集中していて、桟橋も空港も南側にある。北部は裏と呼ばれたんだろうね。今年から空港が白保に移り、今後は北部もどんどん賑わってくるはずだ。
Q 石西礁湖とは?
A 石垣島と西表島の間に広がる日本国内最大のサンゴ礁の海域のこと。東西約20キロ、南北役15キロにわたって広がる。西表石垣国立公園の指定も受けているんですよ。
Q 石垣島から近いおすすめの離島は?
A 石垣島は「八重山諸島」の中の一つの島。周辺にはフェリーで気軽に行ける西表島や小浜島など、魅力的な島が多い。各離島についての詳しい情報はこちらから⇒「八重山諸島」石垣島を中心に離島を巡る旅
Q 石垣島やその他の離島のビーチについて、もっと詳しく知りたい!
A 沖縄本島と比べると透明度は抜群の離島、おすすめのビーチはいたるところにある。八重山諸島のビーチについて詳しい情報はこちらから⇒沖縄・八重山諸島のおすすめビーチ
各旅行会社の石垣島行きパッケージツアーを徹底比較

石垣島行きパッケージツアーを徹底比較

  たびらい沖縄は沖縄専門のツアー比較サイト。格安の沖縄ツアーを簡単検索、最安値で予約できる。
 航空券がセットになったパッケージツアーは、移動や宿泊だけでなくレンタカーやその他の遊びもまとめて予約。

⇒おすすめの石垣島行きパッケージツアーはこちらから探す

世界的リゾートで一日中グルメとアクティビティを満喫!

いざないの一枚

さあ、石垣島へ出かけよう!

-石垣旅行が楽しくなる2つのお役立ち情報を紹介-

石垣島で遊ぶ! 食べる!

沖縄を代表する景勝地 川平湾の魅力

絶景の人気観光地「石垣島・川平湾」の魅力

サンゴ礁の海に囲まれた八重山諸島の魅力

沖縄シュノーケリング 石垣島&八重山諸島

八重山諸島の空の玄関口を徹底ガイド

新空港!南ぬ島石垣空港を徹底ガイド

独自の伝統行事が根づく石垣島の魅力

伝統行事やスポーツも!石垣島人気イベント

青い海と空に囲まれて、SUPで海上散歩

スタンドアップパドル

昼間とはまた違う風景が楽しめるナイトカヌー

サンセット&星空ナイトカヌー

サンゴも熱帯魚もマンタも堪能できる

マンタを見に行こうシュノーケル

太陽と海の恵みが詰まった石垣島グルメ

おすすめ&人気の石垣島グルメ

個性的な石垣島のカフェを紹介

女性に人気!石垣島のおすすめカフェ巡り

石垣島の人気ホテルに泊まる!

サンセットビューが自慢のリゾート

フサキリゾートヴィレッジ

太平洋が一望できるリゾートホテル

ホテル日航八重山

高水準なサービスでおもてなし

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

名蔵の大自然に癒されながら過ごす

コンドミニアム・ホテル名蔵ヴィレッジ

快適な広さでゆったりとくつろぐ

ホテルロイヤルマリンパレス石垣島

島々の表玄関に位置するホテル

南の美ら花ホテルミヤヒラ

離島観光・島巡りに便利な立地

石垣島ホテル ククル

その他の達人指南を見る

久宇良の浜

「石垣島のおすすめビーチ」徹底ガイド
八重山の玄関口石垣島にあるビーチは個性的。野趣に富んでいるビーチ、しっかり管理運営されるホテルのビーチ、波打ち際でキャンプを楽しめるビーチなどなど、カップルもフ・・・

波静かでシュノーケリングに絶好の海。西表島「星砂の浜」

石垣島&八重山諸島でシュノーケル・シュノーケリング
サンゴ礁の海に囲まれた沖縄は、水面に浮かびながら海中散歩を楽しめるシュノーケリングの絶好のロケーション。沖縄のシュノーケリング・ポイントを知り尽くした達人が八重・・・

豊年祭のワンシーンより(撮影/新盛基史さん)

石垣島・おすすめの伝統行事や人気イベント
石垣島は八重山諸島のひとつとして、独自の伝統行事が根づく島だ。星空や特産品を楽しめるイベントやスポーツイベントも充実している。旅行の前にチェックしておこう。

沖縄風クレープ・ポーポーとゴーヤーのスムージー

石垣島カフェ巡り・絶景とおすすめスイーツ
海の見えるロケーションや島の食材を使ったメニューなど、石垣島では個性的なカフェが増え、カフェ巡りが人気を呼んでいる。

食欲をそそる厚切りの石垣牛

「石垣島グルメ」必食の石垣牛、八重山そば
全国的にも有名なブランド牛・石垣牛に、庶民の味・八重山そば、島野菜たっぷりの家庭料理に定番おやつまで。太陽と海の恵みがたっぷり詰まった石垣島グルメを味わう。

南ぬ島石垣空港入り口で、ぱいーぐるがお出迎え

石垣空港の賢い活用方法&グルメ情報
おーりとーり!(八重山方言で、ようこそ!の意)石垣島へ。平成25年(2013)3月に新設された「南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港」。石垣島を中心に八重山諸島の空の玄・・・

絶景ポイントとして人気の川平湾といえばこの風景

「川平湾」美しすぎる石垣島の絶景スポット
沖縄を代表する景勝地、石垣島の川平湾。島内随一の人気観光地で、世界有数の透明度を誇る海に、小さな島々が浮かぶ様子は絵に描いたような絶景だ。

石垣島天文台上空に広がる天の川

石垣島天文台と石垣島の星空の楽しみ方
平成18年(2006)に設立された石垣島天文台。平成27年(2015)には年間来場者が過去最高の1万3906人を迎え今最もホットな観光スポットの一つだが、石垣島・・・

笑顔でゴールする参加者たち

石垣島トライアスロンの楽しみ方
風光明媚な石垣島の風景の中で開催され、リゾートトライアスロンとして人気の石垣島トライアスロン。参加するアスリートも観客も、参加前に読んでおきたい石垣島トライアス・・・