沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 沖縄南国で色鮮やかに咲き誇る花々

特集

現地スタッフが厳選した旅行と観光に関する「便利」で「すぐに役立つ」情報をまとめた特集記事を紹介しています。

沖縄県内でよく見かける色鮮やかな花々を紹介

沖縄南国で色鮮やかに咲き誇る花々

ゲットウ(月桃)

ゲットウ(月桃)
ショウガ科の多年草。山野に自生し、家庭で栽培される場合も多い。沖縄の方言でサンニンとも呼ばれる。4月から6月にかけて白いつぼみを房状につけ、房の上から順に甘い香りの花を咲かせる。月桃の葉におもちを包んで蒸したものが「ムーチー」だ。

コスモス(秋桜)

コスモス(秋桜)
キク科の植物で桃色や白、赤などの花を咲かせる。沖縄県北部の金武町伊芸は例年1月下旬頃に色鮮やかなコスモスが咲き誇ることで有名。これに合わせてコスモス祭りも開催され、毎年多くの地元客や観光客でにぎわう。
《タイアップ》

ラン(蘭)

ラン(蘭)
亜熱帯地域の沖縄では多くの種で露地栽培が可能で、多くの家庭で愛好されている。沖縄県北部の本部町にある海洋博公園「熱帯ドリームセンター」では、毎年2月に国内最大級の洋蘭コンテスト「沖縄国際洋蘭博覧会」が開催される。
《厳選ホテル》

クレオメ(西洋風蝶草)

クレオメ(西洋風蝶草)
フウチョウソウ科のひとつ。その見た目から英名ではスパイダーフラワーと呼ばれる。花の色は桃色が多いが、白や紫色のものもある。伊江島にある「古堅農園フラワーガーデン」では満開のクレオメを見ることができる。
《タイアップ》

オオベニゴウカン(大紅合歓)

オオベニゴウカン(大紅合歓)
ボリビア原産のマメ科の中木で、化粧パフのような丸い花が特徴。赤い長い雄しべが、中心から放射状に伸びてこのような形に。沖縄県内各地で12月~3月の冬の間に咲き誇る。

テッポウユリ(鉄砲百合)

テッポウユリ(鉄砲百合)
ユリ科の球根多年草。3~4月に純白の花を咲かせる。花の形が筒状で「鉄砲」の形に似ていることから、この名前が付けられた。毎年ゴールデンウイークの期間に伊江島で「ゆり祭り」が開催。100万輪の純白のテッポウユリが咲きそろう様子は感動ものだ。
《厳選ホテル》

ツツジ(躑躅)

ツツジ(躑躅)
ツツジ科の植物で漏斗型の特徴的な形の花を数個、枝先につける。沖縄県北部の東村にある「東村村民の森つつじ園」では、毎年3月に「東村つつじ祭り」が開催され、一面に咲き誇る5万本ものツツジを一目見ようと多くの人が訪れる。

ランタナ(七変化)

ランタナ(七変化)
南米原産。クマツヅラ科の常緑低木で、琉球王朝時代末期に持ち込まれたものが野生化し、今は空き地などいろいろな場所で見られる。さまざまな色の花があり、また時間の経過によっても色を変えることから「七変化」とも呼ばれる花だ。

ヒスイカズラ(翡翠葛)

ヒスイカズラ(翡翠葛)
宝石の「翡翠(ひすい)」のような色をした青紫の花を咲かせる豆科のツル性植物。棚から長く垂れ下がり、その姿はまるで花のカーテンのよう。沖縄では3月~4月頃、北部の名護市にある「やんばる憩いの森」で見ることができる。
《厳選ホテル》

サガリバナ(下がり花)

サガリバナ(下がり花)
奄美以南の熱帯アジアや太平洋諸島に分布する、サガリバナ科の常緑高木。沖縄では6月下旬から7月中旬に見ごろをむかえる。花は夜に咲き始め、朝には散ってしまうため、「幻の花」とも呼ばれる。

ビヨウヤナギ(美容柳)

ビヨウヤナギ(美容柳)
中国原産で300年前に持ち込まれた半常緑低木の植物。ヤナギの仲間ではないが、枝先がやや垂れ下がり葉がヤナギに似ているのでこの名前が付いた。沖縄県北部の名護市ではよく庭園などで見られる。雄しべがしなやかに空に向かい黄金色に輝いてとてもきれいだ。

サンダンカ(山丹花)

サンダンカ(山丹花)
アカネ科サンダンカ属の総称。濃緑で光沢のある葉と、モコモコと咲き乱れる真っ赤な花はとても見応えがある。デイゴ、オオゴチョウと並ぶ沖縄の三大名花のひとつで、温暖な沖縄では年間を通じて開花し、街路樹・生垣によく用いられ一年中街を彩っている。
《厳選ホテル》

ブーゲンビリア(筏葛)

ブーゲンビリア(筏葛)
原産地は、中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来。沖縄では年間を通してよく見かける代表的な花だが、最も美しい時期は10月~11月頃と言われている。

ハナチョウジ(花丁子)

ハナチョウジ(花丁子)
メキシコ原産のゴマノハグサ科の常緑低木。赤いラッパ状の花が丁子(香辛料のクローブのこと)に似ていることからこの名前が付いた。沖縄では年中開花するため庭木のアクセントとしてよく利用される。

アジサイ(紫陽花)

アジサイ(紫陽花)
アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種。6月から7月にかけて白や青、紫などの花を咲かせる。沖縄県北部の本部町にある「よへなあじさい園」では、毎年5月~6月にアジサイが見頃を迎える。約30万輪のアジサイが咲きそろう様子は感動ものだ。
《厳選ホテル》

この記事を見ている人におすすめ情報

関連タグ

今が旬のおすすめ観光情報