1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 奥武島で名物の “沖縄天ぷら”を味わう
奥武島で名物の“沖縄天ぷら”を味わうの記事イメージ

奥武島で名物の
“沖縄天ぷら”を味わう

更新:2017年10月12日

那覇市内から車で30~40分。橋で渡れる離島・奥武島(おうじま)には、名物の沖縄天ぷらを目当てに多くの人が訪れます。

[たびらいセレクション]

名物の沖縄天ぷらを食べようの記事イメージ

名物の
沖縄天ぷらを食べよう

沖縄の天ぷらはふわふわの厚い衣が特徴。マグロやイカ、野菜とバリエーション豊富な天ぷらは手頃な値段でボリューム満点です。

奥武島名物の沖縄天ぷらを食べようの記事イメージ
橋を渡ったすぐ先にある「中本鮮魚てんぷら店」は、
連日長蛇の列を作る人気店。
奥武島名物の沖縄天ぷらを食べようの記事イメージ
グルクンの天ぷらはふわふわの身がとてもおいしいです。
奥武島名物の沖縄天ぷらを食べようの記事イメージ
奥武ビーチで海を見ながら天ぷらを食べると、よりおいしくいただけますよ。

中本鮮魚てんぷら店

【営業時間】11月~3月 10時~18時
4月~10月 10時~18時30分
【住所】南城市玉城奥武9
【電話番号(問い合わせ)】098-948-3583
【交通】那覇空港から那覇空港自動車道南風原南IC経由で約30分
【定休日】年中無休 ※臨時休業有り(GW明けの2日間・海神祭・冠婚葬祭)
【駐車場】あり

[たびらいセレクション]

拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ

拝所やビーチなど
島内散歩がおすすめ

奥武島は小さい島ですが、島内には地元の人と触れ合える鮮魚店や美しい自然、拝所がいくつもあります。

拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ
平成26年(2014)11月にオープンした「いまいゆ市場」は
地元の鮮魚店とファーマーズが軒を連ねます。
拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ
市場では、一年を通じておいしい海の幸を楽しめます。
拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ
「今日はまぐろがおいしいよ!」と笑う声につられて多めに買い物。
島の人々との触れ合いもまた旅のうれしい思い出に。
拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ
奥武ビーチでは、地元の子どもたちの声が楽しげに響き、
穏やかな島の雰囲気を感じられます。
拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ
県内でもめずらしい観音像を祀った「奥武観音堂」は信仰の中心的存在として島民の心の拠り所に。
拝所やビーチなど島内散歩がおすすめの記事イメージ
奥武観音の奥にひっそりと佇む「中之嶽」。訪れるときには礼儀よく。

いまいゆ市場

【住所】 沖縄県南城市玉城奥武19-9 奥武島漁港内(奥武島運動場前)
【営業時間】 9時~18時
【定休日】 なし
【問い合わせ】 098-948-7632(南城市奥武島漁業組合)
【アクセス】 那覇空港から車で約40分
【駐車場】 あり(無料)
もっと見る

[たびらいセレクション]

奥武島の伝統行事やイベント

伝統行事は島が最も盛り上がるイベント。島人の熱気を肌で感じて!

奥武島ハーリー(奥武島海神祭)

奥武島ハーリー(奥武島海神祭)の記事イメージ
ハーリーとは伝統漁船の爬竜船(はりゅうせん=サバニ)を使った競漕で、その中でも「奥武島ハーリー」は勇壮で豪快と人気。御願(ウガン)から始まり、その後ハーリー船を観音堂から海へと担ぎ運び、西(いり)と東(あがり)に分かれ、7番勝負の本パーリーが始まります。

詳細はこちら

奥武観音堂祭

奥武観音堂祭の記事イメージ
5年に一度、島民総出で行われる一大イベントであり、島の文化や生活に触れられる貴重な祭事。島の守り神である観音堂への感謝や先人への畏敬の念が込められています。

詳細はこちら

奥武島のウシデーク(臼太鼓)

奥武島のウシデーク(臼太鼓)の記事イメージ
旧暦の8月15日を中心に盆祭り、あるいは盆後に女性だけで行われる「ウシデーク(臼太鼓)」という神御願(カミウガン)行事があります。奥武島では50歳までの女性が参加。その優雅な踊りは、拝み手やこねり手などに分かれ、複雑な手の動きで見る人を魅了します。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
井上 滉(たびらい編集部)

浦添市出身。沖縄の海が大好きで、週末はシュノーケルを楽しむ。月に一度は県内ホテルに泊まるホテル通。

[たびらいセレクション]

沖縄で人気の島を紹介!たびらい沖縄のアクセスランキングTOP15

沖縄でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け