最安値や目的別の泊まりたい宿が見つかる南城のホテル

最安値や目的別の泊まりたい宿が見つかる
【南城】で人気のホテル

更新:2018年11月29日

ローカル案内役が南城のホテルを厳選!周辺観光スポットも紹介しているので、これを見れば観光コースもすぐ決まる!

ローカル案内役厳選!目的別おすすめ宿

「禅」をコンセプトとした心休まる高級宿

海を望む天然温泉掛け流しの展望風呂!

家族のように語らいながら旅を楽しむ

南城のグルメ、観光スポット

  • 「南城市」人気観光スポットやイベント情報

    「南城市」人気観光スポットやイベント情報

    那覇空港から車で約50分。琉球開闢(かいびゃく)神話の地といわれ、世界遺産・斎場御嶽(せーふぁーうたき)がある南城市には、癒やしを求めて訪ねる人も少なくありません。神秘的な雰囲気が漂う南城市で、心身ともに癒されてください。

  • 神の島・久高島のおすすめの見どころ

    神の島・久高島のおすすめの見どころ

    久高島は、琉球開闢(かいびゃく)の祖アマミキヨが天から舞い降りてきて、ここから国づくりを始めたという琉球の聖地。今も島の人々によって神事が行われ、平和への祈りと感謝が捧げられています。そんな神の島の魅力に迫ります。

  • 沖縄県一の落差を誇る「ピナイサーラの滝」

    世界遺産・斎場御嶽。沖縄の“聖地”の正しい楽しみ方

    斎場御嶽は、琉球王朝時代には国家的な祭事が行われてきた沖縄を代表する聖地。今なお沖縄の人々の信仰、生活、自然への敬いが受け継がれています。ここでは、正しく楽しむために必要なポイントを紹介しています。

南城を知る

南城ってどんなところ?

沖縄本島南部に位置する南城市は、青く広がる海と草花に囲まれた静かな街です。ハートの形をしたこの地域は、豊かな自然を満喫できる癒やしのスポットになっています。絶景のドライブスポットとして知られるニライカナイ橋や、世界遺産の斎場御嶽、神の島と呼ばれる久高島、人気観光施設のおきなわワールドなどがあり、最近はおしゃれなカフェが増えています。シチュエーションに応じて楽しめるのも南城市の魅力です。

おきなわワールド

玉泉洞を遊び尽くす!
玉泉洞を遊び尽くす!

沖縄県南部を代表する観光スポットの「おきなわワールド・玉泉洞」へは、那覇空港から車で南東方向に約30分。敷地内には玉泉洞のほか、世界にひとつしかない「ハブ博物公園」、本物の古民家を移築し、その中で琉球文化を体験できる「琉球王国城下町」、ハブ酒や地ビールの製造を行っている「南都酒造所」などがあり、異なる魅力を持った施設が集まっています。また、毎日ショーがあったり、一風変わった期間限定企画があったりとイベントが充実しています。

ガンガラーの谷

太古のパワースポットへ
太古のパワースポットへ

ガンガラーの谷は、東京ドームとほぼ同じ面積(約4万7500平方メートル)で、鍾乳洞と一体化した森にさまざまな動植物が息づいています。この谷へは、ガイドと一緒に歩くツアーに参加した人だけが足を踏み入れることができ、ツアーで巡るコースは全長約1キロ。巨大なガジュマルの木のほか、古くから住民が信仰してきた鍾乳石、古代人が住んでいたとされる住居跡など、自然の神秘と人類の歴史を体感できる見どころがたくさんあります。ツアーの所要時間は約1時間20分。毎日開催されていて、完全予約定員制ですが、定員に空きがあれば当日参加もOK。散歩感覚で気軽に参加できるため、女性や子ども連れの家族にも人気です。

ニライカナイ橋

沖縄屈指のドライブスポット
沖縄屈指のドライブスポット

沖縄県南部の南城市にある「ニライカナイ橋」は、絶景ドライブコースとして有名です。ニライカナイとは、理想郷のこと。橋を下るにつれ、真っ青な海が近づくにつれ「沖縄に来てよかったー!」と思える感覚を味わるはずです。海の向こうには、パワースポットとして注目を浴びている久高島を眺めることもできます。橋の上に展望台があり、そこから望むニライカナイ橋と太平洋の景色が絶景!日陰はないので、日焼けが気になる人は日傘や日焼け止めを塗るなど対策を。早朝は朝日を眺めることもできますよ。

新原ビーチ(みーばるビーチ)

グラスボートで魚ウォッチング
グラスボートで魚ウォッチング

ファミリー向けで生き物観察などを楽しめるビーチ。沖縄本島南部、南城市の玉城(たまぐすく)にあるグラスボートで有名な場所です。新原と書いて「ミーバル」と読み、「ミー」とは沖縄方言で「新しい」という意味です。グラスボートに乗れば水中を泳ぐ魚たちやサンゴが手に取るように見て楽しめます。砂浜自体も長さ約500メートルととても広く、岩場を境にとなりの百名(ひゃくな)ビーチにつながっていますよ。遠浅で波も穏やかなので、子供連れでもゆっくりと過ごせます。下の方がえぐれた大岩がぽつぽつと立つ風景はいかにも沖縄のビーチです。

浜辺の茶屋

時間とともに表情を変える海を眺める窓辺
時間とともに表情を変える海を眺める窓辺

自然そのままの魅力を最大限に引き出す空間を提供すること。そして、自然そのままの美しさを沢山の人に体感してほしいというのが「浜辺の茶屋」のコンセプト。屋上、そしてビーチにもテラス席があり、沖縄の海と空に溶け込むような感覚を体験することができます。土地が持つ癒しの力を邪魔しないように、どのようにしたらお客さんに心地よい時間を過ごしてもらえるかをいつも考えているそうです。一番人気のメニューは「たっぷり野菜のカンパーニュサンド」です。石窯で焼いたレーズンパンに、クリームチーズとオリーブオイル、色とりどりの野菜を贅沢にサンド。パンは国産小麦を使うのがこだわりです。見た目はかわいらしいですが、食べ応えも満点ですよ。

中本鮮魚てんぷら店

車で行ける離島・奥武島で名物の“沖縄天ぷら”を味わう
車で行ける離島・奥武島で名物の“沖縄天ぷら”を味わう

奥武島へと続く橋を渡りきったらすぐ右手。「中本鮮魚てんぷら店」は地元客や旅行者が連日行列をなす名物スポットです。お品書きは「いか」や「やさい」といった定番のほか、「グルクン」に「ウムクジ(紅芋)」など種類豊富なメニューが並んでいます。なかでも奥武島でとれた「もずく」や「アーサ」を使ったてんぷらは大人気。衣に味が付いているのでそのまま食べてもおいしいが、ソースや七味を合わせるのもおすすめ。土日は売り切れ必至、奥武島人気の火付け役ともいえる絶品てんぷらをぜひその場で味わってください。

南城周辺のおすすめエリア・ホテルランキング

たびらい沖縄ホテルのご予約で、レンタカー・アクティビティ料金30%キャッシュバック!

今、この宿、見られてます

あわせて読みたい!



テーマ別 ホテル選び特集

誰と行く?

何にこだわる?

どのエリアに泊まる?