沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

沖縄観光情報

  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 備瀬のフクギ並木 早朝散歩でリフレッシュ
備瀬のフクギ並木 早朝散歩でリフレッシュの記事イメージ

備瀬のフクギ並木
早朝散歩でリフレッシュ

沖縄美ら海水族館近くにある備瀬のフクギ並木。癒やしスポットとして人気ですが、実は「早朝」に行くのがおすすめです。

投稿:2016年1月 / 更新:2017年5月

[タイアップ]

昼よりも神秘的!
「早朝」のフクギ並木を散策

2万本ものフクギが立ち並ぶ備瀬のフクギ並木は、散策するのに最適。差し込む陽射しや揺れる木の葉がきらめき心が癒されます。

昼間でも十分楽しめますが、早朝はまた違った雰囲気。フクギが吐いた新鮮な空気と朝の日差しで満たされ、より幻想的な雰囲気を堪能できます。
少し早起きして朝の散歩へ。
澄み切った新鮮な空気が流れている並木を歩くだけで、
心身ともにリフレッシュ…。
防波堤に座ってひと休み。
だんだんと明るくなっていく空や海を眺めるだけで
心がスーッと和んでいきます。
早朝の散歩はフクギ並木周辺の宿に泊まってこその体験。近隣のホテルや宿に泊まって、フクギの魅力を再発見してみては?

沖縄美ら海水族館のすぐ近く、およそ2万本ものフクギが立ち並ぶ、備瀬(びせ)のフクギ並木。差し込む陽射しや揺れる木の葉がきらめき、木々の間を歩いているだけで、心が癒される人気のスポットです。

備瀬のフクギ並木

住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬にある村落
アクセス:「沖縄美ら海水族館」から車で約3分。
利用料金:なし
駐車場:フクギ並木の入口に、無料の駐車場あり

レンタサイクルで
周辺スポットを散策

備瀬エリアには魅力的なスポットが満載。レンタサイクルで散策するのがおすすめです。

フクギ並木近くにあるレンタサイクル屋。
1日300円で自転車を借りることができ、
台数もたくさんあるので安心。
お気に入りの自転車でいざ出発!
まずは神秘のスポット「備瀬のワルミ」を目指します。
フクギ並木から自転車で10分ほどで着く備瀬のワルミは神が降り立ったとされる聖域。
切り立った岸壁の間を抜けると、一面に青い空と海。
吹き抜ける風がとても気持ちが良いです。
フクギ並木から自転車で10分ほどの「備瀬崎」も人気。
青く透明な海と伊江島を同時に眺めることができます。

備瀬で味わいたいグルメ情報3選

備瀬のフクギ並木周辺にはお食事処がたくさん。フクギ並木の雰囲気をゆったりと満喫できる隠れ家カフェやレンタサイクルで散策中ひと休みできる沖縄料理のお店、古民家で食べる「やんばる島豚あぐー」のしゃぶしゃぶなど、おすすめの3店舗を紹介します。

cafe CAHAYA BULAN(ちゃはや ぶらん)

cafe CAHAYA BULAN(ちゃはや ぶらん)の海に面した開放的なテラス席

濃い緑色のフクギに囲まれた入口を抜けたところにある隠れ家カフェ。海に面した開放的な店内とテラス席からは、水平線に横たわる伊江島を一望でき、県産食材を使ってアジア風にアレンジしたオリジナル料理や手作りスイーツ&ドリンクが好評です。ゆったり過ごしたい人におすすめ。

詳細はこちら

沖縄料理と和食の店「レストラン岬」

沖縄料理と和食の店「レストラン岬」の大きな肉がのったソーキそば

フクギ並木の中央あたりにあるレストラン。毎朝、近くの本部漁港から仕入れてくる新鮮な鮮魚で作る魚料理が絶品で、刺身や魚汁など、新鮮な魚料理が味わえます。豊富な定食メニューや沖縄郷土料理もあり、ゴーヤーチャンプルーや豚の角煮など、家庭料理もおすすめ。

詳細はこちら

ちゃんや~/古民家で味わうブランド豚

ちゃんや~/古民家で味わうブランド豚の島豚あぐーしゃぶしゃぶ

フクギ並木に佇む「ちゃんや~」は、古民家を改装した民宿で、沖縄の食材にこだわったおいしい料理を味わうことができます。メインは、地元で育った島豚あぐー。きめ細やかな肉質で、上質な脂には甘みがある。しゃぶしゃぶやせいろ蒸しなど、3種の前菜や季節の島野菜がついたセットがおすすめ。

詳細はこちら

備瀬のフクギ並木周辺の
おすすめ宿3選

フクギ並木を散歩するだけでも癒やされますが、備瀬の魅力を知るためには2、3日は滞在したほうが良いです。朝は新鮮な空気を吸いながら朝日を浴び、昼間は生命力にあふれた清々しさを感じ、夜には神秘的な月明かりを楽しめます。
また、朝夕の涼しい時間帯には、地元のお年寄りが集落の道を掃き清める姿や、道端でゆんたく(沖縄の方言でおしゃべりという意味)をする姿など、一昔前なら、どこでも見かけた光景が今でも残っていて、まるで村の住人のようになったかのような感覚になります。
ここでは2、3日滞在するのに最適なフクギ並木周辺の宿情報を紹介します。

Birth -the suite-

自然や集落との調和を大切にしながら建てられたヴィラ
一日一組限定。自然や集落との調和を大切にしながら建てられたヴィラ。メインとなるリビングには大きな窓が設置され、朝のさわやかな陽射しから夕暮れ時の茜色の光まで、一日を通して光が変化する様子を楽しめます。2人でもゆったり入れるバスタブは、オリジナルで造られたもので、天井から降り注ぐレインシャワーを浴びながら、窓からは豊かに繁った木々を眺めることができます。

詳細はこちら

Fukugi Terrace(フクギテラス)

暮らすように過ごす、とっておきの沖縄を体感できる宿
周囲をフクギに囲まれ、徒歩30秒でエメラルドグリーンに輝く海にたどりつく「Fukugi Terrace」。2棟あるコテージは、ホテルでは味わえないプライベートな時間を過ごすことができます。室内は、ゆったりとしたゆとりのある空間で、日常生活に必要な家庭用品や電化製品、キッチンなどを備えており、すべて無料で使用可能。また、庭でバーベキューを楽しんだり、目の前の広い海で泳いだり、思い思いの時間を過ごせます。

詳細はこちら

Fukugi Terrace(フクギテラス)【別館】フクギリゾートとくあさぎ

琉球モダンなプライベートコテージ
備瀬エリアの中でも、特に樹齢が高く、大きなフクギが育った静かな場所にあり、プライベート空間でのんびりと過ごせるコンドミニアムタイプの宿泊施設。「とくあさぎデラックス 45平米」は、2人で過ごすのにピッタリな室内。また、家族や友人と過ごすのにおすすめなのが、「とくあさぎスイート 50平米」。少し広めの室内には、琉球畳を用いた和室があり、ガーデンシャワーも設置されている。

詳細はこちら



ローカル案内役/井上 滉(いのうえ こう)

[タイアップ]

詳しく知る

基本情報

備瀬のフクギ並木
緑のトンネルとなった並木道

備瀬のフクギ並木とは?

那覇空港から車で約2時間。沖縄本島北部、本部町の美ら海水族館近くにある備瀬エリアは、古き良き沖縄の風景が残された地域。舗装されていない白い砂地が家と家をつなぎ、その小道の両側には、まっすぐに伸びたフクギが並んでいます。豊かに繁った葉と枝がアーチとなり、緑のトンネルとなった並木道は、やさしい木漏れ日が差し込む穏やかな空間で、日常のあわただしさを忘れ、散策するにおすすめの場所。

「福を呼ぶ木」とも言われるフクギ。沖縄では古くから防風林として用いられてきました。備瀬エリアは、集落が碁盤の目のように区画されており、家はフクギに囲まれています。フクギは防風林としてはもちろん、垣根としての役割も持ち、その垣根が連なって、およそ1キロメートルの並木道を作っています。

フクギは、琉球王朝時代の17世紀後半に活躍した政治家の蔡温(さいおん)が、中国で学んだ風水思想を応用して植えたと言われています。とても成長が遅い木なので、苗木を植えた先人たちはその恩恵には与っていないのですが、自分たちのためではなく、子孫や未来の地域を守るために植えられているのです。なかには樹齢260年を超える木々があり、おそらく琉球王朝時代に植えられたものとみられている。当時、集落や国都の造形、山林の管理には、国策として風水を取り入れていたよう。王府は、風水思想にもとづく海岸域から里山にかけての森づくりに力を入れており、その一環として、備瀬にフクギが植えられたといわれています。

沖縄は夏に多くの台風が襲来するばかりか、冬は北の季節風が吹き荒れます。300年ほど前の先人たちは、風害に悩まされていた海辺に住む人たちの暮らしを守りながら、風水で気の流れを整えようとフクギを植えたのです。

たくさんの魅力を持つ備瀬エリアですが、忘れてはいけないのは、集落は生活の場ということです。家の中をのぞきこまないなどのマナーを守り、住民たちの暮らしに迷惑をかけないよう、この情緒あるフクギ並木や備瀬エリアをぜひ訪れてほしいです。

備瀬のワルミ
知る人ぞ知る隠れパワースポット

備瀬のワルミとは?

沖縄本島北部の本部町にある「備瀬のワルミ」。地元では「ワリーバンタ」とも呼ばれます。ワルミとは沖縄の言葉で「割れ目」、バンタは「崖」という意味。神が降り立ったとされる聖域で、観光地化されておらず知る人ぞ知る隠れパワースポットとなっています。

場所は備瀬のフクギ並木からレンタサイクルで10分ほど。茂みの中を入っていき、切り立った岸壁の間を抜けると、一面に青い空と海が広がり、神秘的な光景を眺めることができます。満潮時には砂浜に降りることができないので、干潮時に行くのがおすすめ。とても神聖な場所なのでマナーを守って観光しましょう。

【場所】沖縄県国頭郡本部町備瀬2278

備瀬崎
浜と向かいの離れ小島の間がポイント

備瀬崎とは?

備瀬のフクギ並木を抜けたところにある人気のシュノーケルスポット。フクギ並木を抜けて岬の先端にある駐車場に車を止めると、整備された護岸の前に小さな浜があり、この浜と目の前に浮かぶ離れ小島の間がシュノーケリングのポイント。広さは幅約80メートル、奥行き30メートルほど。潮が引くと、この辺り一帯に潮だまりが現れます。

浜の右側、岬の先端と離れ小島の間に、1箇所、水深3~4メートルほどの窪地があり、ここが魚のたまり場。ハギやスズメダイ、アイゴの仲間などが見られます。浜の正面の辺りは干潮時は背が立つほどの浅瀬だが、ここにはサンゴの塊が多く、チョウチョウウオやベラ、スズメダイの仲間など、カラフルな魚もたくさん見られます。小さな子どもにはこの辺りがおすすめ。潮が引く時間を調べて、干潮時に合わせて泳ぎに行こう。

【場所】沖縄県国頭郡本部町備瀬
【交通】那覇市街から沖縄自動車道を経由、許田IC下車。国道58号線を名護市街で左折、国道449号線から県道114号線へ。「海洋博公園」前を通過して「備瀬のフクギ並木」を抜けた岬の先端。車で約2時間
【駐車場】約26台(1台500円)
【設備】トイレ、周辺に民営シャワー施設(有料)がある
【海のコンディション】潮だまりが現れる干潮時がベスト
【電話番号(問い合わせ)】0980-47-2700(本部町企画商工観光課)

アクセス・施設情報

施設情報

【住所】沖縄県国頭郡本部町備瀬にある村落
【利用料金】なし
【駐車場】フクギ並木の入口に、無料の駐車場あり


車(レンタカー)で

那覇空港から一般道を利用する場合:
約2時間30分。那覇空港から国道332号か那覇うみそらトンネルを経由して国道58号へ出て北上。
沖縄自動車道を利用する場合:
約2時間。那覇空港から沖縄自動車道を利用。許田ICで下車し国道58号線を北上。

一般道、沖縄自動車道いずれの利用の場合も、国道58号線から国道449号本部循環線に入り、県道114号を経由。

備瀬と一緒に楽しみたいスポット3選

備瀬周辺には、美しい海を満喫できる離島から歴史的な史跡までさまざまなスポットがあります。ぜひ足を延ばして立ち寄ってみてください。

「瀬底島」車で日帰りできる美しき離島

瀬底島周辺に広がるコバルトブルーの海

沖縄本島北部、本部半島と橋でつながり、車で気軽に立ち寄れる瀬底島(せそこじま)は、沖縄県内でも有数の美しさを誇る瀬底ビーチをはじめ、風に揺れるサトウキビの葉や色鮮やかなブーゲンビリア、赤瓦の屋根の上にちょこんと鎮座するシーサーなど、沖縄の原風景に出合えます。離島ならではの美しさに加え、沖縄の歴史も息づいていて、まさに“沖縄の魅力”を凝縮したような島です。備瀬のフクギ並木からは車で約15分なので、ドライブがてら遊びに行けますよ。

詳細はこちら

沖縄美ら海水族館の楽しみ方を徹底ガイド

世界最大級の水槽「黒潮の海」

沖縄の人気スポットである「沖縄美ら海水族館」は、年間300万人を超える来館数を記録する超ビッグスケールの水族館。一番人気は「黒潮の海」で、悠然と泳ぐジンベエザメをはじめ、水槽内には約70種、1万6000匹もの生き物が飼育されています。午後3時、5時は、ジンベエザメの食事タイム。1度に約100リットルもの海水とエサを吸い込む姿はダイナミック!そのほか、沖縄美ら海水族館のある海洋博公園には、イルカやウミガメなど海の生き物たちに出合える施設がいくつかあり、しかも入館や見学は無料だから、水族館とセットで巡るのがおすすめです。なかでも、オキちゃん劇場はイルカたちの可愛らしくも圧巻のパフォーマンスに魅了されます。沖縄美ら海水族館は備瀬のフクギ並木から車で3分ほど。

詳細はこちら

世界遺産・今帰仁城 英雄伝説の残る絶景

今帰仁城跡の平郎門(へいろうもん)

国指定の史跡であり、世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつでもある今帰仁城跡(なきじんじょうあと)は、14世紀に琉球王国が成立する以前から存在していた北山(ほくざん)の国王・北山王の居城であり、別名、北山城とも呼ばれます。城は、那覇空港から車で約1時間40分、沖縄本島北部・本部(もとぶ)半島にある標高約100メートルの高台にあります。1月頃に日本一早く咲く桜、カンヒザクラの名所としても人気です。観覧料は、駐車場の敷地内に併設されている「今帰仁村歴史文化センター」との共通チケットになっているので、周辺地域や歴史的背景についても学ぶことができて便利。備瀬のフクギ並木からは車で20分です。

詳細はこちら

備瀬のフクギ並木のQ&A

備瀬の並木道には、何本のフクギが植えられていますか?

およそ2万本のフクギが植えられています。

駐車場やトイレはありますか?

フクギ並木の入口に、無料の駐車場と公衆トイレがあります。

備瀬でのおすすめのマリンアクティビティーは?

備瀬の美しい海では、海水浴やシュノーケリングを楽しむことができますが、監視員やライフセイバーが常駐していないので、遊泳には十分気をつけましょう。
アクティビティを探すならこちら

周辺のおすすめ観光情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け