1. 塩屋(まーすやー) 国際通り松尾店 |ソルトソムリエが案内する “沖縄の塩”専門店

塩屋(まーすやー) 国際通り松尾店 |ソルトソムリエが案内する “沖縄の塩”専門店

【投稿日】2017年11月06日(月)| 沖縄発

国内外から多くの観光客が行き交う那覇市(なはし)の国際通り。全長約1.6キロの通りのほぼ中央まで歩いたところで、大きな力強い看板をかかげる「塩屋(まーすやー)」が見えてきます。こちらは日本最大級の塩を取り揃える専門店。県内外にある数店舗の中でも、国際通り松尾店は「沖縄の塩専門店」になっています。

さらに塩屋(まーすやー)は、「ソルトソムリエ」と呼ばれる塩の専門知識を持ったスタッフが店頭に立って案内してくれるのも魅力的。それぞれの塩に合う料理や使い方などのアドバイスを受けたり、試食品で味を試したりしながら、好みの塩を選ぶことができます。

タコライスの塩

沖縄店舗限定の「タコライスの塩」は、平成29年(2017)秋に発売したばかり。紅型のデザインも華やかで、料理好きな方への沖縄土産に最適です。

国際通り松尾店のソルトソムリエ・松本さんが「白いごはんに振って召し上がってみてください。口の中で再現される、スパイシーなタコライス風の味がクセになりますよ」と、太鼓判を押すひと品です。

ひき肉との相性も抜群なので、ハンバーグやオムライスの味のアクセントに加えるのもおすすめの使い方。食卓にひとつ置くだけで、料理のアレンジの幅も広がります。

くがにまーしゅ

大粒の「くがにまーしゅ(塩の華)」は、まるで宝石の欠片のようにキラキラと輝きます。

多くの塩が釜で炊いて精製されるのに対して、「くがにまーしゅ」は昔ながらの天日干しで手間ひまかけてつくられたもの。太陽の熱でじっくりと生み出される大粒の塩だけを大事に集めた貴重な塩です。

ソルトミルで砕いてサラダにかけるのもいいですが、お酒好きの方はそのまま少しずつ舌に乗せて味わってみて。日本酒に合うおつまみとして、大人の粋な楽しみ方ができますよ。

ほかにも店内には、約120種類以上の沖縄の塩が棚一面にラインアップ。プロの飲食業の方も常連として通うほど充実の品揃えを誇ります。店舗限定品など滅多にお目にかかれない塩に出会えることもあり、リピーターの方が何度通っても面白いワケです。

バスソルト

味わうだけでなく美容面でも塩を取り入れるなら、「ミネラルバスソルトホームスパ」を。

細やかな「雪塩」パウダーに水やオリーブオイルなどを少し足してクリーム状にし、マッサージやパックとして使用します。1週間に1回程度マッサージすることで古い角質を落とし、くすみ予防やスベスベの肌触りを期待できます。

口に入れても安全な塩なので、お顔はもちろん歯ぐきのマッサージにも使用可能。50グラムのお試しサイズは、美容を意識する女性へのちょっとしたお土産に喜ばれますよ。

店長とソルトソムリエ、2つの顔を持つ松本さん。

松本さんは「私たちは『選ぶ楽しさを提供し続ける』という想いを大切にしています。お塩といっても『しょっぱい』という概念だけではありません。味比べをしてみると、甘みや酸味など、それぞれの特徴を知れば知るほど面白いですよ」と語ります。

料理の味を左右する調味料として、また私たちの体に欠かせない栄養素として身近な存在である塩。ところが、あまりに身近すぎて原料や産地、食材との相性を考えながら選んで購入する方はまだまだ少ないのではないでしょうか。

塩の作り手と塩を使う人々の懸け橋の場・「塩屋(まーすやー)」で、ぜひ塩の魅力や可能性に触れてみてはいかがでしょうか。

【店舗名】
塩屋(まーすやー) 国際通り松尾店

【商品例】
タコライスの塩 597円、くがにまーしゅ(塩の華) 30g 308円/100g 1029円、ミネラルバスソルトホームスパ 50g 432円/250g 1852円、黒潮源流塩 135g 540円、おにぎりの塩 380円、浜比嘉塩 100g 308円、雪塩120g 648円など

【住所】
沖縄県那覇市松尾2丁目1-3

【問い合わせ(電話番号)】
TEL:098-917-4140

【営業時間】
10時~22時

【定休日】
無休

【駐車場】
なし(近くにコインPあり)
⇒公式サイトはこちら

沖縄のお土産50選! 最新から定番まで

【投稿日】2017年11月06日(月)【投稿者】たびらい編集部

あわせて読みたい!

今、この宿、見られてます

×