沖縄の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 沖縄観光情報
  4. 自分の子どもに伝えたい平和学習 ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館
自分の子どもに伝えたい平和学習 ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館の記事イメージ

自分の子どもに伝えたい平和学習
ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館

ひめゆり平和祈念資料館では、戦争体験者が年々少なくなっていく今、沖縄戦がどんなものであったのか、元ひめゆり学徒たちの体験を通して、若い世代に戦争の実態を伝えています。後世に戦争の悲惨さと命の尊さを伝える意味でも、子どもと一緒に平和学習のために一度は訪れてほしい場所です。

更新:2017年9月29日

[タイアップ]

子どもに伝えたい平和学習の記事イメージ

子どもに伝えたい
平和学習

館内には全部で6つの展示室があり、戦前の女学生たちの学園生活から、どのように戦争に突入し、戦中にどんな体験をしたのか、そして戦争とはどういうものであったのかが時系列に沿って展示されています。

第一展示室「ひめゆりの青春」
第一展示室「ひめゆりの青春」は、戦争に対する「教育」がいかに大切かを物語る場所です。生徒たちの誰もが、当時の教育(軍国主義、皇民化教育)を信じていました。かつての教育がどれほど怖いものだったのかを、資料を通じて伝えています。
第二展示室「ひめゆりの戦場」
第二展示室「ひめゆりの戦場」では、
看護要員として動員された240名が配置された、
南風原の沖縄陸軍病院の様子が展示されています。
医療器具や生徒が戦場に携えていった品々
展示品の中には、
沖縄戦から40年後に発掘された当時の医療器具や
生徒が戦場に携えていった品々も。
病院壕を再現したジオラマ
病院壕を再現したジオラマです。
「病院」と呼ばれていたのは手掘りの洞窟に過ぎず、
40近くの横穴に粗末な二段ベッドが
備え付けられていただけのものでした。
職員による館内での説明
証言員(ひめゆり学徒の生存者)や、職員による館内での説明も行われていて、戦場の病院壕でのひめゆり学徒の様子や、運び込まれてくる負傷兵の様子を、実際のエピソードを交えてお話をしてくれます。
第三展示室「解散命令と死の彷徨」
生存者の証言映像や、米軍の記録フィルムを見ることができる第三展示室「解散命令と死の彷徨」。突然の「解散命令」が出され、米軍が包囲する戦場に学徒たちが放り出されたことが記されています。
生存者の証言映像を見る
解散命令後の数日間で
100人余りのひめゆり学徒が死亡していったことが、
生存者による証言映像と米軍が記録したフィルムによって
伝えられています。
第四展示室「鎮魂」
第四展示室「鎮魂」。
ここは沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒と教師の鎮魂の空間です。
壁面にかけられた227人の遺影は、
一人ひとりの命の大切さ、生きた証として展示されています。
そのほか、生存者の証言集を読むことができ、
戦争の悲惨さを個人の体験から学ぶことができます。
伊原第三外科壕を実物大に再現したジオラマ
また、伊原第三外科壕を実物大に再現したジオラマも展示されています。このガマに米軍によって黄燐弾が投げ込まれ、およそ100人のうちの80人余が死亡。ひめゆり学徒も50人のうち42人が亡くなり、生き残ったのはわずか8人のみでした。さらにその後、ガマを出てからも3人が死亡しました。
第五展示室に掲げられた未来へのメッセージ
第五展示室に掲げられた未来へのメッセージ。 これまでの展示を回想し、戦争の愚かさや命の大切さを理解してもらえたらと設けられました。
これまでの展示を見て、感じたことを記す子ども
第五展示室には、ペンと紙が用意されていて、これまでの展示を見て、感じたことを記すことができます。親子で思いを綴るのも良いでしょう。自分の子どもが資料や実際に戦争を経験した人たちからの話を聞いて、どのようなことを思い、考えたのか。それらを知ることで、少し成長した我が子の姿を見ることができます。
女性におすすめかわいいお店を紹介の記事イメージ

ここは見逃せない
見学してほしい展示室!

ひめゆり平和祈念資料館は、戦争で生き残った人たちの思いがこもった資料館で、6つの展示室にはそれぞれにストーリーがあります。中でも第二、第三、第四展示室は、時間がない方でも必ず見てほしいところ。

第二展示室「ひめゆりの戦場」

病院壕(沖縄陸軍病院)の様子を再現したジオラマ
第二展示室では、240人のひめゆり学徒たちが看護要員として動員された南風原の沖縄陸軍病院がどんな場所だったのか、そこでどんな活動をしていたのかを明らかにしています。

詳細はこちら

第三展示室「解散命令と死の彷徨」

解散命令後の様子を証言する生存者の映像
第三展示室の冒頭には、突然「解散命令」が出され、米軍が包囲する戦場に学徒たちが放り出されたことが記されています。ここが戦時下におけるターニングポイントなので必見。

詳細はこちら

第四展示室「鎮魂」

第4展示室にある生存者の証言集
壁面にかけられた227人の遺影は、一人ひとりの命の大切さ、生きた証として展示。そのほか、生存者の証言集を読むことができ、戦争の悲惨さを個人の体験から学ぶことができます。

詳細はこちら

より沖縄戦を深く学ぶために
より深く学ぶための関連資料

ひめゆり平和祈念資料館にまだ行ったことがない人や、すでに行ったことはあるけれど、もっと深く学びたい人のための関連資料を紹介しています。

より深く学ぶための関連資料

絵本「ひめゆり」

絵本「ひめゆり」

子どもにも分かりやすく、戦争体験を伝えるために作られた絵本「ひめゆり」。悲惨な戦争を体験した元ひめゆり学徒が、「もう2度と戦争を繰り返してはいけない」と、子どもたちの未来のために、発刊されました。

詳細はこちら

アニメ「ひめゆり」

アニメ「ひめゆり」

子どもたちにひめゆり学徒の戦争体験を伝えるため、平成19年(2007)に「ひめゆりアニメプロジェクト」が発足し、平成24年(2012)6月23日の「慰霊の日」に初上映されました。DVDが資料館で販売されています。

詳細はこちら

ひめゆり平和祈念資料館ガイドブック

ひめゆり平和祈念資料館ガイドブック

ひめゆり平和祈念資料館に観光で訪れる際、旅程の都合でどうしてもゆっくりと展示を観られない人、また、じっくりと全証言を読みたい人にもおすすめです。通信販売も行っているので、事前に読んでから訪れるのも良いでしょう。

詳細はこちら


ローカル案内役/井上 滉(いのうえ こう)

[タイアップ]

詳しく知る

基本情報

ひめゆり平和祈念資料館
ひめゆり平和祈念資料館

ひめゆりの塔
ひめゆりの塔

館長の島袋 淑子(しまぶくろ よしこ)さん
館長の島袋 淑子(しまぶくろ よしこ)さん

ひめゆり平和祈念資料館・ひめゆりの塔とは

沖縄本島南部の糸満市にあるひめゆり平和祈念資料館は、戦争体験者が年々少なくなっていく今、国内唯一の住民を巻き込んだ地上戦となった沖縄戦がどんなものであったのか、元ひめゆり学徒たちの体験を通して、若い世代に戦争の実態を伝えています。年間約60万人が平和学習や慰霊、観光でこの地を訪れます。

ひめゆり平和祈念資料館の館内は全部で6つの展示室で構成され、貴重な証言などの資料がわかりやすくまとめられています。両校の同窓生たちの「戦争の悲惨さ、愚かさ、そして命の大切さを後世に伝え残したい」という思いが、ここには生きています。

ひめゆりの塔は、沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒・教師の鎮魂のための慰霊碑です。ひめゆり学徒隊の「ひめゆり」とは、沖縄師範学校女子部と県立第一高等女学校の愛称。沖縄戦で、沖縄陸軍病院に動員された女子学生たちの総称を、戦後「ひめゆり学徒隊」と呼ぶようになりました。現在のモノレール安里駅近くの栄町市場から、大道小学校とお隣りの真和志中学校がある一帯、約1万坪の敷地内に両校と3つの寮がありました。昭和19年(1944)10月10日の十・十空襲では無事だった校舎も、翌年1月の空襲で破壊されてしまいました。

ひめゆりの塔は、終戦の翌年に学徒の遺族らによって建立されました。糸満市には数多くの慰霊碑・塔がありますが、最も早く建てられた塔のひとつです。ひめゆり平和祈念資料館が設立されたのは、戦後43年が経った平成元年(1989)6月23日。それまでは、資料館をつくることよりも、失ってしまった学校をまず建て直したいと奔走していました。しかし現実的には厳しいものがあり、断念したといいます。

ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館のアクセス・施設情報

アクセスは車が便利です。那覇空港からは国道331号線を南下し、「平和祈念公園」の道案内に従って道なりに進むと30分ほどで到着します。路線バスも利用可能だが、本数が1時間に1、2本程度と少なめなので要注意。


施設情報

【住所】沖縄県糸満市字伊原671-1
【電話番号(問い合わせ)】098-997-2100
【営業時間】9時~17時25分(入館は17時まで)
【定休日】年中無休
【利用料金】大人310円 / 高校生210円 / 小・中学生110円
【ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館の見学所要時間の目安】約30分~1時間 【駐車場】無料


車(レンタカー)で

那覇空港から約30分、沖縄自動車道 豊見城ICまたは名嘉地ICから車で約30分。


バスで

那覇バスターミナルより、糸満行き89番に乗って約30分~40分、糸満バスターミナルで乗り継ぎのため下車。糸満バスターミナルより、玉泉洞行き82番、南部循環線107番、108番のバスで約15分、「ひめゆりの塔前」下車すぐ。(モノレール赤嶺駅から糸満行き89番乗車。糸満バスターミナルで乗り継ぎでも可。)


タクシー利用で

那覇市から糸満市のひめゆり平和祈念資料館までの料金は、片道3000円~3500円が目安。糸満ロータリーからは片道1000円~1200円。

ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館Q&A

割引制度はありますか?

団体の割引があります(約10%)。20人以上一括払い。また、障がい者割引として、障がい者とその介護者各1人は無料になります。入館の際に障がい者手帳等の提示が必要です。

車いす、ベビーカーの貸し出しはありますか?

車いす、ベビーカーを貸し出しています。希望の方は窓口にお声かけを。

駐車場はありますか?

あり。無料です。

レンタカー予約はこちら⇒沖縄のレンタカー比較といえば、たびらいレンタカー【早割で最大64%OFF】

近くに宿はありますか?

ひめゆり平和祈念資料館がある糸満市にも人気のホテルはあるが、隣接する市町村にも魅力的なホテルが多くあります。
ひめゆり平和祈念資料館に近いおすすめホテルランキングはこちら

施設内の見学所要時間はどのくらい?

所要時間はあくまでも目安ですが、約30分~1時間です。

沖縄観光で役立つ! 沖縄の人気観光スポット

この記事を見ている人におすすめホテル情報

トップに戻る

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け