長崎の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ

  かつては炭鉱の島として栄えた「軍艦島(ぐんかんじま)」。廃墟となった無人島に上陸すると、現在でも当時の面影が残っている。その歴史を知り、かつての人々の暮らしに思いをはせることで、過去と未来が見えてくる。軍艦島観光の仕方を、達人が伝授する。

そのシルエットはまさに軍艦。灰色のビルが密集している

  明治から昭和の時代にかけて、炭鉱の島として昼夜を問わず石炭採掘が行われていた軍艦島。出炭量とともに人口が増加し、最盛期の昭和35年(1960)には5200人を超え、人口密度が当時の東京の9倍ともいわれた。しかし、エネルギー資源の中心が石炭から石油に移り変わると、昭和49年(1974)には閉山。それから約40年間、島は放置され、ビルは朽ち果て、まるで廃墟のようになった。

そこには人の営みがあったことを感じさせる建物や生活の跡が現在も残っている。日本の近代化を物語る遺産として注目を集め、船で上陸するガイド付きツアーも開催されている。実際に軍艦島に上陸して、歴史を重ねた島の空気を感じよう。

取材/ながさきプレス、平成26年(2014)8月


◆その他のおすすめ長崎観光情報
長崎観光のおすすめ情報9選

◇たびらいでツアー予約
⇒軍艦島に上陸できるパッケージツアー(宿+航空券/列車)を探す

◇たびらいのバスツアープラン
⇒“福岡発”のバスツアーで、軍艦島クルーズに行こう

坂本道徳さん
(さかもと どうとく)
坂本 道徳さん

軍艦島の達人
  NPO法人「軍艦島を世界遺産にする会」理事長。シーマン商会軍艦島クルーズの専属ガイド。炭鉱マンの子として生まれ、小学6年から高校3年まで軍艦島に住んでいた。大切なふるさとを守りたいと、平成15年(2003)に島の世界遺産登録を目指す会を発足。現在、軍艦島ガイド活動を中心に、軍艦島講座や執筆、講演などと精力的に活動している。

軍艦島が辿った歴史と人々の暮らしを知る

炭鉱で栄えた時代の鉱業所。まさに石炭を掘るための島だった

  軍艦島は、正式には「端島(はしま)」という名称を持つ。軍艦島と呼ばれるようになった理由は、高層アパートが立ち並ぶ外観が軍艦「土佐」に似ていることからだったという。

石炭採掘のために開発が進められた軍艦島は、徐々に島の周囲を埋め立て、炭鉱で働く人とその家族が限られたスペースを最大限に使って暮らしていた。島には小中学校のほかに、映画館や飲食店、娯楽場、病院などの施設も充実しており、その時代の最先端を備えた炭鉱都市だった。しかし、国のエネルギー政策の転換から閉山。住んでいた人も島を離れ、その後40年近く、立ち入り禁止とされていた。

炭鉱で栄えていた当時、島には人と共有するスペースが多かったと、達人・坂本さんは言う。
「お互いに譲り合う気持ちがあったから生活できたんだと思います。島民同士でコミュニケーションがとれていて、全員がまるで家族のように仲良しでした」

そんな軍艦島での暮らしは閉鎖的ではなく、島民は定期的に本土と行き来する船を利用していた。坂本さんも休日には船に乗って長崎市中心部まで足を延ばし、島では手に入らない書籍をまとめて購入していたそうだ。

軍艦島に上陸。ガイドとともに見学コースを巡る

ガイドの案内により、軍艦島を深く知ることができる

  上陸できるのは、見学通路で安全性を確保された島の一部分のみだ。それでも、不思議な静けさに包まれた島に足を踏み入れると、当時の暮らしや生活の跡を目にすることができる。

まず最初に訪れるのは第一見学場だ。ガレキの先に見える7階建ての白い建物は、1階から4階までが小学校、5階と7階が中学校となっていた。その隣の大きなアパートの10階部分には保育園があった。ビル内の学校という立地は、狭い島ならではのアイデアだったといえる。

続く第二見学場で目立つのが、赤茶色のレンガの建物。見学場所でほぼ唯一色があるこの建物は、かつての資材倉庫。当時は島の中枢部であった総合事務所とともに炭鉱の司令塔として使われたが、大部分の建物は倒壊し、鉄骨が朽ち果てている。

第三見学場では、密集した日本最古の鉄筋アパート群が間近に見える。直接近くで見なければ、この圧迫感と重厚感は感じられないだろう。このアパートの少し先には映画館や寺があったといい、暮らしに必要な施設がそろっていたことが分かる。軍艦島が廃墟となる前には、たくさんの人が確かにここで生活していたのだ。

軍艦島から過去と未来に想いをはせる

ビルの上で、さまざまな農作物が栽培されていた

  軍艦島も、最初から“廃墟”だったわけではない。石炭採掘のために開発され続けた島では、島の住民が日々の暮らしを送っていた。だから、閉山が決まって島から離れることになったとき、住民は皆、「もうふるさとには帰れない」と覚悟したのだという。

軍艦島に上陸すると、廃墟のような建物や崩れたガレキに目を奪われがちだが、達人・坂本さんはより深い部分に目を向けてほしいと言う。

「今でこそ、こうして再び上陸できてはいますが、私たちにとって軍艦島は廃墟の島である前に大切な“ふるさと”です。そしてこの島は、もしかしたら未来の日本の姿と重なるのではないかと思うのです。軍艦島の歴史と存在が、これからの社会のあり方について考えるきっかけを与えてくれるのではないでしょうか」

島に上陸して見学を終えた後には、ぜひ過去の歴史を振り返り、未来の暮らしについて考えてみてほしい。単なる観光に留まらない、奥深い軍艦島“体験”が可能となるはずだ。

《厳選ホテル》

巨大な廃墟の島 軍艦島上陸・周遊ツアー

軍艦島ツアーをもっと楽しむおすすめ情報

おすすめ軍艦島ツアー会社3選

  軍艦島には飛行場がなく、橋で渡ることもできないため、交通機関は船舶に限られる。軍艦島を案内してくれるツアー会社を紹介。

  • 「さるくII号」
  • 船内ではモニターを使った解説も行われる
  • 安定感があり大人数でのツアーにも対応可能な船
おすすめポイント
  上陸してからの見学コースはどのツアー会社でも共通だが、案内する内容や船の大きさ、一度に案内する人数などに違いがある。また天候が悪く上陸ができないときにも、船で島の周りを周遊したり資料を使って軍艦島について教えてくれるのも嬉しい。どのツアー会社もウェブサイトに詳しく情報が掲載されているので参考にしたい。

軍艦島ならではのおすすめ撮影スポット

  軍艦島は撮影が許可されており、廃墟となった島をカメラに収めることができる。

  • 第一見学広場から見える高台の住居跡
  • 海上から見える端島小中学校跡
  • 日本最古の鉄筋コンクリート造りの住居棟
おすすめポイント
  船舶で島に近づくにつれ、メディアなどでよく知られる軍艦島の形がよく見えてくる。上陸後はもちろんだが、上陸前や島から離れる時にも撮影のタイミングがある。他では目にすることのできない、心に残る光景を写真に収めよう。

長崎旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  長崎旅行をもっと楽しく、充実できるように、温泉宿、レンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く長崎を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約は九州の宿泊予約プランが満載。
⇒長崎の宿はこちらで検索

長崎空港からの移動に便利なレンタカーを予約しよう!
⇒長崎空港の格安レンタカーはこちら

軍艦島への交通アクセス

  島へ上陸する交通機関は船に限られている。旅行会社や開運会社が上陸ツアーを行っているため、それぞれ利用する会社のウェブサイト等で確認することが必要だ。

シーマン商会

  【住所】長崎県長崎市旭町27-26
【電話番号(問い合わせ)】095-818-1105

・無料送迎バス……長崎駅(大村競艇看板前)―約45分→伊王島
 8便/日 ※予約制(095-898-2202)
・私営長崎バス……茂里町―約50分→伊王島
 4便/日(土日運休)
・高速船(コバルトクイーン号)……長崎港大波止ターミナル―約20分→伊王島港
・車……長崎駅―45分→伊王島

軍艦島コンシェルジュ

  【住所】長崎県長崎市常盤町1-60 常盤ターミナルビル102号
【電話番号(問い合わせ)】095-895-9300

・路面電車……「長崎駅前」電停で1番「正覚寺下行」乗車、「築町」電停下車。反対側の停留所から5番「石橋行」乗車、「大浦海岸通」電停下車、徒歩5分。

やまさ海運

  【住所】長崎県長崎市元船橋17-3 長崎港ターミナルビル1F 7番窓口
【電話番号(問い合わせ)】095-822-5002

・路面電車……「長崎駅」電停にて1番「正覚寺下行」乗車、「大波止」電停下車、徒歩5分。

軍艦島のQ&A

Q 軍艦島に渡るときに、何か準備するものはありますか?
A 安全のため動きやすく軽い服装で、靴は運動靴か靴底の平らなものをお選びください。晴れた日には照り返しが強いので、つばの広い帽子、お飲物を準備することをオススメします。雨の日に備えてレインコートがあれば安心できます(レインコートを当日に販売しているツアー会社もあり)。乗客人数や強風等によっては、傘のご使用を禁止させていただく場合が多々ございます。また軍艦島内にはお手洗いがございませんので船内か桟橋付近のお手洗いをご利用ください。
Q 上陸できない場合はありますか?
A 気象、海象情報から上陸の可能不可能を決定しています。その日の天候や海の状態によっては、港内が穏やかであっても軍艦島への上陸ができない場合もあります。上陸できない場合は、各ツアー会社の基準に則り、対応しています。
Q 船は揺れますか?
A 軍艦島は、長崎港から直線距離で19キロ離れています。長崎港は比較的穏やかですが、沖にでると揺れる場合があります。船酔いがご心配な方は、酔い止めの服用をおすすめします。酔い止めは、長崎港ターミナル等にはないので、近くの薬局でお買い求めください。また軍艦島内には休憩所、屋根のあるところはありません。熱中症に十分お気を付けください。
Q 荷物は持ち込めますか?
A 大きな荷物は、乗客人数などの条件により持ち込めない場合があります。コインロッカーをご利用ください。また、一部のツアー会社では無料のクロークがございますので、スタッフにご相談ください。
Q ビデオ・写真等の撮影は可能ですか?
A 撮影は可能です。ただし、営業で使用される場合は、長崎市の許可が必要になります。
長崎の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。


⇒長崎の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・タイピーエン

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所

宮崎・西都原古墳群

伊万里・大川内山 伝統が息づく焼き物の町

佐賀・伊万里

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯

熊本・平山温泉

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

異国情緒あふれる街並み。広大な敷地内には様々なエリアがある

ハウステンボス 長崎を代表する観光地へ
美しいオランダの街並みと季節の花、子どもから大人まで一緒に楽しめるアトラクション、本格的な舞台にアートまで。長崎のおすすめ観光スポット・ハウステンボスには、とに・・・

展望台から望む長崎の夜景。山の斜面に光るのは民家の灯り

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景
香港、モナコとともに「世界新三大夜景」に選ばれた長崎の夜景。稲佐山はその美しい景色を見渡すのにピッタリの場所。展望台からの大パノラマは息をのむような光景で、長崎・・・

中からあふれるほど具材がたっぷり

佐世保バーガー ―― 長崎の大人気ご当地グルメ
長崎県佐世保市に駐留米軍から伝わったのが発祥で、いまや全国的な知名度を誇る「佐世保バーガー」。本場アメリカ式のビッグなハンバーガーを、佐世保の開放的な空気を感じ・・・