福岡の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索

福岡観光情報

  1. 福岡のおすすめ観光地・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策
PR
【PR】九州の温泉宿予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

福岡のおすすめ観光地・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

  鎌倉時代から江戸時代に栄えた城下町の景観が守られてきた福岡県の観光地「秋月(あきづき)」。“筑前の小京都”と呼ばれる端正な町並みを散策すれば、慌ただしい日常を忘れられる。ただ歩き、ただ眺めるだけで心安らぐ秋月城の城下町には、いわゆる“観光地”とは全く違う雰囲気がある。

約500メートルの桜並木が続く杉の馬場。春は桜色のトンネルに

  福岡県朝倉市の中心地から北へ約7キロ。のどかな山間の盆地に、秋月城の城下町がある。鎌倉時代からこの領地を支配した秋月氏16代、江戸時代から藩主を務めた黒田氏12代の栄華を感じさせる昔ながらの町並み。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定され、城址や武家屋敷などが大切に残されている。

福岡市街からも行きやすい秋月は、桜や紅葉の名所としても知られるが、この町の魅力は春や秋の華やかな景色だけでは語れない。日本の原風景に出合える福岡の観光地・秋月の魅力を、この地で生まれ育った達人に聞いた。

取材/江頭 睦美、平成26年(2014)6月


◆その他のおすすめ福岡観光情報
福岡観光のおすすめ情報10選

井上賢治さん
(いのうえ けんじ)
井上 賢治さん

秋月観光の達人
  昭和40年(1965)、秋月生まれ。筑前秋月和紙処の4代目として手漉き和紙の伝統を守る。秋月観光事業者組合事務局のメンバーとしても活動するほか、自身のブログでは秋月の歴史や風土について発信している。この町をこよなく愛する達人だ。
【ブログ】「古処山のふもとの和紙屋の日記」

秋月城址をはじめとする歴史的スポットをたどる

二度の移築を経て、現在は垂裕神社の神門となっている「黒門」

  1時間ほどもあれば、主な歴史的スポットを徒歩で巡ることができる福岡の観光地・秋月(あきづき)。その代表的な史跡が、秋月城址だ。最も古いのは「黒門」で、もともとは13世紀初めに秋月氏が築いた古処山城(こしょさんじょう)の裏門だったという。その後、17世紀には、黒田氏が再建した秋月城の表門として移築される。この黒門は、いわば秋月氏16代と黒田氏12代の歴史を見つめてきた史跡だ。

歴代の領主・藩主の中でも、達人・井上さんが特に注目するのは、秋月種実(たねざね)という人物だという。
「種実は、秋月氏の時代で最も領地を広げた16代目の領主で、九州でも有力な戦国大名でした。キリシタンを保護していたこともあるし、僕のイメージでは“ミニ信長”という感じ。種実については史跡も記録もあまり残っていないから、余計に想像がふくらむんです」(井上さん)

秋月氏の時代は実質、この種実の代に、豊臣秀吉の九州征伐によって幕を下ろすことになる。このとき、重臣の恵利内蔵助暢尭(えりくらのすけのぶたか)は、秀吉軍と戦うことは無謀だと和議を進言したが聞き入れられず、自ら命を絶って主君の種実をいさめようとした。そんな悲劇の忠臣を祭るのが、「鳴渡観音堂(なるとかんのうどう)」なのだという。

川岸や田んぼに積まれた石垣。ここから見えてくる歴史がある

秋月のどこにでもある石垣。石の積み方などから時代を推測できる

  秋月の町を歩くと、川岸や田んぼの傍らなど、いたる所に苔むした石垣が見られる。「ここで生まれ育った僕にとっては当たり前の景色。でもあるとき、すごく歴史の深いものなんじゃないかと気づいたんですよ」と語る井上さんは現在、秋月コミュニティ景観委員会で石垣について学ぶ学習会を立ち上げ、専門的に研究する大学教授の協力も得ながら石垣の研究を進めている。

「目鏡橋周辺の護岸にも石垣があるんですが、橋脚を守りながら川の水を通すように、絶妙な角度で石が積まれていることがわかったんです。しかもこの手法は、武田信玄が築いた堤防『信玄堤』に通じるものがあるそうです。石垣を調べることで、また歴史が明らかになっていく。協力してくれている大学教授の先生も、石垣を見せるたびに本当に感激してくれるんですよ。そんな先生の横顔を見ているだけでも楽しいやら、誇らしいやら」(井上さん)

目鏡橋などの建造物よりも、ずっと古い秋月の石垣。秋月の町を歩くときには、江戸初期のものともいわれるこの石垣に、ぜひ注目してほしい。

受け継がれる年中行事。秋月を愛する人たちに守られて

自身も秋月伝統の手漉き和紙を守りつづける達人、井上賢治さん

  さまざまな伝統行事も守られてきた観光地・秋月。中でも達人が「ぜひ体感してほしい」と熱く語るのは、旧・秋月藩から伝わる砲術披露の爆音だ。

「重さが30キロもある鉄砲なので、あたりの空気を揺らすほどの爆音に圧倒されます。体の中の邪気を払ってくれるような気がする、と言う人もいますね。本当にその通りです」と井上さん。

この「林流抱え大筒」は1月・4月・9月・12月と年に4回、披露されている。また、11月に行われる黒田家の年中行事「秋月鎧揃え」も井上さんのおすすめ。甲冑姿の武者行列が町を練り歩く様子を見ていると、江戸時代の秋月藩へ迷い込んだかのような感覚に陥る。

「この行事にちなんで『鎧着初めの儀』も始めました。その時代、家老の家に生まれた男子には、11歳の11月11日に初めて鎧を着る儀式があって、大人になる覚悟をさせていたんですね。これを現代によみがえらせて、11月11日、秋月の小学5年生の男の子に鎧を着せています。子どもたちにも秋月に生まれた誇りと自覚をもってほしいから」(井上さん)

伝統行事でにぎわう日の秋月は、この町で暮らす人々の温かさに満ちている。

春は桜の名所、夏は山々の深緑。日本の原風景に出合える観光地

小さな路地を一本入れば、この景色。自然豊かな山間の城下町

  秋月の良さは、観光地らしく飾りたてていないところだ。確かに、今も人々の暮らしが営まれている城下町は、観光地としての気負いを全く感じさせない雰囲気。「夏なんて、まさに田舎の夏休みの光景。周囲を山々に囲まれているから、入道雲が絵になりますよね。冬のしんとした雰囲気もいいですよ。雪が降れば、その白と瓦屋根の黒だけの景色になります」と井上さんは言う。

秋月は、春の桜、秋の紅葉の名所としてにぎわう観光地だが、町に静けさが戻る夏や冬に、日本の原風景を見に訪れるのもいい。狭くて見通しの悪い町割も、立ち並ぶ古い建物も、まさに昔のままのもの。だからこそ、いわゆる観光地とは一線を画した特別な雰囲気があるといえる。

史跡めぐりだけにとどまらない福岡・秋月の楽しみ方。半日たっぷり時間をとって、ただ町を歩き、この空気をじっくりと味わう旅をおすすめしたい。

ANA 便利用なのに格安な「旅作」活用術7つを紹介!

秋月のおすすめ観光&グルメ・土産物情報

秋月の定番観光スポット3選

  やはり、真っ先に押さえておきたいのは秋月の歴史的スポット。散策は城下の入口にあたる目鏡橋からスタート。史跡の近くには、それぞれの歴史について書かれた案内板もある。

  • 城下町の入口に位置する目鏡橋
  • 秋月城の裏門であった長屋門。奥にはモミジの茂る梅園公園がある
  • 杉の馬場に面した「秋月郷土館」。敷地内の旧家屋も史跡のひとつ
おすすめポイント
  野鳥川に架かる目鏡橋は、約200年の歴史がある県指定有形文化財。長崎の眼鏡橋を参考に築かれ、洪水に流されることなく今も現役だ。長崎から呼び寄せられて架橋工事にあたった、当時の石工の技術の高さがうかがえる。

長屋門は、秋月城址の中でも建造当時そのままの位置に残る唯一の史跡。その奥にはかつて奥御殿があった梅園公園があり、広場にはモミジが茂っている。秋は紅葉狩りも兼ねて足を延ばしたい。

さらに秋月の歴史を知るなら、秋月郷土館へ。秋月藩主が愛用した甲冑や刀剣などが展示されている。

杉の馬場でひと休み。おすすめの飲食店

  桜並木が続く「杉の馬場」は、さまざまな飲食店が軒を連ねる華やかな通り。散策の合間に、ひと休みしながら、ランチやスイーツを楽しめる。

  • ログハウスで一軒家造りの「びっきぃ」
  • お土産品が並ぶ、かわいらしい軒先。赤い提灯が目印
  • 店内では、店主お手製の木彫りのフクロウたちが迎えてくれる
おすすめポイント
  しっかり昼食をとるなら「カフェ&レストラン びっきい」へ。30年来の人気を誇るハンバーガーをはじめ、秋月のブランド鶏「古処鶏(こしょけい)」のてりやきチキンバーガーもある。

また、昔ながらの秋月名物を味わうなら「黒門茶屋」の川茸定食がおすすめ。「川茸」とは約300年前からこの土地に伝わる高級珍味で、ここでは川茸づくしの定食を味わえる。

甘味で一服するなら、秋月名物のくずを選びたい。「甘味処 ふる里」では、くずそのものの風味と食感を大切にした店主こだわりのくずきりを堪能できる。

お土産におすすめのお店3選

  家族や友人へのお土産に買ってもよし、もちろん自分のために持ち帰るもよし、秋月土産を探すのにおすすめのお店をご紹介。秋月には、作り手のこだわりが光るお店が点在している。

  • 店内には、手漉き和紙体験をした子どもたちからの可愛いお手紙も
  • 由緒ある老舗の風格を漂わせる、築240余年という歴史ある店舗
  • 城下町の入口にある有名店。遠方からわざわざ買いに訪れる人も
おすすめポイント
  秋月の達人・井上さんの工房「筑前秋月和紙処」では、江戸時代から伝わる手漉き紙のグッズを手に入れることができる。愛らしいデザインのぽち袋をはじめ、ハガキ、レターセットなどは土産物にうってつけだ。

「廣久葛本舗」は老舗の人気店。絶品の葛もちは売り切れにご注意を。また天然酵母を使った手作りパンで知られる「天然酵母ぱん 月の峠」も行列ができる人気店。閉店前に売り切れてしまうことも少なくないので、秋月に到着したら最初に買っておけば安心だ。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒2016年下半期温ぱらユーザーが選んだ宿TOP10はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

秋月の交通アクセス

  車(レンタカー)が便利。公共の交通機関を利用する場合は、甘木駅から秋月まで甘木観光バスを利用して。

車(レンタカー)で

  大分自動車道・甘木インターチェンジより、国道322号線を車で約15分

◇博多駅の格安レンタカーを予約
⇒たびらい福岡レンタカーで、レンタカーの最安値を比較・予約する

電車・バスで

  西鉄福岡(天神駅)から小郡駅まで約30分、甘木鉄道小郡駅から甘木駅まで約20分、甘木観光バス(秋月線・秋月野鳥行き)で「目鏡橋」まで約15分

秋月観光のQ&A

Q 飲食店や土産屋さんは、何時までの営業?
A ほとんどのお店は17時で閉店してしまうので、お食事やお買い物はもちろん、町の散策も17時くらいまでを目処に予定を立てるといいと思います。
Q 子どもと一緒に訪れるなら、何をするのがおすすめ?
A 特に子ども向けの施設はありませんが、小学生や中学生は小川や田んぼで楽しそうに遊んでいますよ。また、土・日・祝日のみの営業ではありますが、手裏剣投げ体験などができる「秋月歴思堂」というお店もあります。

秋月歴思堂
・所在地/福岡県朝倉市秋月野鳥680
・営業時間/10時~17時(土・日曜と祝日のみ営業)
・電話/090-7292-6686
Q 年中行事の開催日は、どこへ問い合わせればわかる?
A あさくら観光協会へお問い合わせください。

【電話番号(問い合わせ)】
0946-24-6758(あさくら観光協会)
福岡の宿を探す、予約する。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒福岡の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

九州を歴史散策・文化探訪

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅

熊本・阿蘇

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

都井岬へ 日本在来の野生の馬を訪ねて

宮崎・都井岬

九州の温泉や名所でのんびりと

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

ラーメン屋台を前身とする老舗「清陽軒」にて

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味
一般に“とんこつラーメン=博多”と思っている人が多いが、とんこつラーメンのルーツは福岡県久留米市にある。久留米ラーメンは、麺やスープ、具など、ほぼすべてにおいて・・・

海上安全の神として古代より篤く信仰されてきた「志賀海神社」

志賀島 古代ロマンと絶景を巡る旅
「金印」発掘の地として知られる志賀島は、その歴史はもちろん、玄界灘や福岡市街を見晴らす絶景も魅力。1周して約11キロメートルという規模は、レンタカーでぶらりとま・・・

太宰府天満宮。美しく迫力のある楼門は記念撮影ポイント

太宰府天満宮 深く知れば観光も深まる
年間700万人もの参拝者が訪れるという太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)。ただ参拝するだけでなく、歴史にまつわるスポットや境内のご利益スポットなど、すみずみに・・・

印象的な流線形の屋根は、玄界灘の波をイメージしたデザイン

九州国立博物館 体感型展示で歴史を学ぶ
「日本文化の形成をアジア史的観点から捉える」をコンセプトに、その交流の歴史に焦点をあてて文化財を収集する九州国立博物館。子どもが遊べる展示室などもあり、わかりや・・・

乗船場をスタート後、すぐに三柱神社の赤い欄干橋をくぐる

水郷・柳川 ―― 川下り観光の楽しみ方とは?
福岡市街から車で約1時間の柳川は、2キロ四方、延長60キロにわたって網目状の堀割が巡らされた水郷。堀割をどんこ舟で回る“川下り”は、柳川観光の目玉だ。船頭の舟歌・・・

どんこ舟が連なる柳川ならではの光景が見られる

柳川の歴史と文化にふれる町歩き
「お堀めぐり」で有名な柳川は、かつて柳川藩10万9000石の城下町として栄えた城下町。昔ながらの白壁の建物や藩主の別邸、柳川ゆかりの詩人や小説家の記念館など点在・・・

鍋の世話をしてくれる仲居さん。テーブルで弾む会話も楽しんで

博多の水炊き ―― あっさりしながら奥深い、繊細な郷土料理
地元ではもちろん、観光客にも人気が高い「博多水炊き」。一言でいえば、シンプルな鶏鍋料理。しかし、その味わい方には独特の作法と楽しみ方がある。いわゆるB級グルメと・・・

小倉城と市役所の間に延びる「小倉城歴史の道」

小倉城 歴史と文化の観光散策
“九州の玄関口”ともいわれる小倉の中心部に位置する「小倉城」。城の周辺には歴史的な文化財に加え、小倉にゆかりのある文人の足跡も多く残されている。のんびりと散策し・・・

運河を見晴らす曲線状の建物。木陰には憩いのスペースも

キャナルシティ博多 一日遊べる運河の街
約4万3500平方メートルの敷地内に、ショップやレストランをはじめ、映画館に劇場、ラーメンスタジアムなどが集まる「キャナルシティ博多」。多彩なショッピング&アミ・・・