熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

  豊かな自然に囲まれ、“九州の奥座敷”とも呼ばれる杖立温泉(つえたておんせん)。開湯は約1800年前と伝えられ、古くから湯治場として栄えてきた名湯。あちこちから白い湯煙が立ち上り、昭和のゆったりとした風情が残る温泉街だ。

昭和の風情あふれる杖立温泉街

  熊本県と大分県の県境、阿蘇郡小国町の北部に位置する杖立温泉。背後に岩肌が迫る杖立川の両岸に、20ほどの温泉宿が軒を連ねる。ひと言で“宿”といっても、低料金の湯治宿から趣きのある和風旅館、大規模な観光ホテルまで形態はさまざまだ。

温泉の効能と自然豊かな立地から、杖立温泉は古くから湯治場として親しまれ、県内外の多くの人に愛されてきた。湯煙たなびく温泉街には、昔からの“蒸し場”が点在。

さらに、川沿いのメインストリートから一歩内側に足を踏み入れれば、迷路のように入り組んだ路地“背戸屋(せどや)”が広がる。昭和の町並みにタイムスリップしたような感覚が味わえる。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成27年(2015)8月

河津誉久さん
(かわづ たかひさ)
河津 誉久さん

杖立温泉の達人
  生まれも育ちも杖立温泉。杖立温泉街を案内する地元ガイド「みちくさ案内人」のメンバー。また、杖立温泉ならではの路地裏“背戸屋”の魅力を発信する「チーム背戸屋」にも所属する。地元ではガス設備や水回りの工事を請け負う会社を経営。

1800年の歴史と、弘法大師が感銘を受けた泉質

天然の保湿成分「メタケイ酸」を多く含むという杖立温泉

  杖立温泉の歴史はとにかく古い。1800年以上前に開湯し、神功皇后が応神天皇を出産した際の産湯だったとも伝えられる。その後、平安時代の初頭には、旅の途中で訪れた弘法大師空海も温泉の効能に感銘を受けた。

「湯に入りて 病なおれば すがりてし 杖立ておいて 帰る諸人」 ―― 弘法大使が詠んだとされるこの歌は、「杖をついて湯治に来た老人や病人も、杖を置いて(立てて)帰る」という意味で、“杖立”の名の由来といわれる。昭和の初期から中期ごろにかけては、杖立温泉は歓楽街の温泉地として栄えた。昭和の香りが漂うノスタルジックな町並みが、今もその面影をとどめている。

杖立温泉の泉質は、弱アルカリ性の単純温泉。無色透明で肌触りがやさしく、疲労や神経痛、リウマチなどに効果がある。“美肌の湯”とも称されるのは、天然の保湿成分といわれる「メタケイ酸」を多く含むため。また、湯治場としての歴史の長さから、割安な連泊料金が設定されている宿も多い。

清流・杖立川の恵み

それぞれの季節で、異なる表情を見せる杖立川

  杖立温泉を語る上で欠かせないのが、温泉街の中心を流れる杖立川。「杖立川は大好きな場所」と、達人・河津さんは言う。「子どものころはいつも、この川で遊んでいましたね。昔は川と山が地元の子どもたちの遊び場だったんです」

杖立川から吹き上げる風はひんやりとして、夏でも過ごしやすい。8月下旬にもなると、朝晩は肌寒いくらいだ。昭和50年代ごろまでは、真夏でも扇風機いらずだったとか。また、杖立の夜も魅惑的で、温泉街全体がひっそりと静寂に包まれる。

「川の音しか聞こえません。この音に慣れているから、ときどき都会で泊まると、夜は物音で眠れないんですよね」と河津さんは笑う。清流の杖立川にはアユやコイ、ハエ、イダなどの川魚が生息しており、6月から9月にはアユ釣りがシーズンを迎える。

「川の流れが速いから、杖立川で獲れる川魚は身が締まってうまい。7月から8月ごろのアユなんて最高ですよ。15~20センチくらいの小ぶりのサイズが特においしいかな」(河津さん)
もちろん温泉街には、そんなアユ料理を提供する食堂がある。

地元でも愛される共同湯

「薬師湯」に三つある共同湯の一つ。タイル貼りの浴槽がレトロだ

  杖立の温泉街には、「元湯」に「薬師湯」、「御前湯」と三つの共同湯がある。中でも元湯は応神天皇の産湯とされ、いわば“杖立温泉発祥の湯”。杖立川の河畔にある野趣にあふれた風呂で、川音を聞きながらのんびり漬かることができる。混浴で遊歩道に面しているため、入るには勇気が必要だが、夜に満天の星空を眺めながらの入浴の喜びは何物にも代えがたい。

また、「御前湯」は別名“殿様湯”と呼ばれる。
「江戸時代の参勤交代の際、肥後藩の六代目藩主が天領・日田を経由して江戸へ向かう際に入っていたといわれるお風呂です。温泉街の一般家庭には、お風呂がない家が多いんです。だから毎日、共同湯や旅館へ入りに行きます。ぜひ共同湯で、地元の人たちとの触れ合いを楽しんでみてください」(河津さん)

98℃の熱湯が生んだ独自の“蒸し文化”

温泉街に設置されている蒸し場

  “蒸す”というのは、杖立温泉の魅力を伝えるキーワードの一つ。杖立温泉の源泉温度は約98℃。街の至るところで見られる湯煙は、高温の源泉が噴出している証拠だ。

温泉街では、温泉の蒸気を利用した「蒸し場」がそこかしこにある。蒸し器に生卵を入れると、15分ほどで蒸し卵に。「私が子どものころは白米も蒸していました。春はタケノコを蒸すと、ほくほくとしておいしいですよ」と河津さん。蒸し場の半数は観光客にも無料開放されている。

温泉蒸気を利用した「蒸し湯(むしゆ)」は、ほとんどの旅館にある。“風邪を引いたらまず蒸し湯”といわれるほど、昔から杖立温泉の生活に溶け込んできた。肌から温泉成分を直接吸収できる天然のサウナで、美肌効果だけでなく、全身の発汗などによる新陳代謝の促進も期待できる。浴室内では大の字に寝るのがより効果的で、目安の入浴時間は5~10分。最後に温泉に漬かり、さっぱりと汗を流すのがおすすめだ。

地元の暮らしが息づく路地裏“背戸屋”を散策

路地が迷路のように続く“背戸屋”

  川岸から温泉街へ一歩足を踏み入れると、起伏に富んだ狭い路地が迷路のように広がる。これは旅館や店舗、民家などがひしめき合いながら、長年にわたり増改築を繰り返してきたため。この独特な街並みが“背戸屋(せどや)”と呼ばれ、杖立温泉街の名物の一つとなっている。

「杖立温泉というと、杖立川沿いに旅館が建ち並ぶ姿が有名ですが、この背戸屋という温泉街の裏の世界の面白さを多くの人に知ってもらいたいですね」(河津さん)

背戸屋を散策すると、昔ながらの土産物店やスナック、杖立土産の定番・竹細工の工房などのほか、薬師堂やお地蔵さんなどが点在。まるで昭和にタイムスリップしたかのような感覚に陥る。さらに最近では、おしゃれなカフェや雑貨店なども登場し、面白い共存の姿を見せている。

杖立温泉には、4月から5月にかけて二つのイベントがある。毎年4月1日~5月6日に開催されるのは「鯉のぼりまつり」。数千匹の色鮮やかな鯉のぼりが、杖立川の上空を泳ぐさまは圧巻だ。

また、5月27日と28日の夜には「杖立温泉祭」が開催される。多目的広場特設舞台で行われる「杖立伝承芝居観劇会」が最大の呼び物で、平成27年(2015)には50回を記念。昭和のころに始まったイベントだが、伝承芝居としての歴史はさらに古く、明治時代からといわれる。観覧無料で、地元の男衆による喜劇や人情劇の熱演が披露されるので、時期を合わせて訪れるのもいいだろう。

《厳選ホテル》

旅館に食事処、杖立グルメ。杖立温泉のおすすめ情報

杖立温泉の旅館3選

  風情あふれる和風旅館から、バラエティに富んだ風呂が楽しめる大規模なホテルまで。旅の目的に合わせて宿選びを。

  • 広大な敷地内に、源泉の異なる温泉が点在
  • 天然石を配した浴槽の大浴場は、男女で日替わり
  • 木々に囲まれた大浴場では、打たせ湯や蒸し湯が楽しめる
おすすめポイント
  広大な敷地に多くの源泉があり、温泉めぐりが楽しめるのが「杖立観光ホテル ひぜんや」。館内の廊下に大分県と熊本県の県境があるのも面白い。「純和風旅館 泉屋」は、昔ながらの木造建築が残り、ゆったりと落ち着ける雰囲気。「米屋別荘」は、“温故知新”をテーマにした離れや多彩な貸切風呂がそろう老舗旅館。

杖立温泉の食事処3選

  温泉街を散策途中、昔ながらの食堂や旅館併設の食事処でひと休みを。

  • 昭和の風情を感じさせる「食堂こまつ」の店構え
  • 温かい明かりが灯る店内には、民芸品や土産物のコーナーも
  • 落ち着いた雰囲気でゆったりと、会席料理が味わえる
おすすめポイント
  「こまつ食堂」は地元で愛されている大衆食堂で、鯉やアユなどの川魚料理が味わえる(要予約)。高台にある「五風十雨」は古民家の一部を移築した趣ある店構え。杖立川を見下ろす抜群のロケーションだ。温泉街の路地裏“背戸屋(せどや)”にある「地材屋 ura」は、「旅館 白水荘」に併設。背戸屋散策の途中で立ち寄れるスポット。

杖立温泉グルメ3選

  杖立川のアユは身が締まって美味なので、塩焼きをはじめとする「鮎料理」はぜひ味わってほしい。もちろん、高温の蒸気を利用した「杖立プリン」や「蒸し料理」も見逃せない。

  • 湯めぐりとともに、個性豊かなプリンめぐりはいかが?
  • せいろの近くには、食材ごとの蒸し時間の目安が書かれた看板も
  • 「米屋別荘」のアユのうるか焼き
おすすめポイント
  杖立川のアユ料理は達人・河津さんの好物でもあり、小ぶりのアユがおすすめだ。「杖立プリン」と「蒸し料理」は、高温の源泉が噴出する杖立温泉ならではの名物。温泉街に設置されている蒸し場で、昔から地元の生活に密着している蒸し料理を気軽に楽しめる。近年人気の杖立プリンは、食べ比べてほしいグルメだ。

熊本旅行をもっと楽しく。お得な旅行情報

編集部の視点
  熊本の旅をもっと楽しく充実させられるように、温泉宿やレンタカー、パッケージツアーの予約情報を厳選して紹介。お得に賢く熊本を旅するヒントがたっぷり詰まっているので、自分好みのプランがきっと見つかるはず。

たびらいの推し宿予約には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉を熟知したスタッフが、おすすめを紹介している。
⇒熊本の宿はこちらで検索

◇熊本駅からの移動に便利なレンタカーを予約
⇒熊本駅の格安レンタカーはこちら

杖立温泉への交通アクセス情報

車(レンタカー)で

  九州自動車道・熊本ICから国道57号・国道212号経由で約65キロ、約1時間30分
 熊本空港から国道212号・県道339号経由で約60キロ、約1時間10分

電車・バスで

  JR阿蘇駅から九州産交バス杖立行き乗車で約1時間20分、「杖立」バス停にて下車
 JR日田駅から高速バス乗車約50分、「杖立温泉」バス停にて下車

杖立温泉のQ&A

Q 食事処はありますか?
A 温泉街には昔ながらの食堂が点在。メニューは定食や丼もの、麺類などが中心だが、中には杖立温泉ならではのアユ料理や、熊本の郷土料理「だご汁」が味わえる店もある。
Q 立ち寄り湯の料金は?
A 共同湯は、「薬師湯」と「御前湯」が200円。無人なので、設置されている湯銭箱にお金を入れる仕組み。杖立川の河川敷にある「元湯」は利用無料で、旅館の立ち寄り湯は500円~850円程度。ほとんどの旅館で立ち寄り利用が可能だが、中には立ち寄り湯を受け付けていない旅館もあるので、事前に確認を。
Q 休憩スポットはある?
A 観光案内所近くにある「御湯の駅」では、足裏のつぼを刺激する歩行湯や砂むし足湯など、さまざまな足湯が無料で楽しめる。散策途中のひと休みにもぴったりだ。また、杖立橋のたもとにある交流施設「Pホール」の2階には、喫茶スペースがあり、杖立川を見下ろしながら人気の「むかしプリン」を味わえる。
Q 蒸し場で調理する際に、食材を購入できる場所はある?
A 国道212号沿い、杖立温泉入口にある物産店「豊作市場」では、地元の採れたて野菜や卵などの農産物を販売。漬物や酒、竹細工の工芸品などもそろうので、土産購入にもおすすめ。
Q 周辺の観光スポットは?
A 杖立温泉から車で約20分の「鍋ヶ滝(なべがたき)」は、以前某お茶のCMロケ地に使われたことで、一躍人気スポットになった。“水のカーテン”と呼ばれる美しい滝に木漏れ日が差し込む様子は、一見の価値あり。滝の裏側に回ることができる珍しい“裏見の滝”としても知られる。GW期間中は夜間のライトアップも実施。入園料は高校生以上200円、小・中学生100円。開園9時~17時。
杖立温泉の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒杖立温泉の宿はこちらで検索

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報をご紹介します。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多で人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

九州を歴史散策・文化探訪

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で初めての歌舞伎見物を

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城の一つに選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

その他の達人指南を見る

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・

湯煙が街中を覆う幻想的な鉄輪温泉の景色

鉄輪温泉 ぬくもりが沁みる湯治の町
別府市街地と明礬(みょうばん)温泉の中間、山の中腹に位置する鉄輪(かんなわ)温泉街。鎌倉時代に湯治場として栄えたこの温泉地には、今でも全国各地から、その湯を求め・・・

宿泊も日帰り利用もできる「すやま温泉」

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯
まるで美容液のようにとろりとした湯が近年注目を集め、一躍人気の温泉地となった平山温泉。その歴史は古く、起源は8世紀の延暦年間といわれる。静かな山あいに湧く“美肌・・・

雄大な涌蓋山を一望できる「豊礼の湯」

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷
熊本と大分の県境近く、“玖珠富士(くすふじ)”や“小国富士(おぐにふじ)”の名でも知られる涌蓋山(わいたさん)。その麓に広がる「わいた温泉」は、周りを囲む豊かな・・・

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

山鹿温泉の魅力を訪ねて
かつて“山鹿千軒たらいなし”と謳われたほど、豊富な湯量を誇る山鹿温泉。とろりと肌に優しい温泉に加え、歴史浪漫が漂う町並みを紹介する。

古い町屋の風景が残る新町の一角で、代々続く「森からし蓮根」

“新町と古町” 熊本の城下町を巡る
熊本駅と熊本城の間に広がる新町と古町。今から約400年前に熊本城が築城された際に造られた城下町だ。熊本ならではの伝統工芸や食を伝える店が軒を連ねる、風情あふれる・・・

堂々たる熊本城の天守閣は、熊本のシンボルだ

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは
日本三名城の一つとして名高い「熊本城」。築城の名手といわれた加藤清正が手掛けた中世の要塞の魅力を、ベテラン案内人が紹介する。