熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

  熊本と大分の県境近く、“玖珠富士(くすふじ)”や“小国富士(おぐにふじ)”の名でも知られる涌蓋山(わいたさん)。その麓に広がる「わいた温泉」は、周りを囲む豊かな自然や地熱の高さ、豊富な湯量などで知られる“阿蘇の秘湯”だ。温泉のほかにも、温泉蒸気を利用した蒸し料理「地獄蒸し」や、いつでも一番風呂に入れるコインタイマー式の貸し切り湯などが人気を集めている。

雄大な涌蓋山を一望できる「豊礼の湯」

  「わいた温泉」というのは、山あいに点在する六つの温泉地を総称した名称。一帯の集落では、至る所から真っ白な湯けむりが立ち上り、辺りにはのんびりとした風情が漂っている。この温泉の蒸気は暖房や調理などに利用され、地元の人々の暮らしに深く根付いている。わいた温泉の魅力を、熊本に住む温泉ソムリエマスターの達人に聞く。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成27年(2015)10月


◆その他のおすすめ熊本観光情報
熊本観光のおすすめ情報8選

近藤珠美さん
(こんどう たまみ)
近藤 珠美さん

わいた温泉の達人
  熊本市在住の温泉ソムリエマスター。仕事前や仕事帰りなどに、時間を見つけては県内各地の温泉を回っている。特に温泉が恋しくなる冬場には、多いときでは週に5回も出かけるとか。地元の人が通うような穴場の温泉にも詳しい。タイ古式マッサージのセラピストでもある。

涌蓋山の麓に広がる六つの温泉地

地面のあちこちから湯けむりが上る「岳の湯温泉」

  くじゅう連山の一つ、涌蓋山(わいたさん)の麓に広がる「わいた温泉」。「はげの湯」と「岳の湯」、「山川」、「麻生釣(あそづる)」、「地獄谷」、そして「鈴ヶ谷」という六つの温泉地を総称して呼ばれている。

「阿蘇の北端にあり、“阿蘇の秘湯”ともいうべきわいた温泉は、豊かな自然が魅力です。私が住んでいる熊本市内から片道で2時間近くかかりますが、癒やされたくなったらふらりと出かけます」と達人・近藤さんは語る。

標高760メートルの高地にあるはげの湯温泉は、それぞれの旅館から涌蓋山をはじめとする阿蘇の雄大な自然が一望できる。岳の湯温泉では、至る所から温泉蒸気が噴出し、昔ながらの素朴な風情が残る。清流沿いに旅館が点在する山川温泉は、乳白色の硫黄泉が特徴で、湯の花が豊富に沈殿している。わいた温泉の六つの温泉地ごとに特色があり、楽しみ方もバラエティに富んでいる。

コインタイマー式の貸し切り風呂は、24時間営業

「守護陣温泉」の野趣あふれる貸し切り風呂

  わいた温泉は、24時間営業しているコインタイマー式の貸し切り風呂の多さでも知られる。個室の脱衣所に設置された料金箱にお金を入れると、大量の湯が豪快に湯船に注がれ、数分で湯がたまる仕組みになっている。毎回お湯が入れ替えられるので、いつ訪れても新鮮な“一番風呂”に入れるのだ。

ほとんどの貸し切り風呂は露天風呂なので、四季折々の風情と開放感が味わえる。また、わいた温泉のシンボルともいえる涌蓋山を一望できる施設が多く、昼間は絵画のような絶景が、夜は満天の星空の下で湯船に漬かれる。何人で入浴しても料金は変わらないので、カップルでも家族でも、思い思いの時間を過ごせる。

また近年は、貸し切り風呂に併設して宿泊施設が続々と登場。リーズナブルな素泊まりの宿も多く、連泊や長期滞在にもおすすめだ。

真っ白な湯けむりと、硫黄の香り

高温の蒸気が地面のあちこちから噴き出す

  わいた温泉の代名詞ともいえるのが、真っ白な湯けむりとほのかな硫黄の香りだ。岳の湯温泉の一帯では、温泉の地熱で温められた地下水が、高温の蒸気となって噴き出している。もうもうと勢いよく上がる湯けむりは、道端に「蒸気に注意」という小さな看板があるほど。

「民家の入り口や畑の脇など、地面の至る所から湯けむりが上がる光景は、非日常的で風情がありますよ」(近藤さん)

地元の人々は、この温泉成分を含んだ高温の蒸気を、生活にうまく取り入れている。蒸気を通したこたつで暖をとったり、乾燥室を設けて洗濯物や農産物を乾燥させたり、さらにはハウス栽培や地熱発電にも利用されているという。

高温の蒸気を利用した名物料理「地獄蒸し」

大地のエネルギーを生かした調理法

  わいた温泉の蒸気は、毎日の調理にも欠かせない。各家庭には蒸気釜があり、食材を蒸す際に使用される。岳の湯温泉やはげの湯温泉でも、多くの旅館や温泉施設で蒸気釜を完備し、訪れる人に名物「地獄蒸し」を提供している。

「わいた温泉を訪れたら、ぜひ地獄蒸しを味わってほしいです。ヘルシーなだけでなく、高温で一気に蒸し上げることで、素材のうま味と甘みが凝縮されるんです」と近藤さんもお気に入り。地獄蒸しの中でも特に有名なのは「蒸し地鶏」で、丸ごと一羽を蒸した地鶏は、余分な脂が落ち、さっぱりとしてやわらか。施設ごとのオリジナルのたれで味わうと、鶏肉のうま味がさらに引き立つ。

観光客向けに蒸し場を備えている温泉では、入浴すると蒸し場を自由に利用できるところも多い。卵やサツマイモ、トウモロコシ、シイタケ、鶏肉、ソーセージなど思い思いの食材を用意して、入浴前に釜に入れておくのがおすすめだ。湯上がり後には、甘くてほくほくの「地獄蒸し」が完成している。

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

達人が選ぶわいた温泉のおすすめスポット

食事と温泉を楽しめるおすすめ店3選

  岳の湯温泉の「白地商店」や「ゆけむり茶屋」では、温泉の蒸気を利用したヘルシーな蒸し料理「地獄蒸し」を堪能しよう。また、明治時代創業の老舗「岡本とうふ店」の豆腐料理もおすすめ。

  • 木のぬくもりを感じさせる「蒸し鶏工房 白地商店」の店内
  • 豆腐店のほか、喫茶や土産物の店などが併設する「岡本とうふ店」
  • 地元の木材がふんだんに使われた温泉施設「たけの湯温泉館」
おすすめポイント
  食事とともに温泉も堪能できるのが魅力。「白地商店」の露天風呂からは涌蓋山(わいたさん)を眺めることができ、眺望抜群。「岡本とうふ店」は温泉旅館を併設し、貸し切り風呂は立ち寄りでの利用も可能。「ゆけむり茶屋」では、地元の木材をふんだんに利用した大浴場で、ゆったりとくつろげる。

わいた温泉のおすすめ湯3選

  コインタイマー式の貸し切り風呂から、立ち寄り利用が可能な旅館まで。わいた温泉郷の多彩な温泉をラインナップ。

  • いつでも“一番風呂”が楽しめる「豊礼の湯」の絶景風呂
  • 豊富な湯の花により乳白色の「滝の湯」。目前の滝から轟音が響く
  • 南の1の湯。1棟ずつ造りも景色も異なる「守護陣温泉」
おすすめポイント
  岳の湯温泉の「豊礼の湯」は、露天大浴場や貸し切り風呂に一歩足を踏み入れると、絶景が目の前に広がる。雄大な涌蓋山をバックに、ホワイトブルーのにごり湯が陽光で輝くさまは、一度見たら忘れられない。山川温泉の「山林閣」は、滝のある露天風呂が名物。豪快な滝の音を聞きながら、湯の花たっぷりの乳白色の湯に漬かれる。「守護陣温泉」は24時間営業の貸し切り風呂で、1棟ずつ離れになっているので、周囲を気にせず楽しめる。

わいた温泉のおすすめの温泉宿3選

  豊富な湯の花で知られる山川温泉の「しらはなシンフォニー」や「小杉庵」、涌蓋山が一望できる岳の湯温泉の「豊礼の宿」まで。泉質や景色など、それぞれに異なる魅力がある温泉宿を紹介。

  • 広大な貸し切り露天風呂は、立ち寄りでの利用も可能
  • 宿泊施設と休憩所のそばに11基の蒸し器を備えている
  • 冠木門をくぐると、木立に囲まれた風情ある宿が現れる
おすすめポイント
  「豊礼の湯」に併設する「豊礼の宿」は、リーズナブルな素泊まり宿。地獄蒸し器を使って自炊もできるので、連泊もおすすめだ。山川温泉では、毎年6月に「ほたる祭り」が開催。山川温泉入り口のほたる橋から、ホタルを観察する会場まで竹灯籠が灯され、一帯は幻想的な雰囲気に包まれる。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒2016年下半期温ぱらユーザーが選んだ宿TOP10はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

わいた温泉までの交通アクセス

車(レンタカー)で

  ・熊本空港から国道339号、国道212号経由で約63キロ、約1時間30分
・熊本駅から国道57号、国道339号経由で約77キロ、約2時間
・九州自動車道九重インターチェンジから国道387号経由で約20キロ、約30分

わいた温泉のQ&A

Q わいた温泉で注意する点は?
A わいた温泉がある阿蘇郡小国町は「小国杉(おぐにすぎ)」の産地。杉林に囲まれているため、花粉が舞う春先は花粉症の人にとってはつらいかもしれない。花粉症対策をしておこう。また、冬場は積雪や凍結によりチェーン規制がかかることもあるため、冬場に車で出かける場合は、車内にチェーンを搭載するかスタッドレスタイヤを装着し、運転には十分に注意を。
Q 蒸し料理の食材を購入できる場所は?
A 地獄蒸し器を備えた岳の湯温泉の「ゆけむり茶屋」「豊礼の湯」などでは、食材の販売も行っているので手ぶらで行ってもOK。また、岳の湯温泉から車で約20分の道の駅「ゆうステーション」などでも、地元の農産物を販売している。ちなみに、わいた温泉周辺は標高が高く昼夜の気温差があることから、栄養価の高い高冷地野菜が収穫されるのでおすすめだ。
Q 旅館で立ち寄り湯の利用は可能?
A わいた温泉のほとんどの旅館で立ち寄り湯が可能。立ち寄り利用できる貸し切り風呂を備えている旅館も多い。利用時間や料金などは、事前に各旅館に確認を。
Q 周辺のおすすめスポットは?
A わいた温泉郷から車で約30分の「鍋ヶ滝(なべがたき)」は、テレビコマーシャルのロケ地に使われて以来、人気スポットとなった。高さ10メートル、幅20メートルの滝は、まるで水のカーテンのような美しさ。滝の裏側に回ることもできる。入場料が必要。
Q 涌蓋山(わいたさん)で登山はできる?
A 標高1500メートルの涌蓋山は、毎年5月下旬に山開きが行われ、多くの登山客でにぎわう。はげの湯温泉の先にある牧野入口-林道出合-登山口-涌蓋山頂へ向かうルートが一般的。初心者から中級者におすすめのコースだ。体力や経験によって多少異なるが、3時間30分~4時間程度で往復できる。
わいた温泉の宿を探す、予約する。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒わいた温泉の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレー

福岡・門司港

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多で人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

九州を歴史散策・文化探訪

グラバー園 長崎港を望む洋館群を訪ねて

長崎・グラバー園

宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

おすすめスポット(太宰府天満宮)

博多座で初めての歌舞伎見物を

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった無人島へ

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

水前寺公園 湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城の一つに選ばれる魅力とは

熊本城

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

別府温泉 世界に名だたる温泉天国

大分・別府温泉

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

水前寺公園 湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

噴煙たなびく中岳火口は迫力満点

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅
圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇。世界有数のカルデラ台地には、地球の鼓動を感じる出合いが待っている。

三角西港を盛り上げる地元の人たちが大集合!

世界文化遺産・三角西港で不思議発見
石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物……。平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に登録された三角西港の魅力に迫・・・

雄大な阿蘇五岳の風景が目の前に広がる展望台

大観峰で阿蘇の絶景を満喫!グルメ&スポットも
阿蘇・大観峰からは、阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる。阿蘇エリア屈指の絶景スポットの魅力に迫る。

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天
阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪・・・

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

山鹿温泉の魅力を訪ねて
かつて“山鹿千軒たらいなし”と謳われたほど、豊富な湯量を誇る山鹿温泉。とろりと肌に優しい温泉に加え、歴史浪漫が漂う町並みを紹介する。

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。

宿泊も日帰り利用もできる「すやま温泉」

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯
まるで美容液のようにとろりとした湯が近年注目を集め、一躍人気の温泉地となった平山温泉。その歴史は古く、起源は8世紀の延暦年間といわれる。静かな山あいに湧く“美肌・・・