熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 世界文化遺産・三角西港で不思議発見
PR
九州の温泉宿・ホテルの宿泊予約は「たびらい九州」でどうぞ

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

世界文化遺産・三角西港で不思議発見

  石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物……。平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に登録された三角西港の魅力に迫る。

三角西港を盛り上げる地元の人たちが大集合!

  西洋風のモダンで美しい建築物がひときわ目を引く三角西港。明治20年(1887)に完成したこの港は、宮城県や福井県にある港と並ぶ“明治三大築港”と呼ばれる。756メートルにもおよぶ、石積みの埠頭と水路や、西洋建築物などは、築港後1世紀の時を経てなお、往時の面影を宿す。

平成27年(2015)には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の一つとして、世界文化遺産に登録された。歴史遺構を巡った後は、潮風に吹かれながら不知火・三角の海の恵みを存分に味わう ―― そんな大人の旅を提案したい。

齊藤万芳さん
(さいとう まんぽう)
齊藤 万芳さん

三角西港の達人
  「三角西港の文化・文学を考える会」会長。三角西港観光ボランティアガイド。三角西港を案内するガイドとして活躍し、港内にある旧細川別邸でのお茶会や、クルージングツアーなどのイベントも企画・開催するなど、三角町と三角西港を盛り上げるために日々精力的に活動している。本業はミカン農家の三代目。

“三角西港ば、さるいてみなっせ”

三角西港 潮風が心地よい石積みの埠頭は散策にもぴったり

  三角西港は、明治政府の殖産興業の政策に基づいて築港。オランダ人水理工師であるローエンホルスト・ムルドルの設計と、天草の熟練した石工たちの施工により行われた。築港に関わった人々は、石工13万8376人、大工8421人、人夫は5万591人、潜水夫300人とも伝えられている。特筆すべきは、当時の最新技術を用いて近代的な港湾都市を造ったという点。当時、国外貿易が可能な良港を持たなかった熊本県にとって、三角西港の誕生は県民の悲願ともいうべきものだった。

三角西港にかけた期待と完成の喜びは数々の逸話として伝えられている。中でも落成式は、盛大に執り行われたという。訪れる来賓の数も膨大で、旅館や民宿だけでは宿が足らず、三角から大矢野一帯の民家でも接待をしたというから、その賑やかさは推して知るべしだ。その後も港の発展と共に、道路沿いには2階建ての商店や旅館が立ち並び、埠頭沿いには白壁の倉庫群が続々と建てられた。

現在、往時の建物はほとんど残っていないが、三角西港が持つ独特の重厚感は今なお衰えることはない。その証拠として、数多くの小説や映画、ドラマ作品の舞台として選ばれ、作中に美しい姿を残している。もっとも有名なのは小泉八雲による小説「夏の日の夢」である。近年も平成20年(2008)と21年(2009)にNHKドラマ「坂の上の雲」、そして平成25年(2013)には映画「るろうに剣心 京都大火編・伝説の最期編」の劇中に、三角西港が登場した。それぞれ地元住民もエキストラとして参加している。機会があればぜひ、それらの作品も鑑賞してみてはいかがだろう。

いくつかのハイカラな建築物が並んでいる姿は、まさに“明治のニュータウン”。その中の一つ、明治20年頃に建てられたという「高田回漕店」は、4隻の汽船を持っていた回船問屋の建物。2階から海を眺めれば、築港当時の港の様子が目の前に浮かんでくるようだ。すぐ近くには、港を設計したムルドルの名にちなんだ物産館もある。店内には、レトロなパッケージの洋菓子をはじめ、三角西港のイメージにぴったりの土産物が売られているので、ぜひ立ち寄ってほしい。さらに南へ歩を進めると、明治天皇が好んだといわれる艦船・龍驤(りゅうじょう)の名を冠した「龍驤舘」や、「旧三角海運倉庫」の姿も見える。

街区の後方の高台まで足を伸ばすと、「旧宇土郡役所」「旧簡易裁判所」「旧警察署」が軒を連ねる。そのうちの警察署は現在、保育園になっているが、他の2つはきれいに修復されており、明治時代の地方自治体の建築物がどんなものだったのか見ることができる。真っ白な漆喰の壁に、アーチ型の仕切り、そして凝った照明具など、明治の西洋風建築の雰囲気を留める「旧宇土郡役所」に対し、和風建築で設計されている「旧簡易裁判所」の対比も面白い。10年ほど前までは簡易裁判所として実際に使われており、地元の人の中には、「交通違反の罰金を払いに行った」という記憶を持つものも少なくない。現在は、裁判の仕組みを教える場になっており、小学校の教室ほどの法廷がそのまま残されている。

旧裁判所のある高台から港の方面を眺めると、明治の雰囲気を残す西洋建築物や天草一号橋、入江に浮かぶ美しい島々が一望できる。ここからぼんやり港を眺めていると、栄枯衰退を経て、今また注目を集めている三角西港の不思議な魅力がなんとなく分かる気がする。

文豪・小泉八雲が出会ったものとは……

小泉八雲の小説「夏の日の夢」の舞台となった「浦島屋」

  ギリシャ出身で、日本文化と日本人の心を全世界に紹介した文豪・小泉八雲(=ラフカディオ・ハーン)が、三角西港を訪れたのは明治26年(1893)7月22日のこと。熊本の五高(現在の熊本大学)に教師として赴任中、長崎旅行の帰途に立ち寄った。八雲は、午前9時に船から港へ上がり、洋風の旅館で休息をとる。そこで美しい女将に心を奪われてしまう。

彼の短編『夏の日の夢』には、その女将の様子が「風鈴のような涼しい声」「ほれぼれする愛嬌」「国貞の描く版画の美人のような」などと記されている。女将の姓名は山下芳。当時の年齢は、30歳前後。現存する晩年の写真からして、相当な美貌の持ち主だったと思われる。

その旅館の名は「浦島屋」であった。それを知った八雲は大いに喜び、自分を浦島太郎、女将を乙姫になぞらえ、現実と夢幻が交錯する短編小説の構想を得る。三角から馬車で2時間、熊本に帰りついたハーンは、靴も脱がず、浦島屋と女将のことを周囲の人に語り続けたとも伝えられている。

そんな逸話を残す旅館・浦島屋は、貴賓客をもてなすために建てられたコロニアル風の洋風建築。残念ながら港の衰退と共に廃業し、明治38年(1905)に解体され、中国の大連に運ばれた。現在の建物は平成5年(1993)に写真を元に復元。資料館として公開されているほか、『カフェギャラリー・ラフカディオ』として営業。バゲットサンドや手作りチーズケーキ、珈琲などの軽食を楽しむことができる人気のスポットになっている。港を見下ろす2階バルコニー席から見える景色は、入江にきらめく波しぶきと、青空のコントラストがことのほか美しく、この地を愛した文豪の想いが伝わってくるようだ。

美食と絶景が満喫できるドライブコース

三角西港 港付近では新鮮な海の幸も楽しめる

  たっぷりと歴史ある港を満喫した後は、不知火海・有明海の豊かな恵みを堪能しよう。タイやタコなど、新鮮な海の幸のほか、松合カニやイカの一種“トッカン”など、三角ならではの珍しい魚介もぜひ楽しんでほしい。

他にも三角西港からの行き帰り道に立寄ってほしいスポットが多数ある。港から松橋方面へ、国道266号線を10分ほど走ると左手に現れるのが、“土蔵白壁”の家が残る「松合」だ。深い入江に広がる松合の町は、気候温暖で清冽な湧水に恵まれていたため、醸造が盛んに行われ、江戸時代には数軒の造酒屋が千石(15万キロ)もの酒を生産していた。

酒造や海産物の廻船問屋で財をなした家々は、火災に強い“土蔵白壁”の家を競って建て、明治30年代には、集落の大部分が土蔵白壁の家に。今も約60戸が当時のまま残っており、風情あふれる街並みを醸し出している。

松合では“まち起こし”として毎月第3日曜日早朝に「まっちゃ朝市」も開催されている。味噌や季節のフルーツ、新鮮な海産物などが販売され、地元の新鮮な特産品を求めて遠方から訪れる。

ANA 便利用なのに格安な「旅作」活用術7つを紹介!

三角の絶景と食文化を満喫しよう

三角西港と周辺の絶景スポット3選

  まるでオランダのような街並みの三角西港を一望できる展望台をはじめ、土蔵白壁群が続く松合保存地区、そして干潟特有の紋様が浮かび上がる御輿来(おこしき)海岸。三角西港近くで見ることができる絶景を紹介しよう。

  • 刻々と表情を変える海や港を望む「三角西港展望所」
  • 過去にタイムスリップしたような路地が続く
  • 夕日が砂紋を照らす幻想的な光景は自然からの贈り物
おすすめポイント
  小高い丘の上から三角西港の全貌を眺められる展望台は、ぜひとも足を伸ばしてほしい景勝スポット。港はもちろん、紺碧の海に浮かぶ島々や天草一号橋、どこまでも広がる空など、その壮大な眺めに感動すること請け合いだ。古い“なまこ壁”が続く松合の「汐見坂」や、えも言われぬ夕景で知られる「御輿来海岸」など、海にまつわる美しい景色も見逃せない。

記憶に残る美食3選

  新鮮な海産物を中心とした、三角エリアの美食。わざわざ足を運びたくなる、おすすめのご当地グルメをピックアップ。

  • 程よく味付けされた鯛がしっかり味わえる鯛茶漬け
  • ぷりぷりとした身の新鮮な海の幸
  • アサリがぎっしりつまった「貝汁定食」
おすすめポイント
  三角エリアの名物料理は、やはり豊富で新鮮な海の幸が主役だ。毎日水揚げされる地魚や、他にない珍しい海産物を生かした料理は、素朴で味わい深いものばかり。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒2016年下半期温ぱらユーザーが選んだ宿TOP10はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

三角西港への交通アクセス

  シーサイドドライブを楽しもう!

車(レンタカー)で

  ・熊本空港から国道57号経由で約60キロ、約1時間10分
 ・熊本駅から国道3号・57号経由で約40キロ、約50分
 ・松橋インターチェンジから国道57号経由で約30キロ、約50分

バスツアーで

  三角西港へは、バスツアーでも行くことができる。周辺の観光スポットもあわせて巡ることができるほか、移動手段も気にしなくて良い。アルコール好きの人は、お酒も気にせず楽しめるのでおすすめだ。
⇒【三角西港】行きのバスツアーを探す

達人が答える三角西港のQ&A

Q 三角西港の観光ガイドをしてもらうことは可能?
A 現在、約10名のボランティアスタッフが「三角西港ボランティアガイド」として活動している。所要時間は30分~90分、1週間前までに予約が必要だが、無料でガイドツアーを実施しているのでぜひ利用してほしい。西港の歴史的価値や構造など、知れば知るほど奥深い魅力を感じていただけたら幸いだ。
Q 近くにおすすめの道の駅は?
A 三角西港の周辺にも地元色豊かな道の駅がある。もっとも近い場所にあるのは国道266号沿いにある「道の駅 不知火」。貝汁定食で有名な食事処や、天然温泉も併設されているので、旅の疲れを癒すのにもってこいだ。

また、国道57号沿いには、道の駅と海の駅が一体となった「宇土マリーナ」もある。こちらは物産館内に生簀があり、新鮮な海産物を販売しているほか、特産の網田ネーブルを使ったソフトクリームやジェラートもあり、若い女性やファミリー客に人気だ。
Q 港の施設を結婚式などに使うことはできる?
A 復元された「浦島屋」で地元主催のイベントを行うことはあるが、現時点では残念ながら原則的に施設の貸し出しは行っていない。ただし、最近では結婚式の前撮り写真のロケ地として利用されることも多く、立ち入り可能な施設においては、自由に撮影を行うことができる。洋風建築や美しい海をバックにしての記念撮影は、一生の記念に残ることだろう。
熊本の宿を探す、予約する

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」

  たびらいのパートナーサイト「温泉ぱらだいす九州」は、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を知り尽くした現地スタッフが選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合に、温泉ぱらだいすのスタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも魅力。

九州専門の宿泊予約サイト「温泉ぱらだいす九州」
⇒熊本の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決

熊本・阿蘇グルメ

長崎ちゃんぽん 発祥からおすすめ情報まで

長崎ちゃんぽん

宮崎グルメ旅 地元の食材を存分に味わう

宮崎グルメ

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

西都原古墳群 神話が息づく花と歴史の名所

宮崎・西都原古墳群

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

稲佐山から眺める長崎1000万ドルの夜景

長崎・稲佐山

都井岬へ 日本在来の野生の馬を訪ねて

宮崎・都井岬

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

福岡タワー 海と街を一望する人気スポット

福岡・福岡タワー

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

冬の風物詩・長崎ランタンフェスティバル

長崎・新地中華街

佐賀バルーンフェスタ 大空を彩る熱気球

佐賀・嘉瀬川

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷

熊本・わいた温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る

熊本+大分・杖立温泉

その他の達人指南を見る

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

素材のうま味が凝縮されたスープと、食感の良い春雨が好相性

タイピーエン 熊本のおすすめ郷土料理
学校給食にも登場するほど、熊本ではポピュラーな「タイピーエン(太平燕)」。たっぷりの野菜と春雨(ジャガイモや緑豆のでんぷんから作られる麺)を、やさしい味わいのあ・・・

入園するとすぐ目の前に優雅な桃山式日本庭園の景色が広がる

水前寺公園 湧水あふれる熊本の庭園を歩く
熊本城と並び、熊本市内の定番観光スポットとして知られる水前寺公園。その歴史と魅力を、参道沿いの商店の人たちに教えてもらった。

堂々たる熊本城の天守閣は、熊本のシンボルだ

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは
日本三名城の一つとして名高い「熊本城」。築城の名手といわれた加藤清正が手掛けた中世の要塞の魅力を、ベテラン案内人が紹介する。

宿泊も日帰り利用もできる「すやま温泉」

平山温泉 “奥座敷”のとろり美肌の湯
まるで美容液のようにとろりとした湯が近年注目を集め、一躍人気の温泉地となった平山温泉。その歴史は古く、起源は8世紀の延暦年間といわれる。静かな山あいに湧く“美肌・・・

雄大な涌蓋山を一望できる「豊礼の湯」

わいた温泉 涌蓋山を望む絶景の温泉郷
熊本と大分の県境近く、“玖珠富士(くすふじ)”や“小国富士(おぐにふじ)”の名でも知られる涌蓋山(わいたさん)。その麓に広がる「わいた温泉」は、周りを囲む豊かな・・・

全国からも取材が殺到する「いまきん食堂」の「あか牛丼」

熊本・阿蘇グルメ 新旧うまかもん対決
鎌倉時代から受け継がれている郷土料理から、最新のご当地グルメまで。阿蘇の大自然が生んだ味覚を余すことなく紹介する。

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

山鹿温泉の魅力を訪ねて
かつて“山鹿千軒たらいなし”と謳われたほど、豊富な湯量を誇る山鹿温泉。とろりと肌に優しい温泉に加え、歴史浪漫が漂う町並みを紹介する。