熊本の魅力を現地から発信する旅行予約サイト

キーワードで検索
  1. 黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天

達人指南

現地の達人が旅行の楽しみ方を伝える観光コラムです。人気の観光地から知る人ぞ知る穴場まで、達人だからこそ分かる一歩踏み込んだ“通”な情報を紹介しています。

黒川温泉 山間の湯めぐりと多彩な露天

  阿蘇山と、くじゅう連山の間に広がる大自然の中に、ひっそりとある黒川温泉。多彩な露天風呂や情緒あふれる湯宿がひしめくこの温泉地には、全国から癒やしを求める旅人が訪れる。そんな黒川温泉の魅力に迫る。

黒川温泉は「入湯手形」を使った湯めぐりができることで知られる

  黒川温泉は熊本県の北東部、大分県との県境近くのひっそりとした山間にある。このエリアには単純泉や硫黄泉、硫酸塩泉など、さまざまな泉質の温泉が湧く。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン(2009年版)」では、温泉地として二つ星を獲得している名湯だ。

日帰りで温泉を楽しむもよし、宿泊してゆったりと情緒を堪能するもよし。黒川温泉の魅力や入湯手形の活用法などを、黒川温泉観光旅館協同組合勤務の温泉ソムリエ・井野明美さんに聞いた。

取材/熊本の編集プロダクション「ポルト」、平成27年(2015)4月


◆その他のおすすめ熊本観光情報
熊本観光のおすすめ情報8選
黒川温泉の観光おすすめ情報10選

井野明美さん
(いの あけみ)
井野 明美さん

黒川温泉の達人
  黒川温泉観光旅館協同組合勤務。子どもの頃から黒川温泉郷には家族で通い、平成24年(2012)に温泉ソムリエの資格を取得。組合窓口で入湯手形を購入する際には、その上手な活用法を教えてくれる黒川温泉郷のスペシャリスト。
⇒黒川温泉観光旅館協同組合の公式サイトはこちら

街全体が大きな一つの温泉宿

温泉街の中心部。路地を散策する宿泊客たち

  福岡市内から車で約2時間30分、熊本市内からなら約1時間30分。黒川温泉は、九州のほぼ中心に位置する。街の中心部には筑後川の源流の一つ、清流・田の原(たのはる)川が流れ、周辺には20軒以上の湯宿が点在している。

温泉地は、川沿いに旅館が軒を連ねる“温泉街エリア”と、街中から少し離れた里山にぽつりぽつりと一軒宿が並ぶ“奥黒川エリア”に分かれている。温泉街を満喫したい人や、自然の中でゆったりしたい人など、それぞれの目的に合わせて宿を選ぶといいだろう。

「黒川温泉には、“黒川温泉一旅館”という構想があります。これは、黒川温泉全体を一つの宿としてとらえる考え方で、例えば道は廊下、温泉街の樹木は庭の草木と見なします。黒川温泉という一つの大きな宿の中に、いくつもお風呂があるという感じで考えてください。浴衣で温泉街を散策するのも、宿の中を歩いているようなものです。なんだか面白いでしょう?」と達人・井野さんは言う。

黒川温泉では、どの旅館でも共通の雪駄と傘を使用している。これは、宿泊者に他の旅館で湯めぐりを楽しんでもらった後、帰りに困らないようにするためだ。街全体を大きな温泉宿にしようとする心遣いの一つといえる。

黒川温泉の魅力としては、その風景の良さも忘れてはいけない。統一感のある落ち着いた街並みに、深緑を中心とした自然の色彩。喧噪から離れたその雰囲気も、全国から観光客が訪れる理由だ。

多彩な露天風呂めぐりが、黒川温泉最大の魅力

くまモンがプリントされた入湯手形

  黒川温泉を満喫するなら、露天風呂めぐりは欠かせない。それぞれの湯宿は、立ち寄り湯と宿泊者のみが入湯可能な温泉を併せ持つところがほとんどだ。

珍しい風呂として有名なのが「山の宿 新明館」の洞窟風呂。新明館の主人・後藤哲也さんが利用客に喜んでもらおうと、自らノミと鉄鎚(てっつい)で掘った全長30メートルの洞窟風呂は、薄暗く幻想的な雰囲気が魅力。他にも、「里の湯 和らく」や「旅館 奥の湯」などにも洞窟風呂がある。また、「旅館 こうの湯」には立ち湯があり、最深部で162センチの深さがある。

多彩な風呂を一度に堪能したいなら「ふもと旅館」や「いこい旅館」がおすすめだ。
「ふもと旅館には、宿泊者限定の貸し切り風呂が七つもあり、立ち湯や石くり抜き風呂、ひのきの泡風呂などを、宿泊者なら無料で何度でも利用することができます。いこい旅館には、貸し切りや混浴のお風呂も含め13もの湯船があるので、宿の中で湯めぐりを楽しめます。その他、含鉄泉と酸性泉という珍しい二つの泉質を持つ、江戸時代に創業した老舗の『御客屋』もおすすめです」と井野さん。

これらの湯めぐりにぜひ活用してほしいのが「入湯手形」だ。値段は1300円で、旅館や旅館組合で購入でき、通常よりも安い料金で3種類の風呂を巡ることができる。入湯手形は地元で伐採された杉で作られており、持ち帰れて旅の記念にもなるため、土産物として購入する人も多い。この手形が黒川温泉に登場したのは昭和61年(1986)のことで、現在では3歳以上中学生未満が利用できる700円の子ども入湯手形も登場している。

さまざまな効能の七つの泉質が湧く温泉地

塩化物泉や硫黄泉などの泉質が楽しめる

  黒川温泉では、泉質の豊かさも魅力の一つだ。弱酸性の単純泉をはじめ、弱アルカリ性の単純泉や、硫黄泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、酸性泉など、全部で七つの泉質がある。

「これだけの泉質がそろうのは、全国の温泉地の中でも珍しいのではないでしょうか。入湯手形で3カ所のお風呂を巡れますから、初めて訪れた人なら当然悩むところでしょう。そこで私がおすすめするのは、泉質の効能を考え、ご自分の肌に合わせた湯めぐりです」と井野さんは言う。

例えば、肌がちょっと弱い人の美人湯めぐりなら、①刺激が少なく角質を取る効果のある「単純弱アルカリ性単純泉」→②皮膚の表面を軟化させ、皮脂や分泌物を洗い流してせっけんのように皮膚を浄化する「炭酸水素塩泉」→③保湿効果が高く肌の乾燥を防ぐ「塩化物泉」という流れがおすすめ。

「単純弱アルカリ性単純泉は3カ所、炭酸水素塩泉は3カ所、塩化物泉は6カ所の湯宿があるので、あとはロケーションや宿の雰囲気で選ぶといいでしょう。また、そんなに肌が弱くないという人は、①肌の蘇生効果がある硫酸塩泉→②毛細血管拡張やメラニン分解作用があって肌に浸透しやすい硫黄泉→③刺激が少なく肌に近いpHを持つ弱酸性単純泉という順に回ってみてはいかがでしょう」(井野さん)

さらに詳しい泉質の分類などは、黒川温泉入り口の黒川温泉観光旅館協同組合で配布しているパンフレットが参考になる。泉質を確かめながら、自分なりの湯めぐりコースを考えてみるといい。

《厳選ホテル》

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

黒川温泉の湯を存分に満喫する3選

体質改善におすすめの湯3選

  冷え症の人などにおすすめなのが、体質改善を目的とした湯めぐり。泉質とともに、情緒ある雰囲気を楽しめる老舗を厳選。体や肌への効果に加え、落ち着いた雰囲気に浸れる一石二鳥の温泉を紹介する。

  • 江戸末期からこんこんと湧き出る歴史ある温泉
  • 神秘的な雰囲気の洞窟風呂
  • 四季の移ろいを感じることができる露天風呂
おすすめポイント
  体質改善を目指すなら、まずは鉄分を多く含む含鉄泉で体をよく温め、硫黄泉で血管を拡張させ、肌の組成効果が良いとされる硫酸塩泉で仕上げるといい。選んだのは入湯手形の利用が可能な三つの老舗温泉だ。達人おすすめの巡り方は、創業300年の歴史を持つ「御客屋」の含鉄泉→手彫りの洞窟風呂が有名な「山の宿 新明館」の硫黄泉→木造の純和風旅館「夢龍胆」の硫酸塩泉の順番。

田の原川の景色が望める露天風呂

  温泉街の中心部を流れる田の原川沿いに露天風呂を構える旅館群。川のせせらぎを聞きながら入れる風呂を紹介する。

  • 混浴露天は情緒あるわらぶき屋根の「奥の湯」
  • 露天風呂のすぐ横を田の原川が流れています
  • 男性用露天風呂「幽谷の湯」は渓流沿いにあります
おすすめポイント
  「旅館 奥の湯」は約2000坪の敷地内に、本館・新館・離れを囲むように9種の温泉がある。そのうちの一つ、川風呂からは、眼下に雄大な田の原川を眺めることができる。また、「源流の宿 帆山亭」は、黒川温泉の最上流にある全室離れの宿。大露天風呂はもちろん、客室に付いた風呂からも川の流れを望むことができる部屋がある。「山みず木」は男女別に巨大な露天があり、それぞれが渓流に面している。いずれも泉質は弱酸性の単純泉。刺激が少ないので、子どもから高齢者までおすすめの湯だ。

地元の人も愛用する共同湯など

  黒川温泉の湯といっても、入湯手形で入れる風呂だけではない。古くから地元の人に愛されている共同湯や、少し変わった観光スポットの冷泉なども。

  • 黒川温泉のルーツと言える共同温泉「地蔵湯」
  • 夕方には周辺住民の利用者も。地元の人との交流も旅の醍醐味
おすすめポイント
  「地蔵湯」と「穴湯」の二つは共同湯。「地蔵湯」は元湯として知られ、黒川温泉に初めて湯が湧き出した場所と伝えられる。穴湯は田の原川のほとりに建つ湯小屋で、混浴風呂だ。最後の「すずめ地獄」は、実は入浴できる風呂ではない。「清流の森自然公園」内にあり、亜硫酸ガスが吹き出している冷泉だ。宿泊者の散策コースの目的地として人気がある。

九州の宿探しなら「宿くらべ」

  • 湯布院で露天風呂が自慢の温泉旅館6選
  • 別府で泉質が自慢の温泉旅館5選
  • 指宿で食事が自慢の温泉旅館5選
編集部の視点
  たびらいの「推し宿予約」は、九州の宿泊予約プランが満載。実際に見て、泊まって調査!九州のいい宿研究会が厳選した九州の宿を目的別にご紹介。

⇒九州の推し宿予約はこちら

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

黒川温泉への交通アクセス

車(レンタカー)で

  阿蘇くまもと空港から県道339号経由60キロ、 1時間30分
九州自動車道・熊本ICから県道339号経由65キロ、 1時間40分
九州自動車道・日田ICから国道212号経由45キロ、 1時間10分

◇熊本駅からの移動に便利なレンタカーを予約
⇒熊本駅の格安レンタカーはこちら

バスで

  熊本市内~大分県別府市内を走る九州産交バス運行の九州横断バスを利用し、「黒川温泉」バス停にて下車

バスツアーで

  黒川温泉へは、バスツアーでも行くことができる。周辺の観光スポットもあわせて巡ることができるほか、移動手段も気にしなくて良い。アルコール好きの人は、お酒も気にせず楽しめるのでおすすめだ。

◇たびらいバスツアー
⇒【黒川温泉】行きのバスツアーを探す

黒川温泉についてのQ&A

Q 入湯手形はどこで買える?
A 入湯手形や子ども入湯手形は、黒川温泉の無料駐車場の一角にある黒川温泉観光旅館協同組合で販売しており、各宿でも購入は可能。入浴可能時間は8時30分~21時。有効期限は6カ月で、当日中に利用しなくても大丈夫。入湯手形を黒川温泉街の雑貨店や飲食店などで見せると、割引やサービスが受けられる特典もある。食事や買い物の際にも持参を忘れずに。
Q 入湯手形を使用しなくても、立ち寄り湯の利用は可能?
A 可能。入湯手形を使用しない場合は、現金で1軒500円~800円で入湯することができる。
Q 入湯手形で家族風呂の利用は可能?
A 入湯手形で家族風呂は利用できない。各宿に現金で支払いを。
Q 湯めぐりの際に必要なものは?
A タオルの持参を忘れずに。忘れた場合は、各宿や黒川温泉観光旅館協同組合で購入もできる。宿泊者の場合は、宿で準備している場合もあるので事前に確認を。
Q せっけんなどは準備した方が良い?
A 黒川温泉では、自然や川を守るため、よもぎせっけんなどの環境にやさしい自然素材のせっけん利用を促進している。せっけんなどは各宿で準備されている物の利用を。
Q 車で訪れた場合、駐車場はある?
A 黒川温泉観光旅館協同組合の近くをはじめ、無料の駐車場がいくつもある。ただし、GWなどの大型連休には、駐車場が空くのを待つ場合がある。

⇒熊本の格安レンタカーを予約できます!
黒川温泉の宿を探す、予約する。

たびらいの「推し宿」

  たびらいの「推し宿」には、九州の宿泊予約プランが満載。九州の温泉宿を熟知した現地スタッフが、選りすぐりの情報を紹介している。

また、希望の宿が満室表示されている場合には、スタッフが宿に直接交渉をしてくれるリクエストサービスも。


⇒黒川温泉の宿はこちらで検索

温ぱらユーザーが選んだ宿TOP20 ユーザー満足度ランキング

いざないの一枚

その他にも、九州のおすすめ観光情報を紹介。

あなたの気になる記事は?

九州の各県を味わうグルメ

久留米ラーメン とんこつラーメン発祥の味

福岡・久留米ラーメン

旦過市場 昭和レトロに誘われて

福岡・旦過市場

博多の水炊き。人気の郷土料理を味わう

福岡・博多の水炊き

呼子で朝市やイカの活きづくりを楽しむ

佐賀・呼子

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

門司港グルメ レトロな港町で焼きカレーを

福岡・門司港

黒糖焼酎 奄美群島だけで造られる稀有な酒

鹿児島・黒糖焼酎

太平燕 熊本のおすすめ郷土料理を食す

熊本・太平燕

佐世保バーガー 大人気のご当地グルメ

長崎・佐世保バーガー

九州を歴史散策・文化探訪

福岡・秋月 筑前の小京都、秋月城下を散策

福岡・秋月

太宰府天満宮 深く知ると観光も楽しさ倍増

福岡・太宰府天満宮

博多座で、はじめての歌舞伎見物

福岡・博多座

産業都市北九州で、工場見学を楽しもう

福岡・北九州

軍艦島 タイムカプセルとなった廃墟の島

長崎・軍艦島

吉野ヶ里遺跡で邪馬台国ロマンを体感

佐賀・吉野ヶ里遺跡

三角西港で不思議発見。世界遺産登録が決定

熊本・三角西港

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

熊本城 日本三名城に選ばれる魅力とは

熊本城

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

九州の絶景を堪能する

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

加計呂麻島の楽しみ方

鹿児島・加計呂麻島

屋久島トレッキングで縄文杉に会う

鹿児島・屋久島

大観峰で阿蘇の絶景を満喫

熊本・大観峰

宮崎・青島 鬼の洗濯板に囲まれた聖なる島

宮崎・青島

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

霧島エリアの自然とグルメでパワーチャージ

鹿児島・霧島

志賀島を巡る旅 古代ロマンと絶景を楽しむ

福岡・志賀島

鵜戸神宮 絶壁に囲まれた岩窟の縁結び神社

宮崎・鵜戸神宮

人吉・球磨のグルメ旅 自然が育んだ食文化

熊本・人吉球磨

九州の温泉や名所でのんびりと

糸島観光でスローバケーションを

福岡・糸島

水郷柳川で舟遊び。お堀めぐりを楽しむ

福岡・柳川

ハウステンボス 長崎代表のおすすめ観光地

長崎・ハウステンボス

湯布院 全国屈指の温泉観光地へ

大分・湯布院温泉

嬉野温泉 日本三大美肌の湯の楽しみ方

佐賀・嬉野温泉

熊本・水前寺公園。湧水あふれる庭園を歩く

熊本・水前寺公園

黒川温泉 湯めぐり温泉と多彩な露天

熊本・黒川温泉

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる

熊本・阿蘇温泉

別府温泉 世界に名だたる“温泉天国”

大分・別府温泉

長湯温泉・日本一と名高い炭酸泉を堪能する

大分・長湯温泉

その他の達人指南を見る

地獄温泉の代名詞、清風荘「すずめの湯」(現在は休業中)

阿蘇温泉 南阿蘇・中阿蘇・小国へ訪れる
雄大な阿蘇火山の周辺には、良質な温泉があちこちから湧いている。絶景露天風呂から秘湯まで、阿蘇温泉のおすすめ情報を紹介。

噴煙たなびく中岳火口は迫力満点

阿蘇観光で雄大な自然と出合う旅
圧倒的スケールの大自然が広がる阿蘇。世界有数のカルデラ台地には、地球の鼓動を感じる出合いが待っている。

露天風呂から見える雄大な由布岳。四季折々の景色はまさに絶景

湯布院観光 全国屈指の温泉観光地へ
温泉地ランキングで常に上位を占める大分の人気観光地、「湯布院(ゆふいん)」。温泉だけでなく、食・自然・文化……とさまざまな観光の魅力がそろう湯布院にはリピーター・・・

レトロな雰囲気が漂う人吉の老舗公営温泉、「堤温泉」

人吉観光 昭和が香る“町湯”の城下町へ
山間の自然に恵まれ、日本三大急流の一つである球磨川(くまがわ)が望める熊本の城下町・人吉。古くから熊本の南の玄関口とも呼ばれ、“九州の小京都”という異名を持つ。・・・

平成24年(2012)に再建された「さくら湯」

山鹿温泉の魅力を訪ねて
かつて“山鹿千軒たらいなし”と謳われたほど、豊富な湯量を誇る山鹿温泉。とろりと肌に優しい温泉に加え、歴史浪漫が漂う町並みを紹介する。

昭和の風情あふれる杖立温泉街

杖立温泉 “九州の奥座敷”で風情に浸る
豊かな自然に囲まれ、“九州の奥座敷”とも呼ばれる杖立温泉(つえたておんせん)。開湯は約1800年前と伝えられ、古くから湯治場として栄えてきた名湯。あちこちから白・・・

人吉グルメの一つ、鰻の蒲焼き(上村うなぎ屋)

人吉・球磨グルメ 自然が育む食文化
日本三大急流の球磨川が流れ、九州の小京都とも呼ばれる人吉・球磨。盆地という独特の土地条件が生んだ食文化は実にユニークだ。

雄大な阿蘇五岳の風景が目の前に広がる展望台

大観峰で阿蘇の絶景を満喫!グルメ&スポットも
阿蘇・大観峰からは、阿蘇五岳からくじゅう連山までが一望できる。阿蘇エリア屈指の絶景スポットの魅力に迫る。

三角西港を盛り上げる地元の人たちが大集合!

世界文化遺産・三角西港で不思議発見
石積みの埠頭や水路、そして明治の面影を残す建築物……。平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に登録された三角西港の魅力に迫・・・