1. たびらい
  2. 観光情報
  3. 宮崎観光情報
  4. 青島 縁を結ぶ聖なる島を現地編集部が徹底ガイド
参道

青島
縁を結ぶ聖なる島を現地編集部が徹底ガイド

更新:2018年9月27日

周囲1・5キロメートルの小さな島、青島。「鬼の洗濯岩」と呼ばれる奇岩に囲まれ、亜熱帯植物のビロウ樹約5000本が自生するこの島は、古くは聖なる島として一般人が入ることを禁じられ、海幸山幸の神話にも縁ある場所。青島神社は縁結びにご利益があり、真っ赤な社殿と亜熱帯植物の独特の景色がフォトスポットとしても人気です。

[たびらいセレクション]

洗濯岩

縁結び祈願!
青島神社でしたい3つのこと

海積の祓い
その①は「海積(わたつみ)の祓い」。「玉の井」は、海積の宮の入り口にある井戸で、山幸彦と豊玉姫が出会った場所といわれています。
願い符
願い符は1枚100円。
人型の紙に、自分の願いと住所、名前を書きます。
玉の井の水で流すと願いがかなうといわれています。
御神水器
水に浮かべる前に願い事を書いた紙に息を吹きかけて御神水器に浮かべます。龍の口から出る玉の井の水を手に取り、願い符にかけて流します。

詳細はこちら

天の平瓮投げ
その②は「天の平瓮投げ(あめのひらかなげ)」。平瓮とは古くは吉凶を占うために用いられた、土器の皿のこと。
平瓮
平瓮(ひらか)は1枚200円。「祈」の文字が真ん中に刻まれており、
平瓮が磐境に入れば心願成就、割れれば開運厄除です。
平瓮に投げる
天の平瓮を手に持って、磐境所の前で二礼し、小声で天の平瓮に願いを込めて磐境に向かって投げます。

詳細はこちら

産霊紙縒
その③は産霊紙縒(むすびこより)。元宮の近くにある夫婦ビロウにそれぞれの願いにあったこよりを結びます。
こより
こよりは1本100円。万物の始まりは結びの力から生じるということに由来する神事。

詳細はこちら

島全体が、パワースポットといわれる青島。また、青島神社は神事のテーマパークとも思えるほどに、縁結びや開運、運試しなどが体験でき、願いを込めながら楽しめます。鮮やかな色彩の朱塗りの社殿は、晴天時の宮崎の青空とのコントラストが美しいです。鬼の洗濯岩やジャングルのようなビロウジュの繁みなど、独特の景色が広がり、異国情緒もたっぷりです。

[たびらいセレクション]

絵馬

フォトジェニック青島
思わず撮影したくなる絶好スポット

絵馬
願い事が込められた絵馬。
元宮への参道に掛け、参拝者の想いや願い、
お礼の言葉を伝えています。
御成道
元宮へと続く御成道を歩くと、青島はビロウジュが繁る亜熱帯植物の島だということがよく分かりますね。
ジャングルのような元宮までの道
ジャングルのような元宮までの道は、
熱帯の島を感じさせる不思議な空間。
フォトジェニックな1枚を狙ってみて。
鬼の洗濯岩
青島は波状岩、通称「鬼の洗濯岩」に
周囲をぐるりと囲まれています。
岩を注意深く見ると蜂の巣状に小さく空いた穴が。
小さな生き物
鬼の洗濯岩には、小さな生き物がたくさん。
岩と岩の間の潮だまりには、カニや、小魚、
小さな貝などが生息していますよ。
黄色いポスト
幸福を表す色「黄色」で塗られた黄色いポスト。実際にポストの役割も果たしていて、毎日郵便局員が収集にも来ています。
トゥクトゥク
青島トゥクトゥクは、黄色いポストが発着場。ここから青島神社まで往復や片道運行し、島も半周してくれます。
亜熱帯植物と朱色の社殿の組み合わせが独特の異国情緒をかもしだし、撮影スポットとして人気。青島神社に昔から伝わる縁結びのお守り「神雛」が描かれた絵馬掛けが、絵馬のトンネルを作っています。鬼の洗濯岩や黄色いポスト、青島トゥクトゥクなど青島でしか撮影できないような、特別な1枚が記念に残せますよ。宮崎は、海から太陽と月が上ります。青島周辺の海岸は、日の出や、満月の月の道撮影も人気です。
もっと見る

[たびらいセレクション]

青島

青島周辺で観光
イベント&フォトスポット

海を渡る祭礼

海を渡る祭礼
地域の氏子を巡行し、神輿を漁船に乗せて島を一回りするところから「海を渡る祭礼」と呼ばれています。

詳細はこちら

宮交ボタニックガーデン青島

宮交ボタニックガーデン青島
黄色いポストの近くに、入り口がある「宮交ボタニックガーデン青島」。入場無料で熱帯の植物を見ながら、園内を散策可能です。
トロピカルフラワーガーデン
大温室は、世界の三大花木や、国内最大級のマンゴーなどの亜熱帯花木が植栽された「トロピカルフラワーガーデン」。
マーライオンの像
温室西側には、シンガポール植物園との交流50周年を記念した、マーライオンの像が設置されています。

詳細はこちら

こどものくにガーデン

こどものくにガーデン
こどものくにガーデンは、フォトスポットがたくさん。芭蕉谷は、まるでジャングルのような雰囲気。
女神像
バラ園の入口は、女神像なども配置され、花と一緒に撮影できる絶好の場所です。

詳細はこちら

青島ハンモック

青島ハンモック
「青島ハンモック」は、バラ園の横にあり、1階はハンモックの販売と展示、2階はカフェになっています。
ハンモック
1階では、ハンモックの展示や手編みハンモック体験、レンタルハンモックでハンモックの使い心地を確かめられますよ。

詳細はこちら

夏になると海水浴客でにぎわう、宮崎県内随一の「青島ビーチ」。初心者でも気軽に体験できるサーフィンや、スタンドアップパドルボードなどの、マリンスポーツの日帰りアクティビティも充実しています。宮交ボタニックガーデン青島、こどものくにガーデンともに入場料無料のため、気軽に入って、美しい花や緑を鑑賞も。もちろん花と一緒の写真を撮るのもおすすめ。青島ハンモックをはじめ、青島周辺にはカフェや食事処が点在しているので、気軽に休憩がてら立ち寄ってみて。
もっと見る

[たびらいセレクション]

霧の里 本館

青島周辺で宿泊
おすすめ宿情報

紫尾湯の宿 くすのき荘

紫尾湯の宿 くすのき荘
化粧水のようなトロトロ温泉がわく宿。紫尾神社の拝殿下から自然湧出している霊験あらたかな「神の湯」と自家源泉を堪能。

詳細はこちら

中島温泉旅館

中島温泉旅館
西郷どんも訪れた名湯。1日3組限定の老舗純和風旅館。薩摩の魅力が詰まったもてなし料理を個室で。

詳細はこちら

霧の里 本館

霧の里 本館
霧島の山あいにひっそりとたたずむ、ログハウス調の隠れ宿。全室露天付きで、食事は自家農園で採れたハーブや野菜をふんだんに。

詳細はこちら

もっと見る

ローカル案内役
藤田 秀樹(たびらい編集部)

福岡県出身。九州内の食べ歩きスポットを探し続ける編集スタッフ。カメラ片手に友人・知人を巻き込んで観光スポットにも出没。

[たびらいセレクション]

宮崎でローカルの魅力に触れる

今、この宿、見られてます

    

あわせて読みたい!

最新情報はこちらからチェック!

旬な観光情報を現地からお届け
×